丸山茂樹が語るアメリカメディアの松山英樹への評価 『タイガー・ウッズを思わせる選手』

松山英樹が優勝争いを繰り広げるたびに感じるのは、丸山茂樹が3年連続でPGAツアーで勝利をしていることの凄さです。

PGAツアーでは丸山茂樹が3勝、青木功、今田竜二、松山英樹が1勝となっていることからも、その実績面で1つのカベを打ち破った日本人プレーヤーでした。

その丸山茂樹がヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ2015終了後に週刊朝日(2015年1月30日号)で、現地のテレビ中継で松山英樹について話されていた内容を記事にしていました。

現地テレビ中継で松山英樹のショットが高い評価を受ける

スポンサードリンク

丸山茂樹はヒュンダイトーナメント開催時には、ロサンゼルスに戻っていて、テレビ観戦をしていたようです。

その週刊朝日の記事では以下のような内容を伝えていました。

相当アプローチに磨きがかかってました。意識して練習を積んだんでしょう。ショットのクオリティーはもともと折り紙付きで、こっちのテレビのアナウンサーや解説者は「タイガー・ウッズを思わせる選手だ」って言ってました。僕も同感です。

アメリカのテレビ局の解説や実況は全米向けの放送のため、日本人向けにリップサービスをする必要がありません。

「タイガーといえばショートゲームの名手だったのに・・・」とジョーダン・スピースがフェニックスオープンで口にしていたように、ショートゲームはタイガー・ウッズの大きな強みの1つでした。

タイガー・ウッズは現在は不調ですが、現時点でもPGAツアー79勝、メジャー14勝を成し遂げたゴルフ界のレジェンドです。

松山英樹のアプローチやショットを見ていた現地の解説者たちが「タイガー・ウッズを思わせる選手だ」と評していることは、ほぼ絶賛に近いと言えるもので、日本人が想像する以上に高い評価を受けていると言えるのではないでしょうか。しかし、日本で「松山英樹はタイガーを思わせる選手だ」とは耳にしたことがありません。

また丸山茂樹はこのコラムでは手厳しい指摘をすることも少なくないのですが、タイガー・ウッズのショットを間近に見たことがある丸山茂樹が「同感」と評価していますので、松山英樹のショットはかなりのレベルにあると考えて良さそうです。

さらに丸山茂樹は以下のような内容を伝えています。

「いままでの日本選手とはスケールが違う」なんて話もしてましたね。日本人といえば球が上がらなくて、飛ばなくてみたいな印象なんでしょうけど、英樹は違う。高い球を駆使して、パワフルなゴルフができる。現代のゴルフの申し子みたいなもんです。

この週刊朝日での丸山茂樹のコラムは一読の価値が有るものが多く、面白いのでオススメです。

学生時代にテニスをやっていたこともあり、錦織圭にもずっと注目していたのですが、彼がトップ10にもほと遠い時期に『世界のトップ10、トップ5に入る可能性がある選手だ』と、海外メディアがその実力と才能を先駆けて評価していました。

ですが、日本では「故障が多い」「メンタルが弱い」などと評価されていて、懐疑的な声が少なくありませんでしたし、そもそも報道されること自体が少なかったことを覚えています。

松山英樹に対する海外メディアの評価を見ていると、その錦織圭の大ブレーク前の時と似たような雰囲気があり、どちらかと言えば日本メディアのほうが、実力と才能に懐疑的なスタンスのような気がします。

ウェイストマネジメントフェニックスオープンを終えた時点の松山英樹のショット関連のキースタッツ

ウェイストマネジメントフェニックスオープンを終えた時点の松山英樹のショット関連のキースタッツのランキングは以下のとおりです。

  • ストロークゲインド・ティー・トゥ・グリーン:+1.522(9位)
  • トータルドライビング:95(10位)
  • ボールストライキング:34(7位)
  • オールアラウンドランキング:386(8位)

ストロークゲインド・ティー・トゥ・グリーンはショットのスコアへの貢献度を示すスタッツでPGAツアー全体で9位です。

トータルドライビングは、ドライビングディスタンスのランクとファアウェイキープ率のランクを足して算出するのですが、それぞれ39位と56位のため「95」となり、PGAツアー全体で10位となっています。

つまりティーショットの飛距離と精度の総合力でPGAツアートップクラスということです。

ボールストライキングとは、先ほどのトータルドライビングの順位とパーオン率の順位を足して算出するもので、それぞれ10位と24位のため「34」となります。この数字が全体で7位にランクされていて、ショット全体の正確性でPGAツアートップクラスということを示しています。

オールアラウンドランキングとはスコアリング、イーグル数、バーディ数、サンドセーブ率、パーオン率、ドライビングディスタンス、ファアウェイキープ率などのそれぞれの順位を足したもので、プレーヤーの総合力を示しているのですが、松山英樹は8位となっています。

アメリカでの取材歴が長く、ゴルフ世界殿堂選考委員、GWAA(米ゴルフ記者協会)会員、米国ゴルフマガジン世界トップ100コース国際評議委員を務める佐渡充高さんが、頻繁にこのようなスタッツを解説していますが、それはアメリカのスポーツの専門家はこのようなスタッツを分析することが一般的だからです。

こういった数字をアメリカの専門家たちは細かく見た上で、松山英樹のプレーに注目しているのであり、アメリカのゴルフチャンネルが”Japanese Phenom(日本の天才)”という表現を使っているのです。

パッティングが課題ではあるものの、昨シーズンの終盤よりは良くなってきていて、ストロークゲインド・パッティングは+0.272で69位と、もうひと押しのところまで調整してきています。

松山英樹は、マスターズやシーズン終盤を目指して調整をしたり、いろいろ試したりしている段階のはずですが、それでも優勝争いに絡めているという状況で、本人が「やりたいことはできていなくても、ミスをしなければ優勝争いができる」と話していたとおりの結果になっています。

まだPGAツアーで日本人の誰もが成し遂げていない「PGAツアーの1シーズン複数回優勝」「世界ゴルフ選手権、プレーヤーズ選手権のビックタイトル獲得」「フェデックスカップ年間王者」「四大メジャー制覇」のカベを破ってくれることを期待しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

11 Responses to “丸山茂樹が語るアメリカメディアの松山英樹への評価 『タイガー・ウッズを思わせる選手』”

  1. けいこ より:

    おはようございます
    丸山pの このコラム読みました
    でも こうしてgolfさんの 詳細な数字 データーを拝見すると 
    今更ながら 松山pの 凄さを感じます 
    佐渡さんの解説も 解りやすく数字に元ずいた 話をされるので 見ていて 楽しいです
    それに引き換え 日本のメディアは 失速 力不足と 否定的なコメントばかり
    見出しを見ただけで悲しくなります 松山pの心を思うと 涙が出そうになります
    でも 錦織圭君 では ありませんが 今に見ておれです。
    きっと日本中を アッと 言わせる日が来る事を 信じています
    次の試合 楽しみです 頑張れです。

  2. golf より:

    錦織圭は今でこそ多く報道されていますが、一部のファン以外は試合に出場していることすら知られていない時期もあり、その頃は、ATPツアーの公式サイトでトーナメントのエントリーを確認したりしていました。

    プロなので結果を残すことで実力を証明していけば、いろいろな風向きも変わると思います。錦織圭も結果を残すことで、変えましたので。

    松山英樹もやってくれると思います。

  3. けいこ より:

    本当ですね 
    何年か前に TVで見たときは まだ話す言葉も 子供のようで 可愛い子だなと 思っていたら 今では世界の 錦織圭 英語もペラペラで
    カッコイイ大人になっていました(笑)
    松山pも きっとそうなつてくれると信じています
         有難うございました。

  4. ゆり より:

    お疲れ様でした。。

    毎回・丸山プロのコラム欄を目にしてます。
    とっても温かい言葉で松山君を声を大にして・見守ってくれてる事が嬉しくつい「ウルウル」する事が有ります。

    佐渡さん・森永さん・桂川氏の優しい眼差しで松山君を
    見て下さってる事が嬉しいですね。

    日本のスポ-ツニ-スも・余り話題にしてませんが
    残念に思ってます。

    急がず・一段一段歩みを進めて行って欲しいです。
    きっと・絶対努力の成果が優勝に結び付き・
    「メジャ-」をも勝ち取ってくれるでしょう。

  5. golf より:

    目立ったところでは、NHKのニュースウォッチ9が昨日多少扱っていたくらいですかね。
    スゴイんですけどね。PGAツアーで2位タイは。しかも、かなりフィールドが強くて、2014-15シーズンではWGC-HSBCチャンピオンズとヨーロッパツアーの最終戦であるDPワールド・ツアーチャンピオンシップに続いて、3番目に世界のトップランカーが多く出場したトーナメントでした。
    そのフィールドの強さの中で2位タイであり、しかもそれ以下の選手が130名もいるわけですから。
    2015年に出場した3戦で2回も優勝争いをしている選手です。もっとその凄さと素晴らしさが伝わると良いのですが。
    とにかく変わらずに応援し続けていきます。彼はやってくれると思います。

  6. 名古屋嬢 より:

    正直今のマスコミの取り上げ方くらいが集中してプレーする上ではいいのではないかと思います。

    日本のマスゴミが今まで何人の若者を成熟する前に囃し立て潰してきたか。まさしくi君がそうなように。

    錦織は海外をベースにすることにより成功したのは間違いないことだと思います。

    松山英樹が全日本人により認知されるのはメジャーを取った時で十分だと思います。
    本当に将来が楽しみでしょうがないですね。

  7. golf より:

    コメントありがとうございます。松山英樹本人は周りの評価を気にしないタイプなので、「世界No.1になるためには、メジャーを獲るためにはどうすれば良いのか」しか考えていないかもしれません。
    現時点で疑いようのない実力がすでにあって、かなりの高いレベルでのプレーが出来るにも関わらず、さら上を目指して日々研究し練習しているので、数年後には誰もが認めざるをえない揺るぎない結果を残していると思います。非常にクレバーな選手なので、うまくいったことも、うまくいかなかったことのすべてが糧になっていくと思います。世界ランクNo.1、メジャー制覇をいつかやってくれると思って、応援しています。本当に楽しみです。

  8. sandy より:

    丸山氏のコラム 読ませて頂きました。 小生も60歳を過ぎ 大変GOLF PLYを楽しんでおります。 松山君のPGAでの活躍も 毎週 楽しみにNETで拝見しております。 松山くんは、もともと 学生のころから 大変活躍をしていましたが 現在のように USAでの評価が高いことに うれしい限りです。 今年は昨年以上に 活躍しているし、もう少しで優勝のところに来ているのに なかなか勝てないですが、 これからメジャー
    に向けて さらに優勝回数を増やしていくことを 願っています。 
    茨城の SUNDY より

  9. golf より:

    SUNDYさんコメントありがとうございます。PGAツアーで活躍できるような日本人プレーヤーが出てきたことは、本当にうれしい限りです。日本人には半ば無理と思われた扉をこじ開けようとする選手は年齢、性別を問わず応援したくなります。松山英樹はマスターズでのローアマを獲得してから、いつプロに転向するのだろうと気にはなっていたのですが、転向後すぐに結果を残したのには驚かされました。
    本当にカンバってもらたいです。

  10. Big X より:

    PGAの結果を詳細且つ迅速にUPしてくれるので、特に日本人選手が出場する試合の時には、よく拝見しています。
    高齢化で人口減少社会の日本ではゴルフは衰退産業とも言われているので、メディアの扱いが低いのは仕方がないのかも知れません。しかし松山には是非とも4大メジャーに勝ってほしいと、私もgolfさん同様願っています。
    因みに、「日本のタイガー・ウッズになるのかも?」と、彼がプロ転向した2013年に、その才能を見抜いたプロがいます。ジャンボ尾崎です。「怪物 松山」というタイトルでブログにUPして、絶賛しています。「私が人生他人を羨ましく思うのは、初めて」とも語っています。あまり話題になりませんでしたが・・・。

  11. golf より:

    コメントありがとうございます。
    世界のトップで活躍するプレーヤーが1人出れば、そのスポーツへの人気と関心も一気に高まり、マーケットも大きくなりますので、ゴルフもそうあってほしいと願っています。
    ジャンボ尾崎が、松山英樹についてそのような内容を書いていたとは知りませんでした。探して読んでみようと思います。貴重な情報ありがとうございます。

コメントを残す

このページの先頭へ