アーノルドパーマーインビテーショナル2017に出場するには?出場資格と有資格者一覧

初回投稿日:2016年02月18日
最終更新日:2017年03月16日

PGAツアーのなかではインビテーショナル(招待)という形式を許されているトーナメントが5つあります。

その5つとはアーノルドパーマー・インビテーショナル、RBCヘリテージ、ザ・メモリアル・トーナメント、クイッケンローンズナショナル、クラウンプラザ・インビテーショナルです。

これらのトーナメントはPGAツアーのプライオリティ・ランキングシステム(Priority Ranking System)を使用することなく、出場する選手を自由に選択することができ、フィールドも120名から132名程度に絞られています。

これらの5つのトーナメントのうちクイッケンローンズナショナルとRBCヘリージは出場資格に前年のフェデックスカップランキング125位というものがあるため、PGAツアーのレギュラーシーズンでシード権を獲得したプレーヤーは基本的に出場権があります。しかし、その他の3つのトーナメントは、PGAツアーのシード権を持っているだけでは出場することのできないトーナメントです。

そのインビテーショナル(招待)の1つであり、出場資格がより厳格なアーノルドパーマーインビテーショナル2017の出場資格と有資格者の一覧です。

スポンサードリンク

アーノルドパーマーインビテーショナル2017の出場資格の一覧

アーノルドパーマーインビテーショナル2017の出場資格の一覧は以下のとおりとなっています。なお前年の条件を元に作成しているため変更がある場合は、修正します。

1. アーノルドパーマーインビテーショナルの2000年より前と直近5年間の優勝プレイヤー

アーノルドパーマーインビテーショナルの直近5年間と2000年より前の優勝プレイヤー

  • 2016:ジェイソン・デイ
  • 2014/2015:マット・エブリー
  • 2012/2013:タイガー・ウッズ
  • 1998:アーニー・エルス
  • 1999:ティム・ヘロン

2. ザ・プレーヤーズチャンピオンシップの直近5年間の優勝プレイヤー

  • 2016:ジェイソン・デイ
  • 2015:リッキー・ファウラー
  • 2014:マルティン・カイマー
  • 2013:タイガー・ウッズ
  • 2012:マット・クーチャー

3. 全米オープンの直近5年間の優勝プレイヤー

  • 2016:ダスティン・ジョンソン
  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014:マルティン・カイマー
  • 2013:ジャスティン・ローズ
  • 2012:ウェブ・シンプソン
  • 2011:ローリー・マキロイ

4. 全米プロゴルフ選手権の直近5年間の優勝プレイヤー

  • 2016:ジミー・ウォーカー
  • 2015:ジェイソン・デイ
  • 2014:ローリー・マキロイ
  • 2013:ジェイソン・ダフナー
  • 2012:ローリー・マキロイ

5. マスターズの直近5年間の優勝プレイヤー

  • 2016:ダニー・ウィレット
  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014:ババ・ワトソン
  • 2013:アダム・スコット
  • 2012:ババ・ワトソン

6. 全英オープンの直近5年間の優勝プレイヤー

  • 2016:ヘンリク・ステンソン
  • 2015:ザック・ジョンソン
  • 2014:ローリー・マキロイ
  • 2013:フィル・ミケルソン
  • 2012:アーニー・エルス

7. ツアーチャンピオンシップの直近3年間の優勝プレイヤー

  • 2016:ロリー・マキロイ
  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014:ビリー・ホーシェル

8. 直近3年間のWGC(世界ゴルフ選手権シリーズ)の優勝プレイヤー

【WGC-マッチプレー】

  • 2016:ジェイソン・デイ
  • 2015:ローリー・マキロイ
  • 2014:ジェイソン・デイ

【WGC-HSBCチャンピオンズ】

  • 2016:松山英樹
  • 2015:ラッセル・ノックス
  • 2014:ババ・ワトソン

【WGC-メキシコチャンピオンシップ】

  • 2016:アダム・スコット
  • 2015:ダスティン・ジョンソン
  • 2014:パトリック・リード

【WGC-ブリヂストン・インビテーショナル】

  • 2016:ダスティン・ジョンソン
  • 2015:シェイン・ローリー
  • 2014:ローリー・マキロイ

9. 前年のアーノルドパーマーインビテーショナル終了後にPGAツアーで優勝したプレイヤー

【2015-16シーズン】

  • プエルトリコオープン:トニー・フィナウ
  • シェル・ヒューストン・オープン:ジム・ハーマン
  • RBCヘリテージ:ブランデン・グレース
  • バレロテキサスオープン:チャーリー・ホフマン
  • チューリッヒクラシック:ブライアン・スチュアード
  • ウェルズ・ファーゴチャンピオンシップ:ジェームズ・ハーン
  • プレイヤーズチャンピオンシップ:ジェイソン・デイ
  • AT&Tバイロン・ネルソン:セルヒオ・ガルシア
  • ディーン&デルーカ招待:ジョーダン・スピース
  • メモリアル・トーナメント:ウィリアム・マガート
  • フェデックスセントジュードクラシック:ダニエル・バーガー
  • クイッケンローンズナショナル:ビリー・ハーレー3世
  • バラクーダチャンピオンシップ:スコット・スミス
  • バーバソルチャンピオンシップ:アーロン・バデリー
  • RBCカナディアンオープン:ジョナサン・ベガス
  • トラベラーズチャンピオンシップ:ラッセル・ノックス
  • ジョンディアクラシック:ライアン・ムーア
  • ウィンダムチャンピオンシップ:キム・シウ
  • ザ・バークレイズ:パトリック・リード
  • ドイツバンクチャンピオンシップ:ロリー・マキロイ
  • BMWチャンピオンシップ:ダスティン・ジョンソン

【2016-17シーズン】

  • セーフウェイオープン:ブレンダン・スティール
  • CIMBクラシック:ジャスティン・トーマス
  • WGC-HSBCチャンピオンズ:松山英樹
  • サンダーソンファームズチャンピオンシップ:コディー・グリブル
  • シュライナーズホスピタルオープン:ロッド・パンプリング
  • OHLクラシック:パット・ペレス
  • RSMクラシック:マッケンジー・ヒューズ
  • SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ:ジャスティン・トーマス
  • ソニーオープン・イン・ハワイ:ジャスティン・トーマス
  • キャリアビルダー・チャレンジ:ハドソン・スワフォード
  • ファーマーズインシュランスオープン:ジョン・ラーム
  • ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン:松山英樹
  • AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ:ジョーダン・スピース
  • ジェネシスオープン:ダスティン・ジョンソン
  • ザ・ホンダクラシック:リッキー・ファウラー
  • WGC-メキシコチャンピオンシップ:ダスティン・ジョンソン
  • バルスパーチャンピオンシップ:アダム・ハドウィン

10. ライダーカップ2016の出場メンバー

アメリカチームは以下のとおりとなっています。

  1. ダスティン・ジョンソン
  2. ジョーダン・スピース
  3. フィル・ミケルソン
  4. パトリック・リード
  5. ジミー・ウォーカー
  6. ブルックス・ケプカ
  7. ブラント・スネデカー
  8. ザック・ジョンソン
  9. J.B.ホームズ
  10. リッキー・ファウラー
  11. マット・クーチャー
  12. ライアン・ムーア

欧州選抜のメンバーは以下のとおりとなっています。

  1. ローリー・マキロイ
  2. ダニー・ウィレット
  3. ヘンリック・ステンソン
  4. クリス・ウッド
  5. セルヒオ・ガルシア
  6. ラファエル・カブレラ・ベロ
  7. ジャスティン・ローズ
  8. アンディ・サリバン
  9. マシュー・フィッツパトリック
  10. リー・ウエストウッド
  11. マルティン・カイマー
  12. トーマス・ピーターズ

11. プレジデンツカップ2015の出場メンバー

アメリカチームは以下のとおりとなっています。

  1. ジョーダン・スピース
  2. ババ・ワトソン
  3. ジミー・ウォーカー
  4. ザック・ジョンソン
  5. リッキー・ファウラー
  6. ダスティン・ジョンソン
  7. パトリック・リード
  8. マット・クーチャー
  9. クリス・カーク
  10. ビル・ハース
  11. フィル・ミケルソン

インターナショナルチームのメンバーは以下のとおりとなっています。

  1. ジェイソン・デイ
  2. ルイ・ウーストハイゼン
  3. アダム・スコット
  4. 松山 英樹
  5. ブランデン・グレース
  6. マーク・リーシュマン
  7. アニルバン・ラヒリ
  8. チャール・シュワルツェル
  9. トンチャイ・ジャイディー
  10. ダニー・リー
  11. スティーブ・ボウディッチ
  12. ベ・サンムン

12. 前年の全米アマチュアの優勝プレイヤー

  • カーティス・ラック

13. 世界ランキングのトップ50

  • アレックス・ノレン
  • ポール・ケーシー
  • ティレル・ハットン
  • トーマス・ピーターズ
  • マシュー・フィッツパトリック
  • エミリアーノ・グリーロ
  • フランチェスコ・モリナリ
  • トミー・フリートウッド
  • ケビン・チャッペル
  • 王情訓
  • ケビン・キスナー
  • ケビン・ナ
  • アン・ビョンフン
  • ブランドン・ハギー(Web Finals)
  • グレイソン・マレー(Web Finals)
  • ジョン・デイリー
  • レティーフ・グーセン
  • トレバー・イメルマン
  • トロイ・メリット
  • イアン・ポールター
  • サム・ソーンダース
  • ハロルド・バーナー3世
  • ブー・ウィークリー
  • チャド・キャンベル
  • トービヨン・オルセン
  • ロブ・オッペンハイム
  • グレッグ・オーウェン
  • ライアン・ラッフルズ
  • マシアス・シュワッブ
  • ロビー・シェルトン
  • スティーブ・ウィートクロフト

15. 前シーズンのフェデックスカップランキングの上位70名

  1. ローリー・マキロイ
  2. ダスティン・ジョンソン
  3. パトリック・リード
  4. アダム・スコット
  5. ポール・ケーシー
  6. ジェイソン・デイ
  7. ライアン・ムーア
  8. ケビン・チャッペル
  9. ジョーダン・スピース
  10. ラッセル・ノックス
  11. エミリアーノ・グリーロ
  12. ジャスティン・トーマス
  13. 松山 英樹
  14. ジミー・ウォーカー
  15. ブラント・スネデカー
  16. フィル・ミケルソン
  17. キム・シウ
  18. マット・クーチャー
  19. ジェイソン・ダフナー
  20. ゲーリー・ウッドランド
  21. ババ・ワトソン
  22. ロバート・カストロ
  23. ケビン・キスナー
  24. ウィリアム・マクガート
  25. チャール・シュワルツェル
  26. ダニエル・バーガー
  27. ショーン・オヘア
  28. ケビン・ナ
  29. ジョナサン・ベガス
  30. J.B.ホームズ
  31. リッキー・ファウラー
  32. セルヒオ・ガルシア
  33. ジェイソン・コクラック
  34. ライアン・パーマー
  35. ブルックス・ケプカ
  36. ヘンリック・ステンソン
  37. スコット・ピアシー
  38. ルイ・ウーストハイゼン
  39. ジェームズ・ハーン
  40. ファビアン・ゴメス
  41. ブランデン・グレース
  42. ジム・ハーマン
  43. スマイリー・カウフマン
  44. チャーリー・ホフマン
  45. トニー・フィナウ
  46. ビル・ハース
  47. ハリス・イングリッシュ
  48. グレアム・マクダウェル
  49. ジェイミー・ラブマーク
  50. ビリー・ホーシェル
  51. ジャスティン・ローズ
  52. チャールズ・ハウエル3世
  53. ブライアン・ハーマン
  54. クリス・カーク
  55. ビリー・ハーリー3世
  56. デビッド・ハーン
  57. ザック・ジョンソン
  58. ルーク・ドナルド
  59. ケビン・ストリールマン
  60. ブライアン・スチュアード
  61. カイル・リーファース
  62. ボーン・テーラー
  63. ブレンダン・スティール
  64. ハドソン・スワフォード
  65. ダニエル・サマーヘイズ
  66. ジョン・カラン
  67. デビッド・リングマース
  68. マーク・リーシュマン
  69. アーロン・バデリー
  70. ベン・マーティン

16. 今シーズンのフェデックスカップランキングの上位70名

WGC-メキシコチャンピオンシップ2017終了時点のフェデックスカップ(FedExCup)ランクによって選出されています。

  • アダム・ハドウィン
  • キーガン・ブラッドリー
  • マーティン・レアード
  • ルーク・リスト
  • ケリー・クラフト
  • パン・チェンツン
  • ルーカス・グローバー
  • チェズ・リアビ
  • パットン・キザー
  • オリー・シュナイダージャン
  • スコット・ブラウン
  • マイケル・キム
  • スチュワート・シンク
  • モーガン・ホフマン
  • J.J. スパーン
  • デレック・ファザウアー
  • カミロ・ビジェガス
  • カイル・スタンリー
  • グラハム・デラエ
  • ウェスレイ・ブライアン
  • パトリック・ロジャース
  • ラッセル・ヘンリー
  • ノ・スンヨル(FR:66位)

PGAセクション王者/プレイヤー・オブ・ザ・イヤー

  • デビッド・ホロネック

18. オルタネイト

今シーズンのフェデックスカップランキングの71位以下からフルフィールドになるまで繰り上がりで出場権。WGC-メキシコチャンピオンシップ終了時点のランキングが基準となっています。

2015年は16名が、2016年は10名が繰り上がり出場していますが、2017年は3名のみとなっています。

  • キャメロン・スミス(FR:71位)
  • バド・コーリー(FR:72位)
  • ジョン・ハー(FR:74位)

スポンサードリンク

よく読まれています

このページの先頭へ