松山英樹のメモリアル・トーナメント2017開幕前の海外メディア報道

1. SPORTING NEWS:リーダボードの1枚目に戻ってくる週になるか

スポンサードリンク

1883年に創刊された雑誌がベースとなり、現在はアメリカの有力な電子スポーツメディアとして運営されているSporting News(スポーティングニュース)が、メモリアル・トーナメントの注目選手の一人として松山英樹をピックアップしています。

Hideki Matsuyama (4) — Winner here in 2014, backed it up with a T-5 in 2015. Matsuyama also has put up an impressive resume at Augusta National. After earning five wins in a stretch of nine events from October to February, he has failed to record a top 10 since. This could be the week he finds himself back on the top page of the leaderboard.

引用元:The Memorial Tournament preview

『2014年のウィナーで、ディフェンディングだった2015年は5位タイとなっている。松山英樹はオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブでも素晴らしい結果を残してきている。10月から2月にかけての9試合で5勝を挙げた後、トップ10フィニッシュが出来ていない。今週はリーダボードの1枚めに戻ってくるかもしれない。』

ミュファフィールドビレッジの12番パー3は、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの12番パー3のレプリカのようなレイアウトであることに代表されるように、コース全体に似通った部分があります。

ミュファフィールドビレッジそのものでも好成績をおさめていること、さらにそのモデルとなっているオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブでも好成績を残していることを評価して、上位にピックしています。

2. ゴルフニュースネットはパワーランキング4番手評価

アメリカの電子ゴルフメディアであるゴルフニュースネット(Golf News Net)のパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ダスティン・ジョンソン
  2. ジョン・ラーム
  3. ジョーダン・スピース
  4. 松山英樹
  5. マット・クーチャー
  6. ジェイソン・デイ
  7. トニー・フィナウ
  8. ビリー・ホーシェル
  9. ウェブ・シンプソン
  10. アン・ビョンホン

4. Hideki Matsuyama – Matsuyama is a past champion here, and he’s got a great, albeit small, record here.

『松山英樹はここでの優勝経験があり、サンプル数は少ないが、素晴らしい成績を残している。』

世界ランク1位のダスティン・ジョンソン、先週のディーン&デルーカインビテーショナルで2位タイとなったジョン・ラームとジョーダン・スピースの2人に次ぐ4番手と評価されています。

3. 米ゴルフチャンネル電子版のパワーランキングでは5番手評価

米ゴルフチャンネル電子版のウィル・グレイによるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ダスティン・ジョンソン
  2. ジョン・ラーム
  3. マット・クーチャー
  4. ジョーダン・スピース
  5. 松山英樹
  6. アダム・スコット
  7. ジェイソン・デイ
  8. ケビン・キスナー
  9. パトリック・リード
  10. リッキー・ファウラー

松山英樹は5番手にランクされています。ウィル・グレイ氏によるコメントは以下のとおりとなっています。

5. Hideki Matsuyama: Matsuyama earned his first career PGA Tour win at this event in a playoff back in 2014, and he finished T-5 the following year in defense of his title. While he has cooled since a torrid start to the season, Matsuyama should be well-rested and tied for 22nd at TPC Sawgrass in his lone start since the Masters.

『マツヤマは2014年のこの大会をプレーオフの末に制し、PGAツアー初優勝を果たし、ディフェンディングチャンピオンとしてのぞんだ翌年は5位タイとなっている。シーズン序盤の恐ろしいほどの勢いはクールダウンしているが、休養も十分で、マスターズ以来、個人ストロークプレーでは唯一の出場であるTPCソーグラス(プレーヤーズ)では22位タイとなっている。』

ウィル・グレイ氏も継続して松山英樹の実力を評価している1人で、ウェイストマネジメント・フェニックスオープンのときもイチ推ししていました。

ですが、現在の状態が松山英樹よりも良い選手が複数いるため、5番手の評価となっています。ただ、その下にはアダム・スコット、ジェイソン・デイ、リッキー・ファウラーと名を連ねていますので、高評価であることは間違いありません。

4. マツヤマは「メモリアル・マジック」が復調につながることを期待している

international-reactions-to-hideki-matsuyama-170601

世界の各メディアに記事を配信ているロイター通信による松山英樹の記事です。

シーズン序盤のような好調さを失っていること、そしてPGAツアー初優勝を果たしたメモリアル・トーナメントが復調のキッカケになることを望んでいると伝えた上で、松山英樹の公式記者会見で話した内容を記事にしています。以下は松山英樹の話した部分の抜粋です。

“It has been an up-and-down year,” Matsuyama, 25, told reporters on a practice day at the Ohio layout. “Hopefully I’m on the upswing, but to be honest, my swing isn’t where I’d like it to be and I’m not putting very well.

“Coming back to Muirfield Village, there are some special vibes here and hopefully that will encourage my game to play much better than I have been the last couple of months.”

“I’ve been practising a lot with the center shaft putter, hoping to find something, to find a good feeling, to find something that suits me. But unfortunately I haven’t,” he said.”So I’ve gone back to my Ace putter this week and hopefully that will wake up and do some good.”

“Winning here three years ago, I didn’t realize how big a tournament this really is,” Matsuyama said. “I’ve come to realize what an important event the Memorial Tournament is.

“There’s a different feel here at the Memorial Tournament, whether it’s the course, the fans, Mr. Nicklaus hosting, it’s a special event and always will be to me.”

内容の要約は以下のとおりです。

  • 浮き沈みが激しいシーズンであること、状態が上向くことを期待しているものの、正直に話せば、ショットのスイングもパッティングも自分が望んでいるようなものではない。
  • ミュファフィールド・ビレッジには特別な雰囲気があり、それが自分のゲームを、これまでの数ヶ月よりも良い状態になるキッカケとなることを願っている。
  • 何が良い手応えをつかみたくて、センターシャフトのパターを使って練習を多くしていたもの、残念ながらそうできなかった。なので、今週はエースパターに戻していて、それが良い方向にいくことを願っている。
  • 3年前にここで勝ったときには、その大きさを良くわかっていなかった。このトーナメントがいかに重要なものであるかを、今はより一層分かるようになった。
  • コース、ファン、ニクラスがホストであることなど、メモリアル・トーナメントには違った雰囲気があり、それがいつも私にとっては特別なものです。

世界ランク4位のため当然ではあるのですが、抱き合わせ、寄せ集めのような記事ではなく、単独の記事で松山英樹の公式記者会見で話した内容が世界中に配信されています。

メモリアル・トーナメント2017における松山英樹の海外メディアによる報道は以下のページにも更新しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ