松山英樹が世界のトップ5プレイヤーに選ばれる!全米オープン2015終了後に米ゴルフチャンネルで高評価

全米オープンゴルフ2015では、多くのメディアで注目選手、優勝候補として名前があがることが多かった松山英樹でしたが、結果は18位タイとなりました。

これまでの日本人プレーヤーの実績を考えれば、十分に素晴らしい結果であるのですが、それは世界レベルにおいても素晴らしいと評価される成績です。

その松山英樹に対する評価は非常に高く、全米オープン直後に放送されたアメリカのゴルフチャンネルの番組であるゴルフセントラルのコーナーでは、松山英樹が世界のトップ5に選ばれています。(kanさん情報ありがとうございます。)

スポンサードリンク

松山英樹が全米オープン終了直後に世界のトップ5プレーヤーに選ばれる

ゴルフセントラルの6月23日分において、解説者・アナリストであるトリップ・アイゼンハワー(Tripp Isenhour)が、世界ランキングとは別に、現時点での世界のトップ5を選ぶというコーナーで松山英樹をその1人として選出しています。

そのアイゼンハワーによるトップ5とは以下のとおりです。カッコ内は世界ランキングです。

  1. ジョーダン・スピース(2位)
  2. ローリー・マキロイ(1位)
  3. ダスティン・ジョンソン(3位)
  4. 松山 英樹(14位)
  5. ルイ・ウーストヘイゼン(16位)

1位にはメジャー2連勝を飾ったジョーダン・スピース、2位には最終日に66を叩き出し9位タイに食い込んだローリー・マキロイ、3位には惜しくもプレーオフを逃したダスティン・ジョンソン、5位には初日77の後、66-66-67というスコアで2位タイとなったルイ・ウーストヘイゼンが選ばれています。

それらの全米オープンでの好成績をおさめた選手の中に混じって松山英樹が「アイゼンハワーが選ぶ世界のトップ5」に選ばれています。

アイゼンハワーは「全米オープンでは本領を発揮できませんでしたが、PGAツアーで今シーズン、トップ10を8回記録。その数はジョーダン・スピースに次いで2位です。英樹は主なデータを総合したオールアラウンド・ランキングで4位、ボールストライキングに関する様々なデータで上位につけていますから、全英オープンに向けて不安な要素はありません。」と話し、松山を選出しています。

オールアラウンド・ランキングとは平均スコア、パッティング、イーグル、バーディ、サンドセーブ率、パーオン率、ドライビングディスタンス、フェアウェイキープ率のそれぞれのランキングを足して、合計の数字が少ない選手が上位にランクされるのですが、松山英樹は4位にランクされています。

つまりプレーの総合力において松山英樹はPGAツアーで5本の指に入っていることになります。

ボールストライキングとはトータルドライビング(ドライビングディスタンス+フェアウェイキープ率)、パーオン率を総合したスタッツです。

松山英樹はドライビングディスタンスが295.6ヤードで35位、フェアウェイキープ率が66.59%で39位のため、トータルドライビングではそれぞれの順位を足した「74」という数字になるのですが、これがPGAツアー全体で3位となっています。

つまり曲がらずに距離も出せるというティーショットの総合力でトップ3に入っているということです。

そしてパーオン率が70.46%で7位となっていますので、ボールストライキングのスタッツではパーオン率とトータルドライビングの順位を合計して「10」となるのですが、これがPGAツアー全体で2位となっています。

これらの全体的な安定感を根拠として、アイゼンハワーは松山をトップ5の一人として選んだということです。

松山英樹の2015年前半の成績で見る凄さ

アイゼンハワーが述べたスタッツ以外でも、ストロークゲイン・ティー・トゥ・グリーン(ショットのスコアへの貢献度)は+1.751でPGAツアー全体2位、ストロークゲイン・トータルが+1.686で5位、平均スコアが70.018で11位、パーオンできなかった時にパー以上でホールを終えた確率を示すスクランブリング率が64.89%で10位となっています。

ストロークゲイン・パッティングが120位とパッティングに弱さはあるものの、圧倒的なショット力でカバーし、PGAツアー屈指の安定感を発揮している松山英樹です。

そのため現在、9戦連続の予選通過を果たしているのですが、この数字は現在のPGAツアーで5番目に長いものとなっています。

しかも、松山英樹の9戦連続で予選通過するだけでなく、すべてトップ25フィニッシュです。その9戦の結果は以下のとおりとなっています。

Tournaments Results
ノーザントラストオープン 4位T
WGC-キャデラックチャンピオンシップ 23位T
アーノルドパーマー招待 21位T
マスターズトーナメント 5位
WGC-キャデラックマッチプレー 9位T
ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ 17位T
ウェールズファーゴ・チャンピオンシップ 20位T
ザ・メモリアル・トーナメント 5位T
全米オープンゴルフ 18位T

この9戦のうちノーザントラストとウェールズファーゴを除く7戦はシード権を持っているだけでは出場できない、出場資格の厳しいエリートフィールドです。

これらのトーナメントは出場するのも簡単ではないのですが、そのエリートフィールドばかりの出場で9戦連続トップ25、6戦連続トップ20をやり遂げています。

そしてこの9戦のフィールドの強さは全米オープン終了時点で、世界中の全ツアーの中では以下のようにランクされています。

*SOF(Strength Of Field):フィールドの強さ

Rank Tournaments SOF
1 ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ 850
2 全米オープンゴルフ 848
3 マスターズトーナメント 805
4 WGC-キャデラックチャンピオンシップ 803
5 WGC-キャデラックマッチプレー 793
6 アーノルドパーマー招待 483
7 ザ・メモリアル・トーナメント 474
10 ノーザントラストオープン 393
16 ウェルズ・ファーゴチャンピオンシップ 350

これはPGAツアー内でのランキングではなく、世界中のツアーにおけるランキングです。

松山英樹は2015年に行われた世界中のトーナメントでフィールドの強さが上位10位にランクされている8試合に出場して、トップ10フィニッシュが4回、トップ25フィニッシュが8回となっています。

そして上記のリストから外れていますが、8番目にフィールドが強かったのが、松山が優勝に1ストローク及ばずに2位タイとなったウェイストマネジメントフェニックスオープンです。

つまり2015年の世界中のプロツアーの中で、フィールドの強さが上位10位に入っているトーナメントに9試合出場して、全てトップ25、トップ10が5回という驚異的な成績を残しています。

つまりどんなに強いフィールドであっても、多くの世界のトッププレイヤーが出場していても優勝争いができるレベルに松山英樹が到達しているということです。

このような成績を見れば、改善されつつあるパッティングでもうひと押しがあれば、PGAツアーで1シーズン複数回優勝、メジャー制覇が手に届くところにきていることがわかるのではないでしょうか。

丸山茂樹が今回の全米オープン中継で「いつ勝ってもおかしくない」「いつメジャーで勝っても不思議ではない。」と話し、NHK-BSで解説を務める佐渡充高さんが同様に「いつ勝ってもおかしくない」と口にしていますが、そう言える確固とした数字による根拠があります。

そしてこのような実績があるので、全米オープンでの18位タイを「本領が発揮できなかった」とアイゼンハワーは述べています。

本領を発揮できずに四大メジャーで18位タイになっているということは、今までの日本人プレイヤーには考えられないことです。

このような成績があるがゆえに、アメリカのアナリストたちの中には、松山英樹を世界のトップ5に選ぶ人もいるという現象を生み出しています。

今後のスケジュールは、全米オープンから全英オープンに直行する可能性が高くなりましたが、全米オープン終了後にはパッティングをメインに練習していきたいと話していましたので、その間にパッティングの練習に集中的に取り組むのではないかと予想されます。

全英オープンからフェデックスカッププレーオフにかけて松山英樹が出場するであろうトーナメントは強いフィールドばかりとなりますが、それでも今年の成績を見ていれば、優勝する可能性があると言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

よく読まれています

12 Responses to “松山英樹が世界のトップ5プレイヤーに選ばれる!全米オープン2015終了後に米ゴルフチャンネルで高評価”

  1. ゆり より:

    有り難うございます。

    世界トップ5に選ばれた・我等の松山選手。
    あのTVの前で悔し涙を見せた松山君が・・
    こんなに速いペ-スでの世界トップクラスに名を連ね
    「世界の英樹」ですよねぇ。

    マキロイ選手・スピ-ス選手に追いつき追い越せ・と
    切磋琢磨して若手3選手・PGAツア-をもっと・もっと
    面白いものに・・

    松山君が・米PGA参加してからは・本当に面白く
    「日・月」が楽しみで仕方ありませんよ。
    願わくば4日間の放送を・何て願ってます。笑。

    時折り・入れ込み過ぎが多く反省する事が有ります
    「笑」。

    有り難うございます。

  2. golf より:

    ゆりさん、ありがとうございます。
    NHK-BSには放送開始時間も早くからにしてもらいたいです(笑)。
    アメリカのゴルフ専門チャネルでのこの評価ですから、アメリカのゴルフファンは否が応でも、”Hideki Matsuyama”の名前が記憶に刻まれざるを得なくなると思います。
    錦織圭も試合で負けたりするとシャワーを浴びながら泣いたりするようなので、「子供のような純粋さで負けたくないという気持ちを持ち続ける」ことが世界のトップクラスになるのには必要なのかなあ、と最近は考えたりしています。
    彼がこれからどのように成長していくのか楽しみです。

  3. kan より:

    golfさん

    詳しい情報と、追加のデータ、ありがとうございます。
    あらためて、松山選手の凄さを実感です。
    同じ「本領が発揮できなかった」でも、
    アイゼンハワーさんが言うのと日本のメディアが言うのとでは、意味と深さがまったく違うということですね。
    よーくわかりました。

    今、総合力と安定感で松山選手を凌ぐのはスピースぐらいでしょうか?入れごろ外しごろの距離のパットが、スピースぐらい入れば、No1ですね。
    去年のダンロップフェニックスで、4日間スピースとまわって競り勝った姿が忘れられません。
    これから何度もそんな戦いが見れるでしょうね。
    楽しみです。

  4. golf より:

    松山英樹がグリーンブライヤークラシックの出場をキャンセルしたことが、米メディアで記事になっています(Dolieさん、ありがとうございます)。

    Charleston Daily Mail:Matsuyama, Choi not playing in Greenbrier Classic

    いつもどおり英語がわかる方は、原文の記事で読んでいただき、そうでない方のためにザッとになりますが、翻訳します。

    A rising star and a PGA Tour pro have opted not to compete in next week’s Greenbrier Classic at the Old White TPC.
    Hideki Matsuyama, the Japanese wunderkind who has climbed all the way to No. 9 in the FedEx Cup standings and No. 14 in the World Golf Rankings;

    管理人訳『急上昇中のスターとPGAツアーのプロがオールドホワイトTPCで開催される次週のグリーンブライヤークラシックの出場を取りやめる選択をした。
    松山英樹は日本の神童(Japanese wunderkind)はフェデックスカップランキングで9位、世界ゴルフランキングで14位まで登ってきている。』

    The 23-year-old Matsuyama has used his exceptional ball-striking skill and sharp short game to make the cut in all but one of the events in which he has entered this season. He won the 2014 Memorial in a playoff for his first PGA Tour victory. This year, he has eight top 10s and 14 top 25s, earning almost $2.9 million at No. 9 among the money leaders.Matsuyama finished in a tie for 18 at last week’s U.S. Open and isn’t in the field for this week’s Travelers Championship.

    管理人訳『23歳の松山は飛び抜けたボールストライキングの技術と切れ味の良いショートゲームで、今シーズン出場した試合のうち予選落ちはわずかに1試合だ。彼は2014年のメモリアル・トーナメントでプレーオフの末にPGAツアー初優勝を果たしている。今年の彼はトップ10が8回、トップ25が14回、そして賞金ランキングでは9位につけていて、おおよそ290万ドルを稼いでいる。先週の全米オープンでは18位タイフィニッシュをし、今週のトラベラーズチャンピオンシップにはエントリーしていない。』

    ライジングスターという表現はすっかり見慣れつつあるのですが、松山に日本の神童という新しい形容詞が加わりました(笑)。

    PGAツアーのトーナメントに出場しないことが、写真付きの記事になるところまできています。もう既にHousehold Nameかもしれませんね。

  5. golf より:

    kanさん、情報ありがとうございました。
    世界のトップ5の実力だけど、本領が発揮できずに18位タイとなってしまった。でもこういう時も勝負の世界にはあることで、スタッツなどを見れば心配することはないので、全英オープンでも期待できるでしょう。というニュアンスでしょうかね。
    向こうのアナリストたちは実力があっても勝てないことがあることを良く知っています。日本は「運も実力のうち」という考え方が強いですが、海外はそうではないので、余計に松山が高く評価されている気がします。全英オープンにどのような状態で現れてくれるのか楽しみです。

  6. ace より:

    golfさん

    情報ありがとうございました。
    松山選手のすごさを再認識しました。今シーズン残りの試合は厚いフィールドばかりですが、益々の活躍が期待できますね。
    グリーンブライヤークラシックの欠場決定はとても残念ですが、3週間後にばっちり調整した松山選手をしっかり応援したいと思います。
    しかし3週間は長いです(>_<)

  7. golf より:

    aceさん、ありがとうございます。
    3週間は長いですよね(笑)。
    全英オープンが7月16日からなので、本当に遠く感じてしまいます。しかも、全英オープンのあとブリヂストン招待と全米プロゴルフ選手権のビックトーナメント2連戦に備えるために、クイッケンローンズナショナルもスキップする可能性もあるので、そうなると7月は全英オープンの1戦だけになるかもしれません・・・。
    しかし、8月、9月は多く試合に出てくれるはずで、フィールドが強いトーナメントばかりではありますが、そこで数多くの優勝争いをするための休養だと思い、忍耐強く待ちたいと思います。

  8. golf より:

    6月26日 7:00 PMにコメントを下さった方にご連絡です。
    確認させていただきたい内容がありますので、問い合わせフォームからご連絡をお願いします。

    追記:ご連絡をいただけないようなので、イタズラと判断して、削除させていだきます。

  9. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様でした。

    全米オープンの試合3日目に・進藤キャディさんに
    アクシデントがあった様ですねぇ。
    芝で足を滑らせ・右足親指を捻挫したそうです。
    テ-ピングと痛め止めで何とか付いて行ったとの事。

    松山君・キャディーバッグを代わりに運んだり・
    歩測をしたりと何かと気遣っての全米オープン
    だった様です。
    松山君に怪我がなく無事に終われた事・
    改めてやっぱり凄いコ-スだったんですねぇ。

    進藤キャディーさんには、全英オープンまでの
    3週間の間によくなって頂き元気な姿を
    松山君と共に出てくる事願ってます。

    松山君・調子はいい様ですねぇ「良かった」。
    3週間はやっぱり長いなぁ~!笑。

  10. golf より:

    ゆりさん、おはようございます。
    LEXUS松山特設サイトのコラムですよね。
    松山と進藤キャディの信頼関係が伝わってくるものでしたよね。進藤さんもいろいろと書くメディアもいて大変かもしれないですが、頑張ってもらいたいです。
    チェンバーズベイは今後も全米オープンで使用するようですが、ヘンリック・ステンソンのキャディもケガしたりしているので、グリーンのメンテナンスだけでなく、観客の収容など改善すべき点が多いですね。
    グリーンブライヤーを回避する決断をしたのも、自分の体調のように話していましたが、進藤さんの怪我のことも彼の頭にはあったのかもしれないですね。
    ただ、日程的に今回の期間をつかって練習だけでなく、全米プロゴルフ選手権の開催コースも下見したいのもある気がします。全英オープンのあとは、勝ちたいと話しているブリヂストン招待への準備に時間を使いたいでしょうし。
    そうなると7月は全英オープン1試合だけになる可能性がありますが、待つしかないですね(笑)。

  11. ゆり より:

    早い時間のコメにも関わらずの返信に恐縮です。
    誠実なお人柄にまたまたブログのファンに・・
    ちよっと褒めすぎかなぁ?笑。

    七月は全英オープン1試合の可能性が・・本当ですか。
    そう言ってましたねぇ・勝ちたい試合の一つ
    「ブリズストン招待」。
    是非是非勝って欲しい試合ですので、待ってますかぁ
    そんなに長い期間ちよっと辛いかもです「笑」。

  12. golf より:

    ゆりさん、コメントありがとうございます。
    褒めすぎですね(笑)。
    クイッケンローンズに出場すると3連戦になってブリヂストン招待と全米プロゴルフ選手権の準備が十分にできないので、全英オープン→ブリヂストン招待→全米プロゴルフ選手権→ザ・バークレイズとなりそうな気がします。6月と7月は忍耐の月ですね(笑)。

このページの先頭へ