小西健太は準決勝で敗退で日本人初の快挙はならず・・・全米アマチュアゴルフ選手権2015の結果速報

全米アマチュアゴルフ選手権2015に東北福祉大学に在学中の21歳・小西健太が出場しています。

その小西健太は地区予選から勝ち上がり、本選に出場しているのですが、そのパフォーマンスがアメリカでも注目されています。(参考記事:松山英樹の後輩である全米アマ・ベスト8進出の 小西健太にアメリカメディアが注目)

その小西健太の全米アマチュアゴルフ選手権の結果速報です。

スポンサードリンク

全米アマチュアゴルフ選手権2015

まずは全米アマチュアゴルフ選手権は1895年から開催されている歴史のある大会で、以下のような流れで開催されます。

以下の様な流れとなっています。

  1. 予選ラウンド:ストロークプレー
  2. 決勝ラウンド(ベスト64):マッチプレー(18H)
  3. 決勝ラウンド(ベスト32/ベスト16):マッチプレー(18H)
  4. 決勝ラウンド(ベスト8):マッチプレー(18H)
  5. 決勝ラウンド(準決勝):マッチプレー(18H)
  6. 決勝ラウンド(決勝):マッチプレー(36H)

「全米」というタイトルがついてはいるものの世界各国のトップアマが集う大会で、以下の様な選手に出場資格が与えられます。

  1. 過去10年間の全米アマチュアの優勝プレイヤー
  2. 過去3年間の全米アマチュアの準優勝プレイヤー
  3. 過去2年間の全米アマチュアの準決勝進出プレイヤー
  4. 前年の全米アマチュアのベスト8進出プレイヤー
  5. 同年の全米オープン出場プレイヤー
  6. 前年の全米オープン決勝ラウンドプレイヤー
  7. 同年の全米シニアオープンでローアマ
  8. 過去2年間の全米ミッドアマチュア優勝・準優勝プレイヤー
  9. 過去2年間の全米ジュニアアマチュア優勝・準優勝プレイヤー
  10. 過去2年間の全米シニアアマチュア優勝・準優勝プレイヤー
  11. 過去2大会のウォーカーカップ出場プレイヤー
  12. 過去2大会のアイゼンハワートロフィー出場プレイヤー
  13. 当年コパ・デ・ラス・アメリカス出場プレイヤー
  14. NCAA男子ゴルフ選手権個人優勝プレイヤー
  15. 過去5年間の全英アマ優勝プレイヤー
  16. 世界アマチュアゴルフランキング上位50名

優勝者には翌年の全米オープン、マスターズ、全英オープンの出場権、2位となった選手にはマスターズと全米オープンの出場権が与えられる非常に格の高いトーナメントです。過去にはタイガー・ウッズが3連覇、フィル・ミケルソン、マット・クーチャーなどが優勝しています。

過去に松山英樹が丸山茂樹からのアドバイスなどもあり、2012年にマスターズに2回目の出場を果たした後の8月に、アマチュア世界ランク2位として挑戦しましたが、64名に残ることができず予選落ちしています。

アマチュアといえども、かなりのハイレベルな試合と言える全米アマチュアゴルフ選手権です。

今回、小西健太は地区予選から勝ち上がり、本大会に出場しています。

小西健太のベスト16までの成績

小西健太はストロークプレーで行われた予選ラウンドの初日に66で-4の2位タイにつけます。第2ラウンドは74と4つスコアを落としたものの、トータルイーブンパーの14位タイで決勝ラウンドに進出しました。

そして決勝ラウンドの第1ラウンド(ベスト64)では1番ホールで対戦相手のコール・ハマーにリードを許したものの3番で取り返してオールスクエアにし、3番から4連続でホールをとり、さらに8番ホールもとり5upとなります。

しかし、ここからハマーの巻き返しにあい、3連続でホールを落とし2upまで迫られたものの、今度は小西が3ホール連続で奪い、”4 and 3″で勝利しました。

そして一日でベスト32とベスト16を行った木曜日ですが、ベスト32のトーマス・ダーティとの対戦では出だし3ホールで3DOWNとなる苦しい展開でしたが、中盤にかけて4ホールをとおり1upで最終18番ホールを迎えます。

その18番ホールはトーマス・ダーティに奪われ、サドンデスに入った1ホール目を小西がとり、ベスト16に進出しました。

続けて行われたベスト16ではカイル・ミューラーを相手に、序盤で4upと大差をつけましたが、7番Hから3連続でとられてしまい1upまで迫られました。

その後12番と13番を小西が取り3upにしましたが、再び2ホールを奪われて1upで最終ホールを迎えることになります。その最終ホールを奪うことに成功して、最終的には2upで準々決勝に進出しました。

小西健太のベスト8での試合結果

小西健太は準々決勝(ベスト8)で予選ラウンドで同組だったマシュー・ペリーヌとの対戦となりました。そのホールバイホールの表は以下のとおりとなっています。

US amateur2015-Konishi_quaterfinal_1

今日は4番ホールをベリーヌに奪えわれ1Downで追いかける展開となりましたが、6番と7番ホールをパーセーブしたところ、ベリーヌが2ホール連続ボギーで1UPのリードに変わります。

その後バックナインに入った11番Hでベリーヌがボギーを叩き2UPとしたものの、13番と15番で小西がボギーを叩いてしまい、残り3ホールの時点でオールスクエアに戻ってしまいました。

続く16番はベリーヌがボギーで小西がとり、17番は小西がボギーでペリーヌが奪い返してオールスクエアで最終18番ホールを迎えました。

18番では小西がグリーン奥からのアプローチを上手く寄せてパーを拾ったのですが、ペリーヌは長いパーパットを外してしまいボギーとなり、小西が1UPで勝利しました。

明日の準決勝はデレク・バードとの対戦で現地時間の午前8時、日本時間の午後10時からスタート予定となっています。

小西健太はこの準決勝で勝つことができれば、来年のマスターズと全米オープンの出場権を手にすることができます。松山英樹以来日本人2人目のアマチュアでのマスターズ出場が実現しますので、何とか勝ち上がってくれることを期待しています。

小西健太のベスト4での試合結果

準決勝はデレク・バードとの対戦となりましたが、その結果は以下のとおりとなっています。

US amateur2015-Konishi_semifinal_1

1番パー5で小西はパーだったのですが、バードばバーディを奪い1Downとなり、その後6番パー5でボギーを叩いてしまい2DOWNと苦しい展開になります。

その後7番パー3でバーディを奪い1DOWNとしましたが、9番パー4でボギーを叩き再び2DONWとなってしまいました。

しかし、10番でバーディでそのホールをとり、11番はパーだったのですが、バードがダブルボギーだったため、この時点オールスクエアに戻しました。

ここからが勝負という状況まで持ち込んだのですが、12番でボギー、14番は相手がバーディ、15番はボギーと3ホールを残した時点で3DOWNと、残り3ホールを連続してとらないといけない状況になりましたが、16番はお互いにパーとなり、残り2ホールで3DONWとなったため、3 and 2で準決勝敗退となりました。

決勝に進むことができれば来年のメジャーにも出場ができたので、惜しかったのですが、大健闘と言える全米アマでの小西健太で、来年の全米アマチュアの出場権を獲得しています。

現在は東北福祉大学3年ですが、今後は国内ツアー出場の推薦も、もらいやすくなる実績を残すことができましたので、今後のさらなる活躍に期待しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

12 Responses to “小西健太は準決勝で敗退で日本人初の快挙はならず・・・全米アマチュアゴルフ選手権2015の結果速報”

  1. ALT より:

    準優勝だと、マスターズだけでなく、全米オープンにも招待されます!

    • golf より:

      コメントと情報ありがとうございます。他の方からTwitter経由でご連絡をいただき、すでに情報追加済みです。

  2. ゆり より:

    結果報告待ってました!!

    小西君、準決勝まで駒を進めましたか~!
    期待の星小西君には是非是非頑張って頂だいて
    松山君の後に続き「マスタ-ズ・全米オ-プン」に
    挑戦して頂き、大きく成長する事願ってます。

    お疲れ様でした。

  3. ゆり より:

    おはようございます。

    小西君、残念でしたねぇ。
    でも今後に繋がる良い経験をしました。

    お疲れ様でした。

    • golf より:

      ゆりさん、おはようございます。
      残念でしたが、最後は差をつけられてしまいました。
      でも、これで多少は名前が売れたはずなので、色々と試合に出やすくなるのではないかと思います。
      今後に期待したいと思います。

  4. きき より:

    golfさん、おはようございます。
    全米アマチュアの結果を載せて下さってどうも有難うございますm(_)m
    11番でオールスクエアに戻せたのにその後2つのボギーがあり、デレク・バードさんのバーディもあって3ダウンになり残念でしたね。
    日本ではマッチプレイの経験が殆ど無いので、かなり不利な状態で大健闘だったと思います。
    連戦になるので、体力と気力もかなり必要ですね。
    来年の全米アマチュアの出場権を獲得出来たので来年はリベンジして欲しいですね。
    次々と楽しみな選手が出てきて、golfさんも益々忙しくなりますね。
    golfさん、残暑も厳しいですからご自愛下さいね。

    • golf より:

      ききさん、コメントありがとうございます。
      外出していたため返信が遅くなりました。
      海外の難易度の高いコースで、しかも不慣れなマッチプレーで世界のトップアマと競ってベスト4に残ったことは、国内でも海外で戦う上でも、大きな自信になるのではないかと思います。
      これからの彼の動向も密かに追い続けていきたいと思っています。
      いつもお気遣いありがとうございます。ききさんもご自愛ください。

  5. ACE より:

    golfさん、お早うございます。昨日は予選落ちショックと何やらバタバタしていたためコメントしそびれてしまあかました(/_;)/~~
    小西選手、健闘しましたね。メジャー出場まであと一歩でした。これは大きな経験になった事でしょう。
    golfさんがおっしゃるように松山選手の活躍が突破口になりこのように若い選手がどんどん活躍する事を願います。全米アマに関してはいままであまりチェックしておらず、出場資格や優勝者に与えられる特典なども良く知らなかったため、こちらで教えて頂きまたひとつアメリカのゴルフ事情に詳しくなりました。私のゴルフの世界もgolfさんのお陰でとても広がりました。本当にありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

  6. きき より:

    golfさん、お忙しい中、いつも丁寧に返信下さってどうも有難うございますm(_)m
    こちらこそ、お気遣い頂きどうも有難うございますm(_)m
    golfさんがおっしゃるように大きな自信になり更に活躍して欲しいですね。
    小西選手のスイングの動画もどうも有難うございますm(_)m
    顔を観なかったら、松山プロのスイング動画だと思うくらいそっくりで、綺麗なスイングですね。

  7. hohhonopapa より:

    golfさん 今晩は 初めてコメントさせて頂きます。 

    本人も相当悔しかったらしく負けた後、少し涙していたそうです。
    でもgolfさんのおっしゃる通り凄い経験になったと思います。コースも日に日に難しくなってグリーンはセミファイナルのときには13,5から14フィートの速さになってたそうです。日本でアマではめったに経験できないと思います。日本のプロツアーにも今回のご褒美に数試合出れるかも知れないそうです。これからも少しだけでも気にかけてやってください。よろしくお願いします。

    • golf より:

      hohhonopapaさん、コメントありがとうございます。
      涙を少し流すほどでしたか・・・。準決勝でも一旦は追いついたので、なおさら悔しいと思います。とてもゆったりとした素晴らしいテンポのスイングですし、メンタルも強そうなので、今後がとても楽しみです。
      国内ツアーの出場できる試合で優勝できれば、いろいろと可能性も広がりますので、この経験を活かして、飛躍してもらいたいです。
      以前から彼には注目していましたので、今後も彼の動向は水面下が中心とはなりますが、気にかけて追いかけて行きたいと思っています。もちろん良い結果がでれば投稿として紹介していくつもりです。彼が世界を舞台に活躍できるプレイヤーになってくれることを願っています。

このページの先頭へ