スタッツで見る松山英樹のPGAツアー2013-14シーズン【ショット・パッティング・スコア編】

key-stats-of-hideki-matsuyama-in-2013-14-season-of-pga-tour-catch

前回のスタッツで見る松山英樹のPGAツアー2013-14シーズンの「フェデックスカップ・PGAツアー獲得賞金・世界ゴルフランキング編」の続きで、今回はショット・パッティング・スコアに関するスタッツをまとめています。

このページでは出場試合別のキースタッツ、シーズン全体での各ショット、パッティング、スコアに関するスタッツをまとめています。

2013-14シーズンPGAツアーのトーナメント別のキースタッツまとめ

スポンサードリンク

PGAツアーの2013-14シーズンで出場した試合別の最終スコアと順位をまとめています。

そしてトーナメント毎の、キースタッツではファアウェイキープ率、パーオン率、ドライビングディスタンス、サンドセーブ率、ストローク・ゲインド・パッティングを合わせて一覧にしてています。

その一覧は以下の表のとおりとなっています。

FW%:ファアウェイキープ率 GIR:パーオン率 Driving Distance:ドライビングディスタンス
Sand SV%:サンドセーブ率 S・G・P:ストロークス・ゲインド・パッティング

Stats-of-Hideki-Matsuyama-in-2013-14-tournaments-key-stas

フライズドットコムオープンの時は、プレジデンツカップからの良い流れもあり、パーオン率も79.2%と高く、パッティングのスコアへの貢献度を示す”ストローク・ゲインド・パッティング”でも0.444とプラスです。

さらにドライビングディスタンスも317.8ヤードと飛距離も出ていて、良い状態であったことがわかる数字が残っています。そのためフライズドットコムオープンで3位タイという成績を残したのも、納得できるバランスのとれた内容でした。

その後の故障でこの歯車が狂ってしまったということが惜しまれます。故障による痛みをを騙し騙しながらプレーを続けた松山英樹ですが、パッティングが本当に好調だったといえるのはファーマーズ・インシュランス・オープンまでだったといえるスタッツとなっています。

ファーマーズではファアウェイキープ率は39.3%kパーオン率も55.6%と低いのですが、ストローク・ゲインド・パッティングが2.075とパッティングが好調だったため16位タイでフィニッシュしています。

ただ、その後のトーナメントではストローク・ゲインド・パッティングがプラスになっているのは、RBCヘリテージとBMWチャンピオンシップだけです。4位タイのフェニックスオープン、10位タイのクラウンプラザ招待でも、そして優勝したメモリアルでさえも、ストローク・ゲインド・パッティングはマイナスになっています。

メモリアルでもストローク・ゲインド・パッティングがマイナスだったのは、あらためて驚きでした。

それでも優勝したり、トップ10に入ったりしていたのはショットの精度が高かったためです。

1メートル以内につけるバーディチャンスが多く、楽に沈める距離にアイアンショットで寄せるることができていたためスコアを伸ばせていました。そのため、パッティングがもう少し良ければメモリアルでも独走して優勝していても、おかしくはありませんでした。

メモリアルの最終日は6メートルと3.8メートル、そして3つの2メートル以内のバーディパット、3.2メートルのパーパットを沈めています。その一方で、2.7メートルと1.9メートルのバーディパットや1.7メートルのパーパットを外しています。

もちろん優勝争いの緊張によって精度が落ちることはありますので、それを差し引くべきではあります。ただ、数字そのものでは、最終日のストローク・ゲインド・パッティングは0.421とややプラスにとどまり、4日間全体では-0.025で全体の47位にとどまっています。

そのためメモリアルでは、大切な場面ではパットが入ってはいましたが、全体的に見ると際立ってパットが良かった状態ではありませんでした。

このようにシーズン前半からパットのスタッツは物足りない面はありました。シーズン終盤にきてパットが不安定になり、トップ10どころかトップ25も少なくなってしまったのですが、終盤にきて急に不安定になったのではなく、徐々にですがパッティングのフィーリングがずれつつはあったのでないかと考えられます。

アイアンショットの松山英樹のスタッツはPGAでもトップクラスの精度がありますが、パッティングに関してはPGAツアーレベルでは苦しんだことがうかがえる結果となっています。

松山英樹のショット、パット、スコアのスタッツとシーズン全体でのランキングを見れば、そのことがより分かるのではないかと思います。

2013-14シーズンの松山英樹のショット、パット、スコアのスタッツとシーズン全体でのランキング

スタッツとランキングは以下の一覧表のとおりとなっています。

Stats-rankings-of-Hideki-Matsuyama-in-2013-14

松山英樹のスタッツのは、スコアリング、アイアンショットのスタッツでは上位で、スタッツによってはトップ10に入っています。

その一方で、パッティング関連のスタッツがPGA全体でも下位にランクされています。

全体で2位になっているプロキシミティ・トゥ・ホールとは、アプローチショット後のボールとカップとの平均距離です。この数字が小さいほどアプローチショットが正確であることを示します。

5位になっている、ファアウェイ・プロキシミティはファアウェイからのアプローチ後のボールとカップとの平均距離です。

また6位となっているストローク・ゲインド・ティー・トゥ・グリーンは、ティーショットからアプローチまでのショット全体のスコアへの貢献度を表したものです。

松山英樹はこの数字がかなり高く、ショットでスコアを伸ばしていることがわかります。(詳しいスタッツの意味については、こちらにまとめています。)

このようにショット関連のスタッツはかなり上位にきています。

しかし、ことパッティングとなると真逆になってしまいます。パットのスコアへの貢献度を示すストロークス・ゲインド:パッティングでは156位。パッティングの6つのスタッツのランキングを元に計算されるトータルパッティングは157位といずれも下位に沈んでいます。

169位となっている3パット・アボイダンスとは、全ホールの中で3パット以上になってしまったホールの割合を示すもので、PGAツアー全体でランキングに入っている選手の中では、松山より下位には7名しかいません。

シーズン終盤に短い距離のパットを沈めれなくなり、1ラウンドに3パット2回などが多発したため、一気にこれらのパッティングに関するスタッツが悪化して、下位になってしまいました。

続いて、距離別のアプローチショット、パーオン率、パッティングのスタッツのランキングです。

距離別のアプローチショット、パーオン率、パッティングのスタッツのランキング

Stats-distance-rankings-of-Hideki-Matsuyama-in-2013-14

アプローチでは50-75ヤードのレンジを除いたものでは、ほとんどが上位です。特に100-125ヤード、150-175ヤードのレンジで1位。200ヤードより長い距離のアプローチで2位。200-225ヤードと50-125ヤードで4位と、世界最高峰のPGAツアーの中でも、文字通り”トップクラスの精度”を誇っているアイアンショットです。

それと全く対照的なのがパッティングで、様々な距離のレンジで全体で150位以降となるなど、今シーズンに関してはパッティングが大きく足を引っ張ってしまったことがわかるスタッツとなっています。

このパッティングがトップクラスまでいかなくても、PGAツアーで中位レベルになれば、メモリアルとの時と同様に優勝できるようになることが予想されるほど、アイアンショットが素晴らしいことがわかるスタッツが残っています。

それだけに、来季は、このパッティングの課題を何とか克服して欲しいところです。

シーズンを通してパッティングで苦しんだことがわかるスタッツが残っていて、本人はアプローチ以外は満足できるものがないと述べていましたが、その本人の感覚・感触に近いスタッツになっています。

それでもシーズン最終戦のツアーチャンピオンシップに出場できているのは、アプローチの精度が高いので粘れることと、全体的なコースマネジメント能力が高いこと、そしてズルズル崩れないメンタルの強さがあるからこそと考えられます。

満身創痍だったシーズン前半とは違い、後半は体調が良くなり練習量が増えたことで、徐々にではありますが、良くなる兆しはプレーオフシリーズでも垣間見られました。

PGAツアー本格参戦1年目では十分といえる実績なのですが、本人が目指しているところはあくまでも世界のトッププレーヤーだからこそ、満足していないという言葉がでてきます。

松山英樹は「オフになったら試合がないので、早く練習したい」と語っていました。修正能力の高いクレーバーなプレーヤーなので、このカベも乗り越えて、正真正銘の世界のトッププレーヤーになってくれることを期待しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ