松山英樹は18位Tフィニッシュで10戦連続トップ25!全英オープンゴルフ2015の全ラウンド結果速報

全英オープンゴルフ2015が、セント・アンドリュース・オールドコースにて7月16日から4日間にわたって開催されます。

その全英オープンゴルフに松山英樹が3年連続3回目の出場を果たします。

これまでの2回とは比較にならないほどの注目を集めている松山英樹で、多くの海外メディアで優勝候補の1人としてプレーすることになります。

その松山英樹の全英オープンゴルフ2015の全ラウンド結果速報です。

松山英樹の全ラウンドのプレーの速報と結果

スポンサードリンク

松山英樹の全英オープンゴルフ2015のラウンド別のプレー詳細やキースタッツなどは以下のボタンのリンク先にまとめています。

第1ラウンドのプレー詳細速報:64位T
第2ラウンドのプレー詳細速報:10位T
第3ラウンドのプレー詳細速報:18位T
第4ラウンドのプレー詳細速報:18位T

初日はグリーン上で苦しみ2日目の巻き返しが必須に

第1ラウンドはジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソンとの組み合わせで、日本時間の7月16日の午後5時33分(現地午前9時33分)からスタートしました。

初日のホールバイホールとでフェアウェイキープ、パーオン、パット数のデータは以下の表のとおりとなっています。

The Open2015_Hideki Matsuyama_R1

第1ラウンドは3バーデ・3ボギーのイーブンパーで通算イーブンパーで首位とは7打差の64位タイとなっています。

前半の5ホール目まではダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピースと遜色ない出だしとなったのですが、6番から9番にかけてミドルパットのバーディチャンスを決めることができず、流れを悪くしてしまいました。

その流れが悪くなったところでバックナインにはいり1ホール目の10番でパーオンできずに、2パットのボギー。2ホールしかないパー5である14番で1つ取り返したかったのですが、ティーショットがポットバンカーにつまかり、2打目は後ろに出すだけで、3打目もグリーンを捉えることができずボギー。

そして15番ではパーオンできずなかったのですが、3打目のアプローチではあわやバーディというショットで1.5mにつけたものの、そのパーパットを外してボギーとし、2ホール連続ボギーで貯金を吐き出してしまいました。

その後16番では1.5-2.0mのバーディチャンスを作ったものの沈めることができず、結局、スコアを伸ばせない状態で初日を終えてしまいました。

ティーショットは非常に安定していて。ポットバンカーに入れた14番以外はすべてフェアウェイキープしたため、フェアウェイキープ率は93.75%(15/16)と非常に高い数字となっています。

またパーオン率も77.78%(14/18)とまずまずの数字をキープしていたのですが、インに入ってからは2m以内につけるようなショットが少なくなってしまったったことと、11番では2.0m前後のバーディパットを外し、他にも3-5mのミドルパットを多く外してしまったことなどが、スコアが伸びない原因となってしまいました。

初日を終えた時点でのキースタッツは以下のとおりとなっています。

項目 R1|Rank
フェアウェイキープ率 93.75%(15/16)|3位T
ドライビングディスタンス 284 yds|104位T
パーオン率 77.78%(14/18)|32位
総パット数 33|109位T
スクランブリング 1回|109位T

さすがに18ホールで33パットもしてしまうと、スコアを伸ばすことは難しくなってしまいます。

ティーショットは安定してましたので、パッティングの負担を小さくするために、アイアンの精度をもう少し上げること、そしてミドルパットを全部ではなくても、3回に1回は入れたいところです。

本来であれば午前スタートの今日にしっかりとスコアを伸ばし、荒れ模様となる予報になっている2日目の午後スタートに備えたいところでしたが、それができませんでした。

明日は午後前には風が強くなるようなので、全体的に伸び悩む可能性がありますが、しっかりとスコアを伸ばさなければ決勝ラウンドに進めない位置となっています。

課題のパッティングのため、一朝一夕には改善しないかもしれませんが、明日の午後までにうまく調整してくれることを期待しています。

第2ラウンドはサスペンデッドも14ホールを終えて暫定10位T浮上!

The Open 2015_Hideki Matsuyama_catch(PGAツアー公式サイトトップ画面キャプチャ)

第1ラウンドはジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソンとの組み合わせで、悪天候により3時間以上遅れてのスタートとなりました。

その結果、14番ホールでプレーを中断して、明日の早朝に第2ラウンドの残りのプレーをすることになりました。

第2ラウンドのサスペンデッド前のプレー

その第2ラウンドのサスペンデッド時点でのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

The Openl2015_Hideki Matsuyama_R1_2

14ホールを終えた時点で8バーディ・2ボギーと6つスコアを伸ばして、通算6アンダーまで伸ばし、首位のダスティン・ジョンソンとは4打差の暫定10位タイに浮上しました。

10番ホールまでは圧巻の7バーディ・ノーボギーと怒涛のバーディラッシュでした。

昨日のパッティングの不調の分まで取り返すかのように、1番で2.0m前後、2番で5.0-6.0m、3番で3.0m前後、4番はグリーンからこぼれたもののそこから6.0-7.0mを、7番で5.0-6.0m、9番では3.0-4.0m、そして10番では難しい尾根を超えてのスライスラインを読みきって10.0m程度を沈めるという圧巻のプレーでした。

しかし、11番で落とし穴が待っていました、パー3でティーショットはピン奥5メートルにつけたものの、強力な風が吹く状況でのパッティングとなり3パットでボギーとしてしまいます。

ただ、このボギーに関しては同じ組のスピースとダスティン・ジョンソンも同様に風の影響で3パットしたためいたし方ありませんが、もったいなかったのは12番パー4のボギーでした。

348ヤードの短いパー4でしたが、松山英樹はアイアンでレイアップを選択したのですが、それを左の長いラフに打ち込んでしまいます。そこからの2打目はグリーン奥にこぼれてしまい、アプローチで1.5mにつけたものの、それを外して連続ボギーとしてしまいました。

しかし、昨日はポットバンカーに入れてボギーとしてしまった14番パー5ではセカンドショットがラフにつかまったものの、アプローチでピンそば1.0mにつけてバーディを奪って、今日のプレーを終えました。

今日は課題だったパッティングが面白いように決まったことで、予選通過どころから一気に優勝争いができる圏内まで浮上してきました。

明日は第2ラウンドの残り4ホールと、第3ラウンドの18ホールをプレーすることが濃厚ですが、一気に期待が膨らむ第2ラウンドとなりました。

フェアウェイキープ率は66.67%(8/12)、パーオン率は57.14%(8/14)と、途中段階ではあるのですが、昨日よりもスタッツは落ちています。

しかし、大きなミスはほとんどなく、カラーに止まったり、グリーン奥に少しこぼれる程度だったため、深刻なトラブルには至りませんでした。

そして何よりもパッティングが好調で、公式サイトのデータによると14ホールでパット数が16パットとなるなど今季一番の状態で、初日の18ホールで33パットしていましたので雲泥の差となりました。

できれば、良い流れのまま第2ラウンドを終えたいところでしたが、十分に優勝を狙える位置まで浮上したことは大きな収穫となりました。

明日のムービングデーは22ホールをプレーすることになりますが、そこで一気に上位との差を詰めて、最終日を迎えてくれることを期待しています。

今日の消化できなかった残り4ホールは、現地時間の午前7時、日本時間では午後3時から再開予定となっています。その第2ラウンドのプレーを全選手が終了後に予選カットが行われ、その後3サムのグルーピングで第3ラウンドがスタートする予定となっています。

第2ラウンドのサスペンデッド再開後のプレー

土曜日にもつれこんだ第2ラウンドの残り4ホールは、15番ホールを終えた時点で再び中断が入り、しかも10時間に渡る長い待機の末に再開されました。

その第2ラウンドの最終的なホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

The Openl2015_Hideki Matsuyama_R1_3

土曜日にもつれこんだ残り4ホールはいずれもパーセーブで乗り切り、トータル6アンダーで首位のダスティン・ジョンソンとは4打差で決勝ラウンドに進むことになりました。

16番と17番はともに難易度の高いホールのため、パーで上がるだけでも価値があるものですが、欲を言えば18番をバーディで締めることができていれば文句なしでした。

それでも16番と17番の両方共にファーストパットは長い距離の簡単なものではありませんでしたが、3パットすることなく終えることができていますので、パッティングそのものは悪くありませんでした。

第2ラウンドの66は、早い時間帯にスタートしてプレーを終えていたラッセル・ヘンリーと並ぶこのラウンドのベストスコアとなります。

松山英樹がプレーした時間帯は、一番風が強く天候が厳しい状態だったことを考えれば、かなり素晴らしいプレーだったと言える一日でした。

第2ラウンドを終えた時点でのスタッツは以下のとおりとなっています。

項目 R1|R2|Total
フェアウェイキープ率 93.75%|62.50%|78.12%
ドライビングディスタンス 284 yds|262 yds|273 yds
パーオン率 77.78%|66.67%|72.22%
総パット数 33|24|57
スクランブリング 1回|5回|6回

フェアウェイキープ率、パーオン率が落ちるのは、激しい強風の中でのプレーであることを考えれば致し方ないところです。

決勝ラウンドでは、第2ラウンドよりは天候的に落ちつく雰囲気なので、ショットの精度は上げやすくなると思いますので、やはりパッティングが入るかどうかが、優勝争いに絡み続けるポイントとなりそうです。

第3ラウンドは当初1ウェイ3サムで行われる予定でしたが、R&Aが日曜日に第3ラウンド、月曜日に第4ラウンドを行う意向であることを明らかにしたため、明日の第3ラウンドは2サムとなることが濃厚で、スティーブン・ボウディッチとの組み合わせになると予想されます。

天候がある程度落ち着けばスコアを伸ばすことが必要になってきますので、パッティングが続くかどうか注目したいところです。

またこの全英オープンでの予選通過により10戦連続での決勝ラウンド進出となりました。またPGAツアーでの次の出場が予選落ちのないWGC-ブリヂストン招待となりますので、同時に11戦連続予選通過となることが濃厚となりました。

第3ラウンドに1つ伸ばすも通算7アンダーで首位と5打差に後退

松山英樹はスティーブン・ボウディッチとの組み合わせで、日本時間の22時ちょうどにスタートしました。

その第3ラウンドのホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

The Openl2015_Hideki Matsuyama_R3_1

今日は3バーディ・2ボギーの1アンダーでまわり通算7アンダーでホールアウトし、18位タイで最終日を迎えることになりました。

フロントナインでは2番パー4で6-7mのパッティングを沈めたものの、その後はもどかしい展開が続きます。

パーオンし続けてバーディチャンスを作り続けたものの、なかなか近いところにつけてのものがない状態でした。しかし、7番では1mの絶好のチャンスをつくったものの、それを外してしまい、さらに重苦しい雰囲気に包まれました。

それでも耐え続けて9番パー4でピンそば50cmにつけてバーディを奪います。

その後も10番では3.0m以内のバーディチャンスは作ったのですが外してしまいます、しかし、それでも集中力を切らすことなく、12番パー4で1.5mのバーディパットを沈めて、首位と2打差まで浮上します。

13番では1打目が左のファーストカットにとまり、2打目が完全にブラインドとなったのですが、グリーンにはのったものの18m程度を残しピンチを迎えます。

そのファーストパットは2m程度オーバーし、ピンチを迎えたのですが、それをねじ込んで耐えます。

ですが、バーディを取りたい14番パー5では2打目で難しいアプローチを残してしまい、3打目で寄り切らず、結局ボギーとして8アンダーに後退してしまいます。

そして一番難易度の高い17番ではセカンドをトミーズバンカーに入れてしまいボギーとして、7アンダーにさらに後退してしまい、優勝争いからは脱落という位置になってしまいました。

結局18番ではバーディを奪えず、ホールアウトした時点では21位タイとなってしまいました。

フェアウェイキープ率は85.71%(12/14)、パーオン率は88.89%(16/18)とらしいプレーだったのですが、総パット数が32と、初日の33と同様の数字になってしまいました。

序盤のバーディチャンスを逃し続けてしまったこと、そして14番でのボギーで流れが悪くなってしまい、17番ではそれを止めることができませんでした。

首位との差は開いてしまいましたし、上位は実力のある選手が揃っていますので、最終日にはスコアを伸ばすであろうことを考えると、優勝というのは容易ではないものとなってしまいました。

ですが、第2ラウンドのようなプレーができれば、トップ10には入れますので、そこは確保できるように最終日に頑張ってもらいたいです。

パッティングは大きな課題なので一進一退を繰り返しながら、良くなっていくのを待つしかありません。最終日に何かしらのものを掴んでくれることを期待しています。

一時は首位に1打差に迫るも後半崩れて悔しいトップ25フィニッシュに

最終ラウンド(7月21日日曜日)の松山英樹はマーク・ウォーレンとの組み合わせで、日本時間の7月21日の20時35分にスタートしました。

その最終日のホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

The Openl2015_Hideki Matsuyama_R4

今日は4バーディ・3ボギーと1つスコアを伸ばすにとどまり、トータル8アンダーで18位タイでのフィニッシュとなりました。

10番ホールを終えた時点では4つスコアを伸ばして11アンダーとして、首位と1打差にも迫りましたが、12番Hで1メートルのパーパットを外してボギーとしてしまい、そこで流れが切れてしまい、悪いサイクルに入っていってしまいました。

最後の18番ホールでも2メートル弱のバーディパットを外すなど、課題があらためて浮き彫りになった全英オープンでした。

最終ラウンドもフェアウェイキープ率は75.00%(12/16)、パーオン率が77.78%(14/18)と安定していたのですが、総パット数は31と、やはりグリーン上で苦しみました。

初日は33、2日目は24、3日目は32、最終日は31と2日目以外はパットで苦しんだことがわかる数字となっています。

ただ、優勝争いをしているアダム・スコットも最初の3日間は31-31-35と97パットも打っていて、松山の89パットより遥かにもたついていたのですが、2ストロークも松山より伸ばしています。

アダム・スコットは最初の3日間で13個のバーディを奪った一方で、ボギーは4つしかありませんでした。しかし、松山英樹はアダム・スコットを上回る14個のバーディを奪ったのですが、7個のボギーを叩いてしまいました。

全米オープンでもバーディが出て、これからという時に、ボギーを叩いて流れを止めることが目につきました。そして優勝争いをしたトーナメントでも、優勝に手が届きそうな位置にきた後に、攻めて大きなミスをして後退というのが今シーズンは続いています。

攻めないと勝てないハイレベルな争いの中ではあるのですが、パッティングとともに、優勝争いをしていく中でのマネジメント、メンタルの持って行き方などは、多くの優勝を手にするための今後の課題となっていきそうです。

23歳と年齢が若いことに加えて、アマチュア時代に欧米ほどのハイレベルな競争はなく、日本では目にすることのない多様な芝、天候、コースセッティングでの経験も乏しいことがハンデになっていること感じさせる全米オープンと全英オープンでしたが、これも松山英樹が成長する上で、必要なプロセスなのかもしれません。

松山英樹と進藤キャディがともに、グリーン上、多様なセッティングと天候への対応など、多くのことを学びながら成長し、この壁を打ち破ってくれることを願っています。

この全英オープンで18位タイとなったことにより、10戦連続予選通過・トップ25フィニッシュとなると同時に、今年のメジャー3試合でいずれもトップ20フィニッシュとなりました。

この成績自体はかなりすごいことなのですが、これだけ好成績が当たり前になると、トップ25が最低ラインになり、トップ10と優勝争いでないと合格点ではないというところまで来てしまっているので、物足りなくなく感じてしまいます。

しかし、驚異的なほどの安定感を世界最高峰のフィールドで発揮していることに疑いの余地はありません。

まだまだメジャーをとれたり、年間に複数回勝てるるような選手に比較すれば、洗練されきれていない、荒削りなところが目立ちますが、それでもこれだけの結果を残していますので、伸び代の大きさを感じさせます。

全米オープンに続いて、今回も悔しい思いをすることになりましたが、ここから数年の成長が楽しみな松山英樹です。

スポンサードリンク

よく読まれています

56 Responses to “松山英樹は18位Tフィニッシュで10戦連続トップ25!全英オープンゴルフ2015の全ラウンド結果速報”

  1. ゆり より:

    こんばんは?・・
    お疲れ様でした。

    えぇぇ・・良い刺激を受けながらのスタ-トでした
    のに・・
    INに入ってすぐのボギ-かぁ~痛いねぇ!勿体ない。
    イ-ブンパ-の終了。
    明日2日目は二人に食らいついて行って欲しいです。

    結果はわかちゃいましたが、TVが始まりました。
    此れから見ます。
    不眠症なので夜中は大丈夫なのですよ「笑」。

    お疲れ様でした。

  2. golf より:

    ゆりさん、こんばんは。
    この2人の組み合わせは結果として重荷だったかな~という気がしました。
    あの2人のプレーして、その様子を目の当たりにすると、自分のプレーに迷いが生じやすくなってしまうので。
    こういう苦い経験も、将来の糧にはなると思うので、全てを経験値として積み上げてもらいたいです。
    明日はもっと詳細にプレーが見れると思うので、しっかりと応援したいと思います。

  3. まり より:

    golfさん、早速の記事のアップありがとうございます。
    やはりパッティングが…ですよね。
    とにかく、最低でも予選は突破してもらいたい。
    こちら札幌も結構寒いのですが、セント・アンドリュースの寒さはものスゴいですね!!(秋?)
    寒くて体も縮こまって固くなりがちですが、ここはなんとか踏ん張ってくれることを切に願います。
    個人的には「なんでこの組に入るのか」というコメントが、松山らしくて良かったです(笑)
    最後にチーム松山に見守られながら笑顔でパッティングの練習をしていたのが印象に残りました。
    大変だとは思いますが、明日からも記事の更新、何卒よろしくお願い致します。

  4. ACE より:

    golfさん、リアルタイムでのツイート含め細かい情報ありがとうございました。
    スタートから張り付いて見ていました。滑り出しはとても良かったのでものすごくテンションが上がりましたが、二人にどんどん離されてしまい途中からは写ることも少なくなりました。。。ショットはいいのでやはりパッティングですね。。もったいないのがいくつかありました。2日目、何とか予選突破目指して頑張ってほしいです。今日はテレ朝でほとんどのショットが見られると思うので気合を入れて応援したいと思います。

  5. golf より:

    まりさん、深夜?早朝?にありがとうございます(笑)。
    あのプレーを目の前でされたら、知らず知らずのうちに煽られると思います。2日目は完全に割りきってプレーできるところまで離れてしまったので、良い意味で完全無視(笑)でやってもらいたいです。
    ホールアウト直後はさすがに悔しそうではありましたが、練習場では笑顔だったので、ほっとしました。
    パッティングの差がそのまま2人の差になりましたが、気長に待つしかないですね。
    まずは3週間待ちましたので、4日間プレーできるように頑張ってもらいたいです(笑)。

  6. golf より:

    ACEさんも、深夜・早朝からありがとうございます。
    最初の6ホールまでは私もテンション高めでしたが、10番Hあたりから徐々に落ちていき、最後はオーバーパーになることを心配しながらの観戦になりました。
    2日目は割り切りやすいスコアと位置になったと思うので、やってくれることを期待しています。まずは決勝ラウンド進出です。練習場での雰囲気は悪くなかったので、頑張ってくれるのではないかと思います。

  7. ケイ より:

    おはようございます。いゃぁ、何とも言いようのない展開でした。みなさん、同じ思いでしょうが、あれだけパットが入らないと流れが悪くなりますよね。本人も言ってましたが、途中から自信がなくなったって、やっぱり一朝一夕にはいかなさそうですね。どうしても期待が先に来て物足りなくなってしまいます。もっと、気長に見れたら良いのですが・・・
    これも本人が言ったことですがカップから1メートルくらいのラインが読めないと。カップに向かって行ったストレートラインが1メートルくらい手前からスーッと切れるんですから何とも難しいですね。まぁ、何を言っても過ぎた事で、現在はカットライン上にいますから何としてでも決勝ラウンドに進んでもらえるよう念力を送りたいと思います。私はCSが見れませんので地上波とBSが頼りです。2日目は放送時間バッチリですのでしっかりと応援できますが昨日はgolfさんの臨場感溢れるリアルツイートで楽しめました。また、よろしくお願いします。

  8. maya より:

    golfさん、お疲れさまです。

    パットが決まらず流れを悪くしましたね。同組の2人が伸ばしているので焦りもあったかも?ですね。
    自分が短いパットが決まらずにいる時に、目の前でスピースの上手いパットを見せつけられたら気持ちも萎えると思います。
    差はパターだけなので応援している側としても、溜息の連続でした。
    海外での優勝候補の事や、ランキング2位と4位と同組になった事が松山自身プレッシャーになってないといいのですが。
    初日のプレーを観ていいて、なんとなく感じました。
    今日は持ち前の粘り強さで予選突破してもらいたいです。
    マイペースで頑張ってほしいですね。
    golfさんもお疲れと思いますが、いい意味での疲れになるよう願っています。

  9. golf より:

    ケイさん、おはようございます。
    全米オープンの最終日のアダム・スコットの時と同じで、アプローチも含めたショット全体はジョーダン・スピースやダスティン・ジョンソンと遜色ないだけに、グリーン上での差が目立ってしまいます。
    ストロークの問題というよりも、グリーン上の読みの問題のほうが大きそうなので、松山英樹本人も、進藤キャディもフェスキュー芝の研究と慣れが必要ですね。
    こんなこと書くと怒られるかもしれませんが、私個人は本格的なブレイクは2016年からの3年間ではないかなと思っていますので、焦らずに気長に待ちたいと考えています(笑)。と言いつつも、試合のたびに毎回期待しているのですが(笑)。
    バミューダ芝には徐々に対応し始めているのですが、全米オープンに続いてフェスキュー芝への対応も今後の課題になりそうです。
    しっかりとスコアを伸ばして決勝ラウンドにいけるように、今日の夜も張り付いて応援したいと思います。

  10. golf より:

    mayaさん、おはようございます。
    遠い距離の2人が先に沈めるような展開で、自分が外してしまうと、無意識的に自分のパッティングを信じ難くなってしまうと思います。それにハマってしまった初日でした。
    優勝候補にあげられていること、全米オープンの1位と2位、世界ランク2位と4位の2人の組み合わせになっていること、など様々な要素が松山にとって良くない方向に作用したように感じました。
    普段なら、入らないなら仕方ないという感じで、もう少し割り切れたと思うのですが、それができませんでした。
    もうあまり2人を意識する必要もないほどスコアが離れてしまいましたので、割りきってしまって粘り強くプレーして、少しでも順位を上げていってもらいたいです。

  11. クロミツ より:

    毎回、知識のなさを露呈するメールで恥ずかしいです。
    私も大器晩成であって欲しいと願いながら、やっぱり一戦一戦、夢と希望を抱いて応援するのがファンというものなのですね。
    私につられてにわかファンになった夫がしきりにパッドが入らないことに苛立っていたのですが、私は途中からとても冷静な気持ちになりました。golf さんもそうおしゃっていらしたので、ちょっと嬉しくなりました。いつも詰まらない内容、私信として笑って処理してください。
    此の期に及んでもやっぱりクラレットジャグを掲げている松山が目に浮かびます(笑)

  12. golf より:

    クロミツさん、ありがとうございます。
    すさまじい量の練習をしていも、上手くなるどころか、下手になったように感じるときがあるのが人間の成長で、それは成長曲線として様々な分野で確認されています。
    あるポイントに到達するまでは、なかなか成果が上がらず、良くて横ばい、時には悪くなったように感じてしまうのですが、それでも変わらずに努力できた時に、確固とした技術と知識になっていくものです。
    松山英樹はある技術が完全に身につくまでの、こういったプロセスをよく把握しているように見受けられます。
    今週の全英オープンで勝ちに行っていると思いますが、技術的なブレイクポイントが今週に訪れる可能性があるし、逆に下手になったように感じる状況に陥る可能性があることの両方を認識しているのではないかと思います。
    私は彼がすさまじい量の練習をしているので、今年中に大きなブレイクポイントが来てもおかしくはないとも思っていますが、普通に考えれば来年以降の3年間ほうが松山英樹がプレイヤーとして本格化するのではないかとも考えています。
    思わしい結果ではない初日でしたが、これも彼の成長のステップだと思いますので、見る側も焦りすぎずに(笑)、応援したいとは思っています。
    でも、クロミツさんのように、松山英樹本人は今週クラレットジャグを手にすることを諦めていないと思いますので、私も今日、明日にブレイクポイントがくることを願いながら応援します。

  13. クロミツ より:

    返信ありがとうごさいます。
    成長の過程について、とても納得がいきます。
    練習に練習を重ねてきた松山も、golfさんがおっしゃるように、きっとそのことを知っていますね。そして誰よりも自分の弱点と可能性をわかっているように思います。勿論落ち込むこともあると思いますが、いい意味の自負を持っていても自分を過大にも過小にも評価しない人のように思いますので、きっと前進していくと信じています。残る三日間,ファンを引きつけてやまない松山らしさを発揮してくれますように!

  14. まり より:

    golfさん、おはようございます!
    記事のアップを待てず、コメントしちゃいます(笑)
    …いやぁ、今日の松山選手は凄かった!!
    気が付けば、首位と3打差!
    あのバーディラッシュは凄すぎます(笑)
    見てて私なりに感じたのは、雰囲気にのまれてた初日と比べて、2日目はいつものマイペースの松山に戻っていたこと。
    あと、これはgolfさん分析待ちですが、あれほど手こずってたラインが殆ど読めてたんじゃないですかね?
    いずれにしても、ホント素晴らしかった。
    スピースとのグータッチも良かった(笑)
    予選落ちの心配してて、ごめんなさいって感じです。
    福島に凱旋帰国するためにも、優勝目指して頑張って欲しいです。

  15. golf より:

    まりさん、おはようございます。
    今日のプレーは見ていて時間を忘れました!ジョーダン・スピースとダスティン・ジョンソンの前に力負けしたような雰囲気の初日とは打って変わって、松山英樹がショット・パットで圧倒するというなんとも嬉しいものとなりました。
    中継ではスピースやDJと英語とやりとりしたりする様子も非常に良くて、本当にPGAツアーに馴染んでいるし、英語もしっかりと喋れるんだということを確認できたことも嬉しいことでした。
    今日はあれだけ入らなかったミドルパット、ロングパットが次々と決まって文句のつけようがありませんでした。私の分析は全く必要ないと思います。
    あとは、残り40ホールを今日まではいかなくても、それに近い状態をキープできれば、サンデーバックナインで優勝争いが見れるのではないかと思います。
    もう夕方からのムービングデーが待ちきれないです(笑)。

  16. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様でした。

    10番のナイスバ-ディ、お見事!!
    この良い流れで残りを消化し・・
    決勝戦に向かって行って欲しいです。

    何も言う事有りません。さすが松山君・・
    golfさんお疲れ様でした。

  17. golf より:

    ゆりさん、おはようございます。
    本当に素晴らしいプレーで、初日のストレスが吹き飛ぶようでした。今回の全英オープンもそうですが、今日のプレーが自信になり、彼がさらなる飛躍をする土台になることを願うばかりです。
    明日もしっかりと応援したいと思います。

  18. ACE より:

    golfさん、おはようございます&お疲れ様です。

    今日は予選通過が目標と勝手に低いところからの応援をするつもりが怒涛の4連続バーディーであっという間に上位チームの仲間入り。
    一気に目が覚めました。ジョーダンやダスティンのラインが参考になった部分もありましたけれど、それをものにできた松山選手のしっかりとしたストロークはすばらしかったです!
    残りホールもありますし、この天候で体力的にも精神的にも大変かと思いますが、明日も頑張ってもらいたいです。
    私もこれから眠って体力を温存します(笑)

  19. マーク より:

    初日イーブンも、松山は黙っていても勝手にやってくれると思ってましたが、やはりやってくれました。もはやダスティンやジョーダンと並んでる姿も全く引けを取らない、彼らも完全に認めてる。頼もしい限りです。
    それにしても、松山以外の日本人は。。青木が松山に、お前しかいないんだからな!と言って、戸張が苦笑していたのも、現実に。分かっていたこととはいえ、日本ツアーも心配してしまう。

  20. golf より:

    ACEさん、おはようございます。そして観戦・応援お疲れ様でした。
    久しぶりに時間を忘れてテレビに釘付けになりました。この世界の最高峰の舞台で圧倒するようなプレーができることに、ただただ感嘆するばかりでした。
    マスターズの時は初日から最終日のフロントナインまでパッティングがイマイチでしたが、サンデーバックナインで爆発しました。
    今日に近いものをキープできれば、全英オープンのサンデーバックナインで期待ができるのではないかと思います。
    パッティングのストロークが良くなっていたのと、アドレスに入ってから打つまでのリズムが短いのも良かったように思います。
    松山も疲れてはいると思いますが、スコアも伸びて心地良く感じているのではないかという気がします。明日からの残り2日間頑張ってもらいたいです。私もいろいろと整理して、備えておきたいと思います(笑)。

  21. golf より:

    マークさん、ありがとうございます。
    ジョーダン・スピースとダスティン・ジョンソンの2人と遜色ない内容でプレーができ、そして同じプレイヤーとして互いにリスペクトし合いながらラウンドしている雰囲気も良かったです。R&Aのグルーピングは間違いではないかったと証明できたのではないかと思います。
    他の7人の日本勢が予選落ち濃厚というのは、寂しいですね・・・。もう少し世界で通用するレベルのプレイヤーが日本で活躍しないと、人気回復につながらないので、残る全米プロゴルフ選手権では頑張ってもらいたいです。

  22. ケイ より:

    おはようございます。皆さんのコメント見せて頂いて私の嬉しさも倍増です*\(^o^)/*
    11番のパーパット直前で切られてしまって、もう、眠けで爆睡してしまいました。^^; でも、今朝は最高に気分が良いです。さて、1番2番の連続バーディが大きかったですね。グリーン上のパフォーマンスが上がれば絶対優勝争い出来るとは思っていましたが、ここまでとは、もう、見事、凄いとしか言葉が見つかりません。フロントナインは完全に主役した。最後の14番でバーディ締めも良かったです。golfさんも言われてますが進藤キャディーと一緒に芝やラインの研究も徐々に成果が出て来ているんじゃないかと感じました。本当は練習グリーンではあまりはいらないので、どうなるのかとヒヤヒヤしてきましたが取り越し苦労で良かったです。次元が違い過ぎますが、私みたいなヘボゴルファーでも練習グリーンと本グリーンの違いに惑わされてボロボロになるのは、ままあります。それにしても、ラウンドレポーターが奇声を発するので折角のプレーに水を差すような放映はテレ朝も考え直して欲しいですね。とりとめもない事をコメントしてすみません。今日もよろしくお願いします。

  23. golf より:

    ケイさん、ありがとうございます。
    元々パーオン率は高く、リカバリーのアプローチショットも精度が高いので、パッティングさえ決まりだしたら、爆発的なスコアが出ることは不思議ではありませんでしたが、それが第2ラウンドだったように思います。
    練習グリーンでは次々と外していたので心配でしたが、杞憂に終わりホッとしたどころではなく、鳥肌が立つようなバーディパットの連続で最高でした。
    松岡さんはテニス中継の時のほうがもう少し冷静なようが気がします(苦笑)。本職のテニスのほうだとプロとしての分析が入りますが、ゴルフでは一ファンに近い感じになってしまってますね。それが楽しいという人もいるにはいるみたいですが。
    こういうメジャーの舞台でパッティングが入るという経験が、また1つの自信になるので、今回結実するかもしれませんし、そうでなくても今後のビックトーナメントの連戦で結果を残すための良い土台なるはずです。今日もしっかりと準備して観戦しようと思います。

  24. maya より:

    golfさん、お疲れさまです。

    2ラウンドも中断で、選手もコンディション大変ですね!
    眠気が吹っ飛ぶ4連続バーディーで興奮しました!
    初日は組み合わせを苦々しく思い、2日目はこの組でありがとう!って感じです。(笑)
    松山の修正能力、気持ちの切り替えはさすがですね。
    2日目のプレーは2人を圧倒していたので、松山にとっても大きな自信になったと思います。残り3Hですが、いい流れのまま決勝ラウンドに進んでくれるよう願いつつ、応援します!
    golfさんも寝不足でしょうが決勝もよろしくお願いします。

  25. golf より:

    mayaさん、ありがとうございます。
    2つ3つスコアを伸ばして終われたらなあという程度に考えていたら、はるかに上回るプレーで寝ていないことを忘れて観戦しました。終わった途端に、強烈な睡魔に襲われましたが(笑)。
    本当にメンタルの強い選手だと思います。見事に修正してきて、想像をはるかに上回るプレーで、かなり興奮しました(笑)。
    風が強いので大変そうですが、難しい上がり3ホールをうまく切り抜けてもらいたいです。
    寝不足でも頑張ります(笑)。

  26. まっちゃん より:

    いつも利用させてもらってます。ありがとうございます。
    松山選手、二日目終わって首位と4打差は、過去メジャーのなかで一番いい位置ですかねえ。
    マキロイがいない今回は最大のチャンスですね。楽しみでしょうがないです!!(*^^*)

  27. golf より:

    まっちゃんさん、コメントありがとうございます。
    ブログの内容がお役に立てているなら何よりです。
    2013年の全英オープンの時に、確か首位と4打差で決勝ラウンドに進出しているかとはずなので、その時以来になるのではないかと思います。2013年は決勝ラウンドで優勝争いに絡み続けましたので、それ以上の結果が期待できるのでははないかと思っています。
    ムービングデーにダスティン・ジョンソンとの差をつけて、プレッシャーをかけれるところまで近づけば、かなりチャンスが出てくるのではないかと思います。
    今夜もテレビに張り付くことになりそうです(笑)。

  28. ケイ より:

    golfさん、おはようございます、そしてお疲れ様でした。昨夜は待ちくたびれて寝てしまいました。でも、-6のままでほっとしました。今日は放送時間もバッチリですのでテレビにかじりついて応援してしたいと思います。(笑)明日が、休みで良かったです。お疲れでしょうが本日もよろしくお願いします。

  29. golf より:

    ケイさん、ありがとうございます。
    私はR&Aの情報から後ろにずれそうだったので、先に一回仮眠をとりました(笑)。予定した時間には起きれなかったのですが、幸い再開時刻が遅れてくれたので、全プレーをライブで見ることができました。
    今日は天候などで遅れないことを願うばかりです(笑)。
    セント・アンドリュースは風は弱まるものの、それなりには吹いて、雨が降るような天候みたいなので、忍耐力・精神力が問われそうです。そこが松山の強みでもあるので、頑張ってもらいたいです。

  30. きりちゃん より:

    golfさん
    さあもうすぐ、全英オープン第3ラウンドの松山英樹選手の出番が近づいて来ましたね!テレビ放映の時間もバッチリでしかも優勝争いを意識出来る位置での第3ラウンドですから、本当に最高です。四大メジャーでこの興奮を味わえるなんて!第2ラウンドであの過酷のコンディションで正確なショットとパットを連発した松山英樹選手なら絶対に優勝争いに絡めるはず。頑張れ!松山!

  31. golf より:

    きりちゃんさん、コメントありがとうございます。
    いよいよ第3ラウンド始まりますね。風もなく、雨もまだ強くないようなので、スコアが全体的に伸びています。今日は4つは伸ばさないと順位が落ちる可能性があり、上を追いかけるには6つくらいは伸ばしたい状況なので、頑張ってもらいたいです。
    今日はほぼ全プレーを見れるような感じになるのではないかと思いますので、とても楽しみです。パットが決まることを願っています!

  32. ケイ より:

    golfさん、お疲れ様です。さて、今日は打って変わってパットのラインが合わなかったみたいですね。パットは本当に奥が深いです。17番は痺れましたが、よくトライしたと思いました。ナイスボギーでした。結局、1つしか伸ばせませんでしたが紙一重ですね。スピースは流石ですが、まだまだ明日は何があるか分かりません。本当に団子状態ですので、全く想像すら出来ません。アマチュア優勝なんてこともあったりして?明日は地上波は流石に無いみたいですがネットでLIVEとか無いんでしょうか?仕事中に隠れて見たい心境です。また、明日もよろしくお願いします。

  33. golf より:

    ケイさん、お疲れ様です。
    一時は二桁アンダーが目前になり、首位との差も縮まっただけに残念ではありますが、よく耐えながら頑張っていたと思います。
    パッティングは彼にとっての大きな課題なので、完全に克服するにはまだまだ時間が必要だと思います。その中で良い状態が増えていくのを待つしかないのかという気がしています。明日も頑張ってもらいたいです。
    松山英樹が優勝争いに残っていれば緊急で地上波もあったのかなと思いますが、可能性はなくなったように思います。
    ただ、ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイ、アダム・スコット、ダスティン・ジョンソン、ルイ・ウーストハイゼンという実力者に加えて、アマチュアのダンも絡むなど、松山英樹が絡まなくても面白い争いなので、本当は中継して欲しいのですが。でも難しそうですね。
    いろいろなところから情報を仕入れながら、なるべく情報を更新していきたいと思います。お疲れ様でした。

  34. まり より:

    golfさん、おはようございます。
    う~ん…。
    第3ラウンドは、松山選手の日では無かったということですか。
    地上波での放送は決まりましたが、最後の方しか写りませんね。
    最後まで諦めずに、一つでも上を目指して頑張ってもらいたいです。

  35. golf より:

    まりさん、おはようございます。
    だいたい4時間ちょっとでホールアウトしているので、地上波ではよくて最後の2ホールくらいになりそうですね・・・。
    スコアを一気に伸ばしてくれれば国際映像にのって、ゴルフネットワークでも映るとは思うのですが、それに期待することになりそうです。
    せめて23時台からやってくれればよかったのですが。
    第2ラウンドのように同組の選手がパッティングのラインを見せてくれるということもありませんでしたので、運や流れという面でもあまり良くはありませんでした。
    最終日はクラブハウスリーダーになれるくらい頑張ってもらいたいですが、最低でも6アンダー以上は必要になりそうなので簡単ではありません。出来る限り上をつかまえてトップ10、トップ5に入れるように願っています。

  36. ACE より:

    golfさん、連日の情報ありがとうございます。
    今日は松山選手の顔つきがものすごく精悍で、完全に優勝を意識してスタートしていったのが印象的でした。とてもくやしいラウンドになったと思います。でもこうして痺れる所での経験をたくさんしていくことが糧になり、最終的にメジャーを手にすることが出来るのだと思います。しかしさすがのメジャー、ビックネームがしっかり上げてきましたね。見応えあります。スピース選手が快挙を成し遂げてしまうのか?もしかしたら歴史的瞬間に立ち会うことになるかもしれません。
    しかし2日目のようなロケットスタートがあれば松山選手にもまだ可能性が残っていると思います。最終日にすごいムーブを見せる選手は必ずいます。それが松山選手でありますように
    (>人<*)!!!
    今日もしっかり応援していこうと思います。

  37. golf より:

    ACEさん、おはようございます。
    14番と17番でのボギーなどに、メジャーの舞台での経験値の差が出ていたと思いますし、スピースはもたつきがありながらも、最終的にはしっかり伸ばしたところにも、まだ差があるのかなという気はしました。
    こういう経験の積み重ねが、引き出しの多さと、優勝争いで抜け出るような力を養う土台になると思いますので、これはこれで貴重なラウンドになったのではないかと思います。
    最終日もしっかりと上を狙ってくれると思いますので、私もしっかりと応援したいと思います!

  38. まり より:

    golfさん、返信ありがとうございます。
    また、沢山の記事のアップありがとうございます。
    地上波での放送は、昨日例の大型掲示版上で、放送されるか否かが気になって気になって仕方ない人がわざわざテレ朝に電話までして確認したところ、やることはやるという主旨の返答をもらったとの書き込みがあったことから心配はしてませんでした。
    が、放送開始時間がいつになるのか…。
    放ステはさすがに絶対潰さないとは思っていたのですが、あとはTVタックルがどうなるのか…と思ったら、やっぱりスポンサーの関係もあってそのまま放送されますね。
    ただ、ここで一つ注意点!(って、大袈裟な書き方(笑))
    放ステの放映中に、チョコチョコ松山選手情報を入れてくると思いますので、要チェック!
    あとはALBAの1打速報と併せて、応援していきます!

  39. golf より:

    まりさん、ありがとうございます。
    そうですね。特にスコアを伸ばしていれば、かなり多めに中継を差し込んでくると思いますので、さらなるスケジュール変更が起こるほどのビックスコアを出してくれることにk対しましょう(笑)。サンデーヒデキの本領発揮を願いながら、夜に備えておきます(笑)。

  40. ケイ より:

    golfさん、お疲れ様でした、そして有難うございました。特にリアルツイートでは本当に気持ちが乗っていて、こちらも力が入りました。結果は残念ですが、この5日間は本当に感動しました。golfさんにも本当にお世話になりました。楽しかったです。これからも松山プロを応援して行きます。今日は、結果論ですが実質、12番がポイントだったような気がします。パッティングは2日目のタイミングが一番合っていたような気がしました。まぁ、本人の感覚なので私らがとやかく言う事は出来ないのですが・・・
    これからは、メジャーは勿論ですが、先ずは2勝目を目指して欲しいです。その積み重ねが必ずメジャーに通じると信じています。今回は経験値の積み重ねと思う事にして自分を納得させます。頑張れ‼️松山プロ‼️

  41. golf より:

    ケイさん、お疲れ様でした。
    残念ではありましたが、最終日のバックナインまで期待をさせてくれたので、松山英樹には感謝の思いしかありません。よく頑張ってくれたと思います。
    強風対策だったようですが、私も2日目のテンポ・リズムが良かったような気がします。本人が試合が終わった後に、第2ラウンドとの違いについて検証すると思うので、今回のこともひとつのキッカケになるのではないかと思います。少なくとも全米オープンよりは良かったですし(笑)。
    全米オープンと全英オープンでは経験値の差を感じさせられるような、荒削りさが目立ちましたが、それでもここまでやれているので、ある程度時間をかければメジャーをとれるのではないかと思っています。
    まずはPGAツアー2勝目を手にしてステップアップしていってもらいたいです。これからももちろん応援していきます!

  42. ケンケン より:

    いつも楽しみに拝見しています。このブログの情熱はすごい!
    ただただ感心しています。飛行機でスコットランドまで4時間くらいの距離に住んでいますが仕事の都合で見に行けませんでした。
    松山選手、今回は残念な結果に終わりましたがまだまだ後30年は楽しみにできる選手だと思います。今年はイマイチ勝ちきれない展開が続いていますが(といっても素晴らしいのですが)やはりメンタル部分の影響が大きいのでしょうか?精神的に追い詰めらられた時に心の支えや頼りになるものが必要じゃないかと感じています
    。 練習+αですがやはり自力では限界があるように思えますし
    心の師とパットのコーチが必要ですかね??? 
    それとヨーロッパツアーに参戦した川村選手も取り上げていただきたいものです。

  43. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様でした。

    TVが始まった時には松山君終了でしたが・・
    トップに一打差になった時には、此の侭行ってくれ~!
    と、ツイートを読みながら手を合わせてました。

    やっぱり、チャンスになったら絶対取らなきゃ付いて
    は行けませんし、ボギ-はいけません。

    本人が1番悔しいし、大いに反省点も見つかった
    事でしょう。
    成長著しい松山君、今後に繋がる事と信じ
    此れからも応援して行きます。

    最後のメジャー「全米プロ」までは、
    ゆっくり出来そうもありませんねぇ。

    直ぐ、福島の試合に直行でしょうか・・
    大変なスケジュ-ルになってしまいましたが、
    福島の方達に素晴らしい試合を魅せてあげて
    欲しいです。

    それにしても、今回きずきましたが「笑」
    ツイ-トにて、こんなに事細かく書いて
    報告して下さっていたのですねぇ。
    きずくのが遅く失礼しました。

    さすがに五日間の徹夜は思考能力が落ちて「笑」
    色々な事がまとまりませんでした・・。

    本当にお疲れ様でした。

  44. クロミツ より:

    golfさん、お疲れ様でした。
    松山もスピースも先に楽しみを残してくれましたね。
    松山のそして選手たちの最後まで頑張り通す姿勢に励まされて日常に戻ります。
    今回もgolfさんに、大変多くのこと教えていただきました。
    私が描いた松山の勇姿はますますハッキリしてきました。
    松山の成長していく姿を見せて頂く喜びを大きくして下さるgolf
    さん、本当にありがとう。お体大切に!

  45. みち より:

    golf さん、5日間ありがとうございました。

    結果は残念ですが、最終日までドキドキさせてくれた松山pにも感謝しかありません。
    もう少しのところに来てますよね!
    どこかで、golf さん説のように来年からなのかグーンと強くなる気がします。
    その日を楽しみに待ちたいと思います。

  46. golf より:

    ケンケンさん、コメントありがとうございます。そして返信が遅れてすみません。
    好きなことは寝食を忘れることができるものですが、そんな感じになっています(笑)。
    パッティングに関しては技術的なことよりも、日本ではお目にかかれないグリーンのアンジュレーションや芝への対応などの問題が大きく、優勝争いで勝ち切れないのはメンタル的な部分と、今シーズンはあまり運が無いことの2つが大きい気がしています。
    メンタル的な部分で言えば、優勝したいという思いが強くなりすぎて入れ込み過ぎてしまうなど、優勝争いの中での感情を上手にコントロールしきれていない部分があるように思います。追い詰められたときの状態に関して言えば、進藤キャディなどチーム松山の面々が支えになっているので心配ないと思うのですが、優勝争いをしている終盤でのメンタルの持って行き方が課題かなという感じがします。理想はメジャーでの勝ち方を知っているようなコーチに教えてもらうのが近道ですが、本人は自分で考えて試行錯誤するのが好きなようなので、おそらくコーチをまだ雇うことはないと思います。
    ただ、自分で試行錯誤しながら「世界最高のスイング」と評されるものを作り上げ、アプローチショットでは様々な芝やライに対応できるようになっていますので、もう少し時間はかかるもののパットやメンタル面でも克服していくのではないかと思います。
    川村昌弘も気になっていて、定期的にチェックはしているのですが、現時点ではPGAツアーで手一杯という現状です(笑)。ヨーロッパツアーのシード権を獲得するところまでいってくれれば、もう少し踏み込んで追いかけるかもしれません。
    遠方からのコメントありがとうございます。これからもコツコツとやっていきますので、よろしくお願い致します。

  47. golf より:

    ゆりさん、5日間お疲れ様でした。
    全英オープンからバーバソルにつながる毎日だったので、さすがに私もキツかったです(笑)。
    しばらくは試合が続くので、あまりゆっくりとはできませんが、今日の夜はしっかりと睡眠をとりたいと思います。
    実際にはそうではないのですが、彼としては「ふがいない結果」で合わせる顔がないくらいの感覚を持っているような気もします。ですが、最終日に一時は首位に1打差まで迫り、十分に楽しませてくれましたので、胸を張って帰ってきてもらいたいです。
    ツイッターで速報することはあまりないのですが、ショットトラッカーが動かない時や、生中継がないときの限定です(笑)。来年の全英オープンはショットトラッカーに近いようなものを採用してくれることを願います。R&Aはやってくれそうにありませんが(笑)。

  48. golf より:

    クロミツさん、お疲れ様でした。
    初日の出遅れから、一時は首位に1打差に迫るまで伸ばしてくれましたので、やはりもっているポテンシャルは高いと思います。
    まだまだ学ぶべきことがたくさんあるのですが、それでもコンスタントにビックトーナメントで上位にきています。
    ここから数年でプレー全体が洗練されていくと思いますので、本当に楽しみです。
    お気遣いありがとうございます。今夜はゆっくりと寝ます(笑)。

  49. golf より:

    みちさん、お疲れ様でした。
    昨シーズン終盤にパッティングで苦しみ、結果を出せない自分に苛立ちパフォーマンスが低下した経験を活かして、今年の好成績につなげています。
    今年の勝ち切れない状態が続く経験も、彼の確固とした基盤・基礎となっていくのではないかと思います。
    今までの日本人プレイヤーが未踏の世界に踏み込もうとしているので、簡単ではありませんし、時間がかかるのは仕方のないことだと思います。
    後は、正直言って、今年は運やツキがあまりないと思います(笑)。それでも努力によって積み重ねてきた実力でねじ伏せながら結果を残しているように見受けられます。
    昨年のメモリアルで優勝した時は、彼のミスも多かったのですが、それ以上に周りが崩れて優勝を手にしています。また、ダンロップフェニックストーナメントでも同様にミスもあり、スタッツもそこまで良くなかったのですが、運やツキに恵まれながら優勝できたように思います。
    現在は、そのメモリアルやダンロップフェニックスの時より遥かに実力がありますが、勝てていませんので、あまりツキもないように感じます。
    ですが、大きく成長する直前には、必ず停滞期がありますので、そういう時期でもあると思います。ただ、優勝できていないだけでビックトーナメントばかりの出場で10戦連続トップ25なので、底力は計り知れません。
    本格ブレイクは来年からの3年間でくると個人的には考えているので、毎週期待しつつも(笑)、気長に待ちたいと思います。

  50. ゆり より:

    有り難うございます。

    ちよっとの間「爆睡」して体力アップして下さいねぇ。
    一度でいいから、私も爆睡とやらをしてみたい「笑」。

    長い事、楽しみに待っていた「全英オープン」・・
    あっという間に終わってしまった。

    この後、録画を見ます「笑」。
    お疲れ様でした。

  51. KENT より:

    golfさん 全英オープンからバーバソルまで、お疲れさまでした。今年の全英オープンはマキュロイが不参加でしたが、内容が濃くて見ごたえのあるものでした。優勝はプレーオフによってZ・ジョンソンでしたが、松山にも十分チャンスがあり、楽しませていただきました。
    しかしメジャーでの1打というのは、本当に厳しいものだと改めて感じる大会でした。
    18番のZ・ジョンソンにはプロの気迫を感じました。
    またプレーオフに残れなかったスピースとデイでしたが最後の最後までトライしてくれました。
    特にスピースは今大会の主役で、年間グランドクラムも可能な位置にいましたので、本人にとっては悔しい結果だと思います。
    おそらくスピースは、松山にとって生涯のライバルだと思いますが、やはり松山にとって必要なものは、スピースのような、ここぞという時のパットを決めきる事だけだと思います。
    本人も語っていましたが、2Rのようなパットがあと一日あれば優勝争いに加わっているので、本当に残念でした。
    golfさんの予想だと、2-3年後に松山がピークを迎えるとのことでしたが、
    技術も含めた経験によって確実にメジャー勝利と世界ランク1位になると
    私も思います。
    golfさんのスタッツ分析という冷静な予想ではなく、過去の名ゴルファーたちのピーク年齢がそうでしたので(笑)。
    松山のメジャー勝利か世界ランク1位となれば、日本のゴルフが確実に変わると思います。
    いろんな意味で日本のゴルフ界を背負っている松山ですので、胸を張って福島オープンでの帰国が楽しみです。
    それにしても、このブログは最高です。
    ゴルフと松山を応援する皆様のコメントを読んでいて胸が熱くなりました。
    golfさん 皆様 ありがとうございました。

  52. golf より:

    KENTさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
    KENTさんも、今までの名ゴルファーの歴史からして、これからピークがくると予想していらっしゃるということで、大変心強い限りです(笑)。
    欧米のアマチュアはセントアンドリュースとかチェンバーズベイのようなコースを、アマチュア時代にプレーしたりしているので、松山英樹とスピースとプロ転向が同時期であっても経験値の差が違いすぎることは否定できないと思います。
    今回活躍していたアマチュアの選手たちも、若いのですがこういったリンクスコースなどの経験も豊富で慣れていて、攻略法を知っていることを随所に感じさせました。
    松山英樹の現在は、欧米のトップアマたちが高校・大学時代に経験しているようなことを後追いのようにやっている段階だと思います。学習能力と順応力が非常に高い選手なので、数年もすれば確実に対応してくれると思います。
    ブログを楽しんでいただけて何よりです。これからもコツコツとやってきますので、よろしくお願い致します。

  53. ace より:

    golfさん、5日間お疲れ様でした。
    最終日はゴルフネットワークではリアルタイムで殆どで映らないしテレ朝の始まりは「間に合うのか?」レベルで遅いしで、golfさんのツイートのみが頼りの観戦となりました。
    誰よりも早く情報をアップして頂き、本当に感謝しています。
    (いったいどうやっているのでしょう?)
    このところショットが研ぎ澄まされているのでパッティングやここぞのミスが目立ってしまうようにも思いますし、こちらも期待値が高い故、勝手に盛り上がって勝手に落胆してしまいます。今回も悔しい結果になりました。

    様々な芝やアンジュレーションの強いグリーンなどへの対応は、golfさんがおっしゃるように経験がものを言うのでしょうね。すぐ結果を期待してしまいますが、ある程度の時間は覚悟しなければいけないかなと思いました。っとは言え、2勝目が遠くなればなるほど勝つのが難しくなるようにも思えるので何とか今シーズン中に勝利を手にしてもらいたいとも思います。(←矛盾してます^^;)
    この大変な全英が終わり、強行スケジュールでの帰国。練習ラウンドもままならない感じになりそうですが、今週末は世界基準のゴルフを福島で見せてもらいたいですね。

  54. golf より:

    aceさん、お疲れ様でした。
    速報はネット上など、なるべく信頼できる情報網を駆使してやっていました(笑)。
    PGAツアー2勝目は、来シーズン開幕からはなるべくフィールドの薄いトーナメントを選んで出ることで確率を高められると思います。
    2月以降はメジャー、プレーヤーズ、WGC、インビテーショナルなど強いフィールドのトーナメントばかりなので、そもそも勝つのが簡単ではありません。
    本人がこういったトーナメントで勝ちたいのはわかりますが、現実的なことを言えばPGAツアーでの勝ち方を見出していくために、フィールドの薄いところを優先するようなスケジュールも検討してもらいたいです。
    スピースは結構、弱いフィールドも積極的に出て勝ち癖みたいなものをつけるようにしているようにも見えるので、松山にもそれをやってもらいたいです。
    なので、プレジデンツカップ後の新シーズンは、完全にPGAツアーに張り付いてもらいたいです。2勝目を上げて2年シード確保してほしいですし、フィールドが薄くても、強くてもPGAツアー2勝目は2勝目なので(笑)。
    ただ、今季の残りでも、可能性があるのではと、期待しているのが次戦のブリヂストン招待です。昨年のパッティングがボロボロの時期でも12位タイになっていますし、2013年も21位タイと相性そのものも良いと思いますし、グリーンはベント芝なのでバミューダやポアナよりアジャストしやすいかと。
    とりあえずは福島オープンで世界基準のプレーを見せてくれることを期待しています。

  55. maya より:

    golfさん、お疲れさまでした。

    長い5日間でしたね!ツィーターを含め、ありがとうございます。
    最終日11アンダーまで伸ばした後、バックナインは3Rとも落としていたので、伸ばすよりも崩れないよう願っていました。結果は18位でしたが粘ってくれたと思います。
    次は福島オープンですね!
    体調を整えて、日本で良いプレーをして欲しいですね!
    golfさんも体調整えて頑張って下さいね。

  56. golf より:

    mayaさん、お気遣いありがとうございます。
    長く、楽しい5日間でした(笑)。
    トップ25がフィニッシュに慣れすぎてしまっているので物足りなく感じますが、メジャーで18位タイは素晴らしい成績だと思いますので、今後につながると思います。
    福島オープンは疲労もあると思いますので、予選ラウンドは慣らしながらプレーして、決勝ラウンドで勝負をかけれるような展開にしてもらいたいです。楽しみです。

このページの先頭へ