松山英樹・石川遼が出場予定!日本オープンゴルフ選手権2016の概要(10月13日開幕)

Japan Open Catch

日本国内ツアーのメジャートーナメントの一つであり、フラッグシップ(旗艦)トーナメントとなる日本オープンゴルフ選手権2016が10月13日から16日の4日間わたり狭山ゴルフクラブで開催されます。

賞金総額は2億円、優勝賞金は4000万円で、世界ランキングのポイントは旗艦トーナメントのため特別に32ポイントが設定されています。

予選カットは36ホール終了後に、60位タイまでの選手が決勝ラウンドに進出することができます。

松山英樹が出場するのはプロ転向後では初出場で、アマチュア時代の2012年大会以来4年ぶりとなります。その2012年には首位と5打差の7位Tでフィニッシュしています。

狭山ゴルフクラブで日本オープンが開催されるのは初となりますが、2008年に日本シニアオープンゴルフ選手権、2012年には日本学生ゴルフ選手権競技が行われています。

松山英樹はその2012年に日本学生ゴルフで2位に6打差をつける圧勝で優勝しています。

また、石川遼がPGAツアーの公傷制度でリハビリとして認められる5試合の一つとして出場することが発表されています。

続いて、日本オープンゴルフ選手権2016の概要です。

日本オープンゴルフ選手権2016の概要

スポンサードリンク

日本オープンゴルフ選手権2016の概要の目次は以下のとおりとなっています。
1. 松山英樹の出場に関するコメント
2. コース概要
3. 賞金・ポイント
4. 出場予定選手/組み合わせ
5. テレビ放送予定

1. 松山英樹の出場に関するコメント

先に報道が先行し、本人のコメントが出なかったのですが、BMWチャンピオンシップ終了後にようやく本人の口から出場する意向であることが明かされています。

同じ週にPGAツアーの2016-17シーズン開幕戦となるセーフウェイオープンがあるのですが、そちらではなく、日本オープンを選んだ理由を以下のように説明しています。

「プロになって初めてなので、どういう感じか分からないですけど。どういうトーナメントだったかも忘れている…(笑)。でも、アマチュアの時に勝ったコースというのもあって、出てみようと思いました」。
米ツアーの2016-17年シーズンは「日本オープン」と同じ週に行われる10月の「セーフウェイオープン」(カリフォルニア州ナパ)でスタート。松山は開幕戦を欠場して国内メジャーに出場し、翌週から米ツアー第2戦「CIMBクラシック」(マレーシア)、第3戦「WGC HSBCチャンピオンズ」(中国)に出場する予定。
(中略)
日本からアジアシリーズに乗り込むことで、体調面で良い状態を保つことができるが「それもありますけど、無理をすればナパからでも(マレーシアに)行ける。ナパのコースも好きなので。でも、日本オープンに出たいと思った」と話した。
「(日本で)期待に応えられるようなプレーができたらいいと思いますけど、もう1試合(ツアー選手権)あるので、しっかりといい結果を残して戻れるようにしたい」

引用元:松山英樹が4年ぶりの「日本オープン」出場を明言(GDO)

「日本のファンの皆様に少しでも成長した自分のプレーを見ていただきたいと思い、今年の日本オープン出場を決意しました。また、今年の会場の狭山ゴルフ・クラブは、自分が2012年に日本学生選手権で勝ったコースですので、思い出の地で久しぶりに皆さまの前でプレーすることを心待ちにしています」

引用元:日本オープンで松山英樹、石川遼がそろい踏み アダム・スコットも参戦

2. コースの概要

狭山ゴルフクラブは1959(昭和34)年10月に小寺酉二氏設計により開場し、竹村秀夫氏の設計による改修を経て、再び2001(平成13)年8月川田太三氏による設計で改修を行っています。

狭山ゴルフクラブは東、西、南のいずれも9ホールの3コースがあるのですが、日本オープンでは東コースと西コースが使用されるようです。

グリーンをサンドグリーンに改修しコース内の池やバンカーをより巧みに配置し雄大かつ戦略性にコースで。東コース・西コースともフェアウェイはフラットではあるものの、両サイドセパレートされた松林、グリーンの絶妙なアンジュレーションにより、難易度を高めています。

使用されている芝はグリーンがベント芝で、セッティングは7208ヤードのパー70となるようです。

情報は、確認出来次第、さらに追加する予定です。

3. 世界ランキングポイントと賞金の配分

世界ランキングポイントと賞金配分は以下のとおりとなっています。

Rank Prize WR Pts
1位 ¥40,000,000 32
2位 ¥22,000,000 19.2
3位 ¥15,400,000 12.8
4位 ¥10,000,000 9.6
5位 ¥8,400,000 7.68
6位 ¥7,000,000 6.4
7位 ¥6,000,000 5.76
8位 ¥5,000,000 5.12
9位 ¥4,600,000 4.8
10位 ¥3,800,000 4.48

4. 出場予定選手/組み合わせの一覧

9月12日時点での出場予定選手は以下のとおりとなっています

  • アダム・スコット
  • 松山英樹
  • 石川遼
  • 稲森佑貴
  • 薗田峻輔
  • 遠藤彰
  • 塩見好輝
  • 横尾要
  • 沖野克文
  • 梶川武志
  • 岩本高志
  • 久保谷健一
  • 宮里優作
  • 近藤共弘
  • 近藤啓介
  • 近藤龍一
  • 兼本貴司
  • 高山忠洋
  • 今井陽介
  • 山下和宏
  • 市原弘大
  • 室田淳
  • 手嶋多一
  • 小池一平
  • 小田孔明
  • 小田龍一
  • 小平智
  • 小林正則
  • 松村道央
  • 上平栄道
  • 森本雄
  • 星野英正
  • 正岡竜二
  • 浅地洋佑
  • 大堀裕次郎
  • 谷原秀人
  • 谷口徹
  • 池村寛世
  • 貞方章男
  • 藤島征次
  • 藤本佳則
  • 鍋谷太一
  • 任成宰
  • 比嘉拓也
  • 富田雅哉
  • 武藤俊憲
  • 文景俊
  • 平石武則
  • 片岡大育
  • 片山晋呉
  • 木下稜介
  • 野仲茂
  • 矢野東
  • 李尚熹
  • 梁津萬
  • 鈴木優大
  • 櫻井勝之
  • 櫻井大樹
  • 塚田陽亮
  • 福永光伸
  • 時松隆光
  • C・キム
  • C・ファダンシル
  • H・W・リュー
  • H・リー
  • I・J・ジャン
  • J・パグンサン
  • P・マークセン
  • S・ノリス
  • T・クロンパ
  • @玉城海伍
  • @勝俣陵
  • @小斉平優和
  • @森田匠海
  • @大岩龍一
  • @中島啓太
  • @比嘉一貴
  • @木村太一

組み合わせとスタート予定時刻は以下のとおりとなっています。

Round PLAYERS
Round1 10/13 11:35 アダム・スコット、松山英樹、石川遼
Round2 10/14 07:35 アダム・スコット、松山英樹、石川遼
Round3 10/15 10:50 石川遼、大堀裕次郎
10/15 11:30 松山英樹、小平智
Round4 10/16 11:05 石川遼、黄重坤
10/16 11:55 松山英樹、池田勇太

5. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

日本オープンゴルフ選手権2016は第1ラウンドと第2ラウンドの予選ラウンドをNHK-BS1とNHK地上波、第3ラウンドと第4ラウンドの決勝ラウンドはNHK地上波で放送予定となっています。

詳細なテレビ放送予定と日時は以下のとおりとなっています。

Round 放送日時
R1:10/13(木) 10/13(木) 13:00 – 15:10 NHK(BS1) 生中継
10/13(木) 15:10 – 16:50 NHK(総合) 生中継
R2:10/14(金) 10/14(金) 13:00 – 15:10 NHK(BS1) 生中継
10/14(金) 15:10 – 16:50 NHK(総合) 生中継
R3:10/15(土) 10/15(土) 13:50 – 16:00 NHK(総合) 生中継
R4:10/16(日) 10/16(日) 12:00 – 13:05 NHK(BS1) 生中継
10/16(日) 13:05 – 16:00 NHK(総合) 生中継

スポンサードリンク

よく読まれています

11 Responses to “松山英樹・石川遼が出場予定!日本オープンゴルフ選手権2016の概要(10月13日開幕)”

  1. みち より:

    golfさん、おはようございます。

    日本オープンの記事までアップして頂き、ありがとうございます。
    松山pが出場すると分かった日に、夫と二人で観戦に行こうと決めて仕事の調整をしてチケットを購入しました(笑)
    宮崎は遠くて行けませんが、埼玉県内で観戦できるなんて夢のようです。

    でも、スポーツ記事などにアダムスコットと石川遼のビッグ3予選同組!なんて載っているのを見て溜め息が出ています。
    PGAツアーにはスターが沢山いるから、色々な組み合わせが出来るのでしょうが…
    PGAのようにトッププロの中に注目のアマチュア選手を入れるとか、今、勢いのある若手を組ませるとか出来ないものかしら…と。
    個人的には、アダムスコットと石川遼と周る松山pが観たい訳じゃないんですよね。(何時も凄い人たちと組んでるし)
    ツアーを盛り上げるなら、今年の日本ジュニアで優勝した小斉平優和君とかと組み合わせたら、アマチュアの刺激にもなりその選手にスポットが当たり、今後の活躍のために種を蒔く事ができるのでは?と思ったりします。
    プロなら海外志向もあり今年活躍している片岡大育とか、フジサンケイでは石川遼pばかり放送して上位にいてもなかなか映されませんでしたから;^_^A
    新たな注目選手を発掘する良い機会なのに、ビッグ3なんて安直な発想はそれぞれの選手を観たい人には迷惑なだけです!

    日本のトーナメントのことですが、golfさんのご意見を伺いたくてメールしました;^_^A
    個人的には生で松山pのプレイが観戦出来るチャンスなので、出来るだけ観客がばらけて欲しいだけですが(笑)
    本当に観たいのは最終日に強い人たちが優勝争いをして、結果夢のような組み合わせになったら楽しいだろうなあと思うのです。
    決めるのがあの戸張さんとかでは期待出来ませんが…

    ワクワクしていたのに今日のネットの記事を読んでもやもやしております。
    ここにコメントするような内容ではありませんが、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

    • golf より:

      みちさん、コメントありがとうございます。
      悲しいことに日本ツアーにはスター選手がいませんからね。でも3人を同組にするのは、少々安易な考えのような気がしますね。
      その時には盛り上がると思いますが、数年先まで見据えると、他の若い有望株の選手たちと組ませたほうが良いと思います。
      放送時間の関係上、予選ラウンドは午前組と午後組になるわけですから、午後組の時は3人が多く映るけど、午前組の時は映らないとなって全体的な視聴率的は良くならないかもしれません。なので、現実的には3人を一緒にしないような気もしますが、おっしゃるとおり戸張さんなんで(^_^;)。PGAツアーだとデイ、スピース、マキロイで組ませても、他にDJ、ファウラー、スコット、ローズ、ステンソン、クーチャー、ザックなど綺羅星のごとくスターがいますから、豪華な組み合わせにしてもバランスがとれますが。今は注目組に入ることも多い松山英樹もその1人ですね。
      その3人が集まると正直いってプレーは見にくいですよね。客寄せパンダのような組み合わせではなく、落ち着いて楽しめるような雰囲気も作ってもらいたいですね。
      長期的な観点でプレイヤーを育てる意識がどこまであるのか注目しています。

  2. みち より:

    golfさん、早速の返信コメント、ありがとうございますm(_ _)m

    ですよね!
    プロ野球で広島カープが優勝して(野球には興味ないのですが)、そのファンを巻き込む戦略やお金がなくても選手を育成する方法等が新聞に特集されています。
    ゴルフには長期的な視野やゴルフを楽しめるような工夫を考える組織がないのでしょうね。
    せっかくPGAのようなお手本があるのに残念です。
    でも、 少し、気持ちが晴れました;^_^A

    ありがとうございましたm(_ _)m
    もちろん、このコメントには返信不要です。

  3. 竜太郎 より:

    golfさん、こんにちは

    日本オープンの組み合わせが発表されましたね。三者のうちのいずれか二人の同組は可能性ありかと思ってましたが、三人まとめて予選同組にするとは。余りに興業色に目がくらむほどです。
    マスコミはビック3とかもてはやすのでしょうが、WRで間に入っている谷原と池田の両氏や他大勢のプロたちの心中はいかがなもんでしょうか。
    日本ゴルフ界のお偉いさんたちには未来への答えのひとつがこれだと思うと残念です。
    小生埼玉在住なので前売り券を購入しましたが現地応援は思案のしどころです。

    PGAもタイガー・ウッズとともに新シーズン開幕です。ネットの中ですが勝利の美酒に酔いしれたいですね。

    • golf より:

      竜太郎さん、コメントありがとうございます。
      目先の利益しか考えていないようですね。ゴルフファンの想いとか希望とはどんどんかけ離れていく日本ツアーには憂うしかありません。
      一言言えば、世界ランクを見てもこの3人には明確な差がありますので、3人を同様の扱いにすることにも違和感があります。また竜太郎さんがおっしゃる通り、石川遼より世界ランクが上の選手をないがしろにするのもいかがなものかと思います。
      お祭り騒ぎは終わった後に虚しさが残ることが少なくありませんが、どうなることか。日本オープンが終わった後に、その反動がこなければ良いですが。
      現地応援はすごい人で見にくいでしょうね。特に首都圏の埼玉開催なので。
      こういうお祭りみたいな騒ぎではなく、ゴルフそのものを楽しめるように配慮してもらいたいです。
      予選ラウンドだけの我慢だと思うしかないですね(^_^;)

  4. hasyfeb より:

    golfさんこんにちは。
    3人同組のニュース、正直大変残念です。
    伝統と格式のナショナルオープン、という文言が白々しく聞こえます^^;

    丸山選手もこの3人を一緒にするのは反対だと週刊朝日のコラムで書かれていましたが、こういう考え方をもてる人が運営の中にいなかったのでしょうか。一過性の話題に頼るしかないところが日本の男子ゴルフの低迷の一端を表しているなと感じます。
    折角世界屈指のショットメーカーが来るのですから、これから海外に出て行きたいと考えている若手やアマチュアの子が一緒に回れるようにして欲しかったです。目の前で見ることで必ずいい経験になったと思いますから。

    私も狭山ならなんとか行ける距離なので4日間行こうと思ってチケット購入しましたが、予選ちょっとどうしようか若干悩んでいます。まあチケットもったいないので行くとは思いますがちょっとテンション下がってます。これならナパでタイガーと挨拶交わしてるところとか見たかったかも……^^;

    • golf より:

      hasyfebさん、コメントありがとうございます。
      3人が同組になっても、3人が一つずつ別々の組にずれても、観客動員、視聴率に大差はないと思うので、話題になることを狙ったんでしょうね。3人が同組になるから行きたいという人と、同組になるから行きたくないという人のどちらが多くなるのか・・・・。
      ファンにとっては観戦しにくいだけですよね。テレビマッチなら3人同組で誰も文句はいわないですけど、ナショナルオープンですからね。
      ナショナルオープンが3人しかプレーしていないかのようになるのには違和感しかないですね。昨年は岩田寛に伝統と格式と言って出場停止処分を出したのですが、それはどこに行ったのかなと思います。
      実は男子だけでなく、女子も観客動員が1万人くらい前年割れしているんですよね。隆盛を誇っているように見える女子でさえもこういう状況なので、もっとファンに目を向けたほうが良いと思うのですが。
      アマチュアや若手選手にに世界でもトップクラスと評価される松山やアダムのショットを見せてあげてくれるならまだしも、こういう組み合わせになるなら、私もタイガーがプレーしているナパでやっているところのほうが良かったかなという気がしてしまいました(^_^;)

  5. まりころ より:

    日本オープン予選組合せが決まりましたね。

    アダム、石川、松山選手を同組にするとは….
    3選手が最終日、最終組でラウンドできたら大成功だと思っていましたが、がっかりです。
    「観客が入ればいい」式の考え方は「のど元すぎればどうでもいい」みたいで本当に日本ゴルフの発展を考えているのでしょうか?
    確かにこの組合せは一般的には観客も喜び、マスコミ各社もいろいろと4日間記事を書けるでしょう。
    松山選手もPGAでも注目組になっていますので、仕方がないといえば仕方がないのですが。
    golfさんのブログは松山選手を応援してるけど世界のゴルフレベルを知った上で 世界に挑戦しょうと思う日本人ゴルファーの応援ブログにもなっていると思います。
    世界で活躍する選手が増える事で日本ツアーも面白くなって観客動員数も伸びると思いますし、今回みたいな組合せも無くなることでしょう。
    golfさんの方が日本ゴルフ協会より日本のゴルフの発展を願っているかも?(笑)
    現地で応援の予定ですがTV観戦の方がじっくりプレーが楽しめそうですね。
    きっと昨年の宮崎よりカメラも多いでしょうから(^_^;)
    長々と思いを吐き出してしまい申し訳ありません。
    アダム、石川、松山3選手の経済効果を期待する事にします。

    • golf より:

      まりころさん、コメントありがとうございます。
      メディアの一部には人気回復の起爆剤として期待とか言っていましたが、日本を主戦場にしていない3人にそれを期待するのは間違いだと思います。
      基本的には継続的に観客がくるような施策が必要なのであって、こういう打ち上げ花火のように華やかでも、その後には残らないようなやり方では根本的な解決にはならないと思います。日本オープンの後にはこの3人は日本ツアーにいないわけですから。
      年をとった重鎮たちには、十年、二十年先よりも、今の自分の利益と名誉のほうが大切なのでしょう。
      日本ツアーは今年も観客動員が減っているので、このまま行ったら年間30万人を保てるかどうかです。もっと根本的な解決策に取り組んでもらいたいです。
      この組み合わせの結果としてJGTOではなく、PGAツアーに関心が持つ人が増えてしまうかもしれませんね(^_^;)
      JGTOの人気回復につながらず、PGAツアーへの関心と人気を高めることにならなければ良いですが。この3人を見たければPGAツアー中継を見ることになりますので。

  6. しょうちゃん より:

    初めまして。

     松山選手をプロデビューから応援してしているスポーツ観戦ファンです。このブログは3年ほど前から、愛読しています。内容に共感し、分析のレベルの高さにはとても感心しています。

     アダム、石川、松山選手を同組にした運営のやり方にはあきれています。golfさんの「アマチュアや若手選手に世界でもトップクラスと評価される松山やアダムのショットを見せてあげてくれるならまだしも」というくだりで、運営が石川選手に見せてあげるのだなと私は感じました。アマチュアや若手選手の育成、観客のこと、松山やアダムよりも、石川選手のための大会にするという運営の意図を感じました.。ただ、今の石川選手にとっては逆効果ではないかなと思いました。

     以上のことが気になったので投稿させていただきました。

    • golf より:

      しょうちゃんさん、コメントありがとうございます。
      記事を書いていると力不足を感じることが多いのですが、楽しめていただけているのであれば嬉しい限りです。ありがとうございます。
      3人同組は、3人が別組で午前、午後に分かれる時に比較すると視聴率の面でデメリットが多いと思います。また3人同組は日本のゴルフ場では設計上、多くのギャラリーが見やすいものではないので、現場で観客する人にとってデメリットが多いと思います。またおそらくこの組の前後でプレーする組にも迷惑がかかることになるでしょう。
      注目度という観点でもこの3人が日本オープンに出場するという状況から、3人同組になったことによって飛躍的に高まるとは思えません。
      アダム、松山英樹と同組に期待の若い選手やアマチュアを組ませたほうが、見に来たファンやテレビ中継で関心を持つファンが出てくる可能性がありますので、中長期的にはメリットが大きいと思います。
      運営側は「ファンのため」「人気回復の起爆剤」と表には話しているのですが、デメリットが多い組み合わせなので、首を傾げることがばかりで、真意をはかりかねますね。
      後は、日本のマスコミが夢の競演と煽っていますが、世界のトップランカー2人と100位台の選手、PGAツアーで優勝している選手とシードを落とした選手を並べて、その表現はいかがなものかと思います。
      世界のマスコミでこの3人の組み合わせを夢の競演とかいうのは日本だけでしょうね。

このページの先頭へ