米フォーブスが松山英樹をメジャー初制覇の有力候補に!世界有数の経済誌で高評価

松山英樹に必要な残されている成績は「四大メジャータイトル」だけと、多くの海外メディアの専門家から言われるところまで浮上した2016年でした。

そのため松山英樹本人、日本のゴルフファンの期待は四大メジャー初制覇となるのですが、海外メディアにとっても注目すべき動向となっています。

スポンサードリンク

世界有数の経済誌フォーブスの電子版が松山英樹をピックアップ

世界有数の経済誌で、長者番付などでも知られるフォーブス(Forbes)の電子版で松山英樹が取り上げられています。

フォーブス(Forbes)の電子版であるforbes.comの“These 5 Golfers Could Break Through For A Major Championship In 2017”という記事で、2017年にメジャー初制覇を果たす有力候補5人の筆頭格として松山英樹が紹介されています。

ゴルフジャーナリストのErik Matuszewski氏がメジャーで勝てるだけの才能、経験、自信を持ち合わせた5人のプレイヤーとして松山英樹、ブルックス・ケプカ、リッキー・ファウラー、ブランデン・グレース、パトリック・リードを挙げています。

forbes-on-matsuyama-170102

その中でも松山英樹が1番目で扱われています。その記事の内容の原文は以下のとおりとなっています。

No player has been hotter over the last several months than the 24-year-old Matsuyama, who has vaulted to No. 6 in the world rankings. After finishing fifth in the season-ending Tour Championship in September, Japan’s Matsuyama has caught fire, his performance as consistent as his metronome-like swing with the distinctive pause at the top. He finished second at the CIMB Classic in Malaysia, won two events on the Japan Golf Tour and then rolled to a 7-shot win at the World Golf Championships-HSBC Champions in China. Matsuyama also added a win at the unofficial Target World Challenge, the offseason event hosted by Tiger Woods in the Bahamas that featured a deep lineup of the top-ranked players in the world. Matsuyama is well-positioned to become the first Japanese man to win a major, having had top-10 finishes in all four of them, including his tie for fourth at last year’s PGA Championship. ODDS TO WIN A MAJOR: 9-2

「この数ヶ月において世界ランク6位に飛躍した24歳の松山英樹以上にホットなプレイヤーはいない。シーズン最終戦となる9月のツアーチャンピオンシップで単独5位となったあと、彼のパフォーマンスはトップで間ができるメトロノームのようなリズムを持つスイングと同様に着実なものだった。マレーシアのCIMBクラシックで2位、日本ツアーで2勝、中国で開催されたWGC-HSBCチャンピオンズを7打差で制した。さらに松山英樹はバハマで行われた世界のトッププレイヤーが多く集うタイガー・ウッズ主催のツアー非公式戦であるヒーローワールドチャレンジを制した。松山英樹は昨年の全米プロゴルフ選手権での4位タイを含む全てのメジャーでトップ10フィニッシュをするなど、日本人男子初のメジャー制覇を果たす絶好の位置にいる。」

松山英樹はマスターズで2015年に単独5位、2016年に7位タイ、全米オープンでは2013年に10位タイ、全英オープンで2013年に6位タイ、全米プロゴルフ選手権では2016年に4位タイでトップ10が5回、トップ5が2回となっています。

現在、四大メジャーを勝てていない選手で、松山英樹以上の四大メジャーでの成績を残している選手は多くありません。

その筆頭はセルヒオ・ガルシアとなるのですが、トップ10はマスターズが3回、全米オープンが5回、全英オープンが10回、全米プロゴルフ選手権が4回で、そのうちトップ5が12回もあります。

他にもリー・ウエストウッドがトップ10が18回、トップ5が11回、ルーク・ドナルドがトップ10が8回、トップ5が5回というような成績を残しています。

ただ、若い選手で松山英樹以上の成績を残していると言えるのはリッキー・ファウラーくらいです。

リッキー・ファウラーは四大メジャーでトップ10が6回、トップ5が5回という成績で、2014年にはマスターズで5位タイ、全米オープンと全英オープンで2位タイ、全米プロゴルフ選手権で3位タイと結果を残しています。

今回一緒に名前があがっている選手ではブランデン・グレースがトップ10フィニッシュを4回していて、いずれもトップ5となっています。ただ、全米オープンと全米プロゴルフ選手権のそれぞれ2回ずつと偏っていて、マスターズと全英オープンではトップ25に入るのに苦労しています。

ブルックス・ケプカは2014年の全米オープンで4位タイ、2015年の全英オープンで10位タイ、全米プロゴルフ選手権では2015年に5位タイ、2016年に4位タイとトップ10フィニッシュは4回で、うちトップ5が3回となっています。

しかし、マスターズでは21位タイが最高位でのフィニッシュにとどまっています。

パトリック・リードはライダーカップなどでの活躍で大舞台に強い印象がありますが、2016年の全英オープンで12位タイが最高位でトップ10フィニッシュは一度もありません。

このように松山英樹はメジャーを勝っていない選手の中ではすでにトップクラスの成績を残していますし、2016年にはそのメジャーを舞台にして優勝争いを経験することもできました。

そしてエリートフィールドでも圧勝ができるだけの実力があることも世界ゴルフ選手権とタイガー・ウッズの招待大会であるヒーローワールドチャレンジで確認し、より自信を深めることができています。

四大メジャーがこれほど楽しみな年を迎えることは記憶にありません。

スポンサードリンク

よく読まれています

6 Responses to “米フォーブスが松山英樹をメジャー初制覇の有力候補に!世界有数の経済誌で高評価”

  1. 八太郎 より:

    golf さん、あけましておめでとうございます。
    年明け早々、3 編のブログアップをして頂き、ようやく新しい酉年を迎えたように感じます。
    年末の T・ウッズ招待「ヒーローワールドチャレンジ」の最終日(12/5)、無料の CS スカパーが、最終ホールでカットされ心底ショックうけていたのも・・・golf さんのツィートやブログアップで松山プロ優勝の事を後追いで知った事で胸をなで下ろしたのが昨日の事のようです。
    その日のうちに正規で CS スカパーのゴルフネットワークを申し込み、年末 & 年始は充二分にゴルフ番組を観させてもらいました。
    色々なチャンネルでも松山プロが出ている放送があり、本当に充実した年越しで、なんでもっと早くから CS スカパーを申し込んでおかなかったかと・・・後悔した次第です。
    それにしても、彼が今年の初めに2勝目してからの悩みは相当なものだったみたいですね。
    しかし、そこで学んだ事が多くあり、本当に心身とも一回り & 二回り成長したことが言葉の中に多く表れています。
    今年は、きっとメジャーチャンプになると各サイトでも取り上げられている様に、ブロガーの皆様と熱きエールを今年も贈りたく思います。
    今週末からのハワイでの初戦も CS スカパーでじっくり見れるのが今から楽しみで~す。
    今年もこのサイトを中心に応援し続けますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

  2. toshi より:

    golfさん、あけましておめでとうございます。
    本年も数字に裏付けられたフェアーで的確なコメント満載のgolfさんのこのブログを楽しませていただきます。

    昨年末数か月の快進撃により、松山選手への海外からの注目も更にアップし、2017年の活躍が本当に楽しみでなりません。
    まずは、相性が良さそうな今週の予選なしの試合でウォームアップし出来れば優勝、来週のチョット相性が合わなかった試合で上位でフィニッシュしてくれればと思います。
    マスターズ他メジャーまでの出場試合間隔に関し、golfさんがコメントされている記事がありましたが、チーム松山の中でベストなスケジュールを組んでくれることを期待します。

    2016年はとても気分のいい状態で年越しを迎えました。
    2017年も皆さんとともに最高の年越しを迎えさせてくれる松山選手の活躍を期待しています。 
    元旦、初詣で個人的な願いとは別に、松山選手のメジャー優勝祈願をしてきました。

    本年もよろしくお願いします。

  3. ぼのぼの より:

    golfさん、みなさん、明けましておめでとうございます。
    フォーブスは経済誌ですね。スポーツに関しても報道するとは知りませんでした。
    先日のフジテレビの渡辺謙氏・錦織圭氏との番組は、昨年夏から取材を始めていたとのことです。そんなに調子が良くなかった頃から注目して準備を始めてくださった日本のメディアの方がいたということを、驚き、そしてとてもうれしく思います。
    いよいよ松山選手の活躍が見られることにワクワクしています。
    もちろんいつも優勝を願っていますが、好調な時も不調な時も、松山選手を応援していきます。
    松山選手、golfさん、みなさんにとって良い年になりますように(^人^)

  4. golf より:

    八太郎さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
    あの2ヶ月くらいの悩む期間があったからこそ、自分のプレーに確信がもてるようになり、飛躍することの土台となったのではないかと思います。
    苦しみや低迷は楽しいことではありませんが、正しく乗り越えれば財産になる時でもあります。松山英樹はそうしてくれたのではないかと思っています。
    こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

  5. golf より:

    toshiさん、あけましておめでとうございます。
    松山英樹は幸せですね。ファンから初詣でメジャー優勝祈願をしてもらえるんですから。でも、そうしたくなるほど松山英樹がひたむきで誠実な人間性を持っているからこそですよね。
    5戦4勝しているからと言って、簡単には勝たせてくれない選手が揃っていますので、まずは「今年もやれる」という手応えを感じてもらって、その中で優勝争いをしてもらえたらと願っています。
    こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

  6. golf より:

    ぼのぼのさん、あけましておめでとうございます。
    世界力の取材は夏から始まっていますが、おそらく企画自体はもっと前にできあがっていたはずです。全米オープン、全英オープンの予選落ちの後にも関わらず、企画どおりに取材を敢行してくれた渡辺謙さんたちに感謝したいです。渡辺謙さんが企画、構成にも参加していて、良く仕上がった内容だったと感じました。
    ようやく松山英樹のプレーが見れますね。長いシーズンでは好不調の波は避けられませんが、私も腰を据えて応援していきたいと思います。今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ