ブレイクアウトの準備は整った!松山英樹への海外メディアの2015-16年末年始における評価と反応のまとめ

2015年から2016年の年末年始にかけて、2016年の四大メジャーのウィナーやブレイクアウトする選手などを予想する記事が数多くでました。

その中で松山英樹は「世界のビック5になる」、「四大メジャーを制す」、「全米オープンで優勝する」などの予想記事で名前が出ていました。

しかし、それ以外に細々と松山英樹について書いた記事がありましたので、今回はそれをまとめて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

海外で”Household Name(誰でもよく知っている名前)”になりつつある松山英樹

松山英樹がプレジデンツカップ2013でのプレーぶりで多くの海外メディアの注目をあつめるようになり、ジャック・ニクラスからの高い評価を得ました。

さらにメモリアル・トーナメントでの優勝により”メガスターになれる”とニック・プライスからも絶賛されたため、米メディアからも”Household Name(誰でもよく知っている名前)”になると評価されていました。

先日、紹介した3つの記事は、そのことが実現しつつあることを感じさせるものでしたが、それ以外にも細かい記事ではありますが、松山英樹が紹介されていた4つの記事を紹介していきます。

1. 全米プロゴルフ選手権で松山英樹が優勝する(VAVEL.com)

インターネットスポーツメディアであるVAVELで四大メジャーの優勝予想がなされているのですが、ローリー・マキロイ、ジェイソン・デイ、ブルックス・ケプカとともに松山英樹が選ばれています。

以下はVABEL.comの2016年1月8日付けの”“2016 PGA Tour Predictions: The Majors”というタイトルの記事からの引用です。

PGA Championship (Baltusrol)

Hideki Matsuyama – The PGA Championship seems to be the easiest major for a dark horse to win. Baltusrol will be the toughest PGA Championship course the players have seen in a long time, so the winner will have to be someone mentally tough. It will also have to be someone who can navigate the two week turn around from the Open Championship this year. Hideki meets all those requirements. He may be the most underrated player on the PGA Tour right now simply because he has won only once, but Hideki’s iron game is among the best in the world. As long as he hits a few putts, Hideki should have no problem winning a major sometime soon, and Baltusrol is as good of a place as any.

【管理人訳】

松山英樹 – 全米プロゴルフ選手権はダークホースが一番優勝しやすいメジャートーナメントのようだ。バルタスロールは長い間選手たちが見てきた全米プロゴルフ選手権のコースの中で最もタフなものとなるだろう。そのためウィナーはメンタル面でタフでなければならない。そして全英オープンからの2週間での転換ができなければならない。ヒデキはその条件を満たしている。彼は現時点で優勝が1回だけという理由だけで、最も過小評価されている選手かもしれない。しかし、彼のアイアンは世界でベストだ。彼はあと数パットを決めれることができれば、近いうちにメジャーを制覇することへの問題はない。そしてバルスタロールはそれに最適だ。

彼のアイアンは世界のベスト、最も過小評価されている選手との評されることは2015年中も海外メディアの記事でたびたび目にすることがありました。

そして海外メディアの共通認識に近いのが”メンタルが強く”、”メンタルがタフ”で”恐れを知らない(fearless)”と言うものです。

もちろん人間なので感情やメンタルの起伏はあるものですが、それが極めて小さい部類であることは様々なスタッツやトップ10、トップ25、予選通過率を見れば明らかです。

日本の一部の専門家がプレー全体のごく小さい割合しか占めていないバウンスバックを例にしてメンタルが弱いという評価をしていますが、海外メディアは全く違い、プレー全体のスタッツや内容をしっかり把握した上で評価してくれています。

2. 松山英樹は四大メジャーを初制覇する可能性のある1人(PGA.com)

アメリカのプロゴルフ協会(PGA)の公式サイトの“Nine burning questions for golf in 2016”というタイトルの記事で2016年の予想がなされています。

そこで松山英樹が四大メジャーを制覇する可能性がある選手として紹介されています。

5. Will we see a first-time major winner?

The short answer? Extremely likely.
(中略)
So it looks like it’ll happen, but who will it be? There are plenty of guys in the “best-never-to-have-won-a-major” discussion, so let’s put them at the top of the list. Names like Sergio Garcia, Dustin Johnson, Rickie Fowler, Henrik Stenson, Matt Kuchar, Brandt Snedeker and Lee Westwood (who, admittedly, the door is closing on).

Here are some other names to look out for who might not be so obvious: Patrick Reed, Jimmy Walker, Branden Grace, Paul Casey, Brooks Koepka, Hideki Matsuyama, Justin Thomas, Bill Haas, Billy Horschel and Chris Kirk.

【管理人訳】

5. メジャー初制覇を目にすることになるのか?

簡潔な答えは?その可能性は極めて高い。
(中略)
それは起こりそうなことだが、では誰が勝つのだろうか?素晴らしいけれどメジャーで勝っていない選手は多くいる。それらの選手をリストの冒頭に記そう。セルヒオ・ガルシア、ダスティン・ジョンソン、リッキー・ファウラー、ヘンリック・ステンソン、マット・クーチャー、ブラント・スネデカー、リー・ウエストウッド。
続いて、そこまでは明白ではない候補となる選手たちだ。パトリック・リード、ジミー・ウォーカー、ブランデン・グレース、ポール・ケーシー、ブルックス・ケプカ、松山英樹、ジャスティン・トーマス、ビル・ハース、ビリー・ホーシェル、クリスカーク。

この記事ではメジャー初制覇のトップグループではないものの、それに続くグループの一人として名前が挙がっています。

この顔ぶれを見ても松山英樹が世界のトッププレイヤーの一人として地位を築いていることがわかります。

3. 松山英樹はブレイクアウトする準備が整った(ROTOWORLD.com)

ファンタジーゲームの情報を提供しているROTOWORLD.comにある松山英樹の情報ページで2016年が終わるまでに優勝回数を増やすことになるだろうと予想されています。

以下はROTOWORLD.comの2015年12月19日付けの“Matsuyama poised for breakout 2015-16 season”というタイトルのニュースからの引用です。

Matsuyama poised for breakout 2015-16 season

Hideki Matsuyama makes his way into 2016 with a FedExCup ranking of 35th.
Matsuyama collected 160 FEC points thanks to a T17 at the Frys.com Open and a solo fifth at the CIMB Classic. From there he was forced to W/D during the third round with an injured foot at the WGC-HSBC Champions. It proved to be a minor issue because three weeks later he fell just two strokes shy of defending his title overseas at the Dunlop Phoenix. Matsuyama has just one PGA TOUR victory to his name, but gamers should expect that number to increase before 2016 comes to an end.

【管理人訳】

松山英樹はフェデックスカップランキング35位で2016年を迎えることになる。松山はフライズドットコムオープンで17位タイ、CIMBクラシックで5位となり160ポイントを獲得した。その後WGC-HSBCチャンピオンズでは足の負傷により第3ラウンドの途中で棄権した。それが大きな負傷ではないことは、2週間後に日本で開催されたダンロップ・フェニックスでの連覇に僅かに2打及ばなかっただけということから明らかだ。松山英樹はPGAツアーではまだ1勝しかしていないが、ファンタジーゲームの参加者は2016年が終わるまでに、その数が増えると予想すべきだ。

ファンタジーゲームに参加している人々に、松山英樹が2016年のどこかで優勝するという前提でゲームを組み立てるべきだと提案しています。

つまり、いつ勝ってもおかしくないので、フィールドに現れるときにはピックすることを検討したほうが良いということです。

世界のトップ4を脅かす存在(Orilliapacket.com)

カナダのローカル新聞であるOrillia Packet and Timesの電子版であるOrilliapacket.comの2016年1月4日付けのAnother year, another set of fearless predictionsという2016年のゴルフ界を予想する記事で松山英樹の名前が世界のトップ5を脅かす存在として紹介されています。

Starting with the PGA Tour, 2016 will see a real battle with Rory McIlroy, Jordan Spieth, Jason Day and Ricky Fowler leading the way trying to claim ranking as the No. 1 player in the world. This year will be a changing of the guard, with the young guns stepping up to the plate while the old guard should be looking from the outside in. Tiger is done and Phil’s game has been on a steady decline for the past couple of years.

McIlroy’s dominance will not be easy, with a host of solid players from around the world, such as Matthew Fitzpatrick, Brenden Grace, Victor Dubuisson and Hideki Matsuyama, trying to chase him down.

【管理人訳】

PGAツアーから始めるが、2016年はローリー・マキロイ、ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイ、リッキー・ファウラーが世界ランクNO.1の争いをリードする本物の戦いを目にすることになるだろう。今年はヤングガン(若き大物)が舞台の上に上がり、ベテランがそれを外から眺めるという世代交代の年となるだろう。タイガーが終わり、フィル(ミケルソン)はここ数年にわたり着実に衰えつつある。
ローリー・マキロイが支配するのは簡単ではない。マシュー・フィッツパトリック、ブランデン・グレース、ビクター・デュビッソン、松山英樹など世界中の確かな実力をもつプレイヤーがマキロイを追いかけているからだ。

松山英樹の海外での評価でもよく目にするのが”ヤングガン(若き大物)”というものです。

タイター・ウッズとフィル・ミケルソンらが世界のゴルフシーンをリードした時代から、マキロイ、スピース、デイ、ファウラーらに代表されるヤングガンの世代へ移行すると語られるときには、松山英樹はほとんどの場合に名前が上がります。

そして世界のビッグ3、ビッグ4を脅かす存在としても名前があがることも、2014-15シーズンを終えてからは増えてきました。

世界の大手メディアはもちろんのこと、ローカルメディアまで松山英樹のプレーぶりに注目し、その才能と実力が評価されています。

ある意味、日本が一番松山英樹の才能と実力を認めない状況が続いていますが、海外では確実に、着実に”Household Name(誰でもよく知っている名前)”になりつつある松山英樹です。

スポンサードリンク

よく読まれています

6 Responses to “ブレイクアウトの準備は整った!松山英樹への海外メディアの2015-16年末年始における評価と反応のまとめ”

  1. にんじん より:

    ご無沙汰しております。新年早々、英樹情報を待ち望んでる身には大変ありがたい記事の更新ありがとうございます!
    昨年は私事ですがメモリアル後に出産し、育児に追われて書き込みを控えておりました。コメント欄も賑やかになって閲覧のみのほうが楽しかったくらいでして(え) 今年も一人でも多くの日本人プレイヤーがPGAで活躍するのを応援したいと思います。golfさんのお仕事?が増えてご多忙と存じますが今年もよろしくお願いいたします(^ω^)

    ヒュンダイではスピースが世界No. 1の力を見せつけて圧勝しましたが、時間はかかってもいつか必ず英樹がその高みに到達できると信じています!テニスではジョコビッチが君臨していて、錦織選手もいろいろもがいていますもんね‥‥
    そんな彼らだからこそ応援のしがいがあるわけで、5年先、10年先と末長ーーく見守っていきたいです。

    とりあえず英樹はマスターズから制覇を期待‥(笑)
    今年もトップ10には入ってね〜〜〜!

    • golf より:

      にんじんさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます(^.^)
      そして出産おめでとうございます。出産後は体調が戻るまで大変だったりしますが、元気に過ごされているのであれば、何よりです。
      今年は隔週でビッグトーナメント開催、松山、石川の2人に加えて岩田も加わり、忙しくなりそうですが、楽しみでもあります。
      これからも気が向いた時に、気楽にコメントしていただければと思います。
      ジョーダン・スピース強かったですね。呆れるほどでした^^; 今は離されてしまいましたが、彼は母国で、しかも地元のテキサスでの試合も多いなど遥かに有利に立場なので、遅れをとるのは仕方ないと思います。
      でも、経験を積み重ねれば良い勝負ができる実力があると思いますので、私も気長に応援したいと思います。
      試合が待ち遠しいですね(笑)。バラエティ番組などもいいですが、やはり世界最高峰の舞台で、世界最高レベルの選手とコースを相手に、真剣な眼差しで戦う姿を見たいです。

  2. KEY- kei より:

    golf さん こんにちは

    Houshold Name (誰でもよく知っている名前) この英語、覚えました。  
    アメリカや、カナダでも、高評価の松山選手に、期待は膨らむばかりです。
    2016年の初戦が、ますます楽しみになりました。
    まさに、ブレイクアウトの、準備は整った ですよね。

    golf さんの記事にひかれて、Number を購入しました。  松山選手の弾ける笑顔の写真と共に、言葉を選んで発言していることに、とても共感しました。

    先日、昨年のダンロップフェニックスの再放送がありました。

    最終日の、インタビューで、 戻ってこれれば、良い状態で挑めるように、頑張りたいと思う。  と、答えていました。 
    こういう時って、来年も、絶対出場して、優勝できるよう頑張りますと、答える選手がいますよね。

    松山選手は、来年のその時が、どういう状況になっているのかわからないということを承知しているから、その場さえ盛り上れば良いと思える軽はずみな発言は決してしない~~~~本当に頭の良い選手です。

    後2週間、勝負師松山選手のゴルフを楽しみに待ちたいと思います。
    golf さん いつも有難うございます。

    • golf より:

      KEY- keiさん、コメントありがとうございます。
      以前よりもインタビューなどの取材での受け答えに慣れてきたのかなという気がします。基本的にはシャイで、気心知れた人にはしっかりと話せるタイプなのかと思いますが、場数を踏んで慣れてきつつある気がします。
      NUMBERの写真の笑顔が良いですよね。あの笑顔をPGAツアー2勝目で見たいですね。後2週間、もう少しの辛抱です(^.^)

  3. ゆり より:

    おはようございます。
    Number新年号記事の一部より・・
    「日本に帰るつもり無いんで僕」・・
    「上手く行かない時は絶対に来る。でも来たら来たで
    其の時は下「下部ツア-」でやるつもりです」。
    「日本のファンの為に試合出場に帰る事はあっても、
    自分が帰りたいとは思わない。
    ヨ-ロッパならヨ-ロッパに行きます」。

    こんなにはっきりと口に出して言った事あまりなかったし松山君の口から聞きたかった事の一つでした・・
    米ツア-にで-んと腰を据える覚悟はと-の前に
    出来ていたのですねぇ「嬉しい」。
    此の2016年は松山君「年男」に取っても本当の意味
    での結果を出しての年になりそうですねぇ。
    より一層の応援をして行きます。

    個人的な考えですが・・オリンピックには出なくても
    良いのでは「ご本人は決まれば制一杯の力を出し切る
    事でょう」ね・・
    前後の試合を見ても大変な事・・
    目標が見えなくなってしまわないかと心配に
    なって来ます「考えすぎかなぁ」。
    4大メジャー制覇に向かって突き進んで行ってくれる事
    を願ってますしそうであって欲しいと願ってます。
    無理をして古傷がぶり返す事が無い様な
    体調管理をして欲しいと思ってます。
    「心技体」万全に・・

    • golf より:

      ゆりさん、コメントありがとうございます。
      その記事を私も読みました。
      「世界を舞台に戦うことしか考えていない」というのは、あくまでもメジャー制覇が目標だというところがブレていない証拠だと思います。
      下部ツアーに落ちても、そこから這い上がる覚悟までしていると聞くと、こちらもしっかりと応援するしかないですよね。
      今年はスケジュール的に松山英樹にとって有利ではないと言えますが、実力的には勝ってもおかしくないので、頑張ってもらいたいです。

このページの先頭へ