松山英樹がPGAツアー初優勝!ザ・メモリアルトーナメント2014の最終日

松山英樹がザ・メモリアルトーナメント2014の最終日のプレーを終えました。

松山英樹はこの最終日に8バーディ・1ダブルボギー・3ボギーと出入りが激しいゴルフながらも3つスコアを伸ばして、通算13アンダーの首位タイでフィニッシュしました。

そして同じく13アンダーで並んだケビン・ナとのプレーオフ1ホール目に、ケビン・ナに競り勝ち、PGAツアー初優勝を手にしました。

またザ・メモリアルトーナメントのタイガー・ウッズの記録を破る史上最年少優勝となりました。また日本人プレーヤーのPGAツアー優勝者としては青木功、丸山茂樹、今田竜二に続く4人目となりました。

その結果、松山英樹は優勝賞金116万7868ドル(約1億1364万円)フェデックスカップポイントを500獲得し、今シーズン通算で228万3868ドル(約2億3236万円)、1125ポイントとしました。

またフェデックスカップランキングでは14位に一気に浮上しています。

また世界ランキングのポイントは64ポイントを獲得していますので、世界ランキングでもトップ10前半の12位から14位くらいに上昇することが予想されます。

さらに今回の優勝の特典として2015年マスターズの出場権、そして2015-16年シーズンまでのシード権を獲得しています。さらに来年頭に開催されるツアー優勝者だけが参加できるヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズの出場権を獲得しています。

その松山英樹のザ・メモリアルトーナメント2014の最終日のホールバイホールやキースタッツなどをまとめています。

スポンサーリンク

終盤に崩れかかるも18番で粘った松山英樹

松山英樹のザ・メモリアルトーナメント2014のホールバイホールは以下のとおりとなっています。

ザ・メモリアルトーナメント2014の松山英樹の4日間のホールバイホール3

首位だったバッバ・ワトソンが終盤になってティーショットがブレてしまい、アダム・スコットも崩れてしまう中、松山英樹は一時は15アンダーまで伸ばしての単独首位になりました。

しかし、16番で痛恨の池ポチャでダブルボギー、そして17番ではアプローチをミスしてしまいボギーとしい、一気に3つ落としてしまい、先にホールアウトしていたケビン・ナの下になってしまいました。

しかし、パー4で平均スコアが4.338で多くの選手がパーでもしのげない18番でバーディを奪って、プレーオフに持ち込みました。

続いて観戦メモです。

ザ・メモリアルトーナメント2014の松山英樹の第4ラウンドの観戦メモ2

8つのバーディを最終日に奪えるのは素晴らしいことです。終盤はさすがに優勝争いのプレッシャーか、崩れかかりましたが、一番難易度が高い18番ホールで4日間連続となるバーディを奪って、再び並ぶあたりはさすがと言わざるをえません。

プレーオフでは18番ホールでティーショットを打ってクラブをおろした際に、中継マイクにあててドライバーを折ってしまいました。そのためプレーオフではドライバーを使えない状態でした。

そのプレーオフ1ホール目の18番ではティーショットをバンカーに入れしまったのですが、相手のケビン・ナがクリークに入れてウォータハザードとなってしまいました。

松山英樹はバンカーからのセカンドショットをグリーン左に大きく外しましたが、ギャラリーにあたりボールがとまる幸運に救われ、ケビン・ナも1ペナのあとのクリーク横からのショットもグリーンを捉えられず、アプローチ勝負となりました。

ケビン・ナのアプローチは寄り切らず、松山英樹はバンカー越えの難しいアプローチを3.1メートルにつけました。松山英樹が先にそのパーパットを沈め、プレーオフ1ホール目でケビン・ナを破って、PGAツアー初優勝を飾りました!!

松山英樹の初優勝の動画(PGAツアー公式Youtubeチャンネル)

*池ボチャ・18番バーディなど見れます。

全米オープンに向けても期待が高まる松山英樹

松山英樹はバッバ・ワトソンとアダム・スコットという世界のトップ5で、ここ3年間のマスターズチャンピオンを競り落としてプレーオフに進み、さらに優勝したことは、今後の財産になっていくことは間違いありません。

また前週の自滅して、優勝争いから離脱してしまった経験も十二分に活かせていました。

松山英樹は世界でもトップクラスのプレーヤーになる階段を登りつつあると言えるのではないでしょうか。次週は休養をとりますが、メモリアルトーナメントはメジャーに近いフィールドの強さの中で、この結果ですので、6月12日からの全米オープンが本当に楽しみです。

これ以上ない結果でメジャータイトルに挑戦することになりますし、この優勝で注目を浴びながらのプレーとなりそうです。

ザ・メモリアルトーナメント2014の最終結果

R Player SC Prize Pts
1 松山 英樹 -13 $1,116,000 500
2 K.・ナ -13 $669,600 300
3 B.ワトソン -12 $421,600 190
4 C.カーク -10 $272,800 123
4 A.スコット -10 $272,800 123
6 S.ストリッカー -9 $215,450 95
6 B.カーティス -9 $215,450 95
8 T.オールセン -8 $167,400 75
8 B.ハース -8 $167,400 75
8 L.ガスリー -8 $167,400 75
8 B.トッド -8 $167,400 75
8 C.シュワルツェル -8 $167,400 75
13 S.ブラウン -7 $124,000 59
13 P.ケイシー -7 $124,000 59
15 J.オールレッド -6 $102,300
15 M.クーチャー -6 $102,300 55
15 R.マキロイ -6 $102,300 55
15 B.ホーシェル -6 $102,300 55
57 石川 遼 +1 $13,764 12

スポンサードリンク

よく読まれています

2 Responses to “松山英樹がPGAツアー初優勝!ザ・メモリアルトーナメント2014の最終日”

  1. ゆり より:

    松山君・本当に本当に「優勝」おめでとう!!!そして有り難う。。
    ダブルボギーした時はどっと疲れがでましたが「笑」。
    「全米オープン」に大きな大きな自信になりました。
    今週はゆっくりこの喜びを噛み締めて下さいね。。
    私も「ぼ~とした頭と・赤く腫れた目」を元に戻したいと思います「笑」。。
    本当におめでとう~~!!

  2. golf より:

    ダブルボギーの時には早朝にかかわらず絶叫し、18番のバーディで再び絶叫しました(笑)

    いつか優勝してくるとは思っていましたが、こんなに早く優勝してくれるとは思いませんでした。この1勝にとどまらずに、松山英樹には世界のトッププレーヤーになってもらいたです。

このページの先頭へ