メジャー制覇は遠くない!マスターズ2015で単独5位となった松山英樹への海外メディアの反応のまとめ

松山英樹はマスターズでの日本人最高の4位を上回ることはできなかったものの、単独5位という素晴らしい成績をマスターズ2015で残しました。

その松山英樹が最終日の18番ホールを終えた直後には、現地のテレビ中継を行っていたCBSの実況が「マツヤマはスベシャルだ」と話したり、予選ラウンドではそのスイングを「ゴージャス」と評されるなど、現地でも確固とした評価を手にしています。

そのマスターズ2015終了後の松山英樹に対する海外メディアの反応を、このページではまとめています。

松山英樹に対するマスターズ2015後の海外メディアの報道

スポンサードリンク

松山英樹に対するマスターズ2015後の海外メディアの報道は以下のとおりとなっています。

初回投稿:2015/04/14 09:40
最終更新:2015/04/14 17:30

ロイター通信(Reuters)

ロイター通信(Reuters)のアンドリュー・ボス(Andrew Both)が”Matsuyama stamps Masters mark with fifth-place finish”と題して、1つの記事全体で松山英樹について書いています。

その報道の原文の一部抜粋と管理人による翻訳は以下のとおりとなっています。

Japan is the only Asian nation with a significant golf history, but it has never produced a major champion. Isao Aoki came closing, finishing second to Jack Nicklaus at the 1980 U.S. Open, while the nation has logged two fourth-placings at the Masters, Toshi Izawa in 2001 and Shingo Katayama in 2009.
But Matsuyama has already won in the U.S., something that Izawa and Katayama never did, and has the game to win at the highest level.
“He’s a great player,” Dustin Johnson said after playing with Matsuyama on Sunday. “He drove it very straight.” Spieth deservedly stole the spotlight at the Masters, but Matsuyama’s future is similarly bright.

『(管理人訳)日本はアジアで唯一、意義深いゴルフの歴史を持つ国だが、メジャーチャンピオンを輩出していない。青木功が1980年の全米オープンでジャック・ニクラウスに続く2位となりメジャータイトルに近づき、2001年に伊沢利光、2009年に片山晋呉がマスターズで4位という結果を残してはいる。

しかし、松山英樹はすでに伊沢や片山が決してできなかったアメリカでの優勝を果たしていて、高いレベルで勝つことができる技量を持っている。「彼は素晴らしいプレーヤーだ」、「彼は真っ直ぐにショットを打っていた。」と日曜日に一緒にプレーしたダスティン・ジョンソンがホールアウト後に話した。スピースは正当にスポットライトをマスターズで浴びたが、松山英樹の将来も同様に明るい。』

スピースが優勝したため、大きな注目を集めることはありませんでしたが、もしそうでなければ、さらに大きく現地メディアでも注目を浴びていたと考えて良さそうです。

ジョーダン・スピースがマスターズを制したような明るい出来事が、松山英樹にも訪れるであろうことを予見する言葉で締めくくられています。

CBSスポーツ電子版(cbssports.com)

CBSスポーツのカイル・ポーター(Kyle Porter)が”2015 Masters: Porter’s 10 thoughts on an amazing week at Augusta”と題した記事の中で、松山英樹についてコメントを書いています。

そのコメントの原文と管理人による翻訳は以下のとおりとなっています。

Nobody loves Hideki Matsuyama like Golf Twitter loves Hideki Matsuyama. I’m treasurer, Sean Martin of PGATour.com is president, Shane Bacon of Fox Sports is vice president and Adam Sarson of The Score is chairman of the board.
The sweet-swinging kid from Japan dropped a nasty 66 at the end on Sunday and slipped into the top 10 nearly unnoticed. He was one of only five golfers under par all four rounds. His major is coming…soon.

『(管理人訳)誰も”ゴルフツイッター”以上に松山英樹を愛せない。私は会計担当で、PGAtour.com(PGAツアー公式サイト)のショーン・マーティンが会長で、FOXスポーツのシェーン・ベーコンが副会長、the scoreのアダム・サーソンが委員会の議長だ。
甘美なスイングを持つ日本からの若者は、最終日に66という最高(nasty)のスコアを出して忍びこむようにして現れ、トップ10に入り込んできた。彼は全4ラウンドのすべてをアンダパーでプレーした5人のうちの1人だった。彼のメジャー制覇はもうすぐだろう。』

CBSスポーツのカイル・ポーターは、松山英樹を常に高く評価しているゴルフライターの1人なのですが、松山英樹を応援する会(?)ではポーター自身は会計担当にすぎなくて、松山英樹を高く評価しているさらに大物のライターたちがいることを伝えています。

つまり、アメリカの大手メディアでも記事を書いている著名なライターたちが松山英樹のプレーに魅せられていて、そのプレーについて話し合い、半ばファンのようになっているということです。

日本でも今回のマスターズでその実力に対する評価が高まりましたが、それでも、いまだ海外での評価に追いついていないと言えるのではないでしょうか。

カイル・ポーターは過去の記事でも松山英樹のスイングを、”現時点でのPGAツアーで最高のスイング”だと評していたのですが、今回はsweet-swinging(甘美なスイング)と形容しています。

カイル・ポーターは今回のプレーを見て、松山英樹がそう遠くないうちにメジャーを制すだろうと書いていますので、否が応でも次のメジャーが楽しみになります。

Yahoo! Maktoob News

Yahoo! Maktoob Newsのアレックス・ディモンド(Alex Dimond)がWinners and Losers from the 2015 US Mastersと題した記事の中で松山英樹に関して書いています。

その記事の一部抜粋と翻訳は以下のとおりとなっています。

He was hardly shown on the television coverage throughout the four days, but a stunning final round 66 nevertheless saw Hideki Matsuyama sneak in and clinch a top-five finish—his best finish yet in a major championship.

『(管理人訳)彼は4日間の間、テレビで報道されることはほとんどなかったが、それにも関わらず最終日の見事な「66」で、忍びこむようにして現れ、メジャー大会での自己最高となるトップ5フィニッシュを手にした。』

The Japanese has made the cut in three of his four appearances at Augusta National and, still just 23, has marked himself down as a likely contender at the tournament for many years to come with the quality of his play around the layout.

『(管理人訳)この日本人はオーガスタナショナルでの4回のプレーで3度予選通過している。そして、まだ23歳にすぎないが、質の高いそのプレーによって、彼が長い将来にわたって優勝を争えるであろう選手であることを示した。』

He won at Memorial last year (a similarly difficult, and historic, American golf course) and has the sort of unhurried swing and precise short game that is always going to be successful in the big events.

『(管理人訳)彼は昨年メモリアルで優勝し(オーガスタと同様に難しく、歴史のあるアメリカのゴルフコースで優勝)、ゆったりとしたスイングと大きなトーナメントでの成功に結びつく正確なショートゲームを持っている。』

An Asian player has never won the Masters (indeed, YE Yang is the only Asian ever to win any major), but it would seem a reasonable bet that Matsuyama will break that duck before his career is done.

『(管理人訳)アジア人プレーヤーはまだマスターズで勝ったことはない(実際のところY.Eヤンがメジャーに勝ったことがある唯一のアジア人だ)。しかし、松山英樹がプロとしてのキャリアを終えるまでに、その最初の1人となると予想することは、合理的な見解のように思える。』

Most players would be content to finish in the top five at the Masters once in their career: For Matsuyama, you sense it is merely the start of better things to come.

『(管理人訳)ほとんどのプレーヤーは、キャリアの中で1度でもマスターズでトップ5フィニッシュすることができれば満足するだろう。しかし、松山英樹の場合は、さらに良いことが訪れることのスタートに過ぎないと予感するのではないだろうか。』

松山英樹は日本人だけでなく、アジア全体でも一番メジャー制覇に近い存在であることは、世界ランキングにもフェデックスカップランキングにも現れています。

現地のライターも、今回の5位フィニッシュが、松山英樹の限界・上限ではないと感じ、分析していることが海外メディアの記事の内容がからうかがえ、あくまでも今回の単独5位フィニッシュは、松山英樹のさらなる飛躍への序章に過ぎないと評価しているようです。

タンパベイ・タイムズ(電子版)

タンパベイ・タイムズ(Tampabay Times)電子版が”Rory McIlroy earns best Masters finish”という記事の中で、松山英樹について触れています。その記事の内容の原文と翻訳は以下のとおりとなっています。

Another bright future: Hideki Matsuyama turned in his best round yet at the Masters, and his fifth-place finish has him setting his sights higher. “I would really like to become a Masters champion one day,” he said.

In his fourth Masters, Matsuyama matched McIlroy with the low final round. Four birdies and an eagle helped the Japanese player shoot 6-under 66 for a 277 total. Not bad for someone who turned 23 in February.

Matsuyama has seven worldwide wins, including Jack Nicklaus’ Memorial tournament last year. He arrived at the Masters ranked 17th. Matsuyama missed the cut last year in his first time in the Masters as a professional.

『(管理人訳)もう一つの明るい将来:松山英樹は今回のマスターズでこれまでのベストラウンドを記録し、単独5位になったことで彼はより高いところを目指している「いつかマスターズチャンピオンになりたい」と彼は話した。
彼の4回目のマスターズでは、最終ラウンドにロリー・マキロイとともにベストスコアを記録した。4つのバーディに1つのイーグルが6アンダーとなる66を記録し、トータルで277(11アンダー)とした。松山英樹はプロとして最初のマスターズとなった昨年は予選落ちしていた。』

アメリカでのbrightという表現は、かなり良い部類の褒め言葉で、まぶしいほどの明るい未来を感じさせるマスターズでの松山英樹だったと紹介しています。

ニュース・アンド・レコード

ニュース・アンド・レコードはノースカロライナ州のローカル紙で、その電子版でエド・ハーディンというライターが”Jordan Spieth gives golf a young charge”というタイトルの記事で、松山英樹について触れています。

その原文と翻訳は以下のとおりとなっています。

Hideki Matsuyama, 23, might be the next golfer to burst onto the world scene. He quietly finished fifth this week.

『(管理人訳)23歳の松山英樹は世界のゴルフシーンにおいて、突然に頭角を現す次のゴルファーかもしれません。彼は今週、静かに単独5位でフィニッシュした。』

世界が注目する松山英樹に

松山英樹のことを評価している理由として主に見られるのが、最終日にロリー・マキロイと並ぶ6アンダーの66というベストスコアを出したことです。

最終日はそれまでの3日間よりも風が強くなり、難しいコンディションだったのですが、そこでノーボギーでスコアを伸ばしたことなどを評価されているようです。

多くのゴルファーがマスターズで生涯で1度でも5位でフィニッシュできれば満足するだろうという格のあるトーナメントのサンデーバックナインで、一気にスコアを伸ばしたことはインパクトがあったようです。

最終日のバックナインで強くないとビックトーナメントでは勝てません。それをマスターズという大舞台でやってのけたことで、メンタルの強さと技術の高さが目をひくことにつながったのではないでしょうか。

上に紹介している以外の記事でもロリー・マキロイ、ジョーダン・スピースの世界ランクNO.1-2に続く、世界のプロゴルフシーンのネクスト・ジェネレーションとしてジェイソン・デイ、パトリック・リード、リッキー・ファウラーらの名前があげられていて、松山英樹も多くの記事でその一人として紹介されていました。

今や、日本のゴルフ界とゴルフファンだけでなく、世界に名前とその実力を知らしめ、世界のゴルフ界が注目し始めている松山英樹と言えそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

8 Responses to “メジャー制覇は遠くない!マスターズ2015で単独5位となった松山英樹への海外メディアの反応のまとめ”

  1. クロミツ より:

    早速、海外メディアの情報ありがとうございます。
    5位の成績も、松山君には褒められる程に涙が出てしまうものかもしれませんね。
    常にデータから冷静に分析されているgolf さんのブログが、私の最大の情報源です。お陰でマスターズも本当に楽しめました。
    感謝と共に!

  2. golf より:

    クロミツさん、コメントありがとうございます。自分自身が楽しみながらものであるのですが、見て頂いている方にも、楽しんでいただけているのでしたら何よりです。松山英樹は悔しい思いもありますから、クロミツさんの仰る通り複雑な感じかもしれませんね。今度は彼が心の底から喜べるような結果を手にしてくれることを願っています。これからもよろしくお願いします。

  3. やっちん より:

    いつも海外で報道されている松山選手の素敵な情報を教えてくださってありがとうございます。
    今回のマスターズも、golfさんの詳細解説を拝見させてもらっておりました!
    あれが入っていたらな…なんて残念に思うホールもあったけれど、じわじわマスターズチャンピオンに近付いていく松山選手を見る楽しみが増えたと考えるようにします(o^^o)
    4日間のうれしい睡眠不足もじわじわ来ていて(笑)、睡魔と闘っている最中なのです(^_^;)
    これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

  4. golf より:

    やっちんさん、コメントありがとうございます。
    私も睡眠不足の日々でしたが、ようやく元に戻りつつあります(笑)。これからマッチプレー、プレーヤーズ、全米オープンとビックトーナメントが待っていますので、応援する側も体力勝負になりそうなので、体調を調える待つ必要がありそうですね。ブログの内容を楽しんでいただけているなら、何よりです。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

  5. ラム より:

    松山英樹の未来達
    マスターズの5位は日本ゴルフ界、スポーツ界を通じて革新的な出来事であり、世界に稀有な日本人プレイヤーの存在をアピールしたことを確信しました。
    PGAツアーに専念する覚悟とその弛まぬ精進は想像するだけで感服します。アスリートは自己管理を含め多くのスタッフと帯同し転戦する過酷な競技です。
    我々の失いつつある「魂」を彼には感じます。「頑張れ松山」その頂きは
    未だ見ぬ世界を追いかけ「精進すれば報われる」を我々に教えてくれる
    日を楽しみに♪

  6. golf より:

    ラムさん、コメントありがとうございます。
    23歳とは思えない成熟した思考とたゆまぬ努力には、ただただ感服するしかありません。
    この年齢にして日々の地道な努力が成果に結びつくことを知って、そのとおりに実践できるところは頭がさがるばかりです。
    松山英樹がさらに研鑽を積んで、目標を達成する姿を目にする日が来るのを楽しみにしています。

  7. ゆり より:

    お疲れ様でした。

    こんなにも高い評価を頂き・自分の事の様に嬉しいです

    ご本人・松山君はどう思ってるのでしょうねぇ「笑」。
    「まだまだすっよ」なんって照れ笑いかも。
    松山君の現心境を是非聞きたい。
    「世界の英樹」・・

  8. golf より:

    世界のNo.1になるまで、「まだまだ」って言いそうですね。マスターズ勝っても、グランドスラム達成するまでとか「まだまだ」と。基本的に人の評価に左右されるタイプではないようなので、自分の設定した目標が達成されるまで、「まだまだ」と言いそうな気がします。焦りすぎずに、気長に頑張って欲しいです。

コメントを残す

このページの先頭へ