『マツヤマが負ける方に賭けるのはバカげている』 松山英樹の5戦4勝への海外メディアの反応

松山英樹は2016年2月のPGAツアーのウェイストマネジメント・フェニックスオープンでの優勝を皮切りに、キャリアベストの優勝回数を記録しました。

フェニックスオープンでの優勝の後、8ヶ月後の日本ツアー(JGTO)の日本オープンで優勝、その2週間後の世界ゴルフ選手権シリーズのWGC-HSBCチャンピオンズで優勝、さらに2週間後の三井住友VISA太平洋マスターズで優勝。

そして12月に入ってヒーローワールドチャレンジで優勝し、2016年の勝利数は5勝となりました。その松山英樹への注目度は高まるばかりです。

その松山英樹に対する海外メディアの反応をまとめていってます。今回はアメリカのゴルフウィーク(GOLF WEEK)の記事です。

スポンサードリンク

ここ数年で最も好調の波に乗っている選手

golf-week-20161205(GOLF WEEK電子版のキャプチャ画像)

以下はGOLF WEEKのDan Kilbridgeによる“The hottest golfer in the world right now? Hideki Matsuyama”からの抜粋引用です。

Hideki Matsuyama is currently playing golf better than anyone in the world.

That doesn’t mean he’s now the best golfer in the world – impossible to say that with heavyweights Jason Day, Rory McIlroy and many others playing limited schedules – but it would be foolish to bet against him right now no matter who’s in the field.

【管理人訳】

松山英樹は現在、世界で最もホットなプレーをしているゴルファーだ。ただ、彼が世界でベストのゴルファーだということではない。ジェイソン・デイ、ロリー・マキロイなどの巨人たちが出場試合のペースを落としている中では、そういうところまでは言えない。ただ、現在、誰がフィールドにいたとしても、マツヤマが負ける方に賭けるのはバカげている。

That’s a total of 89-under par in five starts and one heck of a two-month resume. Matsuyama was ranked 18th in the world entering the Japan Open and now sits 6th behind only Day, McIlroy, Dustin Johnson, Henrik Stenson and Jordan Spieth.

That means he is now the highest-ranked player without a major and the question of whether or not he will win one this year is suddenly at the top of the discussion list.

Matsuyama missed the cut at the 2016 U.S. and British Opens, but finished T-7 at the Masters and T-4 at the PGA Championship.

【管理人訳】

優秀なここ2ヶ月のレジュメでは、5戦で89アンダーをトータルで出している。マツヤマは日本オープンを世界ランク18位で迎えたが、現在はジェイソン・デイ、ロリー・マキロイ、ダスティン・ジョンソン、ヘンリク・ステンソン、ジョーダン・スピースらが上にいるだけの6位となっている。

このことは彼がメジャータイトルを手にしていない最高位のプレイヤーとなっていて、マツヤマが2017年にメジャー制覇を果たすかどうかという質問が、議論のリストのトップになっていることを意味している。

松山英樹は2016年の全米オープンと全英オープンでは予選落ちしたが、マスターズでは7位タイ、全米プロゴルフ選手権では4位タイとなっている。

The sample size for Matsuyma’s hot streak is limited, but it got us thinking about the best hot streaks in golf over the past several years.

【管理人訳】

マツヤマの連勝のサンプルサイズは小さいが、それでも私たちに「ここ数年でベストの連勝」であると思わせるものだ。

ここ数年の間にジェイソン・デイ、ロリー・マキロイ、ジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソン、リッキー・ファウラーらが絶好調の時期がありました。

松山英樹の優勝にはメジャータイトルこそ含まれていませんが、世界ゴルフ選手権とヒーローワールドチャレンジというトッププレイヤーがしのぎを削るエリートフィールドでの連勝が含まれています。

しかも、優勝を逃したCIMBクラシックも単独2位と常に優勝争いをし続けて、4勝をもぎ取っていますので、やはり世界的な観点から見ても大きなインパクトがある出来事となっています。

もうすでに世界が注目しているのは松山英樹がジェイソン・デイ、ロリー・マキロイ、ジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソン、ヘンリク・ステンソンらの間に割って入り、世界ランク1位になれるかどうか。

そして2017年にメジャー制覇を果たすかどうかに関心が集まっています。

もうすでに「日本の怪物」となっている松山英樹ですが、世界でも怪物(Monster)と呼ばれる日が近づいているのかもしれません。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ