松山英樹が出場のタイガー・ウッズ主催のヒーロー・ワールド・チャレンジ2014の概要

世界のトッププレーヤーと言える世界ランキング19位の松山英樹ですが、新たなビッグニュースが飛び込んできました。

PGAツアーの公式戦ではありませんが、タイガー・ウッズが主催し、世界のトッププレーヤー18人だけが出場できる”ヒーロー・ワールド・チャレンジ”に松山英樹が出場します。

そのヒーロー・ワールド・チャレンジ2014の概要です。

ヒーロー・ワールド・チャレンジ2014の概要

スポンサードリンク

ヒーロー・ワールド・チャレンジ2014の概要を以下の項目でまとめています。

賞金・ポイント テレビ放送予定
出場予定選手 ペア・スタート時刻

トーナメントの日程・獲得賞金・世界ランキングポイントについて

ヒーロー・ワールド・チャレンジ2014は12月4日から7日の4日間にわたってフロリダ州のアイルワースゴルフ&カントリークラブで開催され、
賞金総額350万ドル、優勝賞金100万ドルを争って行われます。

このヒーロー・ワールド・チャレンジは、フェデックスカップポイントは付与されず、獲得賞金は賞金ランキングにも加算されませんが、例年通りであれば世界ランキングのポイントを獲得できます。

ちなみに昨年の同大会(旧:ノースウェスタン・ミューチュアル・ワールドチャレンジ)では優勝したザック・ジョンソンは世界ランキングのポイントを46ポイント獲得し、優勝賞金100万ドル(約1億600万円)ています。

また最下位でも、昨年のダスティン・ジョンソンは2.4ポイントを獲得していますし、賞金も10万ドル(約1060万円)も手にしています。

2014年大会ではフィールドの強さが275のため、2013年と同様に優勝者は46ポイントを獲得できます。

世界のトッププレーヤーの18名しか参加できない大会で、参加できることが名誉あることであり、世界ランクや賞金という面でもメリットが非常に大きいヒーロー・ワールド・チャレンジの出場です。

またこの大会でタイガー・ウッズが復帰する予定となっていますので、その面でも大きな注目が集まることは間違いありません。

テレビ放送予定

ヒーロー・ワールド・チャレンジ2014の中継は、ゴルフネットワークが4日間独占中継で、NHK-BSでの放送予定はありません。

詳しい放送日時は以下のとおりとなっています。

ラウンド 放送日時
R1(12月04日) 12月05日(金) 午前6:00-9:00(生中継)
R2(12月05日) 12月06日(土) 午前4:00-7:00(生中継)
R3(12月06日) 12月07日(日) 午前2:00-7:00(生中継)
R4(12月07日) 12月08日(月) 午前2:00-7:00(生中継)

出場予定選手の一覧リスト

ヒーロー・ワールド・チャレンジ2014の出場基準は以下のとおりとなっています。


  1. 前年の優勝者(2013年ノースウェスタン・ミューチュアル・ワールドチャレンジ覇者
  2. 2014年四大メジャー(マスターズ・全米・全英・全米プロ)の優勝者
  3. 世界ランキング上位
  4. 推薦枠

続いて、ヒーロー・ワールド・チャレンジの出場基準別の出場予定のプレーヤー全18名の一覧です。

1. 前年の優勝者(2013年ノースウェスタン・ミューチュアル・ワールドチャレンジ覇者

  • ザック・ジョンソン(アメリカ)

2. 2014年四大メジャー(マスターズ・全米・全英・全米プロ)の優勝者(1名)

  • バッバ・ワトソン(アメリカ)

ロリー・マキロイが2014年の全英オープンと全米プロゴルフ選手権を制覇し、世界ランク1位ですが出場予定ではありません。また全米オープンを制し、世界ランク12位のマーティン・カイマーも同様に出場しません。

3. 世界ランキング上位(14名)

  • 4位:ジム・フューリック(アメリカ)
  • 5位:ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)
  • 6位:ジャスティン・ローズ(イングランド)
  • 8位:ジェイソン・デイ(オーストラリア)
  • 9位:マット・クーチャー(アメリカ)
  • 10位:リッキー・ファウラー(アメリカ)
  • 13位:ビリー・ホーシェル(アメリカ)
  • 14位:ジョーダン・スピース(アメリカ)
  • 17位:タイガー・ウッズ(アメリカ)
  • 18位:グレーム・マクドウェル(北アイルランド)
  • 19位:松山 英樹(日本)
  • 20位:ハンター・メイハン(アメリカ)
  • 21位:ジミー・ウォーカー(アメリカ)
  • 22位:クリス・カーク(アメリカ)

*2位のアダム・スコット、3位のセルヒオ・ガルシア、11位のフィル・ミケルソン、15位のダスティン・ジョンソンは出場しません。

*バッバ・ワトソンは世界ランク7位、ザック・ジョンソンは世界ランクは16位ですが、上位の出場資格により出場。

4. 推薦出場(2名)

推薦により出場予定のプレーヤーは以下の2名です。

  • 27位:キーガン・ブラッドリー(アメリカ)
  • 28位:スティーブ・ストリッカー(アメリカ)

組み合わせ・スタート時刻

松山英樹の組み合わせとスタート時刻は以下のとおりとなっています。スタートは4日間ともに1番ホールからです。

  • 第1ラウンド
    02:05 AM:松山英樹(JPN)、ジミー・ウォーカー(USA)
  • 第2ラウンド
    02:10 AM:松山英樹(JPN)、ジミー・ウォーカー(USA)

スポンサードリンク

よく読まれています

8 Responses to “松山英樹が出場のタイガー・ウッズ主催のヒーロー・ワールド・チャレンジ2014の概要”

  1. ゆり より:

    お疲れ様でした。。

    タイガー招待試合「12月4~7日」。かたや「日本シリーズ」。
    「個人的」には出て欲しいと願ってました「出ない手は無い」。。
    出るとの朗報に「おめでとう~!!」・・しかし・・
    罰則「賞金王獲得シード権・1年間停止」。。
    何と悲しい事を言うのでしょうか?
    松山君の「迷いは無かったの胸の内」は計り知れない。。
    世界での活躍を夢見てる・若者をもっと後押し出来
    ないのでしょうか・心の狭い大人達にショックでした。。
    松山君・絶対に頑張って・と・エールを送りたい。。

  2. golf より:

    本人が「迷わずに決断している」ということが何よりだと思います。来年のスケジュールもPGAツアーや海外を優先させると述べていますので、本気で四大メジャーを勝ちにいっている意志があることが伝わってきます。
    松山英樹がメジャーで勝てば、自然と日本全体のゴルフへの関心が高まり、人気もでるわけで、長期的な視野で見れば、非常に重要なことだと思います。
    今回の出場義務試合数の変更は丸山茂樹も疑問を投げかけていますよね。また、対応も今後変わるかもしれませんが。

  3. ゆり より:

    お疲れ様です。。

    あの~!!お聞きしたいのですが・・
    タイガー招待試合はTV放送の予定はないのでしょうか?
    有るようでしたら・是非お知らせ下さい。。

  4. golf より:

    ヒーロー ワールドチャレンジは中継があるのですが、CS放送のゴルフネットワークが4日間生中継の予定です。NHK-BSでは今の時点では放送予定はないみたいですね。我が家は加入しているので、ヒーロー ワールドチャレンジ視聴できるのですが、BSだけだと今のところ難しそうですね。

  5. ゆり より:

    あぁぁ~!!残念です。。
    ゴルフネットワーク加入して無いのです。
    BSの予定も無いのですか・・
    このコ-ナ-を楽しみに見てます。
    宜しくお願いします。。

    有り難うございました。。

  6. 橋本和久 より:

    言われる通り日本ゴルフツアー機構の付けたし規定は世界を視野に入れない井の中の蛙その物の考えに基づいた
    規定です。世界レベルで戦える若者松山英樹が現れアメリカに居を構えメージャー勝利を目指してPGA日程を優先して選択するのは当然であり、このチャレンジをサポートする機構になれないなら可能性ある若者は世界に羽ばたけない。最近の日本のプロゴルフツアーは目標が小さくサラリーマン化した選手が多く全くつまらない。
    スポンサーが減り試合数は減りエリートが育たない。何で日本人二人しかPGAのツアーに腰を据えた若者が居ないのかと残念でたまらない。

  7. golf より:

    錦織圭の活躍でテニスをやっているジュニアの目の色が変わったと言われていますし、錦織圭に続けるような才能のある選手がプロ転向を表明しています。

    ゴルフでもPGAツアーの1シーズンで複数回優勝したり、メジャーを勝てる選手が出てくれば、ゴルフ全体への関心が高まり、ジュニアのレベルも上がって、海外でも結果を残す選手が増えていくことで、スポンサーも増えてくるはずです。

    ゴルフ人口も減ってきて、パイそのものが縮小傾向になりつつありますので、その小さくなりつつあるパイを奪い合うのではなくて、大きくすることにより注力してくれるといいのになあとは思います。

    残念ながら日本国内ツアーは試合数が少なく日程が空くので、ウェブドットコムツアーとかアジアンツアーとかでも勝負できる日程が組めるので、特に若い選手には、もっと積極的に海外に出て欲しいです。

  8. 橋本和久 より:

    錦織圭の活躍に刺激され錦織がトレーニングをした米国のアカデミーに入る新しい若もが出てきましたし、現在日本でテニスラケットの需要がうなぎ上りで品薄になっています。錦織は日本でプレーするトーナメントはジャパンオープンだけ程度ですがテニス協会を挙げてサポートしてます。日本文化ゴルフツアー機構は賞金王がPGAに移ると牽引車が居なくなりスポンサーが減るという現状維持の心配しかしない考えです。LPGAで頑張ってる野村敏京も同じく出場回数が少ないとシード権取消し問題が出て彼女はシード権を返納しLPGAに絞って戦っています。東南アジアとか中国でもPGA,LPGAのツアーが開催されてるのに何故日本開催は無いのか?日本で開催したら日本のプロは勝てないと懸念するJPGTの幹部が動かなのでしょう。PGAツアーでもアメリカ人が優勝する機会は可なり少ないが
    どんどん受け入れているのに。

コメントを残す

このページの先頭へ