松山英樹はプレーオフ第3戦でも優勝候補トップ10に!BMWチャンピオンシップ2015のパワーランキング

フェデックスカップ(FedEXCUP)シリーズの第3戦となるBMWチャンピオンシップ2015が9月17日から開幕します。

松山英樹は2年連続2回目の出場となるのですが、前年とは開催コースが変わりコンウェイファームズゴルフクラブでの開催となります。

2013年にもコンウェイファームズで開催されているのですが、その際には全ティーショットの平均飛距離が274.1ヤードとなるなど、必ずしもロングヒッターが有利というコースではありません。

天候は木曜日は風が吹き気温も高めになるようですが、金曜日には天候が崩れ気温も下がっている予報となっているようです。

そのようなコースと天候で行われるBMWチャンピオンシップ2015ですが、フェデックスカップランキングの上位70名のみが出場するため、トップクラスのプレイヤーが揃いフィールドが厚いのですが、松山英樹は優勝候補の一人として名前が挙がっています。

スポンサードリンク

PGAツアー公式サイト(PGATOUR.com)のパワーランキング

PGAツアー公式サイト(PGATOUR.com)のロブ・ボルトン氏によるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

1 ジェイソン・デイ(3) ドイツバンクチャンピオンシップでは疲労があることを認めていたが、それでも12位Tでフィニッシュした。直近4試合で3勝している。2013年のコンウェイファームズでは4位タイとなっている。
2 ヘンリック・ステンソン(6) ザ・バークレイズでは大差の2位となり、ドイツバンクチャンピオンシップでも残念ながら2位となった。直近の13試合のうち4試合で単独2位となっている。
3 ジョーダン・スピース(2) プロとして初めての2戦連続予選落ち後の試合となるが、誰かがこれを乗り越えられるとするなら、彼にはできる。2013年のコンウェイファームズでは16位タイとなっている。
4 リッキー・ファウラー(5) エネルギーにあふれている。ドイツバンクチャンピオンシップの優勝でポイントランクは3位に浮上した。彼には休養のたびに波が大きいという傾向があるが、それが今週への期待を弱めることはない。
5 ローリー・マキロイ(1) ドイツバンクチャンピオンシップでの29位タイでは彼のプレーが錆びついいていたことはStrokes Gained:Putting(パットのスコアへの貢献度)の-1.114という数字で明らかだった。しかし、彼は最終日の2番目に良いスコアとなる66を6バーディで記録した。
6 ザック・ジョンソン(11) 2013年の優勝の際には、フェアウェイキープ率で6位タイ、パーオン率で3位タイ、Strokes Gained:Putting(パットのスコアへの貢献度)で2位、スクランブリング(パーオンできなかったホールで、パーもしくはバーディであがれた割合)で1位だった。そして2015年は好調だ。
7 ジム・フューリック(7) 2013年は「59」というスコアにより36ホールを終えた時点では首位タイとなった。54ホールを終えた時点で単独首位となったが、最終的には単独3位となっている。ドイツバンクチャンピオンシップでの4位タイは直近の5試合で3つ目のトップ4フィニッシュだった。
8 パトリック・リード(18) トップ10フィニッシュがない状態が続いていたが、パーオン率が59位T、パーブレイカーズ(バーディよりも良いスコアでホールを終えた割合)が37位Tにも関わらず4位Tフィニッシュとなったドイツバンクチャンピオンシップで終わった。Strokes Gainedとスクランブリングの両方でトップ20となっている。
9 松山 英樹(16) コンウェイファームズを初めて訪れるが、プレーオフの2戦はともにトップ25フィニッシュで、今シーズン全体は17回記録している。パーオン率は24位で、パー4の平均スコアが3位タイとなっている。
10 マット・クーチャー(14) ドイツバンクチャンピオンシップでの9位Tは、世界のツアーにおける直近の7試合で4つ目のトップ10フィニッシュだ。2013年のコンウェイファームズでは自身のキャリアベストとなる61を出して24位タイとなっている。

11位以下の選手は以下のとおりとなっています。

11. ババ・ワトソン(4)
12. ジャスティン・ローズ(8)
13. マット・ジョーンズ(66)
14. ケビン・キスナー(33)
15. ダスティン・ジョンソン(9)
16. ルイ・ウーストハイゼン(12)
17. ダニエル・サマーヘイズ(94)
18. ラッセル・ノックス(73)
19. ブルックス・ケプカ(17)
20. セルヒオ・ガルシア(10)

今まで以上に優勝を目指すことが重要な残り2試合

松山英樹の2014-15シーズンは23試合出場のうち21試合で予選通過し、17試合でトップ25フィニッシュしています。

トップ10に関してはメモリアルの単独5位以降はない状態ですが、本人がトップ10確保を重視すれば、できている試合もあるという状況でした。

勝負をかけた結果、トップ10を逃すということが中盤以降に増えていますが、本人が安定した成績よりも、あくまでも優勝を目指すというスタイルをとっているためでもあります。

ポイントランク的に早い段階でプレーオフシリーズの進出が確定していましたし、来季までのシード権は確保している状況のため、優勝に執着して勝負をかけ続けるというのは無謀なアプローチではないとも考えられます。

特にこの第3戦はすでにツアーチャンピオンシップの出場が確実なところまでポイントを伸ばしていますし、30位以内のランクであれば、年間王者になる以外には、大きなメリットの差がありませんので、優勝を目指していくことがより重要になります。

ツアーチャンピオンシップに進出すれば四大メジャー3つ(マスターズ、全米オープン、全英オープン)、WGC-キャデラック選手権の出場権が与えられますが、年間王者となればさらに5年の長期シードが与えられます。

そのため、予選落ちのないBMWチャンピオンシップとツアーチャンピオンシップでは、松山英樹が目指すべきことは「優勝のみ」だと考えられます。

松山英樹が年間王者になるためには、できれば最終戦をフェデックスカップランキング5位以内で迎えたいところです。

最終戦にランク5位以内で進出すれば、最終戦で優勝することで、他の選手の結果に左右されずに年間王者となることができます。

昨年のフェデックスカッププレーオフはビリー・ホーシェルが第3戦と最終戦を2連勝して、年間王者に輝いていますので、その再現を狙いたいところです。

フィールドのメンバーなどを見れば簡単ではないことですが、優勝すれば2年シードを確保できますし、年間王者となれば5年シードを手に入れることができますので、チャレンジする価値があることです。

ドイツバンクチャンピオンシップではバーディ数18個が9位T、ザ・バークレイズでは21個で2位Tと多くのバーディを奪うことができていますので、ミスを上手くリカバリーできれば、十分に勝負できるショットの状態に戻りつつあります。

2013年のコンウェイファームズでもショットメーカーのザック・ジョンソン(優勝)、ジム・フューリック(3位)、ルーク・ドナルド(4位T)、スティーブ・ストリッカー(4位T)らが好成績を残しています。

冒頭で述べたようにロングヒッターが必ずしも有利ではなく、そのことはパワーランキングでも飛ばし屋のババ・ワトソン、ダスティン・ジョンソン、ブルックス・ケプカの評価からも伺えます。

松山英樹の世界でも屈指のアイアンが復調すれば、十分に優勝争いができると予想されます。

優勝を目指した、より積極的なプレーに期待したいと思います。

スポンサードリンク

よく読まれています

20 Responses to “松山英樹はプレーオフ第3戦でも優勝候補トップ10に!BMWチャンピオンシップ2015のパワーランキング”

  1. すず より:

    golfさん おはようございます(^-^)
    早速の更新ありがとうございます。
    シーズンを通しての安定したスタッツで毎試合パワーランキングの上位に入ってきていますね。一時期本調子でなかった時でも評価や期待をされ続けていることが本当にすばらしいです。予選落ちがないこれからの試合優勝に向かってがんばってほしいです。あと、ひそかにすごいなぁ…と思うのはJ.フューリック選手です。P.ミケルソン選手との永遠のライバルとも呼ばれているベテラン選手でも常に上位にいて、松山選手も両選手のようにいつまでも誰からも愛され、パワーランキングも常に上位に入っているような息の長いプレーヤーになってほしいです(^-^)golfさんからいただく事前情報や分析データは試合をますます楽しみなものにしてくださっています。まさに『海外プロゴルフツアーを楽しむブログ』です♪
    松山選手、岩田選手がんばってください(^-^)golfさん、ありがとうございます。

    • golf より:

      すずさん、コメントありがとうございます。
      自分が基本的に楽しんでいるのですが、その結果、ブログの内容が楽しんでいただけているようであれば何よりです(笑)。
      私も松山英樹には息の長いプレイヤーになってもらいたいです。
      調子が一時期より上向いてきていますので、第3戦までのオープンウィークでうまく調整できていれば、期待できるのではないかと思います。
      簡単ではないですが、果敢にチャレンジしてくれると思いますので、しっかりと応援したいと思います。

  2. ACE より:

    golfさん、パワーランキングの紹介ありがとうございます。
    第3戦になってもなおTOP10入りしている松山選手。本当に素晴らしいです。golfさんおっしゃるように、もはや狙うは優勝のみですね。ドイツバンク後のコメントではショットが良くなってきているとの事でしたので、初日からアグレッシブに頑張ってもらいたいです。マキロイ選手とまた同組とうことで、2日目はまたしてもFeatured Groupになりました(泣) 見られない分つらいです。初日の中継にたくさん映りますように・・・

    • golf より:

      ACEさん、コメントありがとうございます。
      ここにきてFeatured Groupが多くなったにも関わらず、以前のように見れなくなったのは、本当に辛いです(苦笑)。
      優勝を目指すこと以外の重要な結果はない位置につけて第3戦を迎えましたので、思い切ってプレーしてもらいたいです。
      中継が多くなるように、なるべく上位でプレーしてくれることを願っています。

  3. hasyfeb より:

    golfさんこんにちは。
    コンウェイファームズは松山選手にとっては初めてのコースですが、アイアンの精度が戻っていればかなりいい成績を残せそうですね。最終戦のイーストレイクよりもこちらのコースの方が松山選手にあっているような気がします。あとはここ1ヶ月ほどのパットの好調を維持してくれているといいのですが。
    今年は既に最終戦出場も確保しているわけですし、カットラインのプレッシャーもありませんから、年間王者狙って初日からガンガン攻めていって欲しいと思います。そろそろ松山君の番が回ってきてもおかしくない頃だと思いますし^^
    今週はPGAとweb.comの両方の試合がありますのでgolfさんも大変かと思いますが無理なさらずよろしくお願いいたします。

    • golf より:

      hasyfebさん、コメントありがとうございます。
      私もコンウェイファームズの方が松山に合っている気がしています。ショットメーカーが結果を残していますし、グリーンもベント芝で、コースのレイアウトを見ても、来週のイーストレイクより対応しやすいかなと、期待しています。
      もう年間王者、優勝以外はあまり意味をなさない位置までたどり着いていますので、初日から積極的に勝負していってもらいたいです。
      今週末も忙しくなりそうですが、楽しみという気持ちの方が大きいです(^.^)。うまく調整しておきたいと思います。

  4. ケイ より:

    golfさん、こんにちは。もうパワーランキングもすっかり常連になりましたね。もう狙うは優勝しかありませんね。アグレッシブに狙ってもらいたいです。きっと、オーブンウィークも先輩の岩田にも刺激を受け飯田トレーナーや進藤キャディーの叱咤受けハードワークを過ごしているんじゃないかと思っています。同じ優勝争いでも初日からトッブ快走の争いってのも見てみたいですね。欲は止めどもなく出てきますので今日はこの位で(笑)明後日からよろしくお願いします。

    • golf より:

      ケイさん、コメントありがとうございます。
      こういうフィールドでパワーランキングが9位だとやや評価が低いなあと感じてしまうくらい、上位で評価されるのが当たり前になってきました。
      この1年間で松山英樹の残してきた結果、そしてその内容を示すスタッツが素晴らしいからこそだと思います。でも、まだまだ発展途上というのがさらに楽しみを増してくれます。
      初日から勝負していくのではないかと思いますので、しっかりと応援していきます。

  5. ゆり より:

    お疲れ様です。

    最近は松山君の優勝候補にあがってる事に
    驚かなくなる程普通になって来ました(笑)。

    3戦目はカットラインなしなので、思い切り悔いのない、目標を目指してやってくれる事を期待してます。

    「文藝春秋」見つけました。
    ファイルにしてあります。読みましたよ(笑)。

    天候がやや心配な様ですが・・
    頑張って欲しいです!!

    • golf より:

      ゆりさん、お疲れ様です。
      PGAツアー本格参戦した頃には考えられないほど、優勝候補の常連となりました。わずか2年足らずで、この成長ぶりには驚くしかありません。
      文藝春秋のインタビュー通り、メジャー制覇を成し遂げるためにも、目の前のトーナメントで勝ちたいはずなので、今週も全力でやってくれると思います。
      しっかりと応援したいと思います。

  6. 年イチゴルファー より:

    golfさん、パワラン情報ありがとうございます。
    今週はgolfさんのおっしゃる通り優勝を目指す以外あまり意味がないので、超攻撃型の松山選手が見られそうですね。今までは何処かしらトップ30の事が頭の中にあり少しはセーブしていたところがあったのではと思います。今週は何も考えることなくスロットル全開で攻めに徹する事が出来るPGA参戦依頼初めてと言って良い状況では無いでしょうか。しかもマキロイとのペアリング、舞台は整ったと言う感じですね。結果のことは考えずにガンガン行って欲しいです。
    今週はgolfさんも忙しくなると思いますが、季節の変わり目で体調も崩し易いので無理をなさらずようにして下さい。
    嬉しい悲鳴をあげられると良いですね(笑)。

    • golf より:

      年イチゴルファーさん、コメントありがとうございます。
      松山が文藝春秋のインタビューで予選通過した後の3日目、4日目の方が気が楽になると話していましたが、今週と来週はその予選ラウンドを気にしなくて良いので、思い切っていけるのではないかと思います。
      今週は本来のアイアンの精度が戻っていれば、相性が良さそうな期待できるコースなので、初日のアイアンの状態に注目したいです。今シーズンの残り2戦で2勝目がきたら最高です。それを期待しつつ応援したいと思います。祝杯もしっかりとあげれるように、体調はしっかりと整えていきます(笑)。

  7. うりぼう より:

    golfさん、パワーランキングの情報をありがとうございます。常にランクインしていることに、こちらが慣れ過ぎてしまっていますが、本当は凄いことですよね。米ツアーではトップ25入りというのが、ひとつの指標になっているようですね。

    ところで、ここで質問するのが適切かどうかわからないので、大変恐縮なのですが…
    どんな選手にも多少なりともコースとの相性があり、松山選手にも当然あるのだと思います。芝質にも左右されますが、コースレイアウトの観点から、松山選手に向いている、若しくは少し苦手とするコースの特徴というか傾向を掴んでいらっしゃったら、教えていただけますでしょうか?ざっくりした質問で申し訳ありません。もし見解をお持ちであれば、で結構ですのでよろしくお願いいたします。

    • golf より:

      うりぼうさん、コメントありがとうございます。
      松山英樹本人が話しているのを直接聞いたわけではないですが、ゴルフネットワークなどの中継で内藤雄士さんが松山から聞いたという内容となりますが、ターゲットが限定されているコースが好きなようです。
      フェアウェイが広い、全体が広いコースよりも、ここに打たないといけない、ここにボールを止めないといけないというようにターゲットが絞られているコースが好きなようです。
      そういうコースは精度がより重要なコースで、とにかく飛ばしてウェッジで寄せるというシンプルなゴルフよりも、より高度な戦略性が必要になるので、そういうコースが好きでもあるようです。
      メモリアルのミュアフィールドビレッジなどはまさにそういうコースで、初出場で最終日は最終組でスタートしたクラウンプラザインビテーショナルのコロニアルなどもそのタイプです。
      逆にフライズドットコムオープンやシュライナーズで使用されるような広いコースは、フィールドが薄かったこともあり、成績は悪くないのですが、あまり好きなコースではないようです。
      今回のコンウェイファームズもレイアウトを見ると、どちらかと言えば精度と戦略性が重要になりそうな印象があります。ショットメーカーと言われる選手は、戦略性と精度を問われるようなコースに強いのですが、2013年の成績を見ても、そのタイプの選手が上位にきていますので、アイアンが復調していれば松山向きなのかなという気がしています。

  8. まり より:

    golfさん、こんばんは。
    記事のアップ、ありがとうございます。
    年間王者…そこを目標にできる(手にできる可能性がある)という事実が凄いですよね。
    私個人的には、メジャー優勝も勿論なんですが、将来的に、いつか年間王者も取って欲しいという希望というか夢があります。
    もしそんなことが実現したら、多分大泣きすると思います(笑)。
    同組はマキロイとスネデガーですね。
    とにかく楽しみです。

    • golf より:

      まりさん、こんばんは。
      ツアーチャンピオンシップ進出が確実な状況となった今、目指すのは優勝しかないと思いますし、優勝すれば、当然視野に入ってくるのが年間王者なので、ぜひチャレンジしてもらいたいです。
      そこに挑戦できるのは、トッププレイヤーが揃うフィールドの中でも一握りだけなので、本当に素晴らしいこだと思います。
      今までの日本人の常識を良い意味で壊していってくれることを期待しています。

  9. うりぼう より:

    golfさん、丁寧なご回答をありがとうございます。次戦からコースとの相性、好みも考えながら、プレーを追ってみようと思います。
    まずは、今週の初めてのコースをどのように攻略してくれるか楽しみです。
    ご返信はお気遣いなく。

  10. ゆり より:

    おはようございます。

    日本オ-プン「10月15~18日」・・
    スコット選手がエントリーしたとか・
    戸張さんが、松山君の参加を打診してるとか?
    うぅぅ~なんか複雑な・・

    優勝があれば来季シ-ドが加算されるわけだし
    そうなれば可能性もありですかねぇ。
    その日は来季ツア-の初戦になってますので
    私的には、帰国せず米で頑張って欲しいのですが。

    • golf より:

      ゆりさん、おはようございます。
      プレーオフの残り2戦で優勝すれば日本オープンの可能性もあるかもしれませんね。
      現時点では同じ日程のフライズドットコムオープンの仮ではありますが、エントリーする意向を伝えている状態なので、実現性は低そうですね。
      私も個人的にはプレーオフの残り2戦で優勝しても、アメリカで3勝目、4勝目ができるように頑張ってもらいたいです。

  11. ゆり より:

    早速の返信有り難うございます。

    ですよねぇ・・
    米コ-スでの経験値を積ん方が優勝への近道・・と
    努力して頑張ってるところですものねぇ。
    有り難うございます。

このページの先頭へ