松山英樹が三井住友VISA太平洋マスターズ出場へ!2016年内の出場予定について

matsuyama-schedule-20161017_catch

松山英樹が見事にプロ転向後初出場となった日本オープンゴルフ2016を制しました。

世界ランクについてはPGAツアーの結果に左右されるため確定ではありませんが、世界ランク13位前後に上昇する見込みで、期待されるのは年内にさらに世界ランク上昇させトップ10の壁を破ることです。

そうなってくると気になるのが、今後の出場予定です。その松山英樹の2016年の残り2ヶ月半の出場スケジュール、予定についてまとめています。

スポンサードリンク

2016年の10月以降は太平洋を股にかけるスケジュールに

松山英樹の今後の出場予定について東北福祉大学の阿部靖彦監督が以下のようにコメントしています。

阿部監督は、松山の国内次戦について「三井住友VISA太平洋マスターズに出ると思います」と明かした。アマチュア時代の11年にツアー初優勝を果たした大会でV候補筆頭格になりそうだ。

引用元:松山、国内次戦「VISA太平洋」東北福祉大恩師・阿部監督が語る(スポーツ報知)

例年どおりであれば所属契約を結ぶダンロップの主催するダンロップフェニックストーナメントに出場するのですが、そのことについては以下のようにコメントしています。

阿部監督は「ベストの状態でW杯に出るために、ダンロップさんにはご理解をいただきました」と話し、総合契約を結ぶダンロップスポーツ社の大会で、3年連続出場していた11月17日開幕のダンロップフェニックス(フェニックスCC)は欠場する予定。

引用元:松山、国内次戦「VISA太平洋」東北福祉大恩師・阿部監督が語る(スポーツ報知)

そのため3年連続出場していた11月17日からのダンロップフェニックストーナメントは欠場することが濃厚となりました。

他に出場を予定しているのが10月20日からマレーシアで開催されるPGAツアーのCIMBクラシック、そして10月27日から開催の世界ゴルフ選手権シリーズの一つであるWGC-HSBCチャンピオンズとなっています。

その後、阿部監督が明かしたとおりのスケジュールとなれば、1週オープンウィークを挟んで日本ツアーの三井住友VISA太平洋マスターズに出場し、11月24日からオーストラリアのメルボルンで開催されるワールドカップ・オブ・ゴルフ(国地域別対抗戦W杯)することになります。

そして現在はまだ確定していないのですが、日本オープンの優勝で世界ランクが上昇することに伴い、タイガー・ウッズ主催で12月1日からバハマで行われるヒーローワールドチャレンジに招待されることが濃厚となりました。

ヒーローワールドチャレンジは今年の4大メジャーの優勝者4人と、それらの選手を除いた世界ランク上位11名が招待されることになります。

今年のメジャー覇者はダニー・ウィレット、ダスティン・ジョンソン、ヘンリク・ステンソン、ジミー・ウォーカーの4人ですが、このうちウォーカーを除く3人が松山英樹よりも上位の世界ランクトップ10となっています。

またワールドカップ・オブ・ゴルフを腰痛のため欠場するジェイソン・デイはその翌週のヒーローワールドチャンレジンに出場するとは考えにくく、ロリー・マキロイも例年通りであれば出場をしません。

松山英樹は日本オープン優勝で世界ランクが13位前後に上昇することが予想されるため、2014年と2015年に続き3年連続で招待される確率が高まっています。

ヒーローワールドチャレンジと同じ週には日本ツアーのゴルフ日本シリーズJTカップが開催され、日本オープン優勝で出場権を獲得しています。

そのためヒーローワールドチャレンジに招待されると日程がかぶることになるのですが、タイガー・ウッズが復帰戦として予定しているワールドチャレンジを優先する可能性が高そうです。

これらの情報をまとめた2016年内の松山英樹の出場予定・スケジュールは以下のとおりとなっています。

【松山英樹の2016年年内の出場予定】

  • 10/20-23 PGA:CIMBクラシック(マレーシア)
  • 10/27-30 WGC:WGC-HSBCチャンピオンズ(中国・上海)
  • 11/10-13 JGTO:三井住友VISA太平洋マスターズ(日本)
  • 11/24-27 ワールドカップ・オブ・ゴルフ(オーストラリア)
  • 12/01-04 ヒーローワールドチャレンジ(バハマ) or ゴルフ日本シリーズJTカップ(日本)?

ワールドカップ・オブ・ゴルフは世界ランクの対象外ですが、それ以外はすべて世界ランクのポイントが獲得できるトーナメントとなっています。

例年どおりに三井住友VISA太平洋マスターズにババ・ワトソンが出場すれば、松山英樹の世界ランクも高いため世界ランクのポイント設定も上がります。

優勝ポイントも24-26ポイントくらいになるのではないかと予想されますので、そこで優勝すれば、さらに世界ランクトップ10が見えてきます。

またCIMBクラシックでは昨年単独5位となるなど結果を残していますので、ここでも十分に期待ができます。

日本のエース、日本のゴルフ界の宝である松山英樹の今後から目を離さないほうが良さそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ