松山英樹が世界ランク1位になることが渇望されている?!英国ゴルフ専門誌が特集記事で絶賛

松山英樹への注目は米国、アジアだけにはとどまりません。

イギリスのゴルフ専門誌でも特集記事が組まれることもあるほど、その実力を高く評価されています。

イギリスのゴルフ専門誌であるTODAY’S GOLFER MAGAZINEの電子版が1万1000字にもなる長文記事で松山英樹について特集しています。

スポンサードリンク

世界のゴルフシーンが松山英樹の躍進に期待

Today's Golfer Twitter 170207(Today’s Golfer Twitterキャプチャ画像)

TODAY’S GOLFER MAGAZINE電子版の“Get to know Japan’s rising son”では松山英樹のアマチュア時代の実績、プロ転向後の実績、スイングの素晴らしさに関する解説など多岐にわたる内容が網羅されています。

その中の一部分だけとはなりますが紹介していきます。以下はその記事からの引用です。

For golf’s powerbrokers, the prospect of Matsuyama reaching top spot is salivating for a number of reasons.

『松山英樹が世界ランクのトップに立つというビジョンは、ゴルフ界の陰の実力者たちにとって、多くの理由で渇望していることだ。』

松山英樹が世界ランクのトップに立つということは日本人にとっても希望であり、アジア大陸にとっても希望であるのですが、世界のゴルフ界の陰の実力者たちにとっても実現してもらいたいことなのだということです。

その理由として以下のような内容が記されています。

First, the fact he would be the first Asian golfer to secure that position could spark a huge boom in golfing participation throughout that continent. Second, the fact the World’s top golfer was Japanese would put the sport (and Matsuyama himself) slap bang in the middle of the spotlight in the run-up to the 2020 Olympics in Tokyo. Third, along with Australia’s Jason Day, Europe’s Rory McIlroy and America’s Jordan Spieth, he could form a young, hungry, diverse and ultra-talented global fourball that thrills fans globally.

一つ目は「マツヤマが最初の世界ランク1位となったアジア人プレイヤーになることはアジア大陸全体でゴルフの競技人口の増加において巨大なブームを巻き起こす可能性があるから」ということです。

そして二つ目は「世界のNO.1プレイヤーに日本人がなることが、準備期間中にある2020年の東京オリンピックでゴルフ競技をスポットライトの真ん中に押し出すことになるから」というものです。

最後に三つ目は「松山英樹は、オーストラリアのジェイソン・デイ、ヨーロッパのロリー・マキロイ、アメリカのジョーダン・スピースらとともに、ファンを世界中で興奮させることのできる若く、勝利に飢えた、それぞれに異なる並外れた才能をもった”グローバル・フォアボール”を作り上げることができる」からというものです。

世界のゴルフ界も競技人口の減少など、将来の展望が明るくないと言われる中、マーケットの拡大として注目されているのがアジアです。

松山英樹が世界ランク1位となることは、そのアジアでの競技人口の急激な上昇の起爆剤となるのではないかと期待されているということです。

そして松山英樹が世界ランク1位となることには、ゴルフが東京オリンピックの中でも大きな注目を集める競技となり、これもまたゴルフの人気と市場拡大の起爆剤となるのではないかと期待されていることになります。

さらにビッグ3と一時は呼ばれたジェイソン・デイ、ロリー・マキロイ、ジョーダン・スピースらがそれぞれの大陸を代表するプレイヤーとなっているわけですが、そこに松山英樹がアジアを代表して世界のトップに立つプレイヤーになれば、ゴルフが世界中のファンを魅了できるスポーツになる可能性があるということです。

このような様々な理由により松山英樹が世界のトップに立つことは、世界のゴルフ界の実力者たちの関心事となっているということです。

実際に全英オープンを主催し世界のゴルフを統括しているR&A、マスターズ委員会からも、松山英樹の動向は注目されています。


参考記事:「トップアマチュアからメジャーの優勝を争うプレイヤーに」 松山英樹をR&A公式サイトが特集
参考記事:松山英樹がアンダー30の世界トップ10プレイヤーに選出!米有名電子メディアがランキング


日本のメディアが一番、松山英樹の実力、素晴らしさ、価値に気づいていないのではないかと思うことが多くありますが、このToday’s Golferの記事を読むと、なおさら、そう感じざるを得ません。

この記事では松山英樹のアイアンショットの素晴らしさについて”If you ever require someone to hit an iron shot for your life, put Matsuyama very near the top of your list.(もしあなたが自分の命のためにアイアンショットを打ってもらうのをお願いする必要があるなら、松山英樹をその候補リストのトップに近いところに入れるべきだ)”と表現して絶賛しています。

そしてただ絶賛するだけでなく、その裏付けとなる松山英樹のショットのスタッツもしっかりと紹介するなど、非常に内容の濃い良い記事をToday’s Golferはアップしてくれています。

英語に抵抗のない方は、ぜひ読んでいただければと思います。

日本とアジア全体からの期待はもちろんのこと、世界のゴルフの発展の一手としても期待される松山英樹の世界ランク1位奪取とメジャー制覇と言えそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ