岩田寛の最終Rはティーショットが乱れて4ストローク落とし44位Tに|ネーションワイド・チルドレンズホスピタルチャンピオンシップ2015の全ラウンド結果速報

岩田寛がPGAツアー出場資格獲得を争うPGAツアーと下部ツアーの入れ替え戦であるウェブドットコムツアーフィナルズの第3戦となるネーションワイド・チルドレンズホスピタルチャンピオンシップ2015に出場します。

開催コースはオハイオ州立大学ゴルフクラブのスカーレットコースは初戦のホテルフィットネスチャンピオンシップの開催コースと同じくジャック・ニクラスが設計に携わっています。

初戦で4位タイとなったことで来季の出場権は確実な状況ですが、フィナルズの賞金王になればフルシードを獲得できますので、そこを目指して優勝、上位フィニッシュをしたいところです。

その岩田寛のネーションワイド・チルドレンズホスピタルチャンピオンシップ2015の全ラウンド結果速報です。

岩田寛の全ラウンドのプレーの速報と結果

スポンサードリンク

岩田寛のネイションワイド・チルドレンズホスピタルチャンピオンシップ2015のラウンド別のプレー詳細やキースタッツなどは以下のボタンのリンク先にまとめています。

大会直前のインタビュー動画
第1ラウンドのプレー詳細速報:14位T
第2ラウンドのプレー詳細速報:30位T
第3ラウンドのプレー詳細速報:30位T
第4ラウンドのプレー詳細速報:44位T

ROUND1:4バーディ・3ボギーの1アンダーで首位と3打差スタート

第1ラウンドはサム・ソーンダース、ダウィー・バンデルウォルトとの組み合わせで、日本時間の9月25日午前1時31分に1番ホールからスタートしました。

その初日のホールバイホールは以下のとおりとなっています。

Nationwide Children's Hospital Championship_Iwata_R1

今日は4バーディ・3ボギーの1アンダーでプレーを終えて、首位とは3打差の14位T(暫定)とまずまずのスタートをきりました。

12番のパー5を終えた時点では3アンダーまで伸ばして首位に1打差に迫りました。

しかし、13番パー3でティーショットをラフに入れてしまい、アプローチはファーストカットにとまりピンにより切らずボギー、続く14番パー4では2打目がグリーンのファーストカットにとまり、そこからカップインするまで3打を要して連続ボギーで1アンダーに後退しました。

その後はスコアの変動がなくプレーを終えました。

フロントナインはフェアウェイキープ率が71.43%(5/7)、パーオン率が77.78%(7/9)と安定していた上にパーオン時の平均パットが1.571となるなどバーディチャンスをしっかりとものにできました。

しかし、バックナインではフェアウェイキープ率が57.14%(4/7)、パーオン率が44.44%(4/9)とショットの精度が落ちたため、スコアを落とすことになりました。

全選手がホールアウトしていないため暫定値となりますが、初日のスタッツは以下のとおりとなっています。

項目 R1 (Rank)
フェアウェイキープ率 64.29%(9/14) – 23位T
ドライビングディスタンス 333.5 yds – 2位
パーオン率 61.11%(11/18) – 65位T
バーディ 4個 – 10位T
ボギー 3個 – 43位T
平均パット数(GIR) 1.636 – 5位T

後半はやや精度が落ちたもののドライビングディスタンスが333.5ヤードで2位と飛距離が出ていますし、フェアウェイキープ率も64.29%で23位Tと悪くない数字のため、先週のようなティーショットの不安定さからは状態が良くなったようです。

先の2試合に比較すると全体的に大きくスコアは伸びていませんし、昨年の優勝スコアは-6で、トップ10が-1となっていることを考えると、オハイオ州立大学ゴルフクラブのスカーレットコースはコースセッティングが厳しいようです。

そのようなコースではあったのですが、スクランブリング(パーオンできなかったホールで、パーもしくはバーディであがれた割合)は50.00%と何とか粘っています。

そしてパーオン率が高いわけではありませんがバーディ数は多く、平均パット数も上位にきていますので、パッティングも好調なようです。

グリーンの状態が悪くなってくる午後スタート組であることを考えれば、しっかりとアンダーパーで滑り出して首位も射程圏内のため、良いスタートを切ったと言えそうです。

明日は午前の早い時間帯でプレーできますので、しっかりとスコアを伸ばして優勝争いを決勝ラウンドでしてくれることを期待しています。

明日の第2ラウンドは同じくサム・ソーンダース、ダウィー・バンデルウォルトとの組み合わせで日本時間の9月25日の午後8時46分にスタート予定となっています。

ROUND2:2つスコアを落としたものの首位と6打差の30位Tで決勝ラウンドへ

第2ラウンドはサム・ソーンダース、ダウィー・バンデルウォルトとの組み合わせで、日本時間の9月25日の午後8時46分に10番ホールからスタートしました。

その2日目のホールバイホールは以下の表とおりとなっています。

Nationwide Children's Hospital Championship_Iwata_R2

今日は3バーディ・5ボギーで2つスコアを落としたものの首位と6打差の32位タイで決勝ラウンドに進出しました。

前半はフェアウェイキープが42.86%(3/7)、パーオン44.44%(4/9)とショットが安定しない上に、武器のパッティングでも3パットがあるなど、3つスコアを落としてハーフターンする苦しい展開でした。

後半もバーディをとりたい4番パー5でもパーオンしながら3パットでボギーし、予選通過も一旦は危うい状況となったのですが、6番パー5とこの日の最終ホールとなった9番パー4でバーディを奪い、何とかトータル1オーバーでホールアウトしました。

ティーショットが後半に入ってからは安定したこともあり、フェアウェイキープ率そのものは57.14%(8/14)と昨日の64.29% (9/14)と大きな差はありませんでした。

このようにフェアウェイキープ率が少し下がった一方で、パーオン率は72.22%(13/18)と昨日の61.11%(11/18)から向上しています。

そのためアイアンは悪くなかったようですが、3パットが2回あり、パーオン時の平均パット数は1.923となるなどパッティングで苦しみました。

項目 R1|R2|Total (Rank)
フェアウェイキープ率 64.29%(9/14)|57.14%(8/14)|60.71% (30位T)
平均飛距離 333.5 yds|290.0 yds|311.8 (27位T)
パーオン率 61.11%(11/18)|72.22%(13/18)|66.67% (44位T)
バーディ 4個|3個|7個 (12位T)
ボギー 3個|5個|8個 (75位T)
平均パット数(GIR) 1.636|1.923|1.792 (20位T)

ショットトラッカーではないので情報が限られるため、推測という域になってしまうのですが、フェアウェイキープ率が低いにも関わらずパーオンしていますので、グリーンを捉えてはいたものの長い距離のバーディパットが多くなった可能性もありそうです。

スコアを2つ落としてしまったのは残念ではありましたが、後半に立てなおして首位とは6打差という上位が狙える位置にとどまりながら予選通過できたのは収穫と言えます。

セッティングが厳しいようでビックスコアが出にくいようですが、全体的にスコアが伸びていませんので、3ストローク縮めればトップ10が見えてくる位置にいます。

2週連続での予選落ちは回避し、すでに出場資格が確実な状況のため、決勝ラウンドでは勝負をかけやすいと考えられます。

持ち前の爆発力を発揮してムービングデーに上位との差を詰めてくれることを期待しています。

第3ラウンドはダウィー・バンデルウォルトとの組み合わせで、日本時間の9月27日の午前0時10分に1番ホールからスタート予定です。

ROUND3:1つスコアを落とし2オーバーで最終ラウンドへ

第3ラウンドはダウィー・バンデルウォルトとの組み合わせで、日本時間の9月26日の午前0時10分にスタートしました。

その第3ラウンドのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

Nationwide Children's Hospital Championship_Iwata_R3

5バーディ・1ダブルボギー・4ボギーと2つスコアを落としてトータル2オーバーとなったものの、全体的にスコアが伸びず、第2ラウンドと同じく30位Tで第3ラウンドのプレーを終えています。

今日は2連続バーディで滑り出し、12番パー5を終えた時点では2アンダーまでスコアを伸ばし、一時はトップ10圏内に入ってきました。

しかし、13番はティーショットをバンカーに入れてボギーとした後から、流れが一気に変わります。

15番パー4ではティーショットがフェアウェイバンカー、一旦はフェアウェイに出したものの、サードショットが再びグリーンのカードバンカーにつかまります。

結局4オン2パットの痛恨のダブルボギーで、そこまでの貯金を全て吐き出してしまいました。

最終18番ではパーオンに成功したのですが、そこから3パットしてしまう手痛いボギーで、第3ラウンドでは72の1オーバー、3日間では2オーバーの暫定34位タイでプレーを終えました。

フェアウェイキープ率は第2ラウンドと同じく57.14%(8/14)だったのですが、アイアンの精度が悪かったようで、パーオン率は昨日72.22%(13/18)から50.00%(9/18)に落ちてしまいました。

暫定となりますが3日間のキースタッツは以下のとおりとなっています。

項目 R1|R2|R3|Total – Rank
フェアウェイキープ率 64.29%|57.14%|57.14%|59.52% – 24位T
平均飛距離 333.5|290.0|312.0|311.8 – 18位
パーオン率 61.11%|72.22%|50.00%|61.11% – 53位T
バーディ 4個|3個|5個|12個 – 2位T
ボギー 3個|5個|4個|12個 – 61位T
ダブルボギー 0個|0個|1個|1個 – 32位T
平均パット数(GIR) 1.636|1.923|1.667|1.758 – 8位

飛距離もあり、攻撃的なゴルフをするためハマった時にバーディを多く奪えるのが魅力ではあるのですが、ピンチをうまく凌げない時には、それと同じだけかそれ以上の数のボギーを出すという傾向が岩田寛にはあります。

また本来はパッティングが良いのですが、このコースのグリーンにはややパットが合っていないようで、3パットも多くなっているためスコアを落としている、この2日間です。

首位とはスコアが離れていますし、コースのセッティングが厳しいようなので、ビックスコアを期待しにくいですが、2つもしくは3つを伸ばせばトップ15、トップ20には届きます。

少しでも上位でフィニッシュしておくことは、来季のレギュラーシーズンの試合のエントリーの優先順位のために非常に重要なので、明日はいつも以上に粘り強くプレーをしてくれることを期待しています。

ROUND4:最終Rはティーショットが乱れて4ストローク落とし44位Tに

最終ラウンドはツーウェイの3サムとなり、マイケル・キム、ジョナサン・ベガスとの組み合わせで、日本時間の9月27日の午後10時10分にスタートしました。

その最終ラウンドのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

Nationwide Children's Hospital Championship_Iwata_R4

今日は1バーディ・1ダブルボギー・3ボギーと4つスコアを落としてトータル6オーバーとなり、44位タイに後退して入れ替え戦の第3戦を終えました。

今日はティーショットの悪さが全てでした。

フェアウェイキープ率が7.14%(1/14)では、さすがに勝負にはなりません。良く4オーバーで収まったというスタッツです。

フェアウェイキープ率はパー4とパー5の数字ですが、3つあるパー3はいずれもグリーンを外していますので、全18ホールでティーショットで上手く行かなったという酷いものでした。

それでもパーオン率は61.11%(11/18)とアイアンで粘ってはいたのですが、これだけラフやバンカーに入れると短いバーディチャンスを作ることは難しくなります。

また今日も3パットがあるなどパーオン時の平均パットは2.000となるなど、グリーン上でカバーすることもできなかったため、このスコアと順位はやむを得ないものでした。

ただ、これだけティーショットが悪い中でも、アイアンでリカバリーし続けていますので、キレずに粘り強くプレーしていことは伺えるものとはなっています。

先週の予選落ちもティーショットの不安定さが原因となっていますので、最終戦のウェブドットコムツアーチャンピオンシップもそうですが、PGAツアーの新シーズンに向けても修正したいところです。

4日間のキースタッツは以下のとおりとなっています。

項目 R1|R2|R3|R4|Total – Rank
フェアウェイキープ率 64.29%|57.14%|57.14%|7.14%|46.43% – T62
平均飛距離 333.5|290.0|312.0|311.8 – 18位
パーオン率 61.11%|72.22%|50.00%|61.11%|61.11% – T55
バーディ 4個|3個|5個|1個|13個| – T9
ボギー 3個|5個|4個|3個|15個 – T49
ダブルボギー 0個|0個|1個|1個|2個 – T49
平均パット数(GIR) 1.636|1.923|1.667|2.000|1.818 – T18

最終日にバーディが1つしか奪えませんでしたが、それでもバーディ数はトップ10に入っていますので、伸ばせる要素はあるのですが、いかんせんボギー、ダブルボギーが多いため、トータルで見るとスコアはオーバーパーとなりました。

頼りのパッティングも今回のグリーンには対応しきれなかったようで、残念な結果とはなってしまいました。

それでも予選通過をし3400ドル(約40万円)を獲得して、入れ替え戦での獲得賞金を4万7400ドルとしてランキングは11位にとどまっています。

来季のシード権はこれで確定したことになりますし、ランク1位の選手とは15万5600ドル差と、かなりハードルは高いですが、最終戦で優勝すれば入れ替え戦賞金ランク1位になる可能性も残っています。

しかし、今のティーショットの状態では勝負になりませんので、何とか木曜日までに修正してくれることを期待しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

17 Responses to “岩田寛の最終Rはティーショットが乱れて4ストローク落とし44位Tに|ネーションワイド・チルドレンズホスピタルチャンピオンシップ2015の全ラウンド結果速報”

  1. マーク より:

    みんなツアーチャンピオンシップに注目しているせいか、こちらはゴルフネットワークの生放送もなく、ショットトラッカーもないので本当によくわからない状況ですね。笑

    全体的に団子状態で首位と3打差の14位タイは悪くない位置ですよね。スコアが伸びにくいコースのようですので、ビッグスコアが出ると飛び抜けるかもしれません。
    そんな期待を抱きながら、明日を待ちたいと思います。

  2. ゆり より:

    お疲れ様です。

    岩田選手も初日-1での終了。
    良い休養を取れましたので・体調は良好かなぁ。
    明日2日目、岩田選手らしく爆発力を発揮して
    くれる事期待してます。
    TV放送がないのが残念です。

  3. hasyfeb より:

    golfさん、情報ありがとうございます。
    初日はまずまずのスコアでしたね。アイアンがあまりよくなさそうなイメージでしたがパットがうまいのでなんとかなっているという感じでしょうか。初めてのコースでもしっかり対処できているところがすごいですね。
    それにしても今回のコースは大学が所持しているコースなんですよね? なのにスコアの伸びを見る限りではかなり難しいコースのように見えます。アマチュアの時からこういうコースでラウンドできるというのはすごくいい環境だなと思います。つくづく日本とは環境が違いますね……^^;
    2日目は午前組ですからしっかりスコアを伸ばして優勝を狙える位置につけて欲しいと思います。

  4. マチダ より:

    golfさん速報ありがとうございます。
    松山選手も気になりますし、石川選手もいい成績を出して世界ランク上げて欲しいし、同郷の片岡大育も欧州ツアーの予選会に出るらしいし、
    でも岩田選手が今一番気になります。いい成績を出して少しでも優先順位を上げてもらいたいですね。
    また明日も情報お待ちしております。

  5. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    一時は良いところまで行ったので、連続ボギーはもったいなかったですが、仰るとおりどこかで爆発があれば抜け出せる位置なので、楽しみです。
    コース設定が難しようなので、ピンポジションが厳しくなる前の予選ラウンドで貯金を作っておけば面白くなると思います。午前スタートの明日に期待しています。

  6. golf より:

    ゆりさん、ありがとうございます。
    注目されてない方が岩田寛にとっては気楽かもしれませんが、応援する側からすると情報の少なさは何とも・・・(苦笑)。
    そんなに悪く無い出だしだったので、明日の爆発に期待しています。

  7. golf より:

    マチダさん、コメントありがとうございます。
    片岡大育の欧州ツアー挑戦の報道を受けて、胸が踊りました。彼がシード権をとったら欧州ツアーの情報もやるかもしれません。予選会については、少し情報を集めてみようなかと思っています。
    岩田寛はPGAツアーで通用する要素を持っているので、レギュラーシーズンの開幕が楽しみです。ハマると強いフィールドでも上位にこれる爆発力がありますので、フィナルズでより上位になってシーズンを迎えてもらいたいです。
    明日も情報は少なめですが、何とかやります(笑)。

  8. KENT より:

    olfさん お疲れ様です。
    岩田についてコメントさせてください。GNでネーションワイド・チルドレンズホスピタルチャンピオンシップの放送していました。岩田のラウンドはダイジェスト版ですが観ることが
    できました。
    解説は内藤雄士さんですが、今回のドライビングディスタンスが全体2位であり、ショートゲームが得意なので、PGAツアーでも活躍が期待できると考えているとのことでした。
    岩田は日本ツアーでも、なかなか初優勝することが出来なくて苦労しましたが、ずっとPGAツアーを目標としていたのですね。
    松山のキャディ進藤さんは同級生でもあるし、PGAツアーの情報も詳しく入手できるので、心配はないと思います。PGAツアーのシード件は、ほぼ確実なので10月から始まるフライズドットコムオープンに参戦してほしいです。
    大学の後輩である松山に、岩田は刺激を与えるような存在なので、相乗効果が期待できると思います。
    シャイな岩田を松山と共に応援していきたいと考えています。

  9. golf より:

    hasyfebさん、コメントありがとうございます。
    こういう難しいコースが大学のコースということに驚きを感じざるを得ませんでした。こういったコースで揉まれ続けてきたアメリカ人プレイヤーと、世界基準からは離れた日本のコースで育つ日本人プレイヤーに大きな差が生じるのは仕方ないのかもしれません。
    世界で活躍したければ錦織圭のように早い段階でアメリカに留学したほうが良いかもしれませんね。
    岩田寛は飛距離も出るし、パッティングも良いので、ハマればビックスコアを出せる強みがあるので、明日それがきてくれると面白くなると思うので、午前スタートで頑張ってもらいたいです。

  10. golf より:

    KENTさん、お疲れ様です。
    元々、実力を評価されながらメンタル面での課題があり、勝ち切れないシーズンが続きましたが、ここにきて良くなってきているので、とても楽しみです。
    飛距離もあるし、ショートゲーム、パッティングもうまいので、うまくハマればPGAツアーでも優勝争いをできると思います。
    少しでも良い優先順位を獲得して、開幕戦に出場してもらいたいです。

  11. マーク より:

    岩田は予選通過ですね。前半崩し、後半も頼みのロングでボギー先行で予選落ちもちらつき始めたところから最後2バーディで持ちこたえました。しかし本当に上位が伸ばせないので難しいコースなんですね。
    何はともあれ、この予選通過は大きい。2戦連続は流石に嫌でしたし、ちょっとハラハラしましたが、3日目次第では上位もまだ狙える位置だと思いますので、奮起してほしいものです。

  12. hasyfeb より:

    golfさん、ほんとうにご苦労様です。
    岩田選手は残念ながら今日はちょっと苦しい展開でしたがなんとか無事に予選通過してよかったです。最終ホールはバーディであがれましたし、いい流れに変わってくれるといいなと思います。
    そこそこ伸ばしている選手もいますが、トップのスコアはさほど変わっていないので、岩田選手の爆発力があれば一気に形勢逆転できるのではないかと思っていますし、そうなることを期待しています。
    あと、岩田選手と関係ないですが、マルセル・シームが今週も予選落ちしてしまい、さすがにかなり心配です。4週間の短期決戦なので調子が悪いまま入ってくると厳しいようですね。なんとか最終戦で一矢報いてほしいものです。

  13. Mみ より:

    訳あり、ゴルフネットワークを解約してしまったものです。
    ウェブドットコムの岩田選手の情報が全く無いのであれこれ探していてここにたどり着きました!!
    良かった!!あまりの情報の少なさに「岩田選手もしかして第3戦、棄権でも?」位に心配になったところでした。
    岩田選手、応援しています!!

  14. マーク より:

    優勝を狙える位置からは遠くなってしまいましたが、今後のことを考えて、このような位置からのフィニッシュの仕方も大切かと思います。明日は粘りのプレーを見せて欲しいですね。

  15. golf より:

    Mみさん、コメントありがとうございます。
    残念ながら報道は極めて少ないのですが、岩田寛は奮闘してくれています。
    海外経験が決して多い方ではないですが、それでもこれだけアジャストしながら頑張ってくれているので、もう少し場数を踏めばもっと良くなると思います。
    最終日もしっかりと応援したいと思います。

  16. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    厳しいセッティングのようでし、特にグリーンが難しそうなので、アメリカでの経験値も問われるコースなのかなと思います。
    これが大学のコースという事実がかなり恐ろしいですが(笑)。
    バーディ数は上位なので、ボギーをどれだけ減らせるかがポイントになると思います。それができればトップ10も狙えなくはないので、頑張ってもらいたいです。

  17. マーク より:

    岩田は早々にラウンド終了していましたね。決勝なのにアウトイン分かれてのスタートなんですね。30位タイからなのにトップスタートなのは、ちょっと違和感ありました。
    今日は少し不安の残る結果だったように思います。次の試合に優勝してもファイナルズトップは少し厳しくなりましたか。後は残り1試合でいい仕上げをして、もちろん優先順位も上げて、いい状態で来期をスタートさせて欲しいです。

コメントを残す

このページの先頭へ