松山英樹が複数メディアで優勝候補2番手にランクイン!フライズドットコムオープン2015のパワーランキング

fryscom2015_powerrankings(PGAツアー公式サイトのキャプチャ画像)

プレジデンツカップ2015を終えた翌週に早くもPGAツアーの新シーズンの開幕戦であるフライズドットコムオープン2015が10月15日から開催されます。

今年のフライズドットコムオープンにはローリー・マキロイ、ジャスティン・ローズのトップ10プレイヤーも出場するなど、例年よりフィールドが強くなることが確実です。

そのフライズドットコムオープン2015ですが、海外メディアによる優勝候補予想で松山英樹が上位にランクインしていますので、今回はそれを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

目次

このページの目次です。

PGAツアー公式サイト(PGATOUR.COM)でパワーランキングで2位にランクイン!

毎週、PGAツアー公式サイト(PGATOUR.COM)でパワーランキングを担当しているロブ・ボルトン(Rob Bolton)氏による予想は以下のとおりとなっています。

  1. ジャスティン・ローズ
  2. 松山 英樹
  3. ローリー・マキロイ
  4. ブルックス・ケプカ
  5. ジャスティン・トーマス
  6. ダニエル・バーガー
  7. ロバート・ストレブ
  8. エミリアーノ・グリージョ
  9. ブレンダン・スティール
  10. トニー・フィナウ
  11. ブライス・モルダー
  12. ラッセル・ノックス
  13. 石川 遼
  14. スティーブン・ボウディッチ
  15. ケビン・ナ

松山英樹はローリー・マキロイを押しのけて2位に、そして石川遼は13位にランクインしています。

松山英樹に対するコメントは以下のとおりとなっています。

Road warrior went 2-1-1 at the Presidents Cup after four top 25s in the Playoffs. T3 here last year. Led the field in ball-striking; third in proximity.

  • 管理人訳:ロード・ウォリアー(road warrior:出張続き)はプレーオフで4つのトップ25フィニッシュをした後、プレジデンツカップで2勝1敗1引分という結果を残した。昨年のこの大会では3位タイフィニッシュをしている。その際はボールストライキング(トータルドライビングとパーオン率の順位合計)で首位、プロキシミティ・トゥ・ホール(グリーン周辺からのものを除くアプローチショット後のカップまでの平均距離)で3位となっている。

昨年のこの大会ではショットが非常に好調でストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーン(ショットで稼いだ打数)でもフィールド全体で2位となっています。

それでも3打差で優勝を逃したのはストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーン(ショットで稼いだ打数)が45位と、グリーン上でイマイチ波に乗り切れないためでした。

今回のコースのグリーンはバミューダ芝となりますが、シーズン終盤にパッティングが良くなりましたしツアーチャンピオンシップの開催コースであるイーストレイクもバミューダ芝でしたが、それなりに対応できていましたので、期待したいところです。

石川遼に対するコメントは以下のとおりとなっています。

After getting bounced from the Playoffs after the first leg, won in his next start in Japan. Added a T6 two weeks ago. Tied for 19th here last year.

  • 管理人訳:プレーオフの初戦敗退から立ち直り、日本ツアーでの初戦で優勝した後、さらに2週間前に6位タイとなった。昨年のこの大会では19位タイフィニッシュをしている。

日本ツアーでANAオープンで優勝、東海クラシックで6位タイとなった成績と昨年のこの大会で19位タイとなったことを買われてランクインしています。

日本に帰国中の3戦でいろいろと試行錯誤したことを上手く活かして好成績を残してもらいたいところです。

そのポイントとなるのはパーオン率と10フィート(約3.0m)以内のパッティングとなるようなので、パーオン率を高め、よりピンに絡むショットを増やすためにもティーショットを頑張ってもらいたいところです。

米Yahoo!SPORTSでも2位にランクイン

米Yahoo!SPORTSのライアン・ボーレンジー(Ryan Ballengee)によるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ローリー・マキロイ
  2. 松山英樹
  3. ジャスティン・ローズ
  4. ダニエル・バーガー
  5. トニー・フィナウ

松山英樹に対するコメントは以下のとおりとなっています。

Matsuyama didn’t have the best week at the Presidents Cup, but that may have been the result of huge expectations. The Japanese star may be a bit tired from playing in South Korea, but his ballstriking is a huge asset at Silverado. He finished T-3 here last year.

【管理人訳】

  • 松山はプレジデンツカップでベストのプレーではなかったようだが、もしかしたら大きな期待を受けていたためかもしれない。この日本のスターは韓国でのプレーで少々疲れているかもしれないが、彼のボールストライキングはシルバラードでは大きな武器だ。彼は昨年のこの大会で3位タイでフィニッシュしている。

昨年のフライズドットコムオープンではストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーン(ショットで稼いだ打数)がフィールド全体で2位となるなど、ショットが冴えて首位と3打差の3位タイフィニッシュとなりました。

優勝したベ・サンムンはストロークスゲインド・ティー・トゥ・グリーンが1位となるなど、基本的にショットが良い選手が有利なコースと考えられる昨年のデータもあるため、松山英樹が本来の調子であれば優勝争いに絡む期待ができるのではないかと思います。

昨年よりフィールドはつよくなるものの、バミューダ芝のグリーンにうまくアジャストできれば、十分に可能性があるので開幕戦に期待したいところです。

米スポーツ電子メディアのSporting Newsでも2位に

米スポーツ電子メディアのSporting NewsのAlec BrzezinskiがRory McIlroy headlines field at season-opening Frys.com Openという記事でフライズドットコムオープン2015の注目選手をピックアップし、松山英樹はローリー・マキロイに続く2番手として選ばれています。

  1. ローリー・マキロイ(3位)
  2. 松山英樹(15位)
  3. ジャスティン・ローズ(7位)
  4. クリス・カーク(28位)
  5. ブルックス・ケプカ(12位)
  6. ライアン・パーマー(38位)
  7. ジャスティン・トーマス(75位)
  8. ブラント・スネデカー(30位)
  9. ハンター・メイハン(47位)
  10. トニー・フィナウ(86位)

Matsuyama finished last season with a tie for 12th and a top 10 at the Tour Championship. He also rallied to beat J.B. Holmes in his singles match Sunday in the Presidents Cup. He will likely add another top 10 to his resume this week and might get his second win.

【管理人訳】

  • 松山は昨シーズンのツアーチャンピオンシップで12位タイと(BMWチャンピオンシップでの)トップ10(7位T)で昨シーズンを終えた。またプレジデンツカップでは日曜日のシングルスマッチでJ.B.ホームズに勝利した。今週、彼はまたもう1つのトップ10を経歴に加えることになりそうだし、ことによっては2勝目を手にするかもしれない。

スポンサードリンク

よく読まれています

9 Responses to “松山英樹が複数メディアで優勝候補2番手にランクイン!フライズドットコムオープン2015のパワーランキング”

  1. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様です。

    オォォ!マキロイ選手を抜いての2位候補。
    遼君も13位候補。
    遼君この候補を意識し過ぎて失速しなければ
    良いのですが・・頑張って欲しいです。

    松山君・初戦出場ですねぇ。
    手首痛の方は大丈夫なのでしょうか「心配です」。

    いよいよですねぇ・新シ-ズン初戦日本の3選手の
    参戦にわくわくです。
    3選手には頑張って頂きたいと願ってます。

    楽しみに待ってます。

  2. golf より:

    ゆりさん、おはようございます。
    ジャスティン・ローズ、ローリー・マキロイに次ぐ3番手か、最近ユーロピアンツアーで優勝したブルックス・ケプカに続く4番手かなと予想していたのですが、2番手でした。
    相性の悪くなさそうなコースなので、手首の状態が問題なければ良い結果が残せるのではないかと思います。ただ、昨年よりフィールドは強いので、良いプレーをしないといけませんが。
    石川遼も久々にパワーランキングに名前が載りましたので、度々名前があがるように頑張ってもらいたいです。
    3選手が揃い踏みとなりそうなので、開幕戦が本当に楽しみです。

  3. toki より:

    おはようございます。
    当たり前のようにランクインしているにしても、松山選手の2位にはちょっと驚きですが、石川選手の13位のランクインにはもっと驚いています。
    私が思っているより、プロが見てくれているので、確かなのでしょう。
    しかし、余り期待していると、落胆も大きいので予選通過を最低限としてフライズドットコムを楽しむことにします。
    本音は違う所にありますが…(笑)。

  4. golf より:

    tokiさん、おはようございます。
    私も松山英樹が2番手というのは少々驚きました。
    ボルトン氏のコメントを見る限り、日本のトーナメントの中継やスタッツ(日本語なので^^;)は見ていないようなので、石川遼の日本ツアーでの成績は優勝、6位タイとなっていますので、調子が良くなっていると判断したのではないかと思います。
    日本での成績がPGAツアーでのフライズドットコムオープンでの成績にどうつながるかは、今後のサンプルケースとなるため、とても興味深く注目しています。
    フィールド全体の顔ぶれがそんなに悪いわけではないので、内容が良くないとトップ25も簡単ではないと思うので、良い状態であることを願っています。

  5. hasyfeb より:

    golfさん、パワラン紹介ありがとうございました。
    ボルトンさんの松山愛によりケプカよりは上にくるはずだとは予想してましたが、マキロイより上に来るところまでは予想できませんでした。少し驚いてますが、それぐらい期待しているということでもあるのでしょうね。昨シーズンも何度かありましたが、公式で大きく写真が使われているのも本当に嬉しいです。
    明日には発表されますが、組み合わせも気になってまして、マキロイやローズと同組になった場合、見られないーと地団駄踏むことになりそうな気がしています^^; また、若手くくりとなったとしても、多くの期待の若手が出ているのでちょっと読めない感じですね。個人的に見てみたいと思う組み合わせなどもあるのでいろいろ想像して楽しんでいます。日本人3人くくりなんかですと日本でショットラやTV観戦する人たちに優しいかもしれませんね^^

  6. golf より:

    hasyfebさん、コメントありがとうございます。
    良い組み合わせになればなるほど、見れない時の悔しさが増しますよね(笑)。
    ボルトンさんの”松山愛”わかる気がします。メジャーのパワーランキングでも「やりすぎかな」というくらい松山を押していましたので(笑)。
    どんな組み合わせになるか楽しみですね。松山は世界ランキング的には3番手になるので、マキロイやローズとは別組になるのかなあと思ったりしています。
    とりあえず注目組になっておけばカメラもついてゴルフネットワークでも中継が多くなるはずなので、最低限そうなってもらいたいです。

  7. ACE より:

    golfさん、各紙の高評価情報ありがとうございます。どれもジャスティン・ローズ選手やブルックス・ケプカ選手を抜いて2位になっているのが本当にすごいです。手首や時差など心配はつきませんが、調子自体は良いと思うので頑張ってもらいたいです。
    プレジデンツカップのメンバーも意外に多くエントリーしてるんですね。組み合わせもボウディッチ選手とシュワルツェル選手と一緒と言うことで、話も弾むのではないでしょうか。
    アダム・スコット選手とリッキー・ファウラー選手は日本へ、ジャイディー選手とラヒリ選手はマカオへ・・リッキーはプロモーション目的の来日のようですが、他の選手はみんな本戦です。本当にタフですね。
    今季はスケジュールがとても難しそうですが、この2年の経験を生かして、うまく組み立ててもらいたいです。
    今週も宜しくお願いします。

  8. golf より:

    ACEさん、プレジデンツカップの現地からの情報ありがとうございました。
    より一層、プレジデンツカップを楽しむことができました。
    ダニー・リーはスキップしましたが、ボウディッチ、シュワルツェルらも出場することを選択していますので、本当に世界を舞台にして戦うプレイヤーたちはタフですね。
    手首の問題さえなければ、優勝争いができそうなプレジデンツカップの調子だったように思うので、懸念材料あh手首を含めた体調だけではないかと思います。
    無理をしないとは思いますが、強行スケジュールがうまくいくことを願っています。
    今週は3人になるので、慌ただしくなりそうですが、しっかりと準備しておきたいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ