岩田寛は「77」と崩れて予選落ち・・・プエルトリコオープン2017の全ラウンド結果速報

岩田寛がプエルトリコオープンが2年連続2回目の出場予定となっています。

2017年のPGAツアーでは2月のAT&Tペブルビーチ以来の出場となるのですが、現在、PGAツアーでは2戦連続予選落ち、日本ツアーも含めると4戦連続で予選落ちと低調です。

岩田寛のPGAツアーの出場資格の優先順位は低いため、このプエルトリコオープンに出場した後は、またしばらくPGAツアーには出場できません。

最悪のケースでは6月の全米オープン前後まで出場できない可能性もあるため、裏開催とは言えどしっかりとポイントを稼ぎたい状況となっています。

岩田寛の出場資格ではシーズンに12試合程度しか出場できないため、当面の目標は入れ替え戦の出場権を確保することが必要ですが、24ポイントから30ポイントは獲得する必要がある状況となっています。

プエルトリコオープンでは単独28位から32位程度が目安となるため、まずはそのラインをクリアしたい状況です。

その岩田寛のプエルトリコオープン2017の全ラウンド結果速報です。

岩田寛の全ラウンドのプレーの速報と結果

スポンサードリンク

岩田寛のプエルトリコオープン2017のラウンド別のプレー詳細やキースタッツなどは以下のボタンのリンク先にまとめています。

過去の大会出場時の成績分析
第1ラウンドのプレー詳細速報:52位T
第2ラウンドのプレー詳細速報:120位T

岩田寛の過去の大会出場時の成績分析

初日は4バーディ・1ボギーの69で3アンダーで16位タイと上々の出だしでした。その第1ラウンドのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

Puerto Rico Open 2016_Iwata_R1

フェアウェイキープ率は71.43%(10/14)で33位タイ、パーオン率は72.22% (13/18)で29位タイ、パーオン時の平均パット数も1.769で29位タイと際立った良いものはなかったのですが、ショットとパットともにまずまずのレベルだったため上位での滑り出しとなりました。

続いて、第2ラウンドのホールバイホールはは以下の表のとおりとなっています。

Puerto Rico Open 2016_Iwata_R2

3バーディ・4ボギーと1つスコアを落として通算2アンダーとなったものの40位タイで予選通過しました。フェアウェイキープ率は42.86%(6/14)、パーオン率は55.56%(10/18)とショットが乱れてしまい、大叩きするのを回避するのが精一杯のラウンドでした。

第3ラウンドのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

Puerto Rico Open 2016_Iwata_R3

4つあるロングホールでショットが乱れて4ボギーを叩くなど手痛いミスが多く、2バーディ・6ボギーで4ストローク落として2オーバーの65位タイに後退してしまいました。

このコースの最大の敵は強風なのですが、そのコンディション的に苦しめられた面はあったものの、フェアウェイキープ率が50.00%(7/14)、そしてパーオン率が38.89% (7/18)とショットが乱れました。

最後に最終ラウンドです。

Puerto Rico Open 2016_Iwata_R4

3バーディ・2ボギーの1アンダーと1つスコアを戻したものの、順位は65位タイから60位タイにあげるにとどまりました。

フェアウェイキープ率は71.43%(10/14)と4日間で一番高い数字となり、パーオン率は61.11%(11/18)とショットは落ち着いたのですが、3パットのボギーがあるなど、パーオン時の平均パット数が1.909とパッティングが冴えず、スコアを伸ばしきれませんでした。

4日間のキースタッツは以下の表のとおりとなっています。

Puerto Rico2016_Iwata_Stats

フェアウェイキープ率は58.93% (33/56)で47位タイ、ドライビングディスタンスが286.1ヤードで31位と悪くはありませんが、良くもありませんでした。

しかし、パーオン率が56.94% (41/72)で68位と下位に沈んだことが大きなダメージとなり、さらにパーオン時の平均パット数は1.805で43位と、少ないバーディチャンスを活かすことができず、下位でのフィニッシュとなりました。

苦戦した理由は明白でパー3とパー4ではイーブンなのですが、パー5で1オーバーとスコアを落としてしまったためです。

開催コースのココビーチゴルフ&カントリークラブはパー5が4ホールあるのですが、昨年の同大会では難易度15番目から18番目を占めるなど、パー5でスコアを伸ばすのは必須となっています。

15番は600ヤード、18番は630ヤードと長いパー5ですが、2番ホールは547ヤード、5番ホールは535ヤードのため、ティショットでフェアウェイキープできれば2オンは十分に狙えます。

予選通過並びに、上位でのフィニッシュを目指すためには、昨年苦しめられたパー5をしっかりと攻略することがキーポイントとなりそうです。

予選ラウンドの岩田寛はシーマス・パワー、ウェイド・ビンフィールドとの組み合わせで、第1ラウンドは午後1時10分、日本時間では3月24日午前2時10分に10番ホールから、第2ラウンドは午前8時10分、日本時間の3月24日午後9時30分に1番ホールからスタート予定となっています。

ROUND1:初日は2ンダーの54位タイとカットライン上に

第1ラウンドは15番ホールの途中で雷のためサスペンデッドとなったのですが、そのまま日没となり残りホールを金曜日の早朝に消化しました。

その第1ラウンドのホールバイホールは以下のとおりとなっています。なお、ショットトラッカーが運用されていないため、情報は限定されています。

Puerto Rico Open 2017_Iwata_R1

リーダーボードに度々修正が入ったのですが、ホールアウト時点では一旦は5アンダーの13位タイとなったのですが、正確には2アンダーの54位タイとカットライン上でプレーを終えています。

前半は3バーディ・ノーボギーと着実にスコアを伸ばしたのですが、折り返してすぐの1番でボギー、4番でダブルボギーを叩いてしまい、5バーディを完全には活かしきれませんでした。

リーダーボードが全体的におかしいので、スタッツも正確ではない可能性が高いのですが、第1ラウンドはフェアウェイキープ率は85.71% (12/14)、パーオン率は72.22% (13/18)となっています。

これくらいの数字を維持できれば、3パットを連発しない限り、決勝ラウンドには進出できますので、引き続き頑張ってもらいたいところです。

2017年になってからは出場しているPGAツアー2試合、JGTO2試合ともに予選通過できていませので、まずはその悪い流れを止めたいところです。

第1ラウンド終了時点ではカットラインが2アンダーとなっていますので、第2ラウンドにしっかりとスコアを伸ばして予選通過してくれることを期待しています。

第2ラウンドは当初の時刻通りに現地時間の午前8時30分、日本時間の3月24日の午前9時30分に1番ホールからスタートする予定です。

ROUND2:バーディなしの77と崩れて予選落ちに

スポンサードリンク

岩田寛の第2ラウンドのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

Puerto Rico Open2017_Iwata_R2

今日はバーディなしの1ダブルボギー・3ボギーと5ストローク落として、トータル3オーバーの120位タイでプレーを終え、予選落ちとなっています。

フェアウェイキープ率は50.00% (7/14)と落ち込み、パーオン率も66.67% (12/18)と前日よりも数字を落としてしまいました。

またグリーン上でも3パットによるボギーなどがあったため、パーオン時の平均パット数は2.083となるなど良いパフォーマンスではなかったようです。

初日が良くても2日目に続かないということが多い岩田寛で、これでPGAツアーで3戦連続、JGTOの2戦連続も合わせると5戦連続での予選落ちとなってしまいました。

今の状態では仮に入れ替え戦の出場資格を得れたとしても勝ち抜ける可能性は低く、さらに懸念されるのはJGTOのシード権も維持できるかということです。

岩田寛のJGTOのステータスもセガサミーカップで優勝した2年シードが、今シーズン限りで切れると思われます。そのため今年の賞金ランキングもしくは優勝でシード権を確保する必要があるのではないかと考えられます。

JGTOの2戦連続の予選落ちはアジア開催で、アジアンツアーとの共催のため、日本国内でのトーナメントとはまた違う状況だったため、岩田寛自身の状況が改善する可能性もあります。

ただ、今の状態では懸念が増すばかりです。PGAツアーで頑張ってもらいたいのは山々なのですが、岩田寛がPGAツアーとJGTOの両方でステータスを失うというようなことだけは、一番避けてもらいたいことです。

入れ替え戦の出場資格を得ても、昨年のように日本とアメリカを行ったり来たりでは、共倒れになる可能性もありますので、そのあたりはシビアに見て、決断をしていってもらいたいと思います。

次のPGAツアーはチューリッヒクラシックに出れなければ6月くらいまで待つことになりますので、JGTOの東建ホームメイトカップから日本ゴルフツアー選手権までに頑張って結果を残してくれることを願っています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ