松山英樹はすぐにメジャーに勝てるクオリティを持っている!マスターズ2016開幕直前の海外メディアの反応・評価のまとめ PART3

International reaction to Hideki Matsuyama_160406_1

2回に分けてマスターズ2016直前の松山英樹に対する海外メディアの評価を紹介してきましたが、今年は例年よりもはるかに多くの媒体で、しかも特集記事で紹介されることが増えています。

そのため1つの投稿で紹介しきれないほどの量になっているので、前々回前回に続く第3弾としてマスターズ直前の松山英樹に対する海外メディアの評価を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

マスターズ2016直前の海外メディアの松山英樹の評価の一覧

FOXスポーツ:ニック・ファルドは”全てが素晴らしい”と評価

アメリカの大手スポーツメディアであるFOXスポーツの電子版で、ニック・ファルドのコメントとともに松山英樹が紹介されています。

4月5日付けの記事でタイトルは”Matsuyama aiming to make history at Masters(松山はマスターズを歴史を作ることを狙っている)”というものです。

Matsuyama enjoyed a brilliant showing at the Masters last year as he finished fifth following a six-under-par 66 in the final round which saw him finish seven strokes behind winner Jordan Spieth.
Having triumphed at the Phoenix Open in February and posted top 10 finishes at the CIMB Classic in January and the Arnold Palmer Invitational last month, the 24-year-old feels he is now ready for the first major of the year.

管理人訳「松山英樹は昨年のマスターズで最終日に6アンダーの66でプレーし、優勝したジョーダン・スピースと7打差の5位フィニッシュをするという、素晴らしい成績を残した。
今年2月のフェニックスオープンで優勝し、1月(正確には昨年の11月)のCIMBクラシックと3月のアーノルドパーマーインビテーショナルでトップ10フィニシュをしている24歳は今年最初のメジャーへの準備は整ったと感じている。」

この後、松山英樹がインタビューで良いプレーができていることで自信もあり、ベストの状態でのぞめるように調整していくつもりであること、などを話していることを伝えています。

さらに以下のようにニック・ファルドが松山英樹について話していると伝えています。

Three-time Masters champion Nick Faldo has said that he believes that Matsuyama is not out of the running to win his first major, but will need to be at the top of his game if he is to get the better of the likes of world number one Jason Day, who has triumphed in his last two tournaments, defending champion Jordan Spieth, and Bubba Watson, who won the event in 2012 and 2014.

“He’s got an outside shot,” Faldo said. “There are probably half a dozen strong favorites and a pack of about another 10 guys who probably have a good chance this week.

“I’d put his name in [the second group]. He’s really solid, does everything so well. The bottom line is, ‘What’s your weakest point?’ That’s the biggest test this week.”

管理人訳「3度のマスターズ制覇を成し遂げているニック・ファルドは、松山英樹にメジャー初制覇の勝算がないわけでないが、2戦連続優勝した世界ランク1位のジェイソン・デイ、ディフェンディングチャンピオンのジョーダン・スピース、2012年と2014年に勝っているババ・ワトソンらを上回るためには、彼の最高のプレーが必要になると考えている。

彼はやや遠く離れた位置からタイトルを狙うことになるだろう。今週は6人のかなり有力な候補がいて、その他に優勝する可能性がある約10名程度の選手のグループがある。

私は彼をその2番手グループの1人にいれる。彼はとても安定して、全てが素晴らしい。結論は「何があなたの最大の弱点か」が今週のもっとも大きなテストとなる。」

今シーズンの松山英樹はフェニックスオープンで優勝するなどして自信を深め、プロ転向後のマスターズ出場では一番良い状態で望んでいると言えます。

しかし、ジェイソン・デイとアダム・スコットは2週連続で優勝し、ババ・ワトソンも優勝と2位、ジョーダン・スピースもトーナメント・オブ・チャンピオンズを制し、リッキー・ファウラーはマキロイ、スピース、ステンソン、グレースらが出場した欧州ツアーのアブダビHSBCゴルフ選手権を勝っています。

そしてフィル・ミケルソンも今年年明けから好調を維持し、マスターズチャンピオンのチャール・シュワルツェル、ジャスティン・ローズ、ダスティン・ジョンソン、パトリック・リードらも良い状態をキープしています。

今年は実力と実績のあるトッププレイヤーたちが良い状態でオーガスタナショナルに乗り込んでくるため、松山英樹が勝つためにはファルドが指摘するように、優勝するためには、現時点での最高のプレーが必要になると予想されます。

Sporting Life:メジャーをすぐに勝てるクオリティを持っている

元々は1890年代にスポーツ新聞として発刊されたものの、1998年以降は電子メディアのみとなっているSporting Lifeがマスターズの優勝候補として、リッキー・ファウラー、ジャスティン・ローズと並んで松山英樹の名前をあげています。

Matsuyama is a top-15 player in the world now and can be expected to continue to make progress. He’s won twice in little over two full seasons on the PGA Tour, both times in strong fields at the expense of world-class players, and in his two completed campaigns has made it all the way to East Lake.

Most recently, he showed composure and guts to beat Fowler in a play-off for the Phoenix Open and bar a withdrawal in the Honda Classic, his form has remained at an extremely high and consistent level ever since including when sixth on his most recent strokeplay start at Bay Hill, despite a closing bogey. Notably, he played the par-fives very well there.

管理人訳「松山英樹は現在、世界ランクのトップ15プレイヤーで、さらに成長を続けることが予想される。彼はPGAツアーのフル参戦2シーズンと少しで2度優勝していて、その2つの優勝はともに強いフィールドでワールドクラスの選手を押しのけてのものだ。そして彼は2シーズンともにイーストレイク(ツアーチャンピオンシップ)にたどり着いている。

もっとも最近ではフェニックスオープンでリッキー・ファウラーを倒す冷静さと度胸を見せ、ホンダクラシックでは棄権したが、最も最近のストロークプレーで、最終ホールでボギーだったにもかかわらず6位タイとなったベイヒル(アーノルドパーマーインビテーショナル)も含めて、彼の状態は高いレベルで安定している。」

What I like most about Matsuyama is the form he’s shown in the biggest and best events. So far in his career the 24-year-old has played in 13 majors, making 12 cuts, including when 27th as the leading amateur here at Augusta, fifth last year, sixth in the Open despite a cruel slow-play penalty and 10th behind Rose at Merion. (中略)

It’s an astonishingly impressive record whichever way you look at it and, backed up by those two PGA Tour wins which have both come via play-offs, suggests that Matsuyama has the quality to win a major championship very soon.

管理人訳「私がもっとも松山英樹を気に入っている点は、大きな素晴らしいイベントで見せる彼のパフォーマンスだ。この24歳はこれまでのキャリアでメジャーに13回出場し12回で予選通過し、オーガスタでは27位でローアマ、昨年は5位、冷酷なスロープレーのペナルティにもかかわらず全英オープンで6位、ジャスティン・ローズが優勝したメリオン(全米オープン)では10位となっている。 (中略) 

どのような観点から見ても、驚くほど素晴らしい成績で、さらにPGAツアーでの2つの優勝はいずれもプレーオフを制している。これらのことは松山がすぐにメジャーに勝てるクオリティを持っていることを示している。」

松山英樹のプロ転向3年、そしてPGAツアー参戦2シーズン余りで残している結果は、世界が注目するに十分なものです。

メジャーでの実績を含めて、これを大きく上回っているプロ転向5年以内の選手はジョーダン・スピースくらいです。

パトリック・リードはPGAツアー勝利数では松山英樹を上回りますが、メジャーでの成績はあまり良くありません。

着実に世界のトッププレイヤーというにふさわしい実績を残してきた松山英樹のマスターズ2016でのパフォーマンスに期待が高まります。

スポンサードリンク

よく読まれています

2 Responses to “松山英樹はすぐにメジャーに勝てるクオリティを持っている!マスターズ2016開幕直前の海外メディアの反応・評価のまとめ PART3”

  1. ゆり より:

    おはようございます。
    いよいよ今夜始まりますねぇ・・
    早いですねぇ、1年。このマスタ-ズは2勝目の後の
    挑戦、ファウラ-選手とのプレ-オフでの勝利は
    大きな自信に繋がってます。調整も上手く出来てる様です・・が怪我が途中出ません様に願うばかりです。
    デイ選手のアドバイス「ショ-トゲ-ムの制度を
    高めると強くなる」・・的確なアドバイス。
    シヨ-トゲ-ムが上手く行きます様に祈るばかりです
    寝不足覚悟「最近ちょっと辛い」(笑)。
    わくわく・どきどきしながら今日1日過ごします。

    *golfさんも、たっぷりお昼寝をして体調万全に*

  2. golf より:

    ゆりさん、コメントありがとうございます。
    本当にフェニックスオープンで勝てたのは良かったと思います。今週のマスターズはもちろんのこと、これからのビッグトーナメントでの支えになると思いますし、通常のトーナメントの優勝争いでも活きると思います。
    今のところ体調も良さそうですし、プレーの状態も上がってきているようなので、本当に楽しみです。
    優勝争いで眠れない4日間になることを期待しています(^.^)

コメントを残す

このページの先頭へ