タイガー・ウッズが松山英樹を絶賛!!「ヒデキは信じられないようなゴルフをしている」

松山英樹が慈善大会であり、ツアー非公式戦でありながら、今年の四大メジャー覇者と世界ランクのトッププレイヤーのみが招待されるヒーローワールドチャレンジで独走状態となりました。

ヒーローワールドチャレンジは世界ランク上位のプレイヤーが集うため、世界ランクのポイントは国内メジャーの一つであるゴルフ日本シリーズJTカップの18ポイントを大きく上回る46ポイントが付与されています。

今年の全米オープン覇者であるダスティン・ジョンソン、全英オープンの覇者であるヘンリク・ステンソンといった強力なプレイヤーを従えて、なおかつ7打差という圧倒的な差をつけて最終日を迎えることになりました。

その松山英樹をタイガー・ウッズが絶賛しています。

スポンサードリンク

松山英樹のプレーをタイガー・ウッズが絶賛

tiger-woods_hideki-matsuysma_round3

GOLF WEEKがタイガー・ウッズがホールアウト後に、松山英樹について話した内容を伝えています。

At the end of the round, he could only tip his cap to the tournament leader.
“Hideki is just playing unbelievable golf,” Woods said.

タイガー・ウッズが第3ラウンドのプレーを終えた後に、“Hideki is just playing unbelievable golf,(ヒデキは信じられないようなゴルフをしている)”と絶賛したとのことです。

松山英樹にとっても小さい頃からの憧れであり、世界のゴルフ史上でも3本の指にはいるレジェンドから褒められることは嬉しいことではないかと思われます。

このあと記事では松山英樹がインタビューで以下のように答えたことが伝えられています。

He has climbed from 18th in the Official World Golf Ranking to No. 6 during his hot run. Asked if he thinks about becoming the top player in the world one day, Matsuyama answered, “It’s not that I haven’t thought about it, but it’s going to take a lot of wins, and hopefully tomorrow will be one of them.”

この好調な期間で18位から6位まで世界ランクを上げていることを紹介した上で、「いつか世界ランク1位になる時がくると思うか?」と海外メディアが質問したところ、「それについて考えたことはないが、そうなるためには多くの勝利が必要になる。明日がその一つになればと良いなと思っています。」と答えたことが伝えられています。

もう既に海外メディアの焦点は松山英樹が世界ランク1位になるか、2017年にメジャー制覇を果たすかどうかにシフトしています。

PGAツアー公式サイトのライターを務めるジョナサン・ウォール氏のツイートです。『ようこそ”Season of Hideki(ヒデキのシーズン)”』とコメントしています。

theScoreのゴルフライターを務めるアダム・サーソン氏。『2017年はザ・イヤー・オブ・ヒデキ(ヒデキの年)になる』とのコメント。

Lachie Young氏(オーストラリアのローカル新聞のスポーツライター)のコメント。「ワールドカップゴルフでの松山英樹のプレーを余すところなく楽しんだ。2017年に松山英樹がメジャーで優勝するかもしれない。」

米ゴルフダイジェストのシニアライターであるRon Sirak氏のコメント。
『2017年に関する私の予想:松山英樹は日本人初の四大メジャーを制覇したプレイヤーになる』

CBSやPGAツアーラジオなどで中継を担当しているLuke Elvy氏のコメント『松山英樹は2014年にジョーダン・スピースがやったのと同じようなことをやっている。次に何がくるのか私たちは知っている。』

2014年にオーストラリアンオープンでマキロイ、スコットに競り勝ち、その直後のヒーローワールドチャレンジで優勝し、翌年のマスターズと全米オープンを連勝したのがスピースです。

それと似たような状態になっているということです。

今、松山英樹の歩みをリアルタイムで目撃できることは大きな幸運なのかもしれません。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ