松山英樹が全米オープンゴルフ2016の優勝候補の一人に!海外複数メディアがパワーランキングでピックアップ

松山英樹が全米オープンゴルフに4年連続4回目の出場を果たします。

2013年のメリオンゴルフクラブで開催された全米オープンでは10位タイ、2014年のパインハーストNO.2では35位タイ、2015年のチェンバーズベイで18位タイとなっています。

開催コースが毎年変わるため過去の全米オープンでの成績は参考程度のものにしかなりませんが、オーバーパーがフィールドの大半を占めるような難関コースで好成績をおさめてきた松山英樹にとって、全米オープン史上でも最難関との呼び声もあるオークモントカントリークラブでの活躍が期待されます。

直前のトーナメントで予選落ちという結果に終わったため、トップ5に入るような評価は受けていませんが、今季の成績やこれまでの難関コースでの実績などにより、様々な海外メディアで優勝候補の一人に選ばれています。

スポンサードリンク

目次

PGAツアー公式サイト(PGATOUR.com)

PGAツアー公式サイトのロブ・ボルトン氏によるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ジェイソン・デイ
  2. ロリー・マキロイ
  3. パトリック・リード
  4. ダスティン・ジョンソン
  5. ヘンリック・ステンソン
  6. アダム・スコット
  7. マット・クーチャー
  8. ジョーダン・スピース
  9. ジャスティン・ローズ
  10. ブルックス・ケプカ
  11. 松山英樹
  12. セルヒオ・ガルシア
  13. フィル・ミケルソン
  14. ダニー・ウィレット
  15. ブラント・スネデカー
  16. リー・ウエストウッド
  17. チャール・シュワルツェル
  18. ルイ・ウーストハイゼン
  19. ダニエル・バーガー
  20. ブランデン・グレース

松山英樹のコメント原文と翻訳は以下のとおりとなっています。

11. Hideki Matsuyama
Rested since uncharacteristically poor showing at Muirfield Village (MC). Consistently strong ball-striking helps explain 3-for-3 slate with two top 20s in U.S. Opens.

「ミュアフィールドビレッジでいつになく低調な成績(予選落ち)に終わった後、休養をしていた。一貫した強力なボールストライキングが、彼の全米オープン3回の出場でいずれも予選通過、2度のトップ20フィニッシュとなった理由を説明している。」

最近の実績では松山英樹よりも良い選手たちが多くいるため11番手での評価となりました。

メモリアル・トーナメントでトップ5などに入っていたら、松山を高く評価するボルトン氏はトップ5以内にランクして注目を集め、プレッシャーが増えていたと思いますので、その面では良かったかもしれません。

アメリカゴルフチャンネル:マンデースクランブル

アメリカのゴルフ専門チャンネルであるライアン・ラブナーがマンデースクランブルの8番目のトピックで、全米オープンゴルフ2016の優勝候補をピックアップして予想しています。

  1. ジェイソン・デイ
  2. ダスティン・ジョンソン
  3. ロリー・マキロイ
  4. ジョーダン・スピース
  5. 松山英樹
  6. アダム・スコット
  7. セルヒオ・ガルシア
  8. リッキー・ファウラー
  9. パトリック・リード
  10. ジャスティン・ローズ

Hideki Matsuyama: His iron play is so good that he’s bound to be in the mix, especially in what figures to be an over-par slugfest.

『彼のアイアンショットはとても素晴らしいので、特にオーバーパーとなるような激戦では、優勝争いに加わることになりそうだ。』

ライアン・ラブナーはタフなセッティングでの松山英樹の強さを評価して、5番手と高いランクで予想しています。

他にもいくつか海外メディアで松山英樹の名前を目にし、以外と量がありましたので、新たなページに追加しました。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ