松山英樹が各海外メディアで上位の優勝候補に!メモリアル・トーナメント2016の優勝予想のまとめ

松山英樹がPGAツアー公式サイトのパワーランキングでジョーダン・スピースに続く2位に選ばれるなど、高い評価を受けています。

そしてそれは他の海外メディアでも同様で、ザ・メモリアル・トーナメント2016の事前予想で有力な優勝候補の一人として松山英樹の名前が出ているという状況です。

その海外メディアでの松山英樹のメモリアル・トーナメント開幕前の評価をこのページではまとめています。

スポンサードリンク

目次

このページの目次です。

ゴルフチャンネル:パワーランキング5位

アメリカのゴルフ専門チャンネルのWill Grayによる優勝予想であるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ロリー・マキロイ
  2. ジェイソン・デイ
  3. マット・クーチャー
  4. 松山英樹
  5. ダスティン・ジョンソン
  6. ババ・ワトソン
  7. リッキー・ファウラー
  8. チャール・シュワルツェル
  9. パトリック・リード

5. Hideki Matsuyama: Matsuyama earned his first Tour win here in 2014, then followed with a T-5 finish last year. A winner earlier this year in Phoenix, he has finished T-11 of better in four of his last five starts overall.

管理人訳『2014年のメモリアル・トーナメントでPGAツアー初優勝を果たし、続く昨年は5位タイという成績を残している。今年序盤のフェニックストーナメントに優勝し、最近の5試合中4試合で11位タイ以上の成績を残している』

米Yahoo!SPORTS Preview:3位

アメリカYAHOO!SPORTSのRyan O’Sullivanによるザ・メモリアル・トーナメント2016の事前予想は以下のとおりとなっています。

  1. ロリー・マキロイ
  2. ジョーダン・スピース
  3. 松山英樹
  4. ジェイソン・デイ
  5. マット・クーチャー
  6. リッキー・ファウラー
  7. ダスティン・ジョンソン
  8. クリス・カーク
  9. ラッセル・ノックス
  10. ジェイソン・ダフナー
  11. ウェブ・シンプソン
  12. チャール・シュワルツェル
  13. ババ・ワトソン
  14. フィル・ミケルソン
  15. トニー・フィナウ

3. Hideki Matsuyama – Quite frankly, he’s your one-and-done selection this week if he’s available. All he’s done in eight rounds at Memorial is break par in every round and post a win in 2014 and a T5 in 2015. He’s also gone T7-T11-T7 in his last three starts.

管理人訳『もし彼を選ぶことができるならば、率直に言って彼がワンアンドダンのセレクションだ。メモリアル・トーナメントでの全8ラウンドはすべてアンダーパーで2014年に優勝、2015年は5位タイとなっている。また彼は最近の3試合で7位タイ、11位タイ、7位タイという成績を残している。』

FANSIDED – PRO GOLF NOW:1位

Progolfnow_Memorial2016

アメリカのスポーツファンサイトであるFANSIDEDで運営されているPRO GOLF NOWのSam Beldenによる事前予想は以下のとおりとなっています。

  1. 松山英樹
  2. ジャスティン・ローズ(欠場)
  3. ジョーダン・スピース
  4. ジェイソン・デイ
  5. マット・クーチャー
  6. ロリー・マキロイ
  7. ダスティン・ジョンソン
  8. リッキー・ファウラー
  9. ダニエル・バーガー
  10. クリス・カーク

The man from Japan has transformed from an intriguing young phenom to one of the PGA TOUR’s most consistent players. Matsuyama has found the top 20 in each of his last five starts and has posted four top 11s over that stretch, including a tie for seventh at THE PLAYERS Championship. The 2014 Memorial Tournament champ, he’s found the top five in both of his appearances at Muirfield Village and continues to come into his own as one of the world’s elite players. Look for him to contend for the win well into Sunday afternoon.

管理人訳『日本からやってきたこのプレイヤーは興味をそそる若き才能あるプレイヤーからPGAツアーで最も安定感のあるプレイヤーへと変貌した。マツヤマは最近の出場5試合はすべてトップ20フィニッシュで、そのうち4試合はプレイヤーズの7位を含むトップ11フィニッシュだ。2014年のメモリアル・トーナメント覇者は、ミュアフィールドビレッジでの2回の出場でいずれもトップ5フィニッシュをし、世界のエリートプレイヤーの一人として真価を発揮し続けている。日曜日の午後に彼が優勝争いをすることになるだろう』

Breacher Report:Winner

Breacher Report_Memorial2016

アメリカの電子スポーツメディアであるBreacher ReportのBen Alberstadtによる“Preview and Predictions for the 2016 Memorial Tournament”という事前予想で、松山英樹がウィナーと予想されています。

この記事ではFavorites(有力候補)、Dark horses(ダークホース)、Winner(優勝)というカテゴリーに分けて予想しています。

  • Winner:松山英樹
  • The Favorites:ジェイソン・デイ、ジョーダン・スピース、ロリー・マキロイ
  • Dark horses:クリス・カーク、ジェイソン・ダフナー

コメントの原文と翻訳は以下のとおりとなっています。

If you’re looking outside the Big Three this week for punting purposes, Hideki Matsuyama is the man to shove your virtual (or actual) cash behind.

Matsuyama won the Memorial in 2014 and finished fifth last year. So, needless to say, he has an aptitude for playing golf at Jack’s place.

His form has been excellent as well, with a seventh-place finish at The Players his last time out. He finished 11th at the Wells Fargo Championship prior to that and seventh at the Masters three starts ago.

Statistically, Matsuyama is seventh on tour in strokes gained: off-the-tee and third in strokes gained: approach-the-green. He’s ninth in strokes gained: total. The Japanese national is third in approaches from 125 to 150 yards and seventh in approaches from 175 to 200 yards.

Recent form, course history and key stats show Matsuyama ought to be the man this week.

管理人訳『大きく前進するためにビッグ3以外の誰かを選ぼうとしているなら、松山英樹が賭けるべき男だ。

マツヤマはメモリアルで2014年に優勝し、昨年は5位タイとなっている。言うまでもなく彼はジャックの設計したゴルフコースの適性を持っている。

彼の調子も良く、最近の出場であるプレイヤーズでは7位、その前のウェルズ・ファーゴでは11位タイ、3戦前のマスターズでは7位となっている。

スタッツでは松山英樹はストロークスゲインド・オフ・ザ・ティーがツアー全体で7位、ストロークスゲインド・アプローチ・ザ・グリーンが同3位で、ストロークスゲインドトータルは同9位となっている。この日本人プレイヤーは125-150ヤードのアプローチでは3位、175-200ヤードのアプローチで7位となっている。

最近の調子、コースでの実績、そしてキースタッツなどはマツヤマヒデキが今週の勝者になることを示している。』

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ