松山英樹は不調が続くも優勝候補トップ20にランクイン – WGCブリジストンインビテーショナル2016のパワーランキング

これまで実績を残し相性の良かったミュアフィールドビレッジで開催されたメモリアル・トーナメント、そしてタフなセッティングのため凌ぎ合いに強いため高い評価を得ていた全米オープンで連続予選落ちをしてしまった松山英樹です。

連続して予選落ちしたのは2014年のマスターズ、RBCヘリテージ以来のことで、松山英樹のこれまでのキャリアとしては異例の出来事となりました。

その2戦連続予選落ちからどのように立ち直るのかが注目されるWGCブリジストンインビテーショナル2016なのですが、最近の不調のため優勝候補の末席ではありますが、パワーランキングにランクインしています。

スポンサードリンク

PGAツアー公式サイトは19番手に予想

Power Rankings of WGC Bridgestone Invitational 2016

PGAツアー公式サイト(PGATOUR.com)のロブ・ボルトン(Rob Bolton)氏によるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

1. ブルックス・ケプカ
2. ジム・フューリック
3. シェイン・ローリー
4. ジェイソン・デイ
5. ダスティン・ジョンソン
6. ジェイソン・ダフナー
7. アダム・スコット
8. ジョーダン・スピース
9. マット・クーチャー
10. ブランデン・グレース
11. パトリック・リード
12. ババ・ワトソン
13. ビル・ハース
14. ケビン・ナ
15. ザック・ジョンソン
16. チャール・シュワルツェル
17. ジャスティン・ローズ
18. フィル・ミケルソン
19. 松山 英樹
20. リッキー・ファウラー

全米オープンで奮わなかったジャスティン・ローズ、フィル・ミケルソン、リッキー・ファウラーらとともにランクインしています。

ボルトン氏のコメントの原文と翻訳は以下のとおりとなっています。

Downturn in his irons led to consecutive MCs (Memorial, U.S. Open) for the first time in two years. No cut at Firestone, though. Fourth start; T12 in 2014.

『アイアンショットの不調がこの2年間で初の連続予選落ち(メモリアル、全米オープン)につながった。ただ、ファイヤーストーンでは予選カットはない。4回目の出場で2014年に12位タイとなっている。』

今年のWGC-ブリジストンインビテーショナルはフルフィールドが61名となっています。

そのため決して高い評価とは言えませんが、フィールドの厚い世界ゴルフ選手権シリーズであっても、優勝候補20名を選ぶとなると不調であっても名前を入れておくことになるようです。

昨年は全英オープンからの強行スケジュールで体調を崩したためかショットが乱れ、37位タイに終わっています。

現在も同様にアイアンの状態が良くないので、どれだけ復調しているかがポイントになることは間違いありません。

先の2戦では練習では良い状態でも実戦になると状態が悪くなるということが続きました。

このブリジストンインビテーショナルは予選落ちがなく4日間確実にプレーできますので、その中で調子を上げていきながら、全英オープンと全米プロゴルフ選手権につなげていきたいとところです。

スポンサードリンク

よく読まれています

4 Responses to “松山英樹は不調が続くも優勝候補トップ20にランクイン – WGCブリジストンインビテーショナル2016のパワーランキング”

  1. Ken より:

    golfさん、こんにちは。

    松山選手が試合に出ない週末を、空虚な思いで過ごしているゴルフ好きの人間は私だけではないと思います。
    今週は予選カットがないので、久々に?週末の4日間を楽しめると思うと心がワクワクしてきます。
    それなりの結果がついてくれば最高ですし、併せて松山選手のその後の状態が確認できるのも楽しみの一つです。

    ところで、2週連続予選落ちという悲惨な状況にもかかわらず、ボルトン氏によるパワーランキングにPGAツアー参戦後、僅か2、3年の松山選手の名前が常連の一人として登場してくることは、彼が既に押しも押されもしないPGAツアーにおけるトップ・プレーヤーの一人であることの証左に他ならず、日本人として松山選手を誇らしく思わずにはいられません。
    今回の読者投稿欄における“DJ”のランク付けに関するボルトン氏と読者とのコメントのやり取りから、ボルトン氏のランキングには“仕掛け”があるようなことが読み取れるのも興味深いですね。
    行間から3位以内にランキングされたプレーヤーはフロックとも読み取れ、本命は4位以下にいるような彼のコメントぶりからして、下位にランキングされている松山選手にも密かな期待があるように思うのは虫が良すぎますかね?(笑)
    いずれにしましても、今回もgolfさんにはいつものような鋭い分析を期待していますのでよろしくお願いします。

  2. golf より:

    Kenさん、コメントありがとうございます。
    今週は予選落ちがなく4日間確実に楽しめるのは嬉しいですね。
    トーナメントに出場する中でしかできない調整がありますし、その能力に長けている選手なので、このブリジストンインビテーショナルを浮上のキッカケにしてもらいたいです。
    さすがに今週は外れるかなと思いましたが、リッキー、ローズ、ミケルソンなどとともにランク外にしてしまえない、とボルトン氏に思わせるプレイヤーに松山がなっていることを、あらためて認識しました。
    どれだけ復調してきているのかに注目しながら、今週もしっかりと応援したいと思います。こちらこそ、今週もよろしくお願いします。

  3. ACE より:

    golfさん、更新ありがとうございました。いよいよ始まりますね。
    昨夜のジェイソン・デイ選手、シェーン・ローリー選手のダメ押しともいえる五輪辞退のニュースに加え、JGTO制裁解除を受けての”特例なら受けない”という松山選手らしいマチュアーなコメント・・・
    さらに組み合わせではしっかり注目組にも選ばれ、今週もざわつきそうな予感です。
    調子の事を考えると、少し落ち着いてできる環境でやってもらいたかったのですが、、、golfさんおっしゃるように、もう目を離しておく存在ではないのですね。
    集中するのが難しいかもしれませんが、4日間の実戦で調子を上げられますように☆彡
    今週も宜しくお願いします。

  4. golf より:

    ACEさん、コメントありがとうございます。
    これだけトッププレイヤーが出場辞退をすると、オリンピックの価値が疑わしくなってしまいますよね。さらに辞退者が増えると思うので、なおさらです。
    JGTO制裁の件は非常に彼らしい判断だったように思います。相変わらず本質を見抜く力に優れているなと感じました。後から世界を目指す選手たちのことも考え、自分の方向性を決めるというのは24歳とは思えない成熟した思考だと思います。
    組み合わせはディフェンディングチャンピオンとババ・ワトソンということで注目される組ですね(^_^;) もう少しラクな組が良いと思いましたが、そうはさせてくれない立場になっていますよね。全英オープンと全米プロゴルフ選手権に向けて、唯一調整に使えるトーナメントになると思うので、周囲の雑音をシャットアウトして頑張ってもらいたいです。こちらこそ、今週もよろしくお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ