全米オープンゴルフ2017に出場するには?優先出場資格と有資格者の一覧と予選会について

初回投稿日:2015年09月30日
最終更新日:2017年05月29日

全米オープンゴルフ2017は、6月15日から18日の4日間にわたって、ウィスコンシン州エリンにあるエリンヒルズで開催されます。

全米オープンゴルフは、156名のフルフィールドのうち、約半数が設定された条件を満たした優先出場権をもつ選手に割り当てられます。

そして残りの半数を、ローカルクオリファイング、セクショナルクオリファイグと呼ばれる予選会に割り当てられ、予選会で上位に入ることにより出場権を獲得することもできます。

2017年5月21日時点で出場権を獲得している日本人プレイヤーは松山英樹、池田勇太、谷原秀人の3人となっています。

その全米オープンゴルフ2017の出場資格と有資格者についてまとめています。なお、情報が入り次第、随時最新のものに更新する予定です。

スポンサードリンク

全米オープンゴルフ2017の出場資格と有資格者の一覧

全米オープンゴルフ2017の優先出場資格は以下のとおりとなっています。なお、これらの資格や条件を例年通りある場合のもので、変更があった場合には、それに応じてこのページの内容も変更する予定です。

条件別の一覧です。なお、出場資格を有していますが、出場が決定していることを意味しませんので、ご注意ください。

1. 過去10年間の全米オープンの優勝者

  • 2016:ダスティン・ジョンソン
  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014:マルティン・カイマー
  • 2013:ジャスティン・ローズ
  • 2012:ウェブ・シンプソン
  • 2011:ロリー・マキロイ
  • 2010:グレアム・マクダウェル
  • 2009:ルーカス・グローバー
  • 2008:タイガー・ウッズ
  • 2007:アンヘル・カブレラ

2. 全米アマチュアゴルフ選手権2016の優勝者と2位

  1. カーティス・ラック(Curtis Luck)
  2. ブラッド・ダルケ(Brad Dalke)

3. 全英アマチュアゴルフ選手権2016の優勝者

  • スコット・グレゴリー(Scott Gregory)

4. 2016年 マーク・H・マコーマックメダル受賞者(世界アマチュアNo.1)

  • マーベリック・マクニーリー(Maverick McNealy)

5. 過去5年間のマスターズトーナメントの優勝者

  • 2017:セルヒオ・ガルシア
  • 2016:ダニー・ウィレット
  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014/2012:バッバ・ワトソン
  • 2013:アダム・スコット

6. 過去5年間の全英オープンの優勝者

  • 2016:ヘンリック・ステンソン
  • 2015:ザック・ジョンソン
  • 2014:ローリー・マキロイ
  • 2013:フィル・ミケルソン
  • 2012:アーニー・エルス

7. 過去5年間の全米プロゴルフ選手権の優勝者

  • 2016:ジミー・ウォーカー
  • 2015:ジェイソン・デイ
  • 2014:ローリー・マキロイ
  • 2013:ジェイソン・ダフナー
  • 2012:ローリー・マキロイ

8. 過去3年間のザ・プレーヤーズ選手権の優勝者

  • 2017:キム・シウ
  • 2016:ジェイソン・デイ
  • 2015:リッキー・ファウラー

9. 2017年 欧州ツアーのBMW PGA選手権の優勝者

  • アレクサンダー・ノレン

10. 全米シニアオープン2016の優勝者

  • ジーン・ソーアーズ(Gene Sauers)

11. 全米オープン2016の10位タイ以内の選手

  • ダスティン・ジョンソン(1位)
  • ジム・フューリック(2位T)
  • スコット・ピアシー(2位T)
  • シェーン・ローリー(2位T)
  • セルヒオ・ガルシア(5位T)
  • ブランデン・グレース(5位T)
  • ケビン・ナ(7位)
  • ジェイソン・ダフナー(8位T)
  • ザック・ジョンソン(8位T)
  • ジェイソン・デイ(8位T)
  • ダニエル・サマーヘイズ(8位T)

12. フェデックスカップ・プレオーオフの最終戦であるツアーチャンピオンシップ2016に進出した選手

ツアーチャンピオンシップ2016に進出した選手とは、2015-16シーズンのフェデックスカップランキングの上位30名となります。

  1. ローリー・マキロイ
  2. ダスティン・ジョンソン
  3. パトリック・リード
  4. アダム・スコット
  5. ポール・ケーシー
  6. ジェイソン・デイ
  7. ライアン・ムーア
  8. ケビン・チャッペル
  9. ジョーダン・スピース
  10. ラッセル・ノックス
  11. エミリアーノ・グリーロ
  12. ジャスティン・トーマス
  13. 松山 英樹
  14. ジミー・ウォーカー
  15. ブラント・スネデカー
  16. フィル・ミケルソン
  17. キム・シウ
  18. マット・クーチャー
  19. ジェイソン・ダフナー
  20. ゲーリー・ウッドランド
  21. ババ・ワトソン
  22. ロバート・カストロ
  23. ケビン・キスナー
  24. ウィリアム・マクガート
  25. チャール・シュワルツェル
  26. ダニエル・バーガー
  27. ショーン・オヘア
  28. ケビン・ナ
  29. ジョナサン・ベガス
  30. J.B.ホームズ

13. 2017年5月22日時点のゴルフ世界ランクトップ60位タイ

出場資格を有していない2017年5月22日時点のゴルフ世界ランクトップ60位タイの選手に出場資格が与えられます。

  • 池田 勇太
  • 谷原秀人
  • アダム・ハドウィン
  • アレクサンダー・ノーレン
  • アン・ビョンフン
  • ウェスレイ・ブライアン
  • ジョン・ラーム
  • チャーリー・ホフマン
  • ティレル・ハットン
  • トミー・フリートウッド
  • トーマス・ピーターズ
  • パット・ペレス
  • ビリー・ホーシェル
  • ビル・ハース
  • ブライアン・ハーマン
  • フランチェスコ・モリナリ
  • ブルックス・ケプカ
  • ブレンダン・スティール
  • ベルント・ウィスバーガー
  • マシュー・フィッツパトリック
  • マーク・リーシュマン
  • ラッセル・ヘンリー
  • ラファエル・カブレラ・ベロ
  • リー・ウエストウッド
  • ルイ・ウーストハイゼン
  • ロス・フィッシャー
  • 王 情訓

14. 2017年6月12日時点のゴルフ世界ランクトップ60位タイ

出場資格を有していない2017年6月12日時点のゴルフ世界ランクトップ60位タイの選手に出場資格が与えられます。

  • 2017年6月12日時点で確定

15. 全米ゴルフ協会の推薦

推薦で優先出場権を与える権利を全米ゴルフ協会(USGA)がリザーブしています。

  • 未定

セクショナルクオリファイング(予選会)

全米オープン2016のセクショナルクオリファイングはインターナショナル2ヶ所(日本・イングランド)と全米10ヵ所で開催される予定です。

日程は日本が5月22日、欧州が5月29日に、アメリカでは6月5日に開催される予定となっています。

日本の予選会で出場権を獲得した選手は以下のとおりとなっています。

  • 小平智
  • 今平周吾
  • 宮里優作
  • チャン・キム

セクショナルクオリファイングの最新情報は「全米オープンゴルフ2017の予選会(セクショナルクオリファイング)の概要」のページで更新しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

このページの先頭へ