松山英樹は世界のゴルフシーンをリードするヤングガン!ツアーチャンピオンシップ2015終了後にジェイソン・デイが言及

松山英樹は世界ランク14位、フェデックスカップランキング16位、賞金ランキング15位という、プロ転向3年目、PGAツアー挑戦2年目にして素晴らしい成績を残してシーズンを終えました。

優勝こそなかったものの、獲得した賞金は375万8619ドル(約4億5317万6692円)で日本人ゴルファーとしては国内外でダントツの歴代トップ、さらにフェデックスカップのボーナス賞金24万2500ドル(約2921万円)も獲得しているため、2014-15シーズンのPGAツアーで約4.8億円を獲得しています。

このように名実ともに世界のトッププレイヤーとなった松山英樹ですが、同じPGAツアーメンバーで今季5勝をあげたジェイソン・デイがともに世界のゴルフシーンを牽引していくヤングガンの一人として松山英樹の名前を挙げています。

スポンサードリンク

ジェイソン・デイが全米プロゴルフ選手権終了後に続き松山英樹をライバルとして言及

スカイスポーツ(SKY SPORTS)のFive things we learned from the Tour Championship in Atlantaという記事の中で松山英樹を紹介しています。

その記事の中で”It’s a young man’s game … mostly!”、つまりもう若い選手たちのゲームになったとして以下のように書いています。

Spieth is 22, world No 2 Jason Day is 27 and Rory McIlroy is 26, while the likes of Rickie Fowler (26), Daniel Berger (22), Hideki Matsuyama (23) and Danny Lee (25) have enjoyed outstanding PGA Tour campaigns.

以下は管理人による翻訳です。


スピースは22歳、世界ランク2位のジェイソン・デイが27歳、ローリー・マキロイが26歳、そしてリッキー・ファウラーが26歳、ダニエル・バーガーが22歳、松山英樹が23歳、ダニー・リーが25歳で、彼らはPGAツアーで傑出した成績を残している。


若き7人のプレイヤーがツアーチャンピオンシップに進出したことからもわかるように世界のゴルフシーンは若い選手が牽引する時代になりつつあるとして、松山英樹の名前が言及されています。

続いて、ロイター(REUTERS)のラリー・ファイン(Larry Fine)がFuture of golf in good hands with new ‘Big Three’ on topと題した記事の中で、ジェイソン・デイが世界のゴルフシーンをリードしていくヤングガン(若き大物)として松山英樹の名前を挙げたことを紹介しています。

ジェイソン・デイは以下のように話したと、その記事では紹介されています。

Day, who like Spieth has registered five wins in 2015, noted there were other young guns.
“Golf is in good shape,” said the Australian. Not only with myself and Jordan, but Rory, Rickie (Fowler) … Danny Lee and (Hideki) Matsuyama.”

以下は管理人による翻訳です。


スピースと同様に2015年に5勝したジェイソン・デイはその他のヤングガンたちについても言及した。「ゴルフ界は良い状態にあると思う。私とジョーダン・スピースだけでなく、ローリー・マキロイ、リッキー・ファウラー、ダニー・リー、松山英樹がいる。


ジェイソン・デイは全米プロゴルフ選手権の優勝会見でも、これからのライバルとして松山英樹の名前を挙げていたのですが、ツアーチャンピオンシップ終了時点でも再び松山英樹の名前を出しています。(参考記事:ジェイソン・デイが全米プロゴルフ選手権2015の優勝記者会見で松山英樹をライバルの一人として名前を上げる)

メジャーを制し、今季PGAツアー5勝を挙げたジェイソン・デイがライバルとして松山英樹を意識し、認めていることの証拠でもあります。

このロイターの記事に載っているジェイソン・デイの言葉は抜粋引用で、正確な会見でのやりとりは以下のとおりとなっています。以下はASAP SPORTSからの引用です。

Q. What do you make of the year that the two of you have put together here, just for golf in general? It’s pretty rare to have two guys win five.

JASON DAY: I think golf is in good shape. Not only with myself and Jordan, but Rory, Rickie, the two guys that played behind us with Danny Lee and Matsuyama. I think golf is in a good spot.

以下は管理人による翻訳です。


質問:ゴルフ一般のことで、あなたたち2人(デイとスピース)のこの1年をどのようにまとめることができますか?2人の選手が1年間に5勝するのはとても珍しいことですが。

ジェイソン・デイ:ゴルフ界はとても健全な状態にあると私は考えています。私とジョーダン・スピースだけでなくローリー・マキロイとリッキ・ファウラー、そしてその2人の後を追っているダニー・リーと松山英樹がいる。ゴルフはとても良い状態にあると思います。


ジョーダン・スピースとジェイソン・デイがそれぞれ5勝したこの1年について質問をされたのですが、その答えとして私たち2人だけではなく、ローリー、リッキー、ダニー、そして松山英樹がいることで世界のゴルフシーンはとても良い状態にあると述べています。

ジェイソン・デイが松山英樹について直接聞かれたわけではないにも関わらず、自ら名前を出していることからも、将来にわたるライバルとして、かなり意識し、評価していることが伺えるコメントです。

そしてそのような場で松山英樹の名前が出ても、海外メディアも違和感を覚えないレベルに達している松山英樹です。

ビッグ3と比較しないと欠点が見つからない松山英樹

プレー内容の様々なスタッツが世界のトップクラスとなり、ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイ、ローリー・マキロイと比較をしないと欠点を探せないくらいハイレベルな領域に到達しています。

現在のビック3と比較すれば、どのトッププレイヤーにも当然のごとくに欠点が見つかるのですが、他のトッププレイヤーとは大差がなく、この3人と比較しないと欠点らしい欠点が見つからなくなりつつあるというのが松山英樹の現状のレベルです。

ジェイソン・デイは2010年5月に1勝目をあげたのですが、2勝目をあげたのは2014年2月と3年9ヶ月を要しています。

リッキー・ファウラーは2012年5月に初優勝しましたが、2勝目は2015年5月で3年を要しています。

ジョーダン・スピースは2013年7月に初優勝し、2015年3月に2勝目となっていますので1年8ヶ月かかっています。

これらの選手はPGAツアーの層の厚さ、レベルの厚さに跳ね返され続け、優勝から2勝目までに時間がかかったのですが、2勝目の後は大ブレイクしています。

松山英樹は2014年6月に優勝してから、1年3ヶ月が過ぎただけで、極端に時間がかかっているわけではありません。

もちろん弱点や課題はあるのですが、穴は次第に少なくなり、トッププレイヤーたちと遜色ないスタッツが並び始めていますので、2勝目が近づきつつあると考えられます。

世界のトップ3と比較しないと欠点が見つからないレベルにプロ転向後の2年半、PGAツアー本格参戦2年で達していることは驚異的なことで、しかも欧米のコースでプレー経験が乏しい、23歳の日本人プレーヤーが成し遂げています。

来季のさらなる飛躍に期待したいと思います。

スポンサードリンク

よく読まれています

17 Responses to “松山英樹は世界のゴルフシーンをリードするヤングガン!ツアーチャンピオンシップ2015終了後にジェイソン・デイが言及”

  1. ゆり より:

    おはようございます。
    ゆるりとした日々にはまだ遠いですねぇ(笑)。

    何かとデイ選手のコメントには松山君の名が
    出てきますねぇ。
    本当に良きライバル・いや良き友人の1人に
    なってますねぇ。
    上位争いに加わって早く一緒にペア-を組んで
    戦いたいのでしょうか。嬉しいです。

    スピ-ス・デイ・リッキ-・ダニー選手達の
    PGAゴルフ界の時代の仲間に・・と
    松山君曰く「入りたいとは思ってないし、毎試合
    良いプレ-をするだけ」・・なんってちょっと
    強がりな・・
    「僕もあそこに入りた-い」ふざけながら、
    希望を言葉に変えた・・とか。

    松山君も片足は仲間に入ってますよねぇ・
    後一歩一歩ですよねぇ。
    来季もすぐに始まります。
    その一歩の課題が見つかって早く仲間入りが
    出来ます様・一段一段歩みを進めて欲しいと
    願ってます。
    それにしても、もう早くも楽しみです(笑)。

  2. lav より:

    ifの世界ですが、
    もし松山がプロデビューをプロデビューを2014年4月、
    すなわち大学卒業後という風にしてたら、今のステータスはなかったし、2年遅れてたかもしれませんね。

    プロデビューのタイミングというのは大事で、
    ツアー選手権の初日に松山のマーカーを勤めたオリーも
    今年の3月デビューなら今ごろWeb.comファイナルだったでしょう。

    さて、ブレークスルーに至るには、
    何らかの自信が必要な気がしますね。
    練習に裏打ちされたでもなんでもいいので。

    ショットが明らかに悪いってのなら致し方ないけど、
    難コースでラフに飛んでも「俺は悪ない、コースが悪いんや」的なメンタリティがつけば2勝目も行けそうな気もしますね。

  3. ケイ より:

    golfさん、こんにちは。沢山の記事のアップ有難うございます。楽しませて頂いております。10程の投稿したい記事があるとの事で、まだ、半分くらいかと思われさぞかしお忙しいと思い、コメントを控えようかと思っていたのですが、どうにもコメントしたがりの自分が居りまして困ったもんです。(笑)
    さて、デイのコメント紹介して頂いて有難うございます。本当に嬉しいですね。以前、何処かで聞いたような気がするのですが、ネイティブアメリカンでない選手がPGAでウィナーズサークルに入るのは、生活環境の変化や言葉の壁、その他多くの違い(勿論、芝の違いや気象、コースの違いなども)があり、それに順応するだけでも並大抵の努力じゃ達成できないと言われているらしいです。しかも、そこで成績を残すという事ですから想像するだけでもゾッとします。デイはそれを1番分かっているからこそマキロイは別にしてもリー、松山プロが凄い勢いで成績を残している事にライバルでありながらも非常に嬉しいんじゃないかと勝手に思っています。そんな意味でもプレジテンツカップは大変楽しみです。アメリカは勿論強力ですが今年はナショナルチームが是非、一矢報いて欲しいですね。

  4. golf より:

    lavさん、コメントありがとうございます。
    実力がないと問題外ですが、PGAツアーで通用する実力がすでに2013年のプロ転向時点であった上に、色々とうまく歯車が噛み合ってPGAツアーの出場権獲得になったと思います。
    そしてメモリアル・トーナメントというアメリカではメジャーに次ぐ格のある試合で2年目に優勝と、故障はあったものの結果としては順風満帆と言えるものでした。
    このプロ転向3年目は成績は伸びたもの試練の1年だったと思いますが、プレーオフシリーズの4試合で「優勝するために必要な何か」を掴みつつあるような気がします。
    それはlavさんが指摘するように、ミスに対する許容範囲を大きくすることは、彼のメンタル面での課題の1つだと私も思います。
    このシーズン終盤にきて、イラツイたりする気持ちを徐々にコントロールでき始めているので、その時が近づいている気がしています。
    技術的にも、精神的にも本格ブレイクに着実に前進していると個人的には考えています。

  5. golf より:

    ケイさん、コメントありがとうございます。
    母国でないところで、しかもアメリカで認められるほどの実績を残すというのは並大抵のことではないと思います。アメリカにいた経験があるものとしては、松山のそのアジャストぶりと、残している結果を見ると、「尊敬」の一言です。
    残念ながら、それが良く理解できていない専門家もいるみたいですが(笑)。
    ジェイソン・デイはそういった生活環境や気候、コースなどの違いを克服することの難しさに加えて、松山の技術の高さをよく理解しているのだとも思います。
    凡人には想像もできないような技術的な研究・研鑽を積み重ねてと、微妙な違いに気づけるからこそトッププレイヤーになっているわけですから、松山の技術レベル、そしてメンタルの強さが余計にわかるのではないはないかと思います。
    メンタルが弱くて残せるような成績ではないので(笑)、ジェイソン・デイはそれを理解してくれているのだと思います。
    ひとつキッカケを掴めば大ブレイクしてもおかしくないので、来季が楽しみです。
    プレジデンツカップは真剣勝負ではあるものの、観る側としては少々気楽に楽しめるので、余計に楽しみです。
    実は今日書きたい記事がさらに増えたので、できればプレジデンツカップが始まる前までに何とかアップしきってしまいたいと思います(笑)

  6. golf より:

    【お知らせ – 2015/09/29 15:30】
    2015-16シーズンの松山英樹の出場予定の情報を追加しました。
    松山英樹の最新情報・トーナメント出場予定・戦績・ランキング・通算成績

  7. ゆり より:

    有り難うございます。

    5連戦、嬉しい様な心配な様な・・
    初戦フライズ、ドットコムより4戦は今季参戦して
    ますし、ノ-カットが2戦後半にあります。

    今の所体調、古傷に心配がないものと理解します・が
    無理をして古傷の方に問題が起きない事を願う
    ばかりです。
    でも毎週楽しみにしてしまう自分がいます。

  8. ねこ より:

    「ビッグ3と比較しないと欠点を見つけることができない」

    さすがの目の付け所ですね。golfさん!!
    松山プロの凄みが、本当によく伝わってきます。
    そして、彼の今シーズンの成長ぶりを
    改めて実感することができて、
    目頭が熱くなりました。 母親ですか?!笑

    「バーディーを欲しがって失敗する」と
    松山プロが語っている記事を目にしました。
    同時に、スピース選手がメンタルトレーニングしている、
    というものも。

    今季は、自分への怒りを我慢する、
    成長した姿を見せてくれるようになりました。
    また、自身がきっちり納得しないと、
    どんなことでも必要性を感じない人だから
    トレーナーなどには目が向かないのかもしれません。

    ただ、トップに上り詰めるために努力を惜しまない彼が、
    第三者の視点に触れることで、
    ほんの少しでも楽に、そこに辿り着ければ‥
    と思うのです。あ~!やっぱり母親ですー。

    プレジデンツカップ、楽しみです。
    golfさんの鮮やかな視点での記事を心待ちに。
    でも、くれぐれご自愛くださいますようお願いします。

  9. まりころ より:

    初めて書き込みします。

    試合中はiPadでライブスコアをチェックしながらTV中継がはじまるのを待ってます。
    夜中に目がさめスコアーをみたところプラス4…それが朝 にはプラス1にな ってました。
    今シーズンは終わりに近ずくほど、技術もメンタル面も成長を感じました。
    早く優勝を本人はしたいと思いますが時期がくれば必ず優勝出来るものを持ってる人だと思います。
    ステンソンの18番ホールのバディの様なプレーができるプレヤーになって欲しいと思ってます。
    試合が終わってここにお邪魔して、情報をいただいて、次の試合を楽しみにしてる松山ファンのおばちゃんです。

    このプログに出会えて仲間ができた様で、なお一層応援に力が入ってます。(笑)

  10. golf より:

    ねこさん、コメントありがとうございます。
    世界ランクのNO.1-3、しかもただのトップ3ではなく獲得ポイントで突出している3人と比較されるようなプレーヤーに、ゴルフ後進国で育ったプロ転向2年半の23歳がなったのは、快挙ではないでしょうか(笑)。世界ランク1位の選手と比較して、ここが弱点と言われる日本人プレイヤーが現れたことは、日本人にとって誇りだと思います。
    スピースにスピースに、デイにはデイにあったやり方があるように、松山には松山に合ったやり方があります。ババは自分でやるのが好きで、それでマスターズで2勝し、世界ランクでもトップ5に入るわけですから、誰にでも当てはまる絶対的な正解というのは存在しないと思います。
    自分がベストだと思う方法でチャレンジすれば良いと思いますし、実際に結果も出ていますし、更に良くなる兆候もありますので、来季が楽しみです。
    お気遣いありがとうございます。身体に気をつけながら更新し続けます。

  11. golf より:

    まりころさん、コメントありがとうございます。
    誰しも本当の成長する直前、大きく飛躍する直前には、こういうもどかしい時期がつきものなのですが、松山にとって今シーズンはそうなのかなという気がします。
    こういう停滞感を感じる時期(すごい結果は残しているのですが・・・)に努力した内容は、運が巡ってきた時に大きく花咲くと思います。
    着実に成長しているので、そう遠くない時期に勝ってくれるのではないかと思います。
    継続して応援していきますので、今後もよろしくお願い致します。来季が楽しみです(笑)。

  12. golf より:

    ゆりさん、コメントありがとうございます。
    多くのコメントがあり、返信していないことに気づけませんでした^^;
    5連戦は確かに心配なのですが、世界のトッププレイヤーで海を越えた連戦をやっている選手もいるので、それを意識してチャレンジしようとしているのかもしれません。
    私も心配ですが、出る以上は期待してしまうのは、全く同じです。
    飯田トレーナーとうまく調整しながら、的確に決断してくれると信じたいと思います。

  13. シン より:

    初めてコメします。
    いつも楽しみにブログ拝見させていただいています。
    「そしてそのような場で松山英樹の名前が出ても、海外メディアも違和感を覚えないレベルに達している松山英樹です。」
    的確な考察ですね!
    まさしく!私もそう思います。
    ここしばらく月曜日は
    寝不足でしたが、束の間の休息と松山の試合がない淋しさのハザマで来年度の活躍を期待してます。
    松山はほんと別格。頑張れ松山!

  14. golf より:

    シンさん、コメントありがとうございます。
    世界最高峰のPGAツアーでトップ10の回数が9回で6位タイという実績を見るだけでも、松山英樹がプレーヤーとして傑出していることがわかると思います。
    そして海外メディアの方が日本メディアよりシビアに数字や実績を見るので、松山を認めるざるを得ないのだと思います。
    優勝こそありませんでしたが、着実にその時が近づいていると思います。来季が楽しみです。

  15. まり より:

    すみません(笑)。
    気になったので、チョッとだけコメントさせて下さい。
    今回のデイ選手もそうですけど、他の若い選手(スピースとか)からも、パトリック・リードの名前が挙がらないのは何故なんでしょうね。
    発言や態度が若干問題になってるから?
    最近こそ目立った成績は上げてないですけど、成績自体は結構いいとこいってるって見てるんですけど。
    前から不思議に思っていたので、golfさんの見識を伺いたいです。

  16. golf より:

    まりさん、コメントありがとうございます。
    パトリック・リードは発言や態度が問題になっているからだと思います(笑)。
    実力はあると思いますが、ゴルフプレイヤーとしてはアクが強いタイプなので、ゴルフファンだけでなく、プレイヤーからも受け入れ難いのかもしれませんね。

  17. まり より:

    golfさん、返信ありがとうございます。
    やっぱりそうなんですね(笑)。
    チョッと不自然な位、話題に上らないので。
    ゴルフに限らずですけど、人間性って大事ですね。
    ※このコメントに対する返信は不要です。

コメントを残す

このページの先頭へ