岩田寛は苦しむも18位タイで50ポイントと7万9,114ドル獲得!!ファーマーズインシュランスオープン2016の全ラウンド結果速報

岩田寛が2016年の第3戦目となるファーマーズインシュランスオープン2016に出場します。

岩田寛が2015-16シーズンのPGAツアーに本格参戦していますが、フライズドットコムオープンが予選落ち、シュライナーズホスピタル・フォー・チルドレンオープンが73位、WGC-HSBCチャンピオンズが64位、OHLクラシックが予選落ち、RSMクラシックが44位。

年が明けてからはソニー・オープン・イン・ハワイとキャリアビルダーチャレンジの2戦連続で予選落ちし、7戦中4戦で予選落ちと苦しんでいます。

このファーマーズインシュランスオープンが終わった後は、翌週のAT&Tペブルビーチプロアマに出場予定ですが、その後はエントリーしても出場できない可能性が高く、結果を残してランクを上げないと3月のプエルトリコまで試合に出れない可能性があります。

ノーザントラストオープン終了後に優先順位の入れ替えが行われるため、巻き返しのキッカケとしたいファーマーズインシュランスオープン2016です。

そのファーマーズインシュランスオープン2016での岩田寛の全ラウンド結果速報です。

岩田寛の全ラウンドのプレーの速報と結果

スポンサードリンク

岩田寛のファーマーズインシュランスオープン2016のラウンド別のプレー詳細やキースタッツなどは以下のボタンのリンク先にまとめています。

大会直前のインタビュー動画
第1ラウンドのプレー詳細速報:15位T
第2ラウンドのプレー詳細速報:38位T
第3ラウンドのプレー詳細速報:9位T
第4ラウンドのプレー詳細速報:–位

岩田寛のファーマーズインシュランスオープン2016の大会前インタビュー

ゴルフネットワークによる岩田寛の大会直前インタビューです。

ROUND1:初日はボギーが2つ先行も5バーディを奪い15位タイの好スタート!

岩田寛はブレット・ステッグマイヤー、マーティン・ピラーとの組み合わせで現地時間の1月28日午前10時50分、日本時間の1月29日午前3時50分にノースコースの10番ホールからスタートしました。

その初日のホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。なお、今日プレーしたノースコースはショットトラッカーが動いていないため限られた情報となっています。

Farmers Insurance Open 2016_Iwata_R1

初日は5バーディ・2ボギーで3つスコアを伸ばし、3アンダーで首位とは3打差の15位タイと好スタートを切りました。

インからのスタートで11番と12番で連続ボギーを叩き、14番パー5でも取りこぼすなど苦しい展開だったのですが、16番からの残り12ホールではパーオンが10回で5つのバーディを奪うなどして巻き返しました。

フェアウェイキープ率は50.00%(7/14)で66位タイと及第点にとどまりましたが、パーオン率が72.22%(13/18)で39位タイと安定していた分、しっかりとスコアを伸ばすことができました。

また4つあるパー5のうち3ホールでしっかりとスコアを伸ばすことができたのも、初日の好スタートにつながっています。

初日のキースタッツは以下のとおりとなっています。ノースコースではショットのトラッキングが行われていないため、ストロークスゲインドのスタッツは算出されていません。

  • フェアウェイキープ率:50.00% (7/14) – 66位タイ
  • ドライビングディスタンス:287.0 yds – 106位
  • パーオン率:72.22% (13/18) – 39位タイ
  • パーオン時の平均パット:1.692 – 32位タイ

ショットトラッカーがなかったため詳しい状況は把握できませんが、ボギー2つはショットによるもので、スクランブリング(パーオンできなかったホールで、パーもしくはバーディであがれた割合)が60%(3/5)だっため、ショットのスコアへの貢献度は高くなかった可能性がありそうです。

一方のパッティングはパーオン時の平均パットがまずまずで、3パットなどもありませんでしたので、おそらくですが平均以上の内容だったのではないかと推測されます。

明日プレーするサウスコースの方が難易度が高いため、ノースコースでしっかりと伸ばしておきたかったのですが、3アンダーにすることができましたので、やるべきことはやれた初日だったと言えます。

現在の岩田寛の課題は良い状態が長続きしないこと、ちょっとしたミスで崩れてしまうことなどが挙げられます。

初日のノースコースの平均スコアは70.90とアンダーパーだったのですが、サウスコースは73.36とオーバーパーとなっています。

サウスコースでは忍耐力を試されるケースが多くなると予想されますが、そこを乗り越えてまずは決勝ラウンドにしっかりと進出してくれることを願っています。

ROUND2:ボギーとダボが先行も持ち直して決勝ラウンド進出

第2ラウンドの岩田寛はブレット・ステッグマイヤー、マーティン・ピラーとの組み合わせで現地時間の午前9時40分、日本時間では1月30日午前2時40分にサウスコースの1番ホールからスタートしました。

その第2ラウンドのホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

Farmers Insurance Open 2016_Iwata_R2

第2ラウンドは2バーディ・1ダブルボギー・2ボギーと1つスコアを落として通算2アンダーとなったものの予選通過し、決勝ラウンドに進出しました。

3番のボギーと7番のダブルボギーはいずれも3パットによるもので、前半は重い展開となってしまい、カットラインがちらつく状況となりました。

しかし、9番パー5で1.2mにつけてバーディを奪い1つ戻してハーフターンします。

その後は4ホール連続でパーを重ねた後、14番パー4で1.2mにつけてバーディを奪い2アンダーに戻して、予選通過の安全圏内まで浮上しました。

ですが、続く15番では2.7m、18番でも2.7mのバーディパットを決めることができないなど、終始パターで苦しみスコアを1つ落としてのホールアウトとなりました。

フェアウェイキープ率は初日の50.00%(7/14)から57.14%(8/14)に上昇し、パーオン率は初日に続き72.22%(13/18)でショットは全体的に安定していました。

またバーディ2つはショットで1.2mにつけて2つ奪っていますので、スコアへのショットの貢献度は高く、ストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーン(ショットで稼いだ打数)は+2.283と大きくプラスになりました。

2.7mのバーディパット2つを外したり、3パットが2回あるなど苦しんだパッティングは、ストロークスゲインド・パッティング(パッティングで稼いだ打数)が-1.604となりましたが、それをショットでカバーして持ちこたえました。

2日目はオーバーパーではあったのですが、ストロークス・ゲインド・トータル(フィールドの平均との差)は0.679となるなど、平均を上回りましたので、我慢強くプレー出来たと言える第2ラウンドでした。

2日間を終えた時点でのキースタッツは以下のとおりとなっています。

  • フェアウェイキープ率:50.00%(7/14)|57.14%(8/14)|53.57%(15/28)-50位T
  • ドライビングディスタンス:287.0 yds|293.1 yds|291.1 yds-70位
  • サンドセーブ率:–|100.00%(3/3)|100.00%(3/3)-1位T
  • パーオン率:72.22%(13/18)|72.22%(13/18)|72.22%(26/36)-30位T
  • Strokes Gained T2G:–|2.283|2.283-25位
  • Strokes Gained Putt:–|-1.604|-1.604-128位
  • Strokes Gained Total:–|0.679|0.679-62位T
  • PUTTS PER GIR:1.692|1.923|1.808-77位T

それでも置かれている立場を考えれば悪くてもイーブン、できればアンダーで回って欲しかったのですが、2016年年明けから2戦連続の予選落ちの悪い流れを一旦止めることができたのは収穫と言えます。

まずは予選通過できましたが、できればトップ25フィニッシュはしたい状況のため、パッティングのアジャストを何とかしてもらいたいところです。

1打伸ばせば大きく順位を上げることができる混戦状態となっていますので、明日のムービングサタデーでの浮上に期待したいと思います。

なお、全選手ホールアウト後にスタッツを追加して修正する予定です。

ROUND3:前半は重い展開も5バーディ・1ボギーで一気に浮上

岩田寛の3日目はアーロン・バデリー、シェイン・バーツッチとの組み合わせで現地時間の午前8時30分、日本時間では1月31日午前1時30分に10番ホールからスタートしました。

その第3ラウンドのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

Farmers Insurance Open 2016_Iwata_R3

第3ラウンドは5バーディ・1ボギーの68と4つスコアを伸ばして通算6アンダーとして、ホールアウト時点では首位と3打差の8位タイに浮上しました。

今日の前半は我慢のゴルフとなりました。

出だしの10番では1.2mの微妙な距離を沈めてパー、続く11番では2.2mのバーディチャンスも決めれずパー、そして14番では3.7mのパーパットを残すピンチとなりましたが、沈めて切り抜けるなど我慢の展開となります。

その後は15番で2.8mのバーディチャンスをつくるも、これも決めれず重たい展開となってしまったのですが、18番パー5では2オンに成功し4.5mから2パットでバーディを奪いスコアを3アンダーに伸ばします。

ハーフターンをした直後の1番パー4ではバンカーとラフにつかまりボギーとし2アンダーに戻りました。

ですが、ここから一気に浮上していきます。

2番パー4では2.3m、4番パー4ではフェアウェイ7.9mからチップインバーディ、6番パー5ではレイアップから1.5mにつけてバーディ、8番では上りの4.8mを沈めてバーディとし、6アンダーでトップ10圏内に浮上しました。

上がりホールとなった9番パー5ではバーディを奪えなかったものの、この日は4つスコアを伸ばして通算6アンダーでホールアウトしました。

第3ラウンドのフェアウェイキープ率はサウスコースをプレーした2日目と同じ57.14%(8/14)で3日間トータルでは54.76% (23/42)で22位タイと良い数字をキープしています。

パーオン率は2日目の72.22%(13/18)から66.67%(12/18)に少し落としましたが、こちらも3日間では70.37% (38/54)で21位タイとまずまずの数字です。

そしてパーオンを外した6ホールのうちボギーとなった1番と3.7mを残した13番以外は1.5m以内に寄せるなどリカバリーも良く、スクランブリング(パーオンできなかったホールで、パーもしくはバーディであがれた割合)は83.33%(5/6)となりました。

さらにフェアウェイからのチップインバーディもあったため、ショットのスコアへの貢献度は高く、ストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーン(ショットで稼いだ打数)は+3.465と大きくプラスとなりました。

予選ラウンドで足を引っ張っていたパッティングは11番で2.2m、15番で2.8mのバーディパットを外したものの、13番で3.7mのパーパット、8番で4.8mのバーディパットを沈め、3パットもないなど安定していました。

そのためストロークスゲインド・パッティング(パッティングで稼いだ打数)は+1.799とこちらも大きくプラスとなりました。

ショットとパットともに安定していたため、フィールド平均をどれだけ上回ったか、下回ったかを示すストロークス・ゲインド・トータル(フィールドの平均との差)は+5.264となり、一気にトップ10圏内まで浮上することができました。

3日間を終えた時点でのキースタッツは以下の表のとおりとなっています。

Farmers Insurance Open 2016_Iwata_R3_Stats_1
ストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーン(ショットで稼いだ打数)は5.748で8位となっていますので、これをこのままキープして、0.195で44位となっているストロークスゲインド・パッティング(パッティングで稼いだ打数)をさらに上げることができれば、面白い最終日になりそうです。

ノーザントラストオープンで出場資格の優先順位の入れ替えが行われますので、このファーマーズインシュランスオープンで上位フィニッシュをしたい岩田寛にとって、良いムービングサタデーとなりました。

しかし、パトリック・リードのようなトッププレイヤーでも1ラウンドで7オーバーと大叩きしてしまう難易度の高いコースなので、最後の最後まで油断することはできません。

死守ラインをトップ25、できればトップ10フィニッシュ、そしてあわよくば優勝争いを視野に入れながら最終日を戦ってくれることを願っています。

ROUND4:第4ラウンドは悪天候のためサスペンデッドでマンデーフィニッシュに

最終日はジョナサン・ベガス、ベン・クレーンとの組み合わせで現時間の午前8時20分、日本時間では2月1日の午前1時20分に1番ホールからスタートしました。

最終ラウンドのサスペンデッド時点でのプレー内容

しかし、強い風と雨などに悪天候による3度のサスペンデッドののち、最終ラウンドの残りは月曜日に持ち越しとなりました。

その最終ラウンドのサスペンデッド時点でのホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

Farmers Insurance Open 2016_Iwata_R4_Suspended

12ホールを終えた時点で1バーディ・5ボギーと4つスコアを落としたものの、スタート時点で同じ暫定9位タイとなっています。

1番でボギーとした後に悪天候で1時間14分の中断となり、再開された直後の2番でもボギーといきなり2つ落とす苦しい展開になりました。

さらに3番パー3のティーショットを打った時点で2度目の中断が入り、再開後はアプローチでグリーンに寄せてパーを拾ったものの、5番ホールでボギーを叩き、通算3アンダーに後退します。

しかし、8番パー3では7.8mのロングパットを沈めてバーディを奪い、通算4アンダーに戻します。

ところがハーフターンした後の10番と12番でボギーを叩き通算2アンダーとし、13番パー5のティーショットをラフに打ち込んだところでサスペンデッドとなりました。

ピンがくの字になるほどの強風だったため、ほとんどの選手が大きくスコアを落とし、サスペンデッド時点での最終ラウンドの平均スコアは77.92と6オーバーに近いスコアになっています。

あまりの厳しい環境に現時点で唯一のアンダーパーとなる3アンダーでラウンドしたブラント・スネデカーが”全米オープンのセッティングで、コンディションは全英オープンでプレーしているみたいだ。” と表現するほどでした。

そのためプレート中でも5オーバー、6オーバー、7オーバーが続出する状況のため、岩田寛の順位は9位タイをキープしています。

最終ラウンドは月曜日に持ち越しとなり、午前8時、日本時間では2月2日の午前1時に再開されることになりましたが、今日よりはコンディションが良くなりますが、それでもタフなコンディションとなるようです。

明日の再開時点の天気予報は雨は降らないようですが、風速25マイル毎時、毎秒11.2mの強風となっています。

月曜日のプレーも強風への対応力が問われる我慢比べになりそうですが、うまくアジャストしてトップ10を確保し、次週のウェイストマネジメントフェニックスオープンの出場資格を獲得してくれることを期待しています。

最終ラウンドの最終結果

最終ラウンドの最終的なホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。なお再開後はショットトラッカーが動かなかったため、簡易な情報のみ記載しています。

Farmers Insurance Open 2016_Iwata_R4_Final

岩田寛は再開後に4ホール連続でボギーを叩く苦しいゴルフとなりましたが、上がり2ホールは何とかパーでまとめ、通算2オーバーの18位タイとなりました。

これでフェデックスカップ(FedEX CUP)ポイントを50ポイント獲得して通算80ポイントとし、ランキングは174位から137位にあげています。

また賞金は7万9,114ドルを加えて、今季の獲得賞金を15万1,125ドルとしています。

トップ10フィニッシュとはなりませんでしたので、ウェイストマネジメントフェニックスオープンには出場できず、1週オープンウィークを挟んでAT&Tペブルビーチプロアマに出場予定となっています。

そこでも少なくともトップ25、できればトップ10を目指して頑張ってくれることを願っています。

スポンサードリンク

よく読まれています

33 Responses to “岩田寛は苦しむも18位タイで50ポイントと7万9,114ドル獲得!!ファーマーズインシュランスオープン2016の全ラウンド結果速報”

  1. ゆり より:

    お疲れ様です。
    本当に苦しんでますねぇ・・
    結果を見てもわかります。
    岩田選手らしからぬ試合運び。
    米ツア-に夢を託し乗り込んで行った気持ちをもう一度
    思い起こし、一打一打に気持ちを入れ打って欲しいと願ってます。
    岩田選手なら絶対に出来ます。
    シ-ド獲得に頑張って欲しいと願ってます。
    先ずは予選通過をし(3選手共に)四日間を
    戦い抜いて欲しいと心から願ってます。

  2. golf より:

    ゆりさん、お疲れ様です。
    正直、一番心配しているのは岩田寛で、今週か来週のどちらかでトップ25、できればトップ10が欲しいような状況です。
    それができないと3月まで試合に出れないかもしれないので、今週で頑張ってもらいたいです。

  3. マチダ より:

    golfさん、今年も楽しみに拝見させて頂きます。
    松山選手も参戦し、いよいよですね。
    岩田選手は先週-8で1打差で予選落ちなんて…
    いつにもまして口数が少ないのですが、今週、ペブルビーチで成績を出してもらいたいです。

  4. golf より:

    マチダさん、コメントありがとうございます。
    こちらこそ今年もよろしくお願いします。
    先週は本当に惜しかったです。最終日に進めば、1打で大きく順位を上げれたのでプレーさせてあげたかったです。
    一時に比較すれば内容が良くなっているように感じるので、今週と来週で突破口を開いてくれることを期待しています。

  5. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様でした。
    初日・連続ボギ-にあぁぁあ!ダメだぁ~~!なんって
    がっくりでしたが・・5つのバ-ディ(-3)
    首位と3打差に上がって来ました。
    この調子を維持して松山君との組み合わせに期待
    しちゃいます。
    何とか2日目予選通過をして欲しいと願ってます。

  6. golf より:

    ゆりさん、おはようございます。
    連続ボギーとなった時は、私も気が重くなりましたが、そこからよく盛り返してくれたと思います。
    初日は良いプレーができましたので、明日も継続してもらって、決勝ラウンドに残ってもらいたいです。

  7. マーク より:

    岩田はいいスタートですね。先週予選落ちでしたが、3日間プレーして調子をつかんでいたのが良かったのかもしれませんね。
    松山はさすが。石川は途中で壊れてしまいましたね。今後が少し心配な内容です。

  8. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    予選落ちとなりましたが、先週の第3ラウンドは良い感じだったので、それが続いているようであれば明る材料ではないかと思います。
    爆発力があるのは魅力なのですが、裏腹に崩れだすとズルズルと言ってしまうこともあるので、明日は粘り強く頑張ってもらいたいです。
    石川遼は心配な崩れ方でしたね・・・。尾を引かないようにうまく調整してもらいたいです。

  9. マーク より:

    岩田は粘りのゴルフで予選通過しましたね。後半ハラハラしてましたが、難しいと言われるサウスで1オーバーは、まずまずの出来でしょう。視界が広がりました。
    逆に松山が一打及ばすの予選落ちですか。年明け初戦、まだまだ本調子とは言えないところでしょうか。

  10. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様です。
    予選通過をしなければ次に進む事が出来ません。
    はらはらしましたが、何はともあれ良かったですねぇ
    golfさんのおっしゃるとうり、悪い流れを止める事が
    出来ほっとしました。
    もうひと踏ん張り・トップ25フィニッシュ・・
    爆発力を期待して・・
    もっと欲を言えばトップ(20&15)に(笑)。
    次戦に繋がるいい結果を出し、納得いく
    プレ-をして欲しいと願ってます。

    何が起こるか分からないゴルフに唖然と・・
    松山君が意外でした・・一打に泣きましたねぇ。
    遼君は(映像がなく分かりかねますが)・・
    ダボの連続に苦しめられました・・
    出直して次戦に挑戦して欲しいと願ってます。

  11. golf より:

    マークさん、お疲れ様です。
    岩田寛はよく粘ったと思います。少しずつ状態が上がってきているし、メンタル面でも良くなってきているのかなという気がします。
    一旦、崩れだすとズルズルいくという流れを昨年の11月以降から止めれずにいましたが、ここにきて粘れるようになりつつあることに希望を感じます。
    残り2日間でスコアを伸ばしてトップ25に入れるように頑張ってもらいたいです。

  12. golf より:

    ゆりさん、おはようございます。
    岩田寛が予選通過したのは嬉しかったのですが、他の2人が決勝ラウンドに行けなかったのは非常に残念です。
    1打1打が本当に重要ですよね。なかなかPGAツアーの壁は簡単ではないですが、PGAツアーに挑戦している3人には諦めずに頑張っていってもらいたいです。

  13. マーク より:

    今日は上位のスコアが伸びず、岩田はトータル6アンダーで上がり、何と6位タイの現在クラブハウスリーダーですよ!最終的な順位はまだですが、恐らくトップ10圏内で最終日です。トップ10なら来週も出場できるルールもあるとか。これは思ってもないチャンスを自分の力で引き寄せました。
    インタビューの様子も落ち着いていて、いつもの岩田らしい?おとぼけがいい感じでした。多分手応えがあるのでしょう。
    明日が非常に楽しみになりましたね。

  14. golf より:

    マークさん、おはようございます。
    上位フィニッシュが欲しい状況の中で、良いプレーをしてくれたと思います。
    次週のウェイストマネジメント・フェニックス・オープンは日照時間の関係でフィールドが132名と通常より少ないのですが、昨年も前週のトップ10プレイヤーが1人出場できているので、枠が回ってくるかもしれません。そのためにもトップ10を目指して頑張ってもらいたいです。
    徐々に調子が上向いているみたいですね。慎重に言葉を選んでいますが、徐々に状態が上向いている感触があるのではないかという気がします。
    簡単にスコアを落としてしまうコースなので油断はできませんが、最終日に上位フィニッシュできるように頑張ってもらいたいです。

  15. ゆり より:

    おはようございます。
    どきどき(笑)。平常心で最終日を・・
    自身へのお誕生日プレゼントを是非いい形で。

  16. golf より:

    ゆりさん、おはようございます。
    とても良い位置で最終日を迎えることができました。
    ボギーが少ない3日間で非常に粘り強くプレー出来ていますし、ショットも安定しているので、このまま行ってもらって、ポイントを稼いでもらいたいです。

  17. マーク より:

    注目の最終日ですが、岩田がスタートして1ホールで中断のようです。前の組がほとんどスコアを落としていて、ショットラでも不自然な表示が続いていたので何かあるなと思っていたら、暴風雨のようです。
    現地映像を見たらピンがくの字に曲がり、パターがUターンして入ったりと、さすがにゴルフができる状況ではないと判断したようです。
    再開できたとしても、先のスタートの組があまりに可哀想な状況。今日全てをキャンセルして明日再スタートなどもあり得るのでしょうか。。

  18. マーク より:

    いやいや、どうやら再開した模様ですね。これは我慢大会になりそうです。。

  19. naka より:

    おはようございます。
    現地の天候が悪くて、中断中みたいですね。
    みんなスコアを崩している中で、スネデカーだけが今日3アンダー(トータル6アンダー)でホールアウト。
    今日、4オーバーで現状トータル2アンダーの岩田が、スネデカーに追いつくのは難しいと思いますけど、まだ9位タイでで粘っているみたいなんで、なんとか1桁順位でフィニッシュしてほしいですね。頑張れ~~。

  20. naka より:

    と思ったら、今日は中止ですか。
    いずれにせよ2アンダーグループが大勢いるみたいなんで、頑張って上位フィニッシュを目指してほしいですね。

  21. golf より:

    マークさん、おはようございます。
    結局、サスペンデッドになってしまいましたね。
    とりあえず、スタートと同じ順位を保っているので、天候が落ち着くであろう明日に何とかスコアを伸ばしてもらいたいです。
    13番のパー5のティーショットは打ってしまって、ラフにいってしまったみたいですが、うまくリカバリーしてバーディをとってもらいたいです。

  22. マーク より:

    トップ10フィニッシュでも必ず翌週出れるというわけではないのですかね?
    でも明日の再スタートなら、用意ドンの短距離走のようなもの。スコアを伸ばしさえすればトップ5も見える。欲を言えば切りがないですが、今後を考えても上位フィニッシュが求められる状況なので、ベストを尽くして欲しいと思います。

  23. golf より:

    nakaさん、コメントありがとうございます。
    かなり厳しいコンディションでスコアを落としましたが、それでも順位はトップ10圏内にいるので、明日の再開後に伸ばしてもらいたいです。
    残り7ホールで2つ、できれば3つくらい伸ばしてフィニッシュすればトップ10は入れると思うので、パー5をモノにして欲しいです。

  24. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    PGAツアーのプライオリティランキングでは、トップ10で与えられる翌週の出場資格は優先順位が25番目で、ウェブドットコムツアーファイナルズによる出場資格が26番目です。
    つまりより上位のフェデックスカップランク125位以内、賞金ランク125位以内、公傷制度が適用されている選手などが多くエントリーすると出場資格が回ってきません。特にウェイストマネジメントは156名ではなく132名がフルフィールドなので、例年出場できない選手が多くなっています。
    ただ、詳しく調べて見たところ、ウェブドットコムツアーファイナルズによる26番目の資格を所有している選手が5-6名くらい正式なリストに入っていますので、トップ10フィニッシュできれば回ってくる可能性が高そうです。
    頑張ってもらいたいです。

  25. ゆり より:

    お疲れ様でした。
    あの台風並みの天候に唖然・・
    どの選手もスコアを落とす結果に・・
    明日の結果しだいではトップ10入りになって
    くれる事を願ってます。
    トップ10になりますと次戦のフェニックスopに
    出場獲得になるのでしょうか・・
    このチャンスを是非生かして欲しいです。
    移動の事を考えると大変ですが・
    是非挑戦して欲しいと願ってます。
    雨にも負けず・風にも負けず・ひたすら我慢我慢の
    ゴルフをと願って応援してます。

  26. golf より:

    ゆりさん、お疲れ様です。
    凄い悪天候でしたね。あの天候でスネデカーがアンダーでラウンドしたのが信じられません。
    トップ10に入れば、おそらく次週も出場できそうなので、明日は何とか粘ってもらいたいです。
    こういうトップ10に入れるチャンスをしっかりとモノにしておくのは、シード権を確保する上で重要なので、残り7ホールでしっかりとスコアを伸ばしてもらいたいです。
    シーズン序盤で1つ目の山場です。

  27. naka より:

    う~ん、順調にスコアを落としてますね(^^;
    トップ10はおろか、トップ20も怪しくなってきました。
    何とか最終ホールでバーディーとか取れたりしないですかね。
    1打違うだけでも、順位・ポイント差が大きいんですけどね~。

  28. マーク より:

    岩田、2オーバーのフィニッシュで現在18位タイ。スタート時のスコアで持ちこたえればトップ10もあると本気で期待したのですが、出だしの4連続ボギーで翌週の出場権は露と消えました。
    ただ当初狙っていたトップ25フィニッシュで、今回50ポイントくらい取れたので、次のリシャッフルに光は見えてきたのではないでしょうか。
    ペブルビーチでどの位の順位が必要なのか気になるところです。
    次も再度上位フィニッシュし、何とかシーズン中盤の出場権を何とか獲得してもらいたいです。

  29. naka より:

    やれやれ、何とか2オーバー、18位タイで止まったみたいですね。
    フェデックスポイントも50ポイントぐらいの獲得でしょうか。
    できれば1アンダーぐらいをキープして1ケタでフィニッシュして欲しかったですけど、大会前(あるいは2日目終了時点)からすれば、まずまずの順位・目標達成といった感もなきにしもあらずです。
    次週はしっかり休んで(調整して)、AT&Tペブルビーチプロアマでも上位フィニッシュをして欲しいですね。
    あと、石川僚選手もそろそろ頑張らないとまたシーズン終盤が不安になってくるので、一緒に頑張って欲しいところです。

  30. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    できればリシャッフルでランキングの上位5名、悪くても上位10名に入っておきたいところです。
    なのでペブルビーチでは理想はトップ5フィニッシュ。トップ10であれば合格、トップ25は最低ラインという感じになるかなと思います。
    次の試合が本当に重要なので頑張ってもらいたいです。

  31. golf より:

    nakaさん、お疲れ様でした。
    連続ボギーを叩いた時には、どこまで落ちるか心配しましたが、上がり2ホールは何とか持ちこたえてくれました。
    もう少し踏ん張ればトップ10だったので、もったいないですが、それでもPGAツアーでやっていける感触にはなったのではないかと思いますので、この経験を活かしてもらいたいです。
    石川遼は岩田寛よりもポイント、賞金が少ないですが、フルシードなので、そこまで焦らなくても良いかなとは思います。
    でも、後ろにいけばいくほど無理をしないといけなくなりますので、早めに挽回してもらいたいです。

  32. マーク より:

    トップ10で合格、トップ25は最低ラインですか!
    PGAでトップ10と言えばHSBCの1回だけですから、厳しい状況に変わりないですか。
    次が正念場ですね。奮起せよ、岩田!

  33. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様でした。
    あの天候には勝てなかったですねぇ・・
    トップ10入り「次戦フェニックスop」参加は
    出来ませんが、この経験を次に生かせます事を
    願ってます。
    ゆっくり休んで、調整をし{AT&T・・プロアマ戦}
    の活躍を心より願ってます。

このページの先頭へ