岩田寛の第2Rは76と崩れ予選落ちに・・・ノーザントラストオープン2016の全ラウンド結果速報

岩田寛がノーザントラストオープンに初出場をすることになりました。

当初は出場資格の優先順位が低いため出れないトーナメントでしたが、先週のAT&Tペブルビーチで4位タイとなり、「トップ10に入った選手に与えられる翌週の出場権」を獲得し、出場することになりました。

このノーザントラストオープン終了後に、ウェブドットコムツアーファイナルズ(入れ替え戦)経由の選手たちの優先順位のリランキングが行われます。

そのためこのノーザントラストオープンでも結果を残したいところです。

その岩田寛のノーザントラストオープン2016の全ラウンド結果速報です。

岩田寛の全ラウンドのプレーの速報と結果

スポンサードリンク

岩田寛のノーザントラストオープン2016のラウンド別のプレー詳細やキースタッツなどは以下のボタンのリンク先にまとめています。

第1ラウンドのプレー詳細速報:75位T
第2ラウンドのプレー詳細速報:–位

ROUND1:残り2ホールで日没サスペンデッドとなり暫定77位タイに

初日の岩田寛はカン・スン、J.J.スパーンとの組み合わせで現地時間の午後1時15分、日本時間では2月19日午前6時15分に1番ホールからスタートしました。

第1ラウンドのサスペンデッド時点

その第1ラウンドのサスペンデッド時点でのホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

Northern Trust Open 2016_Iwata_R1_Susupended

残り2ホールの時点で2バーディ・3ボギーの1オーバーで暫定77位と出遅れています。ただ1ストローク伸ばせば56位T、2ストロークでは39位Tとまだまだ巻き返せる状況となっています。

フェアウェイキープ率は58.33%(7/12)で暫定49位T、パーオン率は62.50% (10/16)で53位となるなど、良いとは言えないものの及第点と言える数字となっています。

そしてバーディ2つは1.3mと2.9mにつけてのものでショットによるところが大きく、さらにはバーディとはならなかったものの8番では2.8m、10番では1.8mのバーディチャンスを作りました。

その一方で2番パー4でのボギーはボギーオンでしかも3.3mを残してのボギーのためショットが原因でスコアを落としていますので、ストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーン(ショットで稼いだ打数)は+0.255で70位とフィールド平均前後にとどまっています。

一方のバッティングは前半は2.2mのパーパット、2.9mのバーディパットなどを沈めたものの、10番では1.8mのバーディパット、12番と13番ではいずれも1.6mのパーパットを外してしまってボギーとするなど、スコアを落とす原因となりました。

その結果、ストロークスゲインド・パッティング(パッティングで稼いだ打数)は-0.850で91位とフィールドの平均を下回ってしまいました。

ジョーダン・スピースが8オーバーで大きく出遅れたのですが、ストロークスゲインド・パッティングが-5.025となるなど、一筋縄ではいかないグリーンではあります。

岩田寛はただでさえ難しいグリーンの上に、午後の一番遅い組だったのでグリーンも荒れたことは間違いなく、それらの影響のためかグリーン上でやや苦しみました。

しかし、3番目に易しい17番パー5で翌朝の午前7時30分から再開することになり、グリーンの状態は改善されると予想されるため、今日よりはチャンスが大きくなるのではないかと予想されます。

また、明日は遅めではありますが午前スタートとなりますので、今日よりはアジャストしやすくなるのではないかと予想されます。

後半に入ってからはショットもフェアウェイキープが4ホール中三ホール、パーオンが7ホール中5ホールと徐々に良くなってきていましたので、まずは第1ラウンドの残り2ホールで1つスコアを戻してイーブンにし、第2ラウンドで最低でもアンダーパーでプレーしたいところです。

リシャッフルにむけて少しでもポイントを稼ぐために、巻き返してくれることを期待しています。

第1ラウンドの終了時点

第1ラウンドを完全に終えた時点でのホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

Northern Trust Open 2016_Iwata_R1_Final

午前7時30分(日本時間:2/20 午前0時30分)からプレーを再開して17番と18番をプレーしたのですが、バーディを奪うことができず、1オーバーの75位タイで初日のプレーを終えました。

ROUND2:76と5ストローク落として通算6オーバーとなり予選落ちに

明日の後、第2ラウンドは予定通りにカン・スン、J.J.スパーンとの組み合わせで10番ホールから午前8時35分、日本時間では2月20日の午前1時35分にスタートしました。

その第2ラウンドのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

Northern Trust Open 2016_Iwata_R2

今日は1バーディ・1ダブルボギー・4ボギーの76と5つスコアを落として6オーバーとなり、予選落ちとなりました。

今日はフェアウェイキープ率は85.71%(12/14)と非常に安定していました。

しかし、先週の後半くらいからおかしくなっていたアイアンが精彩を欠きました。

パーオン率は33.33%(6/18)と全く合わず、フェアウェイからのショットが多かったにもかかわらず、ピンチの連続となりました。

そのようなアイアンの状態だっため、フェアウェイキープができなかった2ホールはいずれもスコアを落とすなど、苦しいゴルフとなりました。

そのような中でも17番パー5で2.0m、1番パー5で1.5mといったバーディチャンスをつくりながらも、それらを外してしまい、状況を好転させることができませんでした。

ショットは高いフェアウェイキープ率で2オンを2回記録するなど良い面があったものの、パーオン率が悪く、パーオンできなかった10ホール中5ホールでスコアを落とすなど、足を引っ張りました。

そのためショットのスコアへの貢献度を示すストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーン(ショットで稼いだ打数)は-4.392となってしまいました。

パッティングは中盤までは2.4m(8 feet)以内のパットを4回外してしまったものの、上がり2ホールで3.2mのパーパット、5.2mのバーディパットを決めるなどしました。

このように全体的にはスコアを伸ばせない原因となったものの、上がり2ホールでスコアを戻す要因ともなったため、パットのスコアへの貢献度を示すストロークスゲインド・パッティング(パッティングで稼いだ打数)すなどして-0.760となりました。

ただ、やはりマイナスとなっていますので、ショットとパットともに精彩を欠いていたと言えるノーザントラストオープンとなってしまいました。

この結果、岩田寛はノーザントラストオープンでポイントを上積みすることができず、フェデックスカップ(FedEx CUP)ランキングを落とすことが確実になりました。

ホンダクラシックはリシャッフルが行われる前の優先順位29番目のため出場できませんでした。
それに加えて今週の予選落ちにより、リシャッフル後の順位も後退すると予想されるため、バルスパーチャンピオンシップ、アーノルドパーマーインビテーショナルの出場がかなり微妙になりそうです。

現時点では出場が確実と言えるのは3月24日からのプエルトリコオープンだけとなっています。

半強制的に1ヶ月の休養となる可能性があるため調整が難しいのですが、アイアンを修正して出場できた試合で結果を残せるように頑張ってくれることを願っています。

【追加情報】

日刊スポーツの記事によるとホンダクラシックに出場できる見込みだということです。

岩田、良くなかったのは「全部」 改善点も「全部」(日刊スポーツ)

今大会後にはシーズンの成績で出場優先順位を付け直す「リランキング」が控えているが、前週4位に入ったことで次週ホンダ・クラシック(25日開幕、フロリダ州パームビーチガーデンズ・PGAナショナル)も出場できる見込み。21日にはフロリダ入りを予定している。

情報は今後も調べて行きたいと思います。

スポンサードリンク

よく読まれています

14 Responses to “岩田寛の第2Rは76と崩れ予選落ちに・・・ノーザントラストオープン2016の全ラウンド結果速報”

  1. マーク より:

    岩田、前半は耐えのゴルフで1アンダーの折り返しまでは悪くなかったと思います。しかし後半のバーディが取れやすい10番とロングの11番で取れず、流れが悪くなり12、13番でグリーンを外し、アプローチをそこそこ寄せたのですが、ショートパットを外してしまいました。嫌な流れでしたが、17番のロングの前でサスペンデッドは良かったかもしれませんね。
    カットラインまで1打。明日はまず17番でしっかりバーディをとってスタートして欲しいです。せっかく得られた今回の出場権ですから、何としても予選は突破して、少しでもポイントを獲得することを望んでいます。

  2. golf より:

    マークさん、お疲れ様です。
    そうですね。チャンスホールの10番と11番の両方をのがしたことで、流れが悪い方向に傾いたように思います。
    そこまではパットも悪くなかったのですが、その2ホールが分岐点になった感じでした。
    現状ではカットラインに1打足りませんし、できればトータルで2アンダーにしておかないと、他選手の結果次第になってしまうので、再開後の17番パー5をまずは仕留めてもらいたいです。

  3. マーク より:

    岩田、2日目はちょっとゴルフになりませんでしたか。せっかく掴んだ出場権、何とか予選突破してチャンスを活かして欲しかったですが、残念です。
    ポイントは得られませんでしたが、リビエラを回ったことで経験値を得たと、プラスに考えて次に望んでもらいたいです。
    優先順位は少し落としてしまうでしょうが、今週末のリシャッフル後はホンダやバルスパーには何とか出れますかね。アーノルドパーマーはホンダの結果次第ですかね。
    来週に向けて早くフロリダに移動し、少し休んでもらいましょう。とりあえずお疲れ様でしたと言いたいですね。

  4. golf より:

    マークさん、おはようございます。
    ホンダクラシックのエントリーは金曜日で締め切られるので、リシャッフル後の順位ではなく、2015年末で確定した優先順位になります。
    ホンダクラシックはかなり上位でないとフィールドに入っていませんので、岩田寛は残念ながら出場できません。
    WGC-キャデラックチャンピオンシップは出場権がなく、バルスパーチャンピオンシップとアーノルドパーマーの両方ともに出場できるか微妙なので、3月24日のプエルトリコまでPGAツアーには出場できないかもしれません。

  5. toki より:

    golfさん、おはようございます。
    岩田選手、せっかく前週でつかんだチャンスを活かしきれずに残念でした。
    しかし、マークさんの仰る通り、難しい『リビエラを回ったことで経験値を得た』と私も感じています。
    腰痛の石川選手・出場機会が薄くなった岩田選手のお蔭?でしばらくの間、golfさんは松山選手を追うだけになってしまいましたね。
    今年はgolfさんがもっと忙しくなると思っていましたが、期待外れ?です。
    でも、松山選手は今週も期待できますね。
    2日間だけになってしまいましたが、ありがとうございました。

  6. golf より:

    tokiさん、おはようございます。
    先週の最終18番でのパーパットを外したのが、じわじわと影響を与えている感じです。
    あれを沈めていればバルスパーチャンピオンシップの出場の可能性が高く、アーノルドパーマーも可能性があったので、やはりもったいないパットだったとなりつつあります。
    半強制的にオフとならざるを得ない状況ですが、ウェブドットコムツアー経由の選手は岩田寛と同様に試合に出れない選手がほとんどなので、うまく調整してプエルトリコでしっかりとポイントを稼いでもらいたいです。
    そうですね。予想していたよりもゆとりがある状態になっています(苦笑)。
    でもマスターズ以降のシーズン中盤は忙しくなるように、頑張ってくれることを期待しています。

  7. tadabow より:

    golfさん、こんにちわ

    ホンダクラシックですが、確かスポンサー招待で出場出来る様になったのでは無かったでしたっけ?

    勘違いだったらゴメンなさい、、

  8. マーク より:

    ホンダはリシャッフル前の順位が優先されるのですね。知りませんでした。残念です。バルスパーとアーノルドパーマーに引っかかることを望みます。
    先週の18番、結構大きな一打でしたね。丸山茂樹もあの3打目の場面では優勝を狙うのではなく、順位を狙うショットで確実にグリーンに乗せるべきだったと言っていたようです。
    ちょっと高い授業料でしたね。

  9. golf より:

    tadabowさん、おはようございます。
    かなり早い段階でコミットメントリストに名前が入ったので、「主催者推薦を受けている可能性がある」とは書いたのですが、残念ながら受けていなかったようで、コミットメントが増えた結果、途中でリストから外れました。
    そして正式なエントリーリストに名前はありません。しかも、ウェイティングの10人にも入っていません。
    まずはホンダクラシックは出場できないことが確定し、バルスパーチャンピオンシップとアーノルドパーマーはこの後の試合での他選手の結果次第とエントリー状況次第になりそうです。

  10. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    そうなんです。立場を考えれば優勝よりもポイントを優先すべきでした。特に3打目はかなりライが悪かったので、無理をすべきではありませんでした。
    優勝以外は意味が無いという考えかもあるにはあると思いますが、シード権を確定させれば、いくらでもチャレンジはできるわけですから、ポイントと賞金を優先しべきだったと個人的には思っています。
    PGAツアーのシステムでは、ポイントをしっかりと稼げるときに確保しておかないと、後々に響くので。
    でも、もう終わったことなので、どこかで挽回できるように頑張って欲しいです。

  11. tadabow より:

    golfさん、
    なるほど、、有難うございます!
    岩田選手、何とか踏みとどまって欲しいですね。

    どうやらアメリカの女性に人気が出る顔をしてるらしいので笑
    活躍したら向こうで人気出そうですね!

  12. golf より:

    tadabowさん、コメントありがとうございます。
    アメリカの女性に気に入られる顔ですか(笑)。それは面白い情報ありがとうございます。
    活躍してそうなってもらいましょう(^.^)

  13. マーク より:

    golfさん、私も日スポの記事見ました。やはりリシャッフル後の順位が適用されるのでしょうか。
    もし出れるならチャンスは広がるので嬉しい間違いなのですが。月曜を待ちますか。
    リシャッフル後の順位は、ファサウアー、バーンズ、ラヒリあたりが抜きそうで、12〜13位あたりでしょうか。バルスパーも昨年実績ギリギリですね。

  14. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    日刊スポーツの記事によると、リシャッフル後の優先順位が適用されるような気配ですね。
    そうなることを願います。現地時間の月曜日、こちらでは火曜日でフィールドがどうなるのか注目しています。
    今回トップ25くらい入っていれば、バルスパーチャンピオンシップも出れそうでしたし、アーノルドパーマーも可能性があったので残念ですが、ホンダクラシックに出れたら挽回してもらいたいです。

このページの先頭へ