松山英樹をCBSスポーツ電子版は全英オープンゴルフ2016の優勝候補8番手評価

British open _Catch

ここ3試合の予選落ち2つと42位タイという成績により、マスターズとプレイヤーズの優勝争いで高まっていた評価も一段落している状態の松山英樹です。

最近の不調もありPGAツアー公式サイト、ゴルフチャンネル、Yahoo!Sportsなどのパワーランキングでもランクインすることはありませんでした。

そのような中CBSスポーツ電子版の優勝候補予想で松山英樹が上位にランクインしています。

スポンサードリンク

CBSスポーツのカイル・ポーター氏は松山を8番手評価

CBSスポーツのカイル・ポーター(Kyle Porter)氏は松山英樹を高く評価する専門家の1人で、世界で最高のスイング、アイアンショットを持つプレイヤーだと述べています。

そのカイル・ポーター(Kyle Porter)氏がアメリカ時間の7月12日付けの“British Open 2016: Ranking the top golfers in the field at Royal Troon”というタイトルの記事で、以下のように優勝候補をランキングしています。

  1. ダスティン・ジョンソン
  2. アダム・スコット
  3. ジェイソン・デイ
  4. ジョーダン・スピース
  5. セルヒオ・ガルシア
  6. ザック・ジョンソン
  7. ロリー・マキロイ
  8. 松山英樹
  9. リッキー・ファウラー
  10. リー・ウエストウッド
  11. ジャスティン・ローズ
  12. ヘンリック・ステンソン
  13. フィル・ミケルソン
  14. マーク・リーシュマン
  15. ルイ・ウーストハイゼン
  16. シェーン・ローリー
  17. ダニー・ウィレット
  18. ブランデン・グレース
  19. グラエム・マクダウェル
  20. スコット・ピアシー

松山英樹のコメントに対する原文とその翻訳は以下のとおりとなっています。

8. Hideki Matsuyama: Only has two career missed cuts at major championships and never one at The Open. Finished T6 in 2013 when Mickelson took the prize.

8. 松山英樹:4大メジャートーナメントで予選落ちしたのはキャリア通算で2回だけで、全英オープンでは一度もない。ミケルソンが優勝した2013年の全英オープンでは6位タイとなっている。

これまでの松山英樹の全英オープンでの成績はミュアフィールドで開催された2013年に6位タイ、ロイヤルリバプールでの2014年は39位タイ、セントアンドリュースでの2015年は18位タイとなっています。

開催コースは変わっているものの、リンクスコースに対応できることが、これまでの成績から伺えます。

ロイヤルトゥルーンで過去にも全英オープンが開催されていますが、倉本昌弘が1982年に4位タイ、丸山茂樹が1997年に10位タイ、そして2004年には最高位は神山隆志27位タイも日本人プレイヤー6人中4人が予選通過するなど、メジャーの開催コースの中では日本人プレイヤーが実績を残している部類に入ります。

開幕前の練習時点では「手応えは全然ないわけではない」と話すなど、調子そのものは悪くないようです。

メモリアル、全米オープン、ブリジストンインビテーショナルと練習では調子が良かったものの、実戦となると結果を残せませんでした。

今回の全英オープンでは実力を発揮して、まずは予選を通過して4日間プレーし、その上でチャンスがあれば優勝を争えるような位置でプレーをしてくれることを願っています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ