松山英樹は圧巻の最終日”64″で通算18アンダーでフィニッシュ!ダンロップスリクソン・福島オープン2015の全ラウンド結果速報

松山英樹が全英オープンが開催されたスコットランドから時差は8時間、直行便でも12時間はかかる長距離移動にもかかわらず、ダンロップスリクソン・福島オープン2015に出場します。

特に全英オープンがマンデーフィニッシュとなったため過酷な日程となり、この福島オープンの後には中1週でWGC-ブリヂストン招待、そして最後のメジャートーナメントとなる全米プロゴルフ選手権が控えるという重要な時期なのですが、震災復興の思いを込めての参戦となりました。

その松山英樹のダンロップスリクソン・福島オープン2015の全ラウンド結果速報です。

松山英樹の全ラウンドのプレーの速報と結果

スポンサードリンク

Twitterによる速報です。


松山英樹のダンロップスリクソン・福島オープンのラウンド別のプレー詳細やキースタッツなどは以下のボタンのリンク先にまとめています。

第1ラウンドのプレー詳細速報:34位T
第2ラウンドのプレー詳細速報:23位T
第3ラウンドのプレー詳細速報:25位T
第4ラウンドのプレー詳細速報:9位

初日は疲労を隠せず出入りが激しくなるも2アンダーでフィニッシュ

第1ラウンドは中嶋常幸、山下和宏との組み合わせで、12時15分にインからスタートしました。

その初日のホールバイホールとプレー内容は以下のとおりとなっています。

Dunlop Srixon2015_Matsuyama_R1

今日は6バーディ・4ボギーとやや出入りの激しいゴルフとなりましたが、”70″の2アンダーで初日の34位Tでプレーを終えました。

8時間の時差と、冬のような寒さの中でプレーすることもあったスコットランドから真夏の日本への天候の変化、そして全英オープンが5日間になったこと、飛行機のフライトだけでも12時間程度かかるというような、様々な負担がかかる中での初日でした。

そのため初日の序盤はショットが乱れてしまいます。出だしの6ホールでパーオンできたのが、わずかに2ホールにとどまるなど、松山あらしからぬ不安定な状態が続き、一時は2オーバーまでスコアを落とします。

しかし、そこから立てなおしてきます。16番パー4と18番パー5の2ホールでバーディを奪い返し、イーブンパーに戻してハーフターンします。

そして後半の1ホール目となる1番は難易度が低いためバーディを奪いたいホールでしたが、ボギーとしてしまい、再び流れが嫌な方へと傾きかけます。

その後は4ホール連続でパーを拾った後に、6番と7番で連続バーディ、そして今日の上がりホールとなった9番でもバーディを奪い、終わってみれば2アンダーと、しっかりとスコアをまとめた松山英樹でした。

結局、最初の6ホールはショットが不安定だったものの、残りの12ホールではパーオンが10ホールになるなど、松山らしさが戻りました。

パーオン時の平均パット数は1.41となっていますので、バーディチャンスはしっかりと仕留めることができていました。

ボギーは13番の3パット以外は、パーオンできない時のものだったため、明日以降にショットがより安定してくれば、ボギーも減らせ、バーディも奪うことができ、スコアも伸ばせるのではないかと予想されます。

初日はフェアウェイキープ率が64.29%で91位T、パーオン率が66.67%で83位Tとなるなど、明らかに本来の松山ではない一日でした。

序盤は疲労の色を隠せない状態でしたが、それでも修正してスコアをまとめてくるあたりは、世界のトップランカーの底力というところでしょうか。

また昨日会場に入ったばかりで、半分しか練習ラウンドをできなかったという、半分手探りの状態でもスコアを伸ばしましたので、明日以降がより楽しみになってきました。

松山の爆発力を持ってすれば、上を十分に捉えることができる位置につけることができましたので、日本ツアー7勝目に期待したいと思います。

2日目は5つスコアを伸ばし通算7アンダーに

第2ラウンドは中嶋常幸、山下和宏との組み合わせで、7時35分に1番ホールからスタート予定となっています。

第2ラウンドのホールバイホールなどの情報は以下の表のとおりとなっています。

Dunlop Srixon2015_Matsuyama_R2

今日は5バーディ・ノーボギーに67でプレーを終え、首位と4打差の23位タイで決勝ラウンドに進出しました。

昨日は多くのボギーを打つ原因となったショットは安定し、フェアウェイキープ率は85.71%で18位T、パーオン率は88.89%(16/18)で14位Tとらしさが発揮された一方で、時差ボケや疲労などの影響があるのか、バックナインでのアイアンの精度に関しては今一歩でした。

またフルショットに関してはややショットがブレてしまうところがあるなど、その点でも本調子からは遠い印象でした。

パットは8番から15番まで連続2パットで、なかなか沈めることができませんでしたが、16番でバーディをとれたことで、悪い流れに入らずにすみました。

18番パー5では2オンを狙ってグリーン手前のバンカーにつかまってしまったのですが、ギャラリーから歓声が上がる、見事なバンカーショットでバーディを奪って締めました。

パーオンはできていたものの、もう少しピンに絡むショットを増やすことができれば、スコアを伸ばすことは難しくなさそうなので、そのあたり決勝ラウンドでのポイントとなりそうです。

上位にいる選手は5ストローク伸ばすのが当たり前の流れになっているため、最終的な順位は大きくは上がらないと予想されますが、上位と大きく離されずにすみましたので、決勝ラウンドに期待が残る位置となっています。

8アンダー、7アンダーでラウンドしている選手がいますので、松山がもう少し調子が戻れば、ビックスコアが出ても不思議ではありません。

徐々に状態が上がってきていますので、3日目、最終日とよりアジャストしていけるのではないかと予想されます。またピン位置が難しくなるほど、松山の実力が活かされますので、決勝ラウンドが期待されます。明日のムービングデーが楽しみです。

以下は松山英樹のホールアウト後のインタビューです。

  • 最終18番ホール見事なバンカーショットからのバーディでしたね。
    → ありがとうございます。
  • バーディで締めることができたのはどうでしょうか。
    → 明日につながると思います。
  • 今日はノーボギーで5つスコアを伸ばしました2日目全体を振り返っていかがですか?
    → 昨日に比べてショットがだいぶ良くなった分、バーディチャンスも多かったですし、16番の長いパットが入ったのがすごく大きかったと思います。
  • あらためて16番の長いバーディパットを振り返ってみて、どうですか?
    → すごく難しいラインだったんですけど、うまく打つことができました。
  • 久しぶりの日本の試合で距離感がつかめないということでしたが、今日はどうでしたか?
    → だいぶ慣れてきたというか、アジャストできるようになってきたんですが、まだスイング中に迷いがあるというか、そういう感じがあるので、思い切って打てていない感じはあります。
  • それは明日以降に向けての(課題ですか)?
    → 今日こんなかんじでスコアが良かったので、明日もそんな感じで行ければいいかなと思います。。
  • 初日に負けないくらいの多くのギャラリーがいましたが。
    → 早朝からたくさんのギャラリーに来て頂いて、すごく心強かったですし、楽しくラウンドできました。
  • 中嶋常幸プロとまわってどうでしたか?
    → なかなか、まわる機会がなかったので、すごく楽しく、勉強になりました。最終ホールの(中嶋常幸の)3打目のショットは自分にない選択肢だったのですが、それでしっかりとバーディで終わるところが、すごいなと思いました。
  • 福島、東北の人々も松山選手に期待していると思いますが、明日に向けてお願いします。
    → 明日伸ばして優勝争いできるように頑張りたいです。ありがとうございました。

3日目は中里光之介、大川詩穏との組み合わせに

第3ラウンドは中里光之介(22歳)、大川詩穏(21歳)との組み合わせで、8時50分に1番ホールからスタートしました。

その第3ラウンドのホールバイホールとプレーの内容は以下の表のとおりとなっています。

Dunlop Srixon2015_Matsuyama_R3

第3ラウンドは5バーディ・2ボギーの「69」で3つスコアを伸ばし通算10アンダーの25位Tでプレーを終えました。

今日は中継の高橋プロによるとアイアンが今一歩の状態とのことでしたが、パーオン率は77.78%(14/18)と、昨日の88.89%(16/18)よりも落ちてしまいました。

中継で映っていた映像でも、体のキレなどもイマイチという感じで、いつものような切れ味はありませんでした。

青木功さんによると、ちょうど時差ボケの神経的な疲れが抜けてくる代わりに、肉体的な疲れが出てくる時期とのことでしたが、昨日に比較した時に、そのとおりの印象を受ける今日の松山でした。

青木さんは自身の経験として、明日くらいになるとちょうどロングフライトによる静電気が抜けて動きが良くなるとのことですので、最終日に期待したいと思います。

以下はホールアウト後の青木功さんによる松山英樹のインタビューです。

  • 青木:この3日間どうだった?

    松山:ちょっと、疲れなのか、チグハグなゴルフが続いていますが、明日、まだまだチャンスがあると思うんで、それに向けて頑張りたいと思います。

  • 青木:松山くんは経験ないかもしれないけど、水曜日にこっちきて木曜日からやっていると、すごい今ダルいとおもうんだよ。

    松山:はい。

  • 青木:ダルいのはね。上空で長いこと乗ってきて、静電気とかが今日あたりで抜けると思うんだよ。オレの経験では。それでよく我慢しているなと思って。10アンダーと、自分のゴルフとしてはチキショーと思うだろうけど、まあまあなのかな?

    松山:悪いゴルフはしていないと思うので、明日残り一日残っていますので。

  • 青木:明日63くらいでまわってくれば何とかなるよ。

    松山:もうちょっと低いかいもしれないです。

  • 青木:61か?

    松山:それくらいを目指して頑張りたいです。

  • 青木:それくらい目標たつよなこのコースは。

    松山:そうですね。ティーショットをフェアウェイにおいておけばチャンスがあります。

  • 青木:フェアウェイからのショットは、ターフが厚いような感じがするんだけど?

    松山:だいぶ薄くなってきたんですが、やっぱり全英の硬いところから(の変化があるので)。

  • 青木:パッティングはどう?

    松山:パッティングも悪くないんですけど。なかなかボール一個で、ちょっと弱かったり、芝の違いもあって、ちょっと打ちきれなかったりがあります。

  • 青木:福島にきて、お前のことをこれだけ応援してくれる人がいるし、やりがいがあるだろ?

    松山:海外ではなかなかこういうのがないんで、すごく楽しくできています。もうちょっと良いプレーできればみんなに喜んでいただけると思うんですけど、残り1日それを目指して頑張りたいと思います。

  • 青木:ヒデのこれだけ一生懸命やっているのは、みんなに伝わっているから、後は爆発して60でもなんでもいいから目指していきなさい。それがお前の役目だ。やればできるよ。

    松山:はい。頑張ります。

と、青木さんの方が多く話しているインタビューでした(笑)。

Round4:10バーディ・2ボギーの64で通算18アンダーでフィニッシュ

最終日は山下和宏、岩田寛との組み合わせで1番ホールから午前8時にスタートしました。

その最終日のホールバイホールとプレーの内容は以下の表のとおりとなっています。

Dunlop Srixon2015_Matsuyama_R4_1

今日は10バーディ・2ボギーの64と8つスコアを伸ばして、通算18アンダーの暫定6位Tでホールアウトし、最終的には単独9位でのフィニッシュとなりました。

出だしの1番ホールでティーショットを左のラフ、セカンドもラフに入れてしまい、難しいアプローチを残すことになりましたが、後ボール半分転がれバーディという完璧なロブショットでパーセーブしスタートしました。

その後の2番パー3では1オンしたものの3パットのボギー、そして3番パー4ではパーンできずに2パットでボギーとし、一時は8アンダーまでスコアを落としました。

しかし、4番ホールから7番ホールにかけて4連続バーディ、そしてフロントナインの最後となる9番ホールでもバーディとして、3つスコアを伸ばしてハーフターンとなりました。

3日間トータルで3つしか伸ばせていないバックナインで、10番から12番までの3ホールは連続パーで再び停滞気味となったのですが、13番ホールから17番ホールまでの圧巻の5連続バーディを奪います。

18番のパー5では惜しくもバーディを逃して6連続バーディとコースレコードタイの63には到達できませんでしたが、公約通りのビックスコアで最終日を締めくくりました。

パーオン率は83.33%(15/18)、総パット数は24パット、パーオン時の平均パットは1.40と素晴らしい内容でした。

次戦のアメリカでのWGC-ブリヂストンインビテーショナルに良い流れをつくって、のぞむことができました。

2ボギーを叩いた後は、15ホールで10個のバーディを奪うという、世界ランクは伊達ではないこと、そして最終日に強さを発揮するサンデーヒデキを見せつけてのフィニッシュです。

ホールアウト後には、今日が一番体調が良かったということで、全英オープンが日曜日に終わっていれば、と思わせるような最終日の圧倒的なプレーでした。

以下はホールアウト後のインタビューです。

  • アナウンサー:今日多くのギャラリーが見つめる中、バーディを10個の奪いました。
    松山:今日ようやく、皆さんが盛り上がるようなゴルフが出来て良かったなと思います。
  • 青木:松山くん、4日間18番バーディがとれると思ったけど、今のアプローチはうまかったけど、パッティングはちょっと緩んじゃったか?
    松山:そうですね。少し。
  • 青木:4日間やって、帰ってきて「やった」という感じはする?
    松山:今日、一番体調が良くなってきて、ゴルフの状態も少し良くなってきたので、ようやくゴルフをしたな、という感じはします。
  • 青木:これだけのファンの中でプレーしたということが自信となると思うし、またアメリカに帰って頑張ってよ。いつも応援しているよ。
    松山:はい。ありがとうございます。
  • アナウンサー:4日間、松山選手の元には東北のギャラリーがを訪れました。東北のギャラリーには、4日間の松山選手の姿を通じで、どのようなことを感じてもらいたいですか。
    松山:正直、最終日しかあまり良いプレーが出来なかったので、皆さんがどう思って頂いているかわからないんですけど、今日来ていただいたギャラリーの方には楽しんでいただけたかなと思いますし、良かったかなと思います。
  • アナウンサー:テレビをご覧の方にもよろしくお願いします。
    松山:なかなかトップになることはなかったですが、見ていただくということはすごく嬉しいですし、これからも頑張りたいと思います。

スポンサードリンク

よく読まれています

61 Responses to “松山英樹は圧巻の最終日”64″で通算18アンダーでフィニッシュ!ダンロップスリクソン・福島オープン2015の全ラウンド結果速報”

  1. ケイ より:

    golfさん、リアルツイート有難うございます。こちらはネットしか情報なくてgolfさんが頼りでした。それにしても松山プロは流石です。疲れもあって本当ならフロントナインではカットライン上ながら1番のボギーでズルズルと行っても不思議ではないですが世界トッブランカーの実力を見せてくれました。パッティングはどうだったのでしょうか?全英と違いはあったのでしょうか?この辺が全然わからないんですよね。でも、2アンダー、十分射程距離ですよね。まあ、明日はさらなるチャージを見せてくれると確信しています。また、明日もよろしくお願いします。

    • golf より:

      ケイさん、ありがとうございます。
      前半はヒヤヒヤしましたが、さすが松山です。試合中の修正能力の高さと、集中力の高め方はピカイチでした。
      パッティングはパット数などを見る限り、そんなに悪くなかったと思います。明日、ショットが安定すれば、5アンダーとか6アンダーくらいは出せそうな気がしています。明日には首位と3打差くらいには詰めてくれるのではないかと期待しています。
      明日は日テレG+と日テレNEWS24で中継があるのでも、もう少し具体的なTweetができると思いますので、明日も色々と都合をつけておきます(笑)。

  2. ace より:

    golfさん、ツイートありがとうございました。
    本日は中継もないので、golfさんの実況頼みでした。
    本当に助かりました。ありがとうございます。

    エジンバラからフランクフルトまでプライベートジェットで時間を節約したとは言え、長い長いフライト+時差・・・本当に疲れているのだろうと前半のスコアが更新される毎に苦しい気持ちになりました。

    体調を崩してしまったらどうしよう 
      とか
    これがキッカケで悪いループに入ったらどうしよう
      とか
    ドキドキしていましたが、。。

    そんな心配は無用でしたね。さすがです。最後に調子が上がってきました。

    こんなに過酷な中、松山選手が頑張っているのですから、やはり土曜日は応援に行こうと思います。
    ギャラリーは予想通りすごいようなので、どこまで見られるかわかりませんが、福島まで来てくれた心意気に感謝してこようと思います。

    • golf より:

      aceさん、ありがとうございます。
      観戦行かれるんですね~。すごい人だかりで大変だと思いますが、ぜひ熱い応援をお願いします。
      練習ラウンドでは池やOBがあったと報道されていたので序盤の状況を見ていると、出ないほうが良かったのかなあと思ったりもしましたが、さすがでした。世界のトップランカーの修正能力を存分に発揮してくれました。
      全英オープンがマンデーフィニッシュになって、体調が悪いから出ないと言えば欠場もできるような状況でしたが、約束を果たすために出場してくれました。彼の心意気は一緒にいたギャラリーや福島の人々、東北の人々に十分に伝わったのではないかと思います。
      明日は中継があるので彼のプレーが多く見れると思いますので楽しみです。
      ぜひ観戦から戻られたら情報をよろしくお願いします。

  3. ケイ より:

    golfさん、今日も有難うございます。パーオンは高かったんですね、で、やっぱりパターが足を引っ張るほどではなかったみたいですが他が伸ばしていたので、ちよっとものたりなかったですね。(*^^*)
    庚泰なんか-7ですもんね。同じ位は行けたとは思いました。でも、やっぱり十分凄いです。このジワジワってのが上位選手にはブレッシャーになるのかも知れませんね。やっぱり来たか?って・・・(笑)
    早くPGAでもそんな風になって欲しいなぁって思いますね。いや、もうなってますかね。明日もよろしくです。

    • golf より:

      ケイさん、お疲れ様です。
      だいぶ松山らしさが戻ってきましたが、まだまだ本調子にはほど遠かったです。それでも上がり3ホールで伸ばし、5アンダーを出したところは、さすがでした。彼の名前がじわじわとリーダーボードを上がってくると、上位の選手は嫌だと思います。明日はさらにプレッシャーをかけてもらいたいです(笑)。

  4. ゆり より:

    golfさん、長い間お疲れ様でした。
    つぶやき、逃さない様にこの場を離れられなかった。
    「笑」。
    予選通過をして一先ずほっとしました。
    疲れてるでしょうに、身体に鞭打っての健気な
    松山君に、つぶやきを見ながら、想像し何だか
    ウルウルした2日間でした。

    18番のバ-ディ・素晴らしいバンカ-ショットを
    魅せた様ですねぇ。
    明日に繋がるバ-ディでした。
    「世界の英樹」を見た会場の方々は最高でしたねぇ。

    やっぱり、地上波放送するべきでしょう。
    東北に思いを寄せてる私達ファンの為にも・・

    あぁぁ~!見たかった!!「笑」。
    決勝戦のつぶやきも宜しくお願いします。
    暑いので、水分補給しながら頑張って頂きたいです。
    お疲れ様でした。

    • golf より:

      ゆりさん、お疲れ様です。
      温度差、湿度の違い、時差、長距離移動、限界の緊張感で戦うメジャーを5日間プレーという、大きな負担がある中でも、プレー中の雰囲気は普段通りでした。
      そしてインタビューの受け答えの際の表情も、そういうものを微塵も感じさせませんでした。
      その雰囲気を見ていて、彼がゴルファーとして、アスリートしてだけでなく、人間としても成長していることを感じることができました。
      本当に地上波で多くの人に見てもらいたいです。
      明日からの残り2日間もTwitter頑張ります。

  5. KENT より:

    golfさん、ツイートありがとうございました。16Hからテレビ観戦しましたが、セントアンドリュースから真夏の福島なので、時差と温度差で体調を崩さないかと心配です。
    大会ホストプロでもあり、気疲れもあると思いますが、2Rで現在のトップと4打差の位置は立派です。
    ラウンド終了後はマスコミの囲み取材を受けていましたし、本当に世界のトップゴルファーというのは、大変だと思いました。
    昨日は、ラウンド終了後にちびっこゴルファーとのトークもあったようですね。
    これから松山のプレーを見て、憧れてプロを目指していく子供たちも増えてくると思います。
    今大会は優勝できなくとも、タイトなスケジュールの中で大会に参加していることに意味があります。
    機会があれば、生で松山のプレーをみたいですね。

    • golf より:

      KENTさん、お疲れ様です。
      暑さと疲労の中でありながら、最後に伸ばすところに松山の心技体のタフさを感じました。

      松山英樹がアメリカでプレーする中で、人間としても一回りも二回りも大きくなっていることをインタビューから感じました。そしてこの記事で紹介されていた内容も素晴らしくて、とても感動しました。

      『松山、宮城から自費招待の親子の声援受け4差発進』

      宮城から呼んだ13人の子供とその保護者。「子供が好きだから」と大会ではなく松山の発案で費用を出し、バスをチャーターして招待した。子供の熱視線を「気づいてました。いいプレーをしないと、と思った」。その思いを体現するかのように、終盤4ホールで3バーディーを奪った。

       招待した中にはゴルフをしてない子もおり、ゴルフを知ってもらいたい思いもある。今大会への出場を決めた時から準備。ホールアウト後にはサインや握手、質問に応じるなど交流の場を独自に設けた。第2日には被災地を含む福島県内の子供約30人を招待する。東北福祉大の阿部靖彦監督(52)は「米ツアーでは当たり前のこと。そういうことも学んだのだと思う」と目を細めた。

      JGTO:松山英樹は初日2アンダー

      最後まで全力で戦う姿勢を、子どもたちにも見せられた。この日、大ギャラリーに紛れて、渾身のプレーを見守ったのは、東北の子どもたち。
      「ゴルフに興味を持ってもらい、僕のプレーに何か感じてくれるものがあれば」と、松山が招待した。
      この日、行われた「松山英樹ジュニア・インビテーション」は、松山の所属先であり、日本開業10周年を迎えるレクサスのサポートにより実現した。
      ホールアウトしてすぐに、小中学生20人の元に駆けつけ疲れもみせず、子どもたちと触れ合いの時間を持った。
      サインに応じたり、記念撮影をしたり、子どもたちからの一問一答で、和気藹々とした時間を過ごした。

      私も生で松山のプレーがみたいです。宮崎のダンロップフェニックストーナメントに出てくれたら見に行くつもりだったのですが、今年は微妙そうなので。コースで彼に声援をおくりたいです。

      本当によく頑張っていると思います。あと2日間体にを気をつけながら頑張って欲しいです。

  6. ゆり より:

    有り難うございます。
    ハ-ドなスケジュ-ルの中、被災地の子共達への
    熱い思いを寄せてのチャリティー。
    今後海外でも積極的に参加してくれると
    いいですねぇ。

    PGAツア-に参加してからの松山君、
    人としても大きく大きく成長してましたねぇ。
    嬉しい限りです「我が事の様に」笑。
    最初の印象と違ってちょっと、びっくりしたのが、
    正直な気持ちでした。

    現地は相当暑い様ですねぇ。
    体調にはくれぐれも気を付けて欲しいです。

    益々大ファンに・・

    有り難うございます。

  7. ゆり より:

    golfさん、最終日の放送時間帯「20時30~24時00」
    の下に地上波放送分あらかじめ含めております・・と
    書いて有るのですが、日テレでの放送なのでしょうか?
    だとしたら嬉しいです。
    日テレさんにお願いしたかいが有るのですが。

    • golf より:

      ゆりさん、ありがとうございます。
      テレビ放送についてですが、地上波とはFCT福島中央テレビのことだと思います。12:45~14:15(最大延長15:40まで)となっていて、この延長分もあらかじめて想定しているということではないかと。
      日本テレビの番組表を見ても日曜日のスケジュールに入っていないので、厳しそうですね・・・。本当に残念です。

  8. ace より:

    golfさん、お疲れ様です。
    本日もツイートありがとうございました。放送が始まるまでの状況が手に取るようにわかりました。
    ジワジワですが、スコアを伸ばし、優勝を狙える位置で終わってくれてホッとしています。
    今現在22Tまで落ちてきてしまっていますが、明日のスタート時間は何時頃でしょうね?
    東京から始発の新幹線を取りましたが、新白河着が7:43分、クラブバスの移動でゴルフ場に着くのは8時を回ると思うのです。練習から見たいと思っていますが、間に合うかどうか??
    暑そうですが、頑張って応援してきますね。
    また帰ってきましたら報告させて頂きます。

    • golf より:

      aceさん、ありがとうございます。
      返信時点で23位Tの順位となっていますが、早い時間帯にホールアウトしているので、後の組の方になると思います。なので、おそらくですが、練習にギリギリ間に合うのではないかと。平日の時点でも練習場もすごい人だかりのようですし、明日の土曜日はさらにすごくなるでしょうから、大変かと思いますが、応援よろしくお願いします。
      ぜひ、生の情報をよろしくお願いします(笑)。

  9. クロミツ より:

    本当に精一杯、東北に、子供達に誠意を尽くしている姿に打たれました。
    心技体すべてにおいて大きくなっていることを感じて嬉しくなりますね。親御さんはいかばかりでしょう。
    黙って黙々と練習し思考し、謙遜に先達に習う姿を子供達が感じとって習っていてくれたらいいなぁと思います。
    そして、golfさんの情報の出し方に、松山や石川に対する愛と、共に応援する私達への愛を感じています。いつも感謝しています。

    • golf より:

      クロミツさん、コメントありがとうございます。
      そう言っていただき大変恐縮です。そんなに大したものではないので・・・。
      アメリカで生活する中で、さらにたくましくなっていることを感じさせる松山です。プロゴルファーとして、1人の人間としてもさらなる成長が楽しみです。
      コツコツとやっていきますので、よろしくお願いします。

  10. ゆり より:

    そうですか・有り難うございます。
    残念です。

  11. かぐら より:

    初めてコメントいたします。
    いつもこのブログ見ています。
    何とか-10でホールアウトいたしました。
    青木さんとのインタビュー聞いて、ほんと一生懸命頑張ってるのがヒシヒシと感じましてウルウルしてしまいます。適当にやってるんじゃなくて、いつも優勝目指しやっているのが伝わってきました。頑張ってほしいです。

    松山選手に対する今日もひどい記事が出ていて、怒り心頭です。松山選手自身に伝わらないか心配です。ファンはちゃんとわかっていると思いますが・・・悲しいです。

    昔からゴルフは見てましたが、ゴルフのどこが面白いのか不思議でしたが、[ほんますごい選手がいるんや、松山君って言うねん」と教えられて、初めて見た全英6位になった試合。そこからファンになりました。日に日に対応等も大人になっている姿を見るにつけ、本当に頑張ってほしいと思うし、正当な評価してほしいと心から願うものです。

    • golf より:

      かぐらさん、コメントありがとうございます。
      彼は出る以上は言い訳はしないし、手を抜かないのが身上ですが、今回もそれがひしひしと伝わってくるプレーぶりだと私も思います。
      今朝の記事に関しては、あまりにも稚拙な論理構成で呆れてしまいました(笑)。おそらくあの媒体が松山のことを悪く書いていることは、本人も知っているのだと思います。
      取材もせずに憶測で相手を傷つける、貶めるようなことを散々書いた挙句に、取材拒否されたことに対して逆ギレをするという、ひどい内容でした。でも、あそこまで悪意が丸出しだと、全ての人ではなくても、多くの人が記事の内容に違和感を覚えるのではないかと思います。
      多くの人は彼のやっていることが素晴らしいことだとわかると思いますし、NHKなどでも慈善活動をやっていたことなどが映されたりしていましたので、時間が経てば経つほど、彼の人間性の素晴らしさが伝わってくると思います。
      重箱の隅をつつくような批判には目もくれずに世界の頂点を目指して頑張ってもらいたいです。言われもない批判や中傷は一流プレイヤーの誰しもが通ることなので、これを乗り越えて頑張ってもらいたいです。
      大なり小なり似たような経験があるはずの中嶋常幸さんは、今回出場しても、色々と言われるであろうことも予期していて、彼のことを考えてコメントしてくれていましたし、青木功さんもそうでした。彼は理解のある人々の支えがありますので、必ず乗り越えていってくれると思います。
      まだまだ正確に彼の凄さや素晴らしさは伝わっていませんが、以前よりはマシになったと思います。彼がメジャーを取るまで、世界の頂点に立つのを期待しながら応援し続けたいと思います。

  12. まり より:

    golfさん、早速の記事の更新ありがとうございます!!(沢山書きたいことがある(笑))
    まず、golfさんのTwitter。本当に助かりました! ありがとうございます!!(某大型掲示版でも「一番早い」って言われてましたよ)
    やはり疲れなのか、思ったほど伸ばすことはできませんでしたが、彼が抱える色々なハンディを考えると上出来なのかな? 青木さんが仰るように明日静電気が抜けてくれればサンデーヒデキが期待できるかも。
    で、その青木さんのインタビュー(というより会話?)スッゴクいいですね(笑)。なんか、松山選手の気持ちを代弁しつつ応援してくれてる感じがすごく伝わりました。
    今回のトーナメントの様子は、日テレとNHKのニュース位でしか見れてないのですか、それでも松山選手の東北に寄せる想いが伝わってきて胸が熱くなります。
    それにしてもギャラリーの数がスゴい!! 初日であっても「最終日?」って感じるほど大人数ですね。明日はどうなるんでしょう…。
    何気にテレビ見たり、golfさんのブログ拝見したりして応援してますけど、これって結構すごいことなんじゃないかとつくづく感じます。正直、ここまで世界で活躍してワクワクさせてくれる選手はいなかったから…。松山選手には、応援できる幸せと感謝の気持ちでいっぱいです。
    最後に、あの例の○ンダイの悪意に満ちた記事。久しぶりに受けました(笑)。(松山選手にキャディのこと聞いたら「あなたに関係ない」と返された) 「松山、グッジョブ!」って思いました。きっと、色々書かれていることを知って、このような対応をしたのでしょう。○ンダイは松山選手がマスコミ全体を敵に回してるみたいなこと書いてましたけど、自分とこを含めたゴシップ雑誌だけなのにね(笑)(勿論、そこんとこは○ンダイも分かってあのような記事を書いたんでしょう) 長文失礼しました!

    • golf より:

      まりさん、コメントありがとうございます。
      はじめはただ松山と青木さんのインタビューを見ていたんですが、その後文字に起こしてみたら青木さんがいっぱいしゃべっていたので、思わず笑ってしまいました(笑)。
      日本に帰国して出場すれば、心ない報道があることはある程度予期していたと思います。思慮深い人間なので、それくらいのことは想像できていたと思います。でも彼にとって最優先は東北の人に自分のプレーを見てもらって喜んでもらいたい、そして自分が青木さんを見てプロを目指したように、子どもたちに同じように感じてもらいたいということが大事であって、ああいう媒体の評価は彼にとっては些細なことではないかと思います。
      試合会場にきていた人々には松山の素晴らしさとひたむきさが伝わり、その人達が周囲にまた伝えてくれるのではないかと思います。本当は地上波で全国の人に見てもらいたかったですが、まずは東北、福島の人に自分の思いを伝えることが、ありきだと思いので、松山からするとそれすらも些細なことなのかもしれません。福島の地元の新聞の記事などでも、しっかりとチャリティなどについて報じられていますので、彼にとってはそれで十分かもしれません。
      重箱の隅をつつくようにして叩く媒体が出てくるのは一流プレイヤーの証(笑)でもありますので、笑い飛ばしながら頑張ってもらいたいです。

  13. ace より:

    golfさん、本日も実況お疲れさまでした。
    行ってきましたよ!白河まで。
    プレーの概要はゴルフさんがつぶさにされていたので、その他現地で観てきた印象などを簡単にご報告しますね。(少し長いのをお許しください)
    朝7時43分に新白河到着、クラブバスがすぐ来ていたのですが、乗り込む順番をめぐり、誘導が不十分だったため、文句を言う人が出たりとちょっとしたトラブルに。。やはり松山フィーバーに運営が追い付いていない印象です(^^;)
    10分ほどでゴルフ場についたのですぐ練習場へ。練習場はとても遠く、坂を下っていくため「これで松山選手いなかったら地獄かも・・」っと不安を抱きつつ到着したところ、、、いらっしゃいました。ものすごい人だかりです。だいたい4重位の列になっており、ぜーんぜん見えません(笑)それでも何とかみられる角度を見つけて昨年のドイツバンク以来、約1年ぶりの生松山選手にご対面。
    アメリカで観ているとそんなに感じませんが、日本のギャラリーや選手に混ざると「大きいなぁ~」と改めてその規格外の体格に感動。
    朝8時過ぎでしたが、もう暑いし蒸すしで松山選手も既に汗だくでした。私が観た時点からはミドルアイアンで2発、3Wで1発
    1Wも1発で練習終了。アイアンのターフ跡を見てもたくさん打っていた感じがないので今日は軽くといった感じだったのでしょうか?しきりに汗を拭いていたので「体調あまりよくないのかな?」っと心配になりました。
    急いで1番ホールに戻りましたが、もうギャラリーがすごくてどこに行けば見えるのか??という感じです。とりあえず2ndショットが見えるあたりで待機し、観戦をスタートしました。
    このコースはドッグレッグが多いのとアップダウンが激しいのでティーショットをみても着弾地点がわからなかったり、セカンドを見てもグリーンにのったのかが確認しずらかったり、中々のギャラリー泣かせなコースに感じました。見知らぬ福島のギャラリーの方々と「今の乗った?」なんて話をしながら観戦を続けました。松山選手は最初のホールからずっと氷嚢を首や頭にあてて歩いていて、かなり苦しそうに見えました。
    3番ホールでは飯田トレーナーを発見。このものすごギャラリーに交じっていつものようにリュックを背負いじっと松山選手を見守っていました。本当に頭が下がります。
    ギャラリーもさることながらカメラマンの多さもすざましく、15人近くが帯同している感じです。
    バーディーを取ったホールなどは次のホールに向かう間多くのギャラリーが「ナイスバーディー!」とか「頑張って~」とか声をかけるので松山選手はすこし照れくさそうにキャップに手をかけ挨拶してくれます。その姿に「かわいい~」なんて声もあがっていましたよ。
    体調が万全ではない中、福島のために懸命にプレーしている姿に感動しました。
    コースの状態も、雨の影響なのかぬかるんでいるところもあり、また途中横切ったフェアウェイでは足跡がつくんじゃないかというくらいの柔らかかったので、プレーも大変だったと思います。
    首位とはだいぶ離れてしまいましたが、明日の爆発を祈って引き続き応援をしたいと思います。
    以上とりとめなくて申し訳ありませんが、現場の声でした。

    • golf より:

      aceさん、炎天下の中の応援観戦と貴重な情報ありがとうございます。
      中継での姿を見ても大変そうでした。でも気合がみなぎっているのも伝わってきました。
      やはり生の観戦はいいですね~。私も何とか機会を見つけて行きたいです。
      後、貴重なコメントだったので、Twitterでも共有させていただきました。

  14. まり より:

    golfさん、すみません。
    この場をちょっとお借りしていいですか?

    aceさん、現地からのリポートありがとうございます!!
    他にも、ギャラリーの子供達にボールあげたり、試合後サインしたり…ホント気持ちが温かくなりますね。

  15. ゆり より:

    今日も有り難うございます。

    aceさん現地リポ-ト私も感謝します。
    蒸し暑さは身体にこたえ、辛い事と思います。
    他の現地の方のコメも、やはり目の周りが赤く汗が凄かったとありました。身体に熱がこもってるのでしょうねぇ。心配

    福島の方達の為、未来のちびっこゴルファーの為と
    自身に言い聞かせて遣っているのでしょう。
    本当に頭が下がる思いです。

    大先輩・・中嶋プロの温かい人柄の言葉、本当に可愛いがってくれてるんだなぁ~と嬉しいです。
    青木プロのインタビュー、青木プロらしい・・笑。
    「ヒデのこれだけ一生懸命やつてるのは、
    皆に伝わっているから・・・それがお前の役目だ、
    やればできるよ」・・
    青木さん、嬉しすぎです「涙」。

    最終日・先輩岩田選手との組み合わせにこれまた
    楽しみですし、仙台のファンの方達も楽しみでしょう

    精一杯最終日遣って欲しいです
    最終日も宜しくお願いします。
    有り難うございます。

    • golf より:

      ゆりさん、ありがとうございます。
      松山にはAONが健在のうちに、青木さんや中嶋さんがメジャーの現地に行ける間に、メジャータイトルをとってもらいたいです。それが一番の恩返しになると思います。頑張って欲しいです。

  16. ken より:

    初めてコメントします。
    今朝のゲ◯ダイの松山選手に対する誹謗中傷記事に対するコメントをgolfさん風にまとめてみました。

    ・ゲ◯ダイの記事を批判(331/367:90.2%)
    ・ゲ◯ダイの記事に同意 (25/367: 6.8%)
    ・どちらとも言えないコメ   (4/367: 1.1%)
    ・関係のないコメント     (7/367: 1.9%)

    ・ゲ◯ダイの記事を批判するコメントに対して
      そう思う    :90.6%
      そう思わない: 9.4%
    ・ゲ◯ダイの記事に同意するコメントに対して
      そう思う    : 8.7%
      そう思わない:91.3%

    という極めて常識的な結果からして、このような記事は無視するに限ります。
    福島オープンの結果如何にかかわらず、今後とも松山選手を心から応援します。
    併せて、golfさんの詳細なデータに基づく沈着冷静な記事を引き続き大いに期待する次第です。

    • golf より:

      kenさん、コメントならびに集計の結果ありがとうございます。
      彼が伝えたいと願っていた東北の人々への思いは十分に伝わっているのではないかと思います。よくわからない批判をしている人よりも、具体的な行動で思いを示してくれる人のほうが、震災で苦しんだ人々にとっては嬉しいのではないかと思います。
      彼の人間性や実力は本物ですが、23歳ということもあり、まだ成長途上だと思います。もう数年もすれば有無を言わせない結果を残し、人間的にもさらに成長すると思いますので、地道に応援していきたいと思います。ありがとうございます。

  17. きりちゃん より:

    golfさん
    日本の三流マスコミ記事をネットで拝見して、声を大にして恥を知れ!と言いたい。世界で戦う若者を、中傷するな!若者を中傷して飯を食って恥ずかしくないのか!
    こんな低俗な週刊誌なんか相手する必要ないよ。
    松山選手の東北に対する思いは、2011年のマスターズでパトロンでの前のスピーチで一目瞭然だよ。おっさんの私は鳥肌立ったよ。東北に対する感謝と必ず復興するという強い決意に、マスターズの大勢のパトロンは、スタンディングオーベーションで拍手で応援していたよ。
    私は、世界に挑戦する若者を100パーセント支持です。

    • golf より:

      きりちゃんさん、コメントありがとうございます。
      あの媒体は高校野球の選手を捕まえて大した選手ではないと批評したり、基本的にアスリートや人に対するリスペクトがないです。
      今までのもの酷かったですが、今回は特に記者の感情丸出しで呆れ返ってしまいました。
      たぶん、あの媒体がこういう記事を書くのをやめることはないと思うので、松山には相手にせず、頑張ってやってもらいたいです。
      時差ボケがあると太陽に当たるだけでもキツイときもあります。しかも真冬のような天候から真夏の炎天下への気温の変化まであれば、体の調子が自然におかしくなります。それでも震災復興のために頑張る若い選手を叩く意味がわかりません。
      松山には、相手にすることになく、世界の頂点目指して頑張ってもらいたいです。

  18. ゆり より:

    「花は花は花は咲く」・・松山君、本当に本当に
    お疲れ様でした。
    暑い「熱い」福島に感動を与え、きっとこの暑さを
    乗り切って明日からの力に変えて頑張ってくれる事と
    信じます。
    松山君に心から感謝をし本当にお疲れ様と
    伝えたいです。
    「サンディ-ヒデキ」連続バ-ディ「-18」遣って
    くれました。
    ゆっくりと心身共に休息し、次の「WGCブリジストン招待」には、元気な姿の松山君が居ます事
    心から願ってます。

    golfさん・・
    四日間、リアルタイムのツイ-ト本当にお疲れ様でした。
    目に浮かぶ解かりやすい解説に本当に感動し、
    一喜一憂しながらドキドキの応援でした「涙」。
    まだこの感動でドキドキしてますよ「笑」。
    「18番ホ-ル凄いギャラリ-です」。の
    ツイ-トに手が震えてます。涙が出てます。
    本当にお疲れ様でした。
    有り難うございました。

    東北ファイト~!!

    結局は放送、余り映らなかった~という
    事ですかぁ~!うわぁぁ!

    • golf より:

      ゆりさん、コメントありがとうございます。
      最終日、最終組であればもっと映っていたんですが、体調が良くなかったので、仕方ないと思います。
      今日は一番体調が良かったとは言っていましたが、万全だったとは言っていませんので、その状態でこのスコアを出した精神力には感服するしかありません。東北の人には彼の思いが伝わったと思います。そして彼は人の思いを力に変えることができ、応援してくれる人のためにプレーし結果を出せる、稀有な存在だと思います。
      あらためて凄い男だと思いました。

  19. にゃんまる より:

    >>kenさん

    ヤフコメ、間違ってそう思わないを押してしまうこともよくありますし、実際松山支持率は95%を超えるでしょう。

    ただ、あの釣り記事に釣られてクリックした時点でゲンダイの勝ちですからね。

    掲示板の荒らし同様、完全スルーが正解です。

    それにしてもあんなクズっカスに仕事があるのが未だに信じられないですね笑

  20. かぐら より:

    最後バーディー取って欲しかったですが、ほんと体調悪い中、頑張ってプレーしました。さすがです。凄いものを見せてもらいました。あの2ボギーがなければと思いますが・・・
    でも有言実行したことにやっぱりさすがだと思います。
    最後まで決してあきらめず、やりぬく姿は魅了されます。
    青木さんの「いつも応援してるよ!!」の言葉にレジェンド達に愛されてるなと感じます。

    私は、小さい時から父の影響でゴルフを見ていました。年齢がばれてしまいそうですが、AONは見ていました。チャンネル権がなかっただけですがね。その後も何気に見てましたが、心に止まるものなく。

    ただ、全英で6位になった時の松山君を見て、おぉぉぉぉぉって叫びたくなるようなプレーを見せてくれファンになりました。
    凄く魅了されました。
    賞金王になったカシオオープン見に行きましたが、また関西圏から行ける範囲で出場してくれたら見に行きたいですね。

    これからも こちらのブログを拝見しながら、松山選手を応援していきたいと思います。
    松山君サイコー!!

    • golf より:

      かぐらさん、コメントありがとうございます。
      青木さんのコメントいいですよね。松山にとっても力になり、支えになっているのではないかと思います。
      松山は本当に期待を裏切らない男だと思います。体調が悪かろうが、疲れがあろうが、ここ一番での圧倒的な集中力を発揮できるのは彼の強みの1つだと思います。
      日本では報道してくれませんが(笑)、元世界ランク1位のアダム・スコットが「ヒデキの集中力はタイガー・ウッズ以来のもの」と評するほどですから。
      実際に観戦していたギャラリーが心の底からうらやましいです。
      私は松山が今年は難しければ、来年でもいいので生で観戦したいので、ダンロップフェニックストーナメントで出てくれることを願っています。本当に凄いプレイヤーです。

  21. まり より:

    golfさん、早速の記事の更新ありがとうございます!!
    Twitter情報も、ありがとうございました。
    そして…4日間本当にお疲れ様でした。
    とうとう終わっちゃいましたね(笑)。
    それにしても、ホールバイホールが凄いことに!!
    色々な悪条件の中、ここまで伸ばすとは、流石世界の松山!!
    「日本の宝」です。

    • golf より:

      まりさん、ありがとうございます。
      一番体調が良かったと言っているだけで、完全に良くなったとは言っていません。それでもこのスコアですから、後1日、日本に早く帰ってきていたら、他を突き放しての優勝だったかもしれません。
      不利な条件しかない中で、圧倒的なパフォーマンスを発揮したことで、さらに彼の実力が際立ったように思います。
      私も「日本の宝」だと思います。WGC-ブリヂストンインビテーショナルが楽しみです。

  22. kan より:

    golfさん

    早速にありがとうございます。
    いやー、さすが松山選手。素晴らしかったですね。
    普通、先にボギーが二つ来たら、こうはならないでしょう。
    東北の方々に喜んでもらいたい気落ち、技術、精神力、
    世界トップレベルの姿を、まざまざと見せてもらえました。
    タラればはないですが、ボギー二つがなくて、最終ホールがバーディだったら、昨日のインタヴューで言っていた61。
    松山選手としては、キチンと目算があったのでしょうね。
    すごい。本当のプロですね。
    これから、ますます楽しみです。
    引き続き、よろしくお願いします。

    • golf より:

      kanさん、ありがとうございます。
      ボギーが2つ先行した時は、正直いって、半分あきらめました。でも彼はいつもそうなんですが、こちらが難しいな~、無理だな~、と思ったところから伸ばしてくるので、本当に目が離せません。
      体調が悪くて、このスコアです。万全だったら、一体どのくらいのスコアを出すのでしょうか(笑)。しかもエースキャディ不在で、バックを担ぐこと以外は、ほぼ自分一人でやりながら(笑)。もう桁違いというしかありません。世界ランク15位、そしてアメリカのファンもアナリストも魅了する、その実力を発揮してくれました。さすが松山英樹です。
      次はWGC-ブリヂストンインビテーショナルです。もう2週間後が待ち遠しいです(笑)。

  23. ケイ より:

    golfさん、リアルツイート、そしてブログ更新、本当にお疲れ様でした。いつも感謝しか出来ませんが有難うございました。昨日は所用でコメント出来ませんでしたが多くの方が素晴らしいコメントしてくれてまして、それを拝見するだけで心が晴れました。特に現地レポートを下さったaceさんはじめ常連の方、初めてお見かけする方のコメントで松山プロに対する熱い思いがこみ上げて来ました。私が言うのも変ですが感謝しかありません。今日も沢山のコメントを拝見し、内容については毎度の事ですが凄いしか言葉がありません。日本の誹謗中傷記事には、言葉が悪いですがクソクラエです。松山プロには今後も勝利を重ねて誹謗中傷記事をねじ伏せてもらいたいです。しかし、本当に立派になりましたね。インタビューにもしっかりと答えていてますます期待が持てるようにはりました。これから2週間のオープンウィークになりますが、しっかりとコンディションを整えてWGCではやってくれるんじゃないかと期待しています。ところで、また、golfさんにはお手数かける事になるかも知れませんが、海外メディアは今回の福島のプレーをどう評価するのか、非常に興味があります。是非、ご紹介頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

    • golf より:

      ケイさん、ありがとうございます。
      基本的に自分が楽しみたいのと、観戦にはいけないものの松山の心意気に応えたい思いでやらせていただきました。来年、同様に参戦することがあれば、ぜひ地上波で放送願いたいです。
      一番は、松山自身が心ない報道を気にしないことだと思うのですが、彼のチームは一体感がありますし、先輩方もしっかりサポートしてくれているので、世界の頂点に向けて邁進してくれるのではないかと思います。
      良いイメージで最終日を終えることができたと思うので、これがWGCにつながるのではないかと思います。間が空きますが、しっかりと準備していきたいと思います(笑)。

  24. ACE より:

    golfさん、4日間手に汗握る実況本当にありがとうございました。
    また、まりさん、ゆりさん、昨日の私のつたない報告にコメントありがとうございます。

    サンデー英樹、来ましたね~。もう鳥肌立ちました。
    これだけの酷条件の中、徐々に調子を上げられる能力、本当にすごいです。福島の方々も、世界の松山を堪能したと思います。
    WGCますます楽しみになりましたね。疲れを残さないよう充分休んで臨んでもらいたいと思います。

    • golf より:

      ACEさん、現地レポートを含めて、本当にありがとうございます。
      本調子でないにもかかわらず、このパフォーマンス。世界ランク15位の実力を証明してくれました。4連続バーディに、5連続バーディ。ゾーンに入った時の集中力と爆発力はさすがでした。
      WGC-ブリヂストンインビテーショナル、全米プロゴルフ選手権とビックトーナメントが2週連続となりますので、まずはしっかりと休養してもらいたいです。

  25. yun より:

    golfさん、はじめまして。
    いつもブログを拝見させていただいています。
    ありがとうございますm(__)m

    全英オープンで松山プロの初メジャー優勝姿をどうしても見たくて、スカパー2週間無料視聴を申し込みました。
    おかげで今回の試合もテレビ中継を見ることができ、思わぬ誤算に大喜びいたしました。

    さて、松山プロ、
    猛暑の中、また時差と疲れと虫刺され(笑)でつらかったと思いますが、
    本当にがんばってくれましたね!!

    連日、スタート直前には時間が許す限りボールにサインをし、
    子どもたちにさりげなくプレゼント。

    試合後にはゆっくりする間もなく、メディアへの対応、
    そしていつ終わるとも知れないくらい並ばれたギャラリーの皆さんへのサインと握手・・・
    嫌な顔ひとつせずに対応されている23歳の若者が映るたびに、
    どうか無理をしないで・・・と、涙が出そうになりました。

    人間的にも素晴らしいこの「日本の宝」がメジャー優勝を遂げるその日まで、
    (松山プロにとってはメジャー優勝も通過点に過ぎませんが・・)
    ここに来られてる皆さまと一緒に見守り応援し続けたいと思います。

    ・・・・この感動と感謝の想いをどうしても誰かに伝えたくて長々と失礼いたしました。
    golfさん、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

    • golf より:

      yunさん、コメントありがとうございます。
      ブログを楽しんでいただけているのであれば、何よりです。
      彼の子ども好きなところがあふれている大会で、あらたな彼の魅力と、人間性の素晴らしさにも触れることができた良い機会だったように思います。
      虫さされ辛そうでしたね(笑)。ただでさえ体調がキツイときに、そんなことがあれば、やる気も失いそうなものですが、そんなことは微塵も感じさせない、素晴らしいプレーぶりでした。
      日本人でありながら「メジャー4つを全部勝ちたい」と話すことに違和感を感じさせない貴重な存在だと思います。実際に海外のメディアでも複数のメジャーをとれる選手だという評価をしている記事もあります。本当に「日本の宝」です。
      コツコツと更新を続けていきますので、私の方こそよろしくお願い致します。

  26. みち より:

    golfさん、最終日の松山Pを応援してきました\(^o^)/

    ほとんど風のない暑い中、彼は堂々とプレイしていましたよ。
    結果は既にまとめて頂いているので、会場での様子や感じた事を報告します。
    少し長いのですが…

    私は7時半頃に会場に着きました。
    埼玉の自宅を4時半に出発して、指定駐車場から送迎バスに乗り換えましたが、7時15分には既に広い広い駐車場は半分くらい埋まっていました;^_^A
    高速道路を走っていても湘南ナンバーや名古屋ナンバー、愛媛ナンバーなんて車もいて流石に焦りました。

    ドライビングレンジに先に行ったら、残念ながら松山Pはいませんでしたが、岩田Pや丸山大輔Pが練習していたので少し見学。
    その後、パット練習場にまわったらお目当の松山Pを発見!
    阿部監督や飯田トレーナーに見守られながらリラックスしているように思いました。
    テレビ画面で見るより引き締まって痩せて見えましたが、オーラを放っていましたよ。

    夫が数組後の「今平Pのティーショットを見てから動きたい」と言うので、私が松山Pに追いついたのは4番ホールの真ん中くらいで、既に彼等はグリーン上でした。
    仕方ないので近くの5番ホールのセカンド地点から観戦!
    ご存知のように4番ホールから松山Pはバーディラッシュ!
    夫に付き合わず1番ホールから付いて歩いていたら、二つのボギーはなかったかもと後悔しました;^_^A

    この組だけに大勢のギャラリーが付いていましたが、松山Pがアドレスに入るとシーンとなり聞こえるのは鳥の声だけ。
    この静寂は、彼のプレーの全てを見逃さないぞ!と皆が思っているかのようでした。
    私はゴルフの生観戦は3回目で比較対象が少ないのですが。
    石川遼Pが絶頂期だった日本オープンの時は、私自身がゴルフの内容よりテレビで見たことのあるプロたちを見て楽しんでいた気がします。

    ただ、松山Pのプレーが終わるとギャラリーが動き出すので、同伴選手は大変だなぁと少し残念でした。

    17番のパー3の時、私たちはティーショットの方には近づけず、先にグリーンの近くに行きました。
    途中にトイレがあったので用をたし、出たら「はい!選手が通ります」と誘導の人が来て、なんと松山Pが先頭を一人で歩いて来るではありませんか。
    規制しているので周りには誰もいなおので、思わず「頑張って」と声をかけるとサングラスをはずして少し笑顔(になろうとした?)ように思えました。夫もそう言ってました。
    大勢のギャラリーの声援には落ち着いて応えていましたが、たぶん、一人しかいないファンに声かけられて戸惑ったんだと思います。
    その直後は勿論バーディ!
    本当に良い性格の青年なんだと感じました。

    ホールアウトしてからも、沢山のファンにサインしていました。
    疲れているから我慢しようと思いましたが、つい列に並ぼうとすると係員が「申し訳ありませんがここまでにさせて下さい」と言うので、サインをしてる姿だけ拝見して涙が出そうになりました。
    本当に暑い中、4日間を戦い抜き、連日ファンサービスにも努める。
    しかも、最終日にはきちんと結果も残して見せる彼のプロ根性に感動したのです。

    ありがとう!と言えば良かったなぁ。
    本当に感謝です。

    取り留めなく長くなって済みませんでしたm(_ _)m
    でも、このブログの中で報告したかったんです。

    これからもずっと、宜しくお願いしますm(_ _)m

    • golf より:

      みちさんも、観戦にいかれていたんですね!現地の情報をありがとうございます。
      良いですね~。今日のあのバーディラッシュを生で観戦されていたとは、羨ましい限りです(笑)。みんなに良いプレーを見せて喜んでもらいたい、楽しんでもらいたい、という彼の思いが最終日に実って、本当に良かったです。彼も日本に帰ってきて良かったと感じれたのではないかと思います。
      中継の画面からも、23歳の彼から風格というか、貫禄というものを感じさせるようになり、急速に成長していること感じますが、生で接すると尚更ではないかと思います。
      テレビで見ても、松山の組は大ギャラリーだったので移動も大変だったと思います。その暑い中声援と応援をありがとうございます。
      私も次の機会があれば行けるように準備しておきたいと思います。
      現地からの生の情報ありがとうございました。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

  27. KENT より:

    golfさん 連日のツイートありがとうございました。TV中継では、さすがに松山だけのプレーを中継する訳ではありませんから、golfさんにはいつもながら、感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。
    私の楽しみとして、松山を応援する皆様とgolfさんのやり取りがあります。
    グランディー白河へ観戦されたaceさんの現地報告には、状況がよくわかり楽しい内容でした。
    また皆様のコメントに対して、golfさんは、必ず返信をされていますが、これもなかなか出来る事ではないです。
    golfさんの姿勢も、松山同様にぶれていないと感心しています。

    今回の福島オープンの参加によって、彼の想いが東北 福島の皆さんに伝わると思います。
    今回は優勝出来ませんでしたが、最後まで自分が出来る精一杯のプレーをしてくれたので、多くの日本のゴルフファンに夢と感動を与えてくれたと思います。
    少しの休養で、WGC-ブリヂストンインビテーショナル、全米プロと試合が続きますので、PGAでの活躍に期待したいと思います。
    今回も、golfさんと松山応援団の皆様に感謝です。ありがとうございました。

    • golf より:

      KENTさん、コメントありがとうございます。
      自分が楽しんでいることではあるのですが、皆さんからコメントいただいたりすることで、励みになっていまし、ブログの記事のインスピレーションが湧くときもありますので、とてもありがたく思っています。いろいろな方の視点でコメントいただくことで、私自身も知識が深まり、視野が広くなるので、感謝しています。
      松山の思いは確実に福島、東北の人に伝わったのではないかと思います。ホールアウトした際には、ギャラリーから「ありがとう」との声が出ていたことから見ても、そうではないかと考えています。
      これからビックトーナメントが続く重要な時期にあえて、強行スケジュールで日本に戻ってプレーしてくれた松山には感謝の思いしかありません。
      松山のこの心意気が、さらなる飛躍と実績につながるように微力ながら応援を続けて行きたいと思います。

  28. まり より:

    golfさん、すみません。
    また、この場をお借りしてもよろしいですか?

    みちさん、現地リポありがとうございました!
    その他大勢のなかではなく、単独で声をかけられたんですね!
    なんて羨ましい…(笑)。
    これからも「日本の宝」松山選手を応援しましょうね!!

  29. 希望 より:

    golfさん ずっとブログを拝見して来ましたがとうとう参加させて頂きます。皆様の松山選手に掛ける思いが共有できて毎日楽しみに読ませていただいています。私は初日に観戦しました。どうしても生松山が見たくて夫と出かけました。暑いし人がいっぱいで移動するのも大変でした。私達は70歳を超えています。ハ-フをまわってギブアップでした。私は松山選手の試合では見られない子供のような笑顔や雰囲気を感じてきました。阿部監督や飯田トレ-ナ-がいつも見守っています。松山選手を本当に大切にしているし愛情がたっぷり感じられます。彼は良い大人達に恵まれていると感じました。もちろん松山選手の人柄がそうさせるのでしょうね。世界の松山になってもお茶目で本当に試合中とは別人です。私達が元気なうちに是非メジャ-で優勝してほしいです。またアメリカに行ってしまうのは寂しいですが活躍を楽しみにします。golfさんの冷静で的確な情報いつもいつも有難うございます。今後も楽しみに拝見させて頂きます。

    • golf より:

      希望さん、コメントありがとうございます。そしてブログを見てくださり、ありがとうございます。
      炎天下の中の観戦と応援ありがとうございます。貴重な機会なのでうらやましい限りです(笑)。
      彼の笑顔は、小さい子供のような無邪気さがありますよね(笑)。そして彼は身近にいる人との関係をとても大切にしているようで、それがチーム松山の結束力の強さになっているような気がします。彼の人柄があってこそのチームワークだと思います。彼はプレーで人の心を動かせる、感動させることができる選手だと思います。アメリカのライターが、「彼はクラブに話をさせるのが好きだ」と表現していましたが、それが非常に的を得ているように思います。また、そのことはアメリカの人も松山のプレーから、目には見えない何かを感じている証でもあると思います。
      松山が世界の頂点をとるために邁進していますので、それをわずかながらでも応援できるように更新を継続していきますので、今後共よろしくお願い致します。

  30. みち より:

    golfさん、調子にのってもう少し自慢(笑)させて下さい。

    初日、2日目辺りは雨の影響もあり湿気が凄く蒸し暑くて観戦するのも大変だったと思います。
    時差に加えて気候の激変は、どんなに凄いプレイヤーでも対応するのは難しいでしょう。
    たぶん、青木さんの仰るとおり今日はやっとコンディションが上向きになり、天候も水たまりや泥々の場所もありましたが湿気は4日間で一番低かったのではないかと思います。

    松山Pは何時も3人の中で一番前を歩いていました。
    気合が入ってるのが分かりましたし、良いショットはプレイする瞬間だけが大切な訳じゃないんだなと観戦して思いました。

    実は前半のたぶん6番ホール(記憶が曖昧ですが)で、ティーショットの後、松山Pがトイレに入ったんです。
    私は偶然、側に行けなくて後ろの方にいたら、50cmくらいの目の前を彼が通ったんですよ。
    私も含め建物の周りにいた人たちは、出てくるのではと期待していたら、実は通り抜け出来る構造になっていて、皆が気づいた時には松山Pはセカンドショット辺りを歩いていました。
    これも楽しい思い出になりました。

    golfさんの仰るとおり、彼を大事にする大人たちの言動や行動を見るにつけ、彼が人格的にも素晴らしいアスリートであると確信します。
    生観戦して更にその思いは強くなりました。

    golfさんのおかげで、同じように彼を応援している皆さんのご意見も伺えて楽しさ倍増です。

    しつこいですが、今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

    生観戦した余韻で興奮状態が続いているので、何度もごめんなさい。

    • golf より:

      みちさん、ありがとうございます。
      とても貴重な体験なので、共有していただけると、とてもありがたいです。
      あのバーディラッシュに加えて、間近で松山を見れば、興奮状態になるのは、やむを得ないと思います(笑)。
      ぜひ、今後もよろしくお願い致します。

  31. 希望 より:

    うっかり本名でメ-ルしてしまいました(笑)出来れば名前を変更するか、書いたメ-ルの削除をお願いします。

  32. 希望 より:

    早速対処して下さり有難うございます。みちさんの興奮分かります。松山選手のショットの時のシャフトが風を切る音びよよよ~ん
    って空気が振動するんです。凄い音です。もう一つの感動もお知らせします。それは移動中の時観客は選手が移動するのに合わせてストップさせられます。誘導員の方が「選手が通りますので止まって下さい」と叫んだ途端、松山選手は小走りに通り抜けました。観客を待たせる事への彼の気遣いが自然に出た行動で本当に大好きになってしまいました。これからも皆様と一緒に応援楽しみにしていきます。golfさん宜しくお願いします。

    • golf より:

      希望さん、ありがとうございます。
      私は彼のアイアンショットの音を生で聞いてみたいです。テレビ中継で見ていても、彼のアイアンのインパクトの音は、世界のトップランカーたちのものと変わらないもので、聞いていて何とも心地が良いです。
      私も次回は生で見れるように準備したいと思います。
      本当に彼は言葉よりも、行動で表現したい、伝えたいという思いが強いのだと思います。本当に彼には頑張ってもらいたいですし、応援を続けたいと思います。
      希望さん、こちらこそよろしくお願いします。

  33. hasyfeb より:

    はじめまして。いつも楽しくブログ読ませていただいております。

    今回東京からですと新幹線で1時間半ほどで到着するという距離もあって、この機会を逃したらいつ見られるかわからないと思い、なんとか宿を福島県内で取って4日間松山英樹のプレーを堪能してくることができました。
    松山くんはPGAやヨーロピアンツアーといった海外男子ゴルフをTV観戦するのが好きである私にとってはプレーを生で見たいと思わせてくれた初めての日本人選手です。
    今回松山くんの組にずっと付いて周り、様々な高い技術のショットを見ることができ、またラウンド前やラウンド中の表情、そしてファンへの優しく真摯な対応などを見て、ますます彼を応援していこうと思いました。
    日程的・体力的・気候的にも厳しい中、最終日にはまさにサンデーヒデキを体現してくれ、本当にありがとうと言う気持ちでいっぱいになりました。
    彼も「プレーしていただけなのにありがとうといってもらえて嬉しかった」と取材で答えていましたから、福島での4日間がこの先のPGAでの厳しい日々の心の支えになってくれればいいな、などと思ったりしています。

    golfさんの数字という客観的な視点からの解説、とても面白く、またとてもためになっています。
    私は英語が苦手なので英語の記事を翻訳していただいているのもすごく助かっております。
    これからプレーオフシリーズ最終戦まで大きめの試合が続くので大変かと思われますが更新頑張ってください。
    はじめてのコメントにかかわらず長文になり失礼いたしました。

    • golf より:

      hasyfebさん、ありがとうございます。
      4日間ともに生で観戦していらっしゃんたんですね!!世界のトップ15の選手が日本に来ることは、年に数回しかなく、しかもそれが日本人プレイヤーというのは、非常に貴重な機会ですよね。本当にうらやましいです。
      今回、福島で多くのギャラリーがついて、声援をおくってくれたことは、彼が海外で戦っているときの心の支えになるのではないかと思います。
      基本的にアメリカではアウェーとなりますが、日本で早朝、深夜から応援してくれている人がいることを、彼が生で感じれる機会にもなったと思います。
      彼は人の思いを力に変えることができるプレイヤーなので、より一層、アメリカで勝ちたい、日本に良いニュースを届けたいと、頑張ってくれるのではないかと思います。
      これからのビックトーナメントやプレーオフシリーズでも、優勝候補の1人して名前があがることも多いと思うので、英語の記事もたびたび出てくると思います。紹介できるように準備しておきます。
      貴重な情報をありがとうございます。
      私の記事が基本的に長文で、長すぎるかなといつも心配しているのですが、コメントしてくださる方がいるので、読んでもらえているのだなと安心しています(笑)。コメントは長短にかかわらず、ありがたいことなので、気が向いた時には、またコメントいただけると嬉しいです。
      これからも、よろしくお願い致します。

このページの先頭へ