松山英樹が7打差の圧勝で日本人初の世界ゴルフ選手権を制覇!!!WGC-HSBCチャンピオンズ2016の全ラウンド結果速報

WGC-HSBCチャンピオンズ2016に松山英樹が4年連続4回目の出場を果たします。

このWGC-HSBCチャンピオンズはホンダクラシックと並ぶ松山英樹の鬼門とも言えるトーナメントで、いずれも2回途中棄権をしています。

2013年は初日の時点で背中に痛みがありましたが、テーピングを巻いてプレーし28位タイでのスタートとなりましたが、2日目のスタート前に棄権しています。

2015年は直前のCIMBクラシックの最終日にフェアウェイにあったモグラの穴に足を落として足首を痛めるというアクシデントがありました。その影響もあってかHSBCチャンピオンズでは第3ラウンドの6ホールを終えた時点で途中棄権しています。

唯一4日間プレーできた2014年はショットが精彩を欠いていたため3オーバーの41位タイに沈むなど、これまでは結果を残せていません。

ただ、本人は「コースの相性も、ここ(マレーシア)よりは嫌いじゃない。こことは逆で成績が伴わないんですよねえ」「体調管理をしっかりします。ケガをしなかったら大丈夫」と話しています。

今まで相性が良くなかったウィンダムチャンピオンシップ、ツアーチャンピオンシップのコースも今年は攻略して優勝争いに絡みましたので、WGC-HSBCチャンピオンズの余山(シャーシャン)国際ゴルフクラブも同様に攻略したいところです。

その松山英樹のWGC-HSBCチャンピオンズ2016の全ラウンド結果速報です。

松山英樹の全ラウンドのプレーの速報と結果

スポンサードリンク

松山英樹のWGC-HSBCチャンピオンズ2016のラウンド別のプレー詳細やキースタッツなどは以下のボタンのリンク先にまとめています。

過去の大会出場時の成績分析
第1ラウンドのプレー詳細速報:3位T
第2ラウンドのプレー詳細速報:1位
第3ラウンドのプレー詳細速報:1位
第4ラウンドのプレー詳細速報:–位

松山英樹の過去の大会出場時の成績分析

松山英樹の2013年大会出場時は第1ラウンドを2バーディ、1ボギーの71で28位タイで終えながらも、背中の痛みにより第2ラウンドのスタート前に棄権しました。

唯一、4日間プレーしている2014年のホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

wgc-hsbc-champions-2014_matsuyama_hole-by-hole

初日は1オンが狙える16番でブッシュに打ち込んでしまったことによるトリプルボギーが響き2オーバーの42位タイとなりました。

第2ラウンドは5バーディ2ボギーと3つスコアを伸ばして21位タイに浮上し期待されたのですが、第3ラウンドは3バーディ・4ボギーと1つスコアを落として24位タイに後退します。

最終ラウンドは2つのバーディを奪ったものの、2つのボギーに加えて、2つのダブルボギーを叩く乱調で41位タイでのフィニッシュとなりました。

フェアウェイキープ率とパーオン率はともに50.00%とショットの不調が響き、41位という不本意な結果に終わっています。

続いて、2015年出場時のホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

wgc-hsbc-champions-2015_matsuyama_hole-by-hole

第1ラウンドは18番ホール、2番ホール、9番ホールと3回も池に入れてしまうという乱調が響き、5つのバーディを奪ったものの1アンダーにとどまり54位タイと大きく出遅れました。

第2ラウンドも引き続きショットが安定せず、4つのバーディを奪ったものの2つのダブルボギーが響き、イーブンパーにスコアを落とし53位タイとなりました。

第3ラウンドはバーディ、ボギー、バーディとして迎えた14番パー5で、2オンを狙ったショット打った後にクラブを離し、両手に膝をついて痛みをこらえる状態となり、このホールのプレーを終えた後、途中棄権しています。

フェアウェイキープ率は第1ラウンドが50.00%(7/14)、第2ラウンドが42.86%(6/14)といずれも安定せず、パーオン率は2日間ともに44.44%(8/18)とらしからぬ数字となり、痛みの影響が大きかったことを感じさせるスタッツとなっています。

体調が悪いことが多いことの影響がありはするのですが、3回出場の合計8ラウンドでダブルボギーが7個と松山英樹らしからぬ多きなミスが出るトーナメントで、ロストボール、ハザードに打ち込む、池ポチャなどショットの大きな乱れが、いずれもスコアをまとめきれない原因となっています。

昨年は足首と背中の影響をあったとは思われますが、第1ラウンドに3回、第2ラウンドに2回、第3ラウンドに1回とに計6回ウォーターハザードに入れています。

特に相性が良くないのが14番パー5で2014年には第3ラウンドと第4ラウンド連続で池に入れてしまい、2015年は背中の痛みの影響があったのですが、第3ラウンドで再び池に入れるなど、3回も入れています。

14番のウォーターハザードは、いずれも2オンを狙ってのものですが、今回はこういったダブルボギーを減らしたいところです。

現在もショットの状態は本調子ではありませんが、これまでの3回の出場時よりは状態が良いと考えられます。

フェアウェイキープ、パーオンが簡単ではないコースとされていて、逆にこれができる選手が有利になると予想されていますので、本来の状態であれば好成績を残しても不思議ではありません。

これまでの悪い流れを止める好成績を期待したいWGC-HSBCチャンピオンズ2016です。

第1ラウンドの松山英樹はルイ・ウーストハイゼン、ブルックス・ケプカとの組み合わせで現地時間の午前10時20分、日本時間の10月27日の午前11時20分にスタート予定となっています。

ROUND1:上がり3連続を含む10バーディで3位Tと好スタート

初日の松山英樹のホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。なお、ショットトラッカーやリアルタイムのスタッツ更新がないため、情報が限定されています。なお、パーオンなどは一部正確でない可能性がありますので、ご了承ください。

wgc-hsbc-champions-2016_matsuyama_r1_4

今日は4つのボギーを叩いたものの、10バーディとそれ以上にスコアを伸ばし、首位と3打差の3位タイと好スタートを切りました。

4つのボギーはいずれもパーオンできなかった後に、寄せきれずというもので、グリーン周りのショートゲームにはやや不満が残る内容でした。

しかし、ショットでは8フィート以内(2.4m)につけるものも多く、それらのバーディチャンスをしっかりと沈めました。

またピンそばにつかないバーディチャンスでも5mから7mを2つ、15m以上を1つ決めるなどパッティングが絶好調で、バーディを量産することができました。

ショットは先週と同様に良いものと悪いものとの質のバラつきはあるようで、それがボギーにもつながっています。

フェアウェイキープ率は50.00% (7/14)で46位、パーオン率は66.67% (12/18)で35位タイと、ショットはまだまだ本来の調子とは程遠い内容です。

またスクランブリング(パーオンできなかったホールで、パーもしくはバーディであがれた割合)も33.33%(2/6)とショートゲームもイマイチでした。

それでもパットが好調で12回のバーディチャンスを10回も決めたため、パーオン時の平均パットは1.167という驚異的な数字となり、フィールド全体のトップとなっています。

本人もホールアウト後に「パッティングだけですね」「グリーンが遅かったので思い切って打てましたし、そこで上手く入ってくれました」と話すなど好調でした。

ショットに関しては「良くなってきているのかなと思ったら、後半、最後のほう全然うまく打てなくて、フィーリングが良くなかった。」「パターが良いだけにショットとアプローチが良くなればボギーも少なく回れるのかなと思います。」と話していましたが、スタッツが示すとおりのものでした。

明日は天候が落ち着くものの、引き続きグリーンはソフトになることが予想されるため、伸ばし合いの展開は続くと予想されます。

10バーディはフィールドのトップですが、ボギー4つは62位タイとややもったいないところもあった初日でした。

明日以降はグリーン周りでもう少し粘ることができればボギーを減らすことができ、好調のパッティングをより活かすことが期待できます。またグリーンを外すと難しくなるコースでもありますので、パーオン率をより高めていきたいところです。

これまで良い成績のないどころか、大きく伸ばすラウンドもなかったこのコースでしたが、初日は見事に攻略しました。

明日もさらにスコアを伸ばして、週末も優勝争いを繰り広げてくれることを期待しています。

第2ラウンドもルイ・ウーストハイゼン、ブルックス・ケプカとの組み合わせで午前9時20分、日本時間では10月27日に午前10時20分にスタート予定となっています。

ROUND2:9バーディ・2ボギーの65で単独首位に一気に浮上!!

第2ラウンドの松山英樹のホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。なお、ショットトラッカーやリアルタイムのスタッツ更新がないため情報は限定されています。

wgc-hsbc-champions-2016_matsuyama_r2

今日は9バーディ・2ボギーの65で7つスコアを伸ばし、2位に3打差をつけるトータル13アンダーで単独首位にたちプレーを終えました。

北西の風が8.9mと強風が吹くコンディションでしたが、その中でもスコアを伸ばしました。

出だしの難易度が高い1番パー4はボギーを叩いたものの2番パー5で2打目でグリーンそばまで運び、しっかりと寄せてバーディを奪いバウンスバックし、続く4番パー4でバーディを奪って7アンダーとします。

その後3ホールはパーが続いたのですが、7番から14番の8ホールで6つのバーディを奪う素晴らしいプレーで一気に単独首位に躍り出ました。

ティーショットはフェアウェイにいかない状態が続いたものの、アイアンショットが良かったようで、ラフからでもグリーンを捉え、フェアウェイからはバーディチャンスを作りました。

また今日もパッティングが好調で15番パー4でやや短めのパットを外した以外は、ショートパット、ミドルレンジのパットも良く決まりスコアを伸ばすことができました。

15番でバーディパットを外した後は、1オンを狙える16番パー4でレイアップしたもののラフに入れるというミスがあるなど、やや流れが悪い方向にいきかけました。

2オンが狙える最終18番ホールのパー5でもティーショットを左に曲げてしまいましたが、フェアウェイにレイアップしてから見事に3打目をピンそばにつけてバーディを奪いプレーを終えました。

スタッツを見るとフェアウェイキープ率は昨日の50.00%(7/14)より悪い35.71%(5/14)だったのですが、パーオン率は66.67%(12/18)から88.89%(16/18)に向上したため、ボギーを減らすことができました。

またパーオンが16ホールだったため、バーディチャンスが16回あったことになるのですが、そのうち9回を仕留めるなど好調でした。

そのためパーオン時の平均パットは1.438と初日の1.167には及びませんでしたが、素晴らしい数字で2日間トータルでフィールドのトップに立っています。

全体的にティーショットはやや不安定な面が残ったものの、アイアンショットは安定感が増し、パッティングは引き続き好調だっため、第1ラウンドのように全体がスコアの伸びない展開でもしっかりとスコアを伸ばしました。

まだ2日目を終えたばかりで折り返し地点に過ぎませんが、良い状態で明日のムービングデーを迎えることができました。

以下はホールアウト後のインタビューです。

― ボギーが出てもすぐにバーディを奪い返して悪い流れにならなかった。

『今日もあんまりショット自体は良くなかったんですが、パッティングで上手くしのげたかなという感じがあります。』

― 昨日よりはバーディパットの距離も短くなったが。

『(バーディ)チャンスも昨日よりは増えていますし、こういう風の中だから逆にまわりやすかったのかもしれないんですけど。もうちょっとフェアウェイにとらえて、セカンドを楽に打ちたいなという感じはありますけど、本当にパッティングのおかげでもっていて、明日から残り2日間、良い位置でこれているので、このパッティングが続くように練習したいなと思います。』

― ショットの感触は?

『ショットはちょっとずつ良くなりつつあるんですけど、自信をもって打てるかというと、そういうレベルまでは行っていないんで。それでもグリーンは捉えていますし、後2日間もってくれればいいかなと思います(笑)。』

― 明日のムービングデーに気をつけたいことは。

『大崩れは絶対避けたいですし、この位置にいるので、崩れて優勝争いのチャンスをなくすよりは、しっかりと耐えて、耐えてやっていけたらいいなと思います。』

ティーショットが安定すれば、よりスコアを伸ばせるようなアイアンとパッティングで、第2ラウンドのほうがプレー内容が良くなってきていますので、さらなるアジャストに期待したいところです。

第3ラウンドは2ウェイ3サムで行われ、松山英樹はラッセル・ノックス、ビル・ハースとの組み合わせで午前10時35分、日本時間の10月29日午前11時35分に1番ホールからスタート予定です。

ROUND3:ボギーフリーの4バーディで後続に3打差をつけて首位で最終日へ!

松山英樹の第3ラウンドのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

wgc-hsbc-champions-2016_matsuyama_r3

今日は4バーディ・ノーボギーと、これまでの2日間のようなバーディラッシュはなかったものの、ボギーを叩かない見事なプレーで2位に3打差をつける首位をキープして最終日を迎えることになりました。

今日は、昨日までのバーディラッシュと打って変わって我慢のゴルフとなります。

2番パー5で2オンを狙った結果外したラフから上手く寄せてバーディを奪いスコアを伸ばします。

しかし、この後は停滞します。

5番パー4で2.5mから3.0m、7番パー4では3.0-3.5mという昨日までは面白いくらい入った距離が入らず、スコアをなかなか伸ばせません。

そのような展開の中、9番パー4ではファーストカットからの2打目をピンそば1.5mにつけてバーディを奪い、この時点で後続に3打差をつけてハーフターンします。

その後も我慢する展開となり12番では3.0mくらいのパーパットを沈めるなど粘り強くプレーしスコアを崩さずにリードを守ります。

その我慢のゴルフが実ったのが14番パー5でフェアウェイから2オンに成功し、イーグルパットはややショートしたものの、微妙な距離のバーディパットをしっかりと沈めて2位以下に3打差をつけた状態となります。

その後15番を終えた時点でラッセル・ノックスとダニエル・バーガーに2打差に迫られますが、その後も再びパーを並べて最終18番パー5を迎えます。

ティーショットはやや右に出たもののフェアウェイを捉えた後、残り247ヤードから見事に2オンに成功します。

イーグルパットは惜しくも外れたもののタップインバーディで17アンダーにスコアを伸ばしてプレーを終えました。

スタッツは公式サイトによるとフェアウェイキープ率が64.29%(9/14)、パーオン率が66.67% (12/18)となりました。

昨日までは不安定だったティーショットは、この日は安定し外しているホールでも大きく曲げることはなく、ラフもしくはファーストカットに、少しこぼれる程度でした。

その一方で、アイアンは昨日ほどの精度はなく、パーオン率も昨日の88.89%(16/18)から、やや落ちました。

それでも今日はショートゲームがこれまでの2日間に比較すればアジャストすることでき、スクランブリング(パーオンできなかったホールで、パーもしくはバーディであがれた割合)は100%(6/6)となりました。

パッティングに関しては昨日までのようには入りませんでしたが、昨日までが凄すぎたところがありました。

微妙なパーパットや長い距離のバーディパットもタッチは合っていることが多く、引き続き好調であることを感じさせました。

状況に応じて攻守を使い分ける冷静なプレーぶりで、2位以下に差をつけている首位らしい落ち着いたマネジメントでした。

2位以下に3打差をつけての首位という最高の位置で、最終日を迎えることになりました。

今日のような松山のプレーぶりを見れば、他の選手は崩れないことを想定して攻めていくしかありません。

その分、リスクをとってのプレーが多くなりますので、バーディが多くなる一方で、ボギー、ダブルボギーも多くなってきます。ラッセル・ノックスはスーパーアグレッシブに行かないと勝てないと話すなど、すでに今日のプレーで後続の選手にプレッシャーをかけることができました。

本人のホールアウト後のコメントは以下のとおりです。

『全然ショットもパットも良くなかったんですけど、しっかりと要所要所でボギーになりそうなところをパーで食い止められたのが良かったかなと思います。』
『(アイアンは)昨日ほどチャンスにつかなかったですし、パッティングのフィーリングも全然良くなかったんで、1番もそうですけど、なかなか思い切って打てなかったのが、入らない原因になったのかなと思います。グリーンも速くなっていますし。』
『差は気にせず、今日みたいに粘り強くプレーしていきたいと思います』

最終日も今日のような冷静なプレーをしながら、状況に応じて攻守を切り替えてプレーしていきたいとところです。

プレー全体に成熟度を感じさせる内容で、プレイヤーとしてさらにステップアップしていることを感じさせます。

これだけ素晴らしい日本人プレイヤーが現れたことは非常に喜ばしいことで、日本ゴルフ界にとっての大きな希望です。

このまま逃げ切って優勝すれば、これまでのPGAツアー2勝のような展開とは全く違う勝ち方を体験することができ、目指すメジャー制覇に向けて貴重な経験となります。

最終日にも今日のような冷静なプレーを軸に、逃げ切って優勝してくれることを期待しています。

明日の最終日はラッセル・ノックス、ダニエル・バーガーとの組み合わせで現地時間の午前10時35分、日本時間の10月30日の午前11時35分にスタート予定となっています。

また、明日松山英樹が優勝した場合には、リクエストが引き続きあるコメント欄を、このページと2日間に限定して開放する予定です。

ROUND4:松山英樹が7打差の独走で世界ゴルフ選手権初制覇

wgc-hsbc-champions-2016_matsuyama_leaderboard

海外の友人の協力を得ての速報です。

1番パー4:フェアウェイから1.0mくらいにつけてバーディ。この時点で2位のラッセル・ノックスに4打差。

その2打目の動画です。

2番パー5:ティーショットフェアウェイバンカーにつかまり2打目はフェアウェイにレイアップ。3打目は6-7mのバーディチャンスにつけるも決まらず。ノックスが長いバーディパットをねじ込み、松山英樹と3打差に戻す。

3番パー4:フェアウェイからセカンドもピンによらず7-8mが残る。バーディパットは決まらずも、他のノックスも決めることができず3打差のまま。バーガーがバーディで-14の4打差に。

4番パー3:ティーショットの際に音があったようで、グリーン奥のラフに外れる。2打目は寄せきれず3.5mくらいを残すもねじ込んでパーセーブ。バーガーが連続バーディで、ノックスと並んで3打差に。

5番パー4:ティーショットはフェアウェイをキープし、セカンドはバランスの良いフィニッシュで1.0-1.5mのバーディチャンスに。バーガーとノックスは6-7mの長めのバーディチャンス。ノックス決まらず、バーガーはカップを蹴られて両者ともにパー。松山英樹は決めて-19として、再び後続に4打差。

そのセカンドショットの動画です。

6番パー3:ティーショットはグリーンを捉え5-6mくらいのバーディチャンス。最終組の3人では一番近い距離につける。バーガー、ノックス、松山英樹の3人ともに決まらずパー4打差のまま。

7番パー4:3者ともにフェアウェイからバーガーは2.0m以内のバーディチャンス、ノックスは遠い距離もバーディチャンス。松山英樹はFWからピンハイ2.5mくらいにつけるバーディチャンス。ノックスは決まらずパーで-15のまま、松山英樹は下りのやや難しいラインも決めて-20に伸ばすも、バーガーも1.5mくらいのバーディチャンスを決め、後続との差は4打差のまま。この時点で松山英樹(-20)、ダニエル・バーガー(-16)、ラッセル・ノックス(-15)、モリナリとハース(-14)、ステンソン(-13)に。

8番パー5:ティーショットで3Wを使うも右のラフに。ノックスはFWも、バーガーもラフに。ラフからの2打目で3Wを使いミス。再び右のラフで距離も残ることに。バーガーはFWにレイアップ。松山は3打目をレイアップも、今度は左ラフに入れてしまいピンチに。ノックスはレイアップからの3打目をグリーン奥のラフに外すミス。松山は4打目を2.5mくらいにつけるも次がパーパットに。ダニエル・バーガーは長めのバーディパット決まらずにパー。松山英樹はこのパーパットを決めて4打差をキープ。ノックスはボギーで-14に後退。

9番パー4:ティーショットはFWをキープ。バーガーはFWキープも、ノックスは右に大きく曲げるミスショット。松山はFWからの2打目でフィニッシュで片手を離すも5-6mくらいのバーディチャンスに。バーガーはFWからグリーンを捉えるもの距離が長めのバーディパットに。松山のバーディパットはカップをかすめるも決まらずパー。ノックスは連続ボギーで優勝争いから脱落。バーガーはパーで4打差でサンデーバックナインへ。この時点での上位選手は以下のとおりに。

10番パー4:松山英樹ののティーショットを左に引っ掛けるミスショットでフェアウェイバンカーに。バーガーはアイアンでティーショットも2打目がグリーン手前のラフに。2打目でグリーンをしっかりと捉えて7-8mくらいのバーディチャンスに。バーガーはラフからの3打目をミスしてボギーで15アンダーに後退。松山英樹はファーストパットがやや強めで1mくらいのパーパットを残すも、これを決めて20アンダーをキープし5打差で独走態勢に。

11番パー5:ティーショットはFWキープに成功し、セカンドは10mくらいのバーディチャンスに。バーガーは近いラインで、松山のやや内側につけ9mくらいに。バーディパットはラインにのるも60cmくらい届かずもパー。後続との差は5打差のまま。

12番パー3 :ティーショットのフィニッシュで声を出して顔をしかめるも、ショットはグリーンを捉え8-10mくらいのバーディチャンス。惜しくもバーディパットは決まらなかったもののタップインパーで。2位に5打差をキープ。2位はステンソン、バーガーの15アンダー、14アンダーにマキロイ、ハース、フィッシャー。

13番パー4 :ティーショットはFW右のファーストカットに。グリーンのエッジぎりぎりのところにとまるも、長い距離のバーディパットに。これをねじ込んで後続に6打差の21アンダーに。

14番パー5 :フェアウェイから2オンに成功し7-8mくらいのイーグルチャンスに。イーグルパットは入らなかったものの70cm程度のバーディパットを決めて22アンダーと7打差に。

15番パー4 :ティーショットを右のラフに打ち込むもスーパーショットでピンそばにつけてバーディで23アンダーとして後続に8打差。

そのスーパーショットの動画です。

16番パー4 :1オンが狙えるパー4もアイアンで刻むことを選択。しかしバンカーに入れるミスをしてしまうものの、バンカーからパーオンに成功。パットは惜しくも外れるもプレッシャーのないパーセーブ。

17番パー3 :安全にグリーン中央に1オン。バーディパットはカップをかすめるも入らず。こちらもストレスフリーのパーで最終ホールへ。

18番パー5 :ティーショットはドライバーでフェアウェイ。セカンドは3Wで2オンを狙うもウォーターハザードで、池の手前から4打目。グリーンの同じ段にとめて優勝をほぼ確実に。3.5-4.0mのパーパットが残るもこれを決めてパーセーブ。2位に7打差をつける圧巻のプレーで優勝。

その優勝を決めた瞬間の動画です。

今日のホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

なお、海外の友人などの協力を得ての情報であり、ショットトラッカーではありませんので、正確ではないところがあることをご了承ください。

wgc-hsbc-champions-2016_matsuyama_r4

今日は6バーディ・ノーボギーと2日間連続でボギーフリーという圧倒的な安定感で優勝しました。

競う相手につけ入る隙きを与えない貫禄十分の横綱相撲で、世界ゴルフ選手権という大舞台を2日目から完全に支配・コントロールしての優勝でした。

最終日に2位に3打差をつけた状態から、さらに後続を突き放しての7打差、しかも全英オープンを制したヘンリック・ステンソン、メジャー4勝で元世界ランク1位のロリー・マキロイら従えての圧勝劇で、世界ゴルフ選手権のタイトルを獲得しました。

この大舞台での圧勝は2017年のマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権制覇に向けての大きな土台となることは間違いありません。

今から来年の世界四大メジャーが楽しみになってきました。まさに海外メディアが報じたようにモンスターシーズン(Monster Season)を迎えようとしています。

参考記事:松山英樹が複数の海外メディアで優勝候補・注目選手と評価!WGC-HSBCチャンピオンズ2016のパワーランキング

松山英樹がWGC-HSBCチャンピオンズ2016を制して、賞金162万ドル(約1億6800万円)とフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを550ポイント、世界ランクポイントを70ポイント獲得しました。

また同時にPGAツアーの3年シード権を確保し、さらにPGAツアーでの確固たる地位を築きました。

この優勝はPGAツアー3勝目となり、日本人最多記録をもつ丸山茂樹に並びました。さらに過去30年間、アメリカ人以外のゴルフプレイヤーで25歳より若い年齢でPGAツアー3勝を挙げたのはロリー・マキロイ、セルヒオ・ガルシア、アダム・スコットの3人でしたが、そこに今日、松山英樹が加わることになりました。

これにより松山英樹は2016-17シーズンの獲得賞金を出場2試合で237万6000ドルとし、賞金ランキングは堂々の1位、フェデックスカップ(FedExCup)ランキングも850ポイントで1位に浮上しました。

世界ランキングに関しては自己最高位を更新する6位に浮上することが濃厚となりました。さらにこのポイントにより年内の世界ランクトップ10キープが濃厚となりました。

予告通りコメント欄は開放しました。

スポンサードリンク

よく読まれています

49 Responses to “松山英樹が7打差の圧勝で日本人初の世界ゴルフ選手権を制覇!!!WGC-HSBCチャンピオンズ2016の全ラウンド結果速報”

  1. SUZUKI より:

    松山選手やりましたね!すごい!すごい!すごい!
    速報、存分に楽しませてもらいました。ありがとうございます!

  2. KSGF より:

    松山選手、おめでとうございます。圧勝でしたね、しかもWGCで。これまでの相性の悪さは何だったのですかね、試合前は心配したのですが、杞憂でした。3日目、最終日とノーボギーと素晴らしいラウンド、しかし守ることなく攻めて2日間で10バーディ。
    もう言うことないです。丸山茂樹プロが言っていた様に、もう他の日本人プレーヤーとは完全に次元が違うレベルですね。本来のショット力にパターが良くなると、この様な結果になるのですね。来年2017のメジャーが楽しみです、この調子をキープしていって欲しいです。golfさんのコメントが暫くの間見れなくて少し寂しかったですが、この様な結果でまた投稿出来て良かったです。またよろしくお願いします。

  3. テレゴル より:

    golfさんのツイッターでドキドキしながら追っか続け、TV中継で松山君の姿を見たらもうウルウルでした。祝杯をあげま〜す。

  4. トラ より:

    はじめまして。
    コメントを2日間だけあけられるとのことで、今まで情報を提供いただいたお礼をさせていただきます。ありがとうございます!

    細かい分析など含めて本当に楽しませていただいております。

    本日の松山選手の優勝。。。すごいの一言です。
    別次元のゴルフをしているような・・・
    目標が高いから最終18番もイーグルを目指したのではないか・・・と。
    勝手に推測しております。
    とにかく楽しい週末になりました!
    今後も楽しく拝見させていただきます!

    いつもありがとうございます!

  5. ACE より:

    golfさん、コメント欄を開放してくださってありがとうございます。松山選手をずっと応援している皆さんとこのとてつもない勝利をシェアできるのがとても嬉しいです。強かったですね。痺れました。いままでの2勝もPGAツアーの中では大きな試合でしたが、これは世界選手権です。本当にすごい事です。これで世界ランク6位に上がりますね。あっという間にこんなところまで来てしまいました。来年のメジャーが楽しみでなりません。
    これから祝い酒です。シャンパン開けたいと思います
    (*^_^*)

  6. 早起きまかせなさい より:

    凄いの一言。最終日にドキドキもなく安心してテレビにかじりついていました。
    4日間のマネジメントが素晴らしかったですね。
    昨日、今日とボギーフリーとは恐れ入ります。
    今日の18番!松山プロのPGAへでの気概が感じられ、期待が膨らむ一方です。
    この快挙を日本でもっとマスコミは取り上げてほしいものです。
    golfさん、お疲れさまでした。有難うございました。いつもながらたのしませて頂きました。

  7. ニャン丸 より:

    プレーオフでパットの感覚を掴んだ、と言ってから明らかに変わりましたね。

    世界屈指のショットメーカーがパットも上手くなるとこうなるんですね。

    もはやウッズの後継者はこの男じゃないか、とすら思えてきました笑

  8. 90切を目指す60オヤジ より:

    最終日にスコアを伸ばせる松山プロに感服です。

    いつも拝見させて頂いておりますが、本日は速報があり、ハラハラ/ドキドキ楽しませて貰いました。
    感謝を伝えたくて、メールしてしまいました。

    今シーズンは本当に楽しみです。
    年間複数回優勝、メジャー優勝、年間チャンピオンまで期待してしまいます。

  9. toshi より:

    松山選手 優勝おめでとうございます。
    golfさん  いろいろと情報ありがとうございます。

    ここ3試合で優勝・2位・優勝という抜群の安定感。 このままの調子を維持するのは並大抵のことではないと思いますが、今シーズンはメジャー大会を含め、複数回優勝してもらいたいと思います。

    それにしても最終ホールのトラブルからパーで締めくくりとは。
    恐れ入りました。

  10. どうも より:

    golfさん、3日目4日目のトップでの試合運びは、素晴らしいを通り超して
    ますね。この勝利で世界のゴルフ選手、ゴルフファンに勝負強さを焼き付けさせてしまったと思います。これから祝杯をあげます。
    golfさんにも乾杯を。

  11. ぼのぼの より:

    golfさん、いつもありがとうございます。
    松山選手おめでとうございます。
    首位に立ってからも、周りがあんなに強い選手ばかりなので、いつ抜かれるかとハラハラしていたのですが、終わってみればそんな心配は無用だったのではないかと思われる試合でした。
    精神的に強く落ち着いて見えました。これからも応援しています。

  12. 年イチゴルファー より:

    golfさん、おめでとうございます。そしてお疲れ様です。
    本大会は松山選手のメジャー制覇へ向けての序曲が奏でれられた気がします。並居る強豪を抑えての横綱相撲は圧巻に一言に尽きます。ナショナルオープンでの難しいセッティングを楽しむように優勝してから、1ランクも2ランクも上に行ったように思います。スコットの言うナショナルオープンの持つ意味が分かったような気がします。
    1Wの固定ができないことや自信が納得するショットがまだ安定して打てていないことが、まだまだ課題として残っていますが、パットは悩んでいたころに比べて今はある程度自信を持ってストロークできてきましたね。これでショットも納得できる域まで達するとどんなプレーヤーになるのかを想像するだけでワクワクしてきます。
    レギュラー大会、WGCときっちりと順をふんで行っているところも松山選手らしいといえるのではないでしょうか。シード、フェデックスポイント、世界ランキングポイントも当分の間は安泰の域に達しているように思いますので、メジャー制覇に向けて余裕のスケージューリングができるのも、何か今年の悲願達成を予感させるものがあります。まだまだ険しい道を切り開いていかなくてはならないと思いますが、もう頂きは遠くないと思います。はばたけ英樹です。
    golfさん、コメントする機会を設けていただきありがとうございました。今まで楽しませていただいたお礼を言えずにやきもきしていましたが、ここでお礼を申し上げます。色々と運営に苦労されていることは承知いたしております。運営に少し余裕ができた時などはまた今回のようにたまにコメント欄を開いて下さることを期待しております。またgolfさんのやりたいことが成就できますことをお祈りしています。

  13. とおる より:

    golfさん、いつもお疲れ様です。

    今回のHSBCは正直どこまで通用するのかという点を注目してみておりました。

    ショットが少し乱れてもパットが絶好調 もしくは パットがいまいちの状態にあってもそれを補うアプローチショットが絶妙 など

    すべてのアベレージが整っていたからこそ頂点を独走できたのだとおもいます。今回は3日目を追えた時点で首位という3度目の正直が実りましたね。彼自身もラウンドしているときに時にはにかんだ笑顔を
    見せてくれていたことも印象的でした。この調子でメジャーもとってほしいです。またgolfさんの体調も崩れませんように祈っています。

  14. 蓮子 より:

    管理人さん、

    松山英樹選手の記事を拝見するのは、日常生活の愉しみの一つです。
    これからもたくさん松山英樹選手の記事を書いてくれることを期待しています。
    ここを借りて、感謝の気持ちと敬意を表します。誠にありがとうございます。

  15. えのママ より:

    松山選手、今シーズンさらにランクアップしたように見えた試合でした。
    今までの2勝は最終日にいい位置につけて逆転でものしたもので、今大会のように2日目にトップに立って堂々とした戦いぶりには目を見張るものがありました。
    本当にどんな場面でも落ち着いていましたね。
    特に今日は13番ホールのような長いパットを沈めたバーディは見事ですが、それ以上にすごいと思ったのは4番、8番、18番ホールのような外せばボギーという微妙なパーパットを沈めて見せたことです。
    来年のメジャーでも堂々とした戦いぶりを期待します。

    golfさん、今日はNHKBS中継まで実況ありがとうございました。中継が始まってからもヨーロッパツアーのリーダーズボードとtwitterのほうが微妙に早くて笑いました。

    これからもよろしくお願いします♪

    ps.twitterで返信ありがとうございました。気持ちが高ぶって思わず話しかけてしまいました(笑)

  16. みち より:

    golfさん、速報とコメント欄の解放、ありがとうございます。

    三週連続の凄い成績です!!
    golfさんが以前から予想されていたとおり、今シーズンは松山英樹pの実力が開花するようで嬉しくてたまりません。
    日本オープンで4日間、踏み台を持参して観戦した時に、あまりにも穏やかな表情であまりにも立ち居振る舞いが堂々としていて驚きました。
    一人だけ別世界だと感じましたが、今週は並み居るPGAの猛者たちの中でも特別な選手に見えました。
    松山英樹pの成長を皆さまと応援出来て幸せです。
    この喜びを共有できる場を設けて頂き、本当にありがとうございましたm(_ _)m

    そして、今まで細やかな記事の更新だけでなくコメントの返信も丁寧にしてくださり、ありがとうございましたm(_ _)m
    お礼やご迷惑をおかけしたお詫びも言えずに途方に暮れていました。この場をお借りして。。。
    とても沢山の楽しい時間をありがとうございましたm(_ _)m
    それから私はイチローの事は嫌いではありません。むしろ好きなスポーツ選手の一人です(最後のコメントで誤解されたかもと思いどうしてもお伝えしたかった事です)

    これからもこのブログを楽しみにしていますが、どのような形になってもgolfさんへの感謝の気持ちは変わりません。
    どうか、お身体に気をつけてこれからもご活躍下さいm(_ _)m

  17. KOMA より:

    golfさん、コメント欄解放&Twitterありがとうございます。

    もちろん今は祝杯中です!
    今回は素晴らしいマネージメントの勝利です。たたみ掛けて余裕で引き離す事なんてことは技術あっての事ですけれどね(*^-^*)
    あの不調の時をこのような結果で返してくれる松山は想像を超えています。
    次回コメント欄解放はメジャー優勝時でしょうか?(笑)
    その時までまたよろしくお願いいたします。
    そしてその時を楽しみに待っております。

  18. ニャン丸 より:

    2つ目の投稿になり申し訳ないですが、興奮冷めやらずつい笑

    松山は本当に期待を常に大きく上回る活躍をきてくれますね。
    それが堪らない。

    プロ転向初年度で2億円、メジャーでの活躍そしてシード権獲得。
    PGA参戦初年度でのビックトーナメント制覇。
    3年連続ツアチャン、メジャーでの優勝争い…

    もちろん少し停滞する期間はあるものの、その先には非常に大きな喜びをもたらしてくれる。

    人生ずっとスポーツを見続けてきましたが、これほど肩入れする選手はいなかった。

    本当に嬉しい限りですね!

  19. まり より:

    golfさん! 超お久しぶりです!
    諸事情によりコメント出来なくなってからもgolfさんの記事は勿論チェックし、気づけばコメント欄を削除なさり、今回は松山選手の優勝を機にコメント欄を一時公開して下さり…他の方々もコメントなさってましたが、本当にどうもありがとうございます。この場を借りて今までの感謝の気持ちを伝えることができて良かったです。図々しいお願いですが、これからも我々golfさんファンのために色々な記事のアップよろしくお願い致します。
    と!松山選手の優勝ですよ(笑)!
    いやぁホント凄かった! 松山選手、ゾーンに入ってますよね! 私個人的にはメジャーは勿論なんですが、是非ともその前にWGCを取ってもらいたかったので…本当に嬉しくてたまりません。 後半のステンソンとマキロイの捲り、これも凄かった! さすが世界のトップランカーは違いますね。これからも松山選手とgolfさんの活躍を影ながら応援します!

  20. マーク より:

    身震いが止まらない試合というのは、まさにこのことでしょうか。2日目に首位に立ち、結局追いつかれることなく優勝。これから一体幾つ勝つのだろうかという恐ろしさすら感じる完全勝利。松山は完全に覚醒し、新たなステージに突入したと、誰もが信じて疑わないでしょう。そのぐらい凄いものを今日は見ることができました。日本人がここまでのことをやってのけたことを、私は誇りに感じています。ありがとう、松山英樹。
    そして今日、海の向こうでもう1人の日本人が快挙をやってくれることを密かに期待しています。今日はまだ終わっていません。ここからがクライマックスです!

  21. Ken より:

    golfさん、こんばんは。

    松山選手の優勝を心から祝福します。
    昨日のこの欄で、golfさんが彼が優勝したら二日間だけこの欄を開放するとコメントしておられましたが、私は昨日の段階でgolfさんが松山選手の優勝を確信しておられるなと思っていました。
    そして、そのお約束どおりこの欄を開放していただいたことに感謝します。
    私事で申し訳ありませんが、今日は月例コンペだったのにもかかわらず、ラウンド中の気持ちは上海の方に行っていました。
    終了後は自宅に直行し松山選手の快挙を生で観ることができて、自分のことのように嬉しくなりました。
    以前もこの欄でコメントしましたが、松山選手の素晴らしさは彼の人柄に尽きます。
    謙虚でひたむきな姿勢、常にファンや子供を大切する思いやり、失敗やミスを決して他のせいにしない潔さ等々、人間としてのスケールの大きさに還暦を過ぎた私でも素直に尊敬の念を抱きます。
    3打差の首位で迎えた最終日の今日のプレーにおいても、己れの道を突き進むという彼のいつもの姿勢を終始伺い見ることができました。
    その典型が、最終ホールの第2打ではないかと思います。
    今後のPGAツアーでの戦いは来年になるかと思いますが、11月末に開催されるワールド・カップにおいては石川遼とのタッグで是非とも頂点を極めて欲しいと思います。
    来年も、松山選手のプレーを一喜一憂することなく静かに見守りたいと思います。
    改めまして、golfさんの松山ファンに対するお心遣いに感謝申し上げますとともに、引き続き有意義な情報提供を期待します。

  22. ゆきこ より:

    朝いちばんに開くサイトです。本当にいつも楽しみにしております。私たち夫婦は松山選手が東北福祉大学の頃からの松山君応援団です。まず日本オープンでの彼の優勝には大変感激いたしました。この素晴らしい選手を皆さん応援してくださいという祈りにも似た願いがありました。そして今回のぶっちぎりの優勝嬉しくて昨日買い求めていた高級ワインを開けてお祝いいたしました。日本オープンに優勝した時のコメントから彼の追い求めているゴルフ道というものが少しわかったような気がしていました。彼は自分の追い求めている道をまっすぐに追求していくことでしょう彼のゆるぎない意思とたゆまない努力を私たちもしっかり理解して応援していきたいと思っております。
    ゆきこ

  23. コータロー より:

    やったぜ松山!

    すごい!すごすぎる!
    真に世界NO.1を目指せるゴルファーへ大飛躍!

    golfさんのPGAの仕組と詳細データを交えたマスコミよりも断然詳しい最新情報に、いつも感謝しています。
    ありがとうございます!

    これからもお身体に気をつけて情報発信してくださることを期待しています!

  24. 希望 より:

    golfさん、ブログの皆様、また皆様のコメントを見て投稿出来ること嬉しく思っています。
    今日の日は夢に見てもこんな大差で優勝するなんて現実とは思われないくらいです。3日目にノ-ボギイで回った時に松山君の成長を感じたのですが最終日に圧巻のプレ-を見せつけられ、凄いとか素晴らしいとかの言葉さえ足りてない気持ちです。幸せな夜を迎えています。松山君ありがとう!!
    golfさん、毎日このブログを楽しみにしています。しばらくは皆様の声が見られないのは寂しいですけどこのブログを愛してやまない沢山の人達と一緒に声援を送っています。これからも楽しみにしています。有難うございました。

  25. ヤマ より:

    golfさん!今日は本当におめでとうございます。
    私は2年前のこの大会で岩田プロが3位に入った時に、NHKで佐渡さんがPGAツアーに参戦出来る可能性がある。とコメントがあった時に詳細が知りたくて検索して、このブログにたどり着いたのですが、それからほとんど毎日チェックさせて頂いており、本当に私の人生の一部になっております。
    それまでも世界で戦う松山プロを応援しておりましたので、このページを知ってからは皆様と一緒に応援出来る幸せを感じておりました。
    今回、WGC優勝!と、貴重なコメント公開とあり、興奮してコメントをさせて頂いております。

    私も、もう一人の優勝!期待しています❗このブログを知るきっかけになった選手ですし、ずっと好きで応援してます。本当に頑張って欲しい、と思ってます。

    golfさん!今後も詳細な記事をお聞かせ下さい。
    お体には無理のない様に、頑張って下さいます様、宜しくお願い致します。

  26. まりころ より:

    golfさん、お疲れ様でした。

    ここで松山選手を応援する方々の愛情のこもったコメントを読む事も楽しみでしたが、golfさんの負担を思うとコメント欄を閉められたのも仕方がない事と思っていました。
    今回は応援してる皆様と喜び合える場所を作っていただきありがとうございます。
    日本オープンでのギャラリーの数!
    オリンピック事など遠い外国にいる松山選手にはなかなか私達応援してる者達の気持ちが届きにくかったのかも知れませんね。
    日本オープンで自分の進む道に確信が持てたような気がします。
    試合の進め方に強い意志が感じられます。
    「海外志向」があっても有言実行は難しいものです。
    24才の青年がそれを 成し遂げたのは快挙です。
    海外でプレーしながらこれほど日本ゴルフ界に影響を与えた選手は今まで居ませんでした。
    そしてなによりチーム松山の皆様をはじめ松山選手を支えてる皆様方、本当にお疲れ様でした。
    来年も沢山、沢山、応援団を喜ばせてください(笑)

    golfさん有難うございました。

  27. mmgpico より:

    松山選手
    まずはおめでとうございます。
    素晴らしいシーズンスタートだと思います。
    アマチュア時代から日出ていた才能を
    今は当時と比べ物にならないくらいフィジカル・メンタル・テクニック
    とも開花させていますよね。
    今日の優勝は全てにおいて彼の実力なら驚きではない結果ですね。
    今年はメジャー制覇の予感はファンなら皆あります。
    松山選手は一喜一憂せずに足元を見誤らず着実に
    コツコツ前に進むことでしょう。
    その辺が並の一流選手とは一線を外しているところですよね。
    まさに今日のプレーは超一流選手の風格と貫録を感じました。
    玄人好みの日本人らしいプレーがこれから数十年観られると思うと
    本当に幸せです。
    メジャーに勝つのはそう簡単なことでは無いでしょう!
    でもいつも大きい事は口にしない彼が日本オープン優勝後と
    今回の優勝後のコメントではっきり口にしたと言う事は2017シーズンは
    日本のゴルフ界にとって歴史的な年になると思います。
    PROアマ問わず同じ気持ちだと思います。
    恐らく100年に一度の選手ではないでしょうか!
    日ハムの大谷選手・テニスの錦織選手と
    日本は凄い事になっていますよね!

  28. 八太郎 より:

    golf さん、本当にご無沙汰でした。
    2016-17 シーズン開幕とともにコメント欄の閉鎖され、このサイトを毎日覗く事を日課としている者として、何か寂しく感じておりました。
    本日 11/30(日) の松山プロの WGC-HSBC における快挙にて 2 日間だけ限定オープンして頂き、このブログファンの方々の投稿された言葉に熱い想いを改めて知る事ができました。
    日本のメディアが PGA のハードな大舞台でチャレンジする松山プロや石川プロ、岩田プロの熱き思い入れを理解せず、また旧体然としたガラパコス化した協会主導に、将来のゴルフ界の行く末を心配する golf さんが一石投じる姿勢に、おそらくこのブログファンの方々は心底ご理解された上で共通の想いを投稿してきたサイトと感じておりました。
    golf さんの鋭い着眼と納得できる情報 UP に対して、お会いした事も無い方々、老若男女を問わず、想いを同じくする人達との集いの場として、本当に楽しませて頂きました。
    確かに、このサイトへのアクセス数 & 閲覧数増加に対し golf さんお一人で孤軍奮闘しながらブログ運営されには相当の負荷が掛かっておられたと思うに、無責任に投稿していた小生としても申し訳ない限りです。
    但し、これも golf さんの仕掛けたこのサイトが如何に素晴らしいものになっているかの『 証 』ではないでしょうか・・・????
    今一つ小生の我儘としてお聞き頂けるなら、我々投稿者への返信メールに対し、もっと手を抜いて頂いても良いのではと思います。確かに個々への即時返信も本当に丁寧に回答頂き、投稿者としてはあり難い限りですが、少しでも golf さんの負荷を減らすためならプログファンの方々もご理解頂けるのでは・・・・と思う次第です。
    皆さんの想いの投稿だけでも、同志の声として楽しみとなります。
    ただし、先般一部あったような趣旨と反する内容投稿は、golf さんの方で一方的に却下すべきと思います。
    このブログの良さは、投稿者の方々もポジティブな意見で、単なる好き嫌いでの中傷がないのも大きな要因と信じています。
    いろいろ戯言を長々と記しましたが、何卒お許し下さい。
    最後に一言・・・・golf さん & j松山プロ、本当にご苦労様でした !
    心からエールを贈らせて頂きます。

  29. Grand- pa より:

    年イチゴルファーさんの投稿文に同感です!
    先日亡くなったアーノルドパーマーが、当時の準メジャーであったCanadian Openで初優勝したのが、1955年25歳に成ったばかりでした。而も、其のスコアは、今回の松山と同じ265(23アンダーパー)でした。毎日のスコアは、64,67,64,70、コースは、Weston golf & country club, Toronto。この記録は、未だに、最少記録だそうです。
    何となく、松山は、パーマーの後を追いそうですね!末筆ながら、良い年をお迎えください。

  30. JJ より:

    golfさん

    いつも更新有難うございます!

    みなさんとこの喜びを分かち合えるのがとっても嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)

    結果は100点でも内容は80-90点、そしてフィーリングは30点位と相変わらずのコメントでしたが、調子がイマイチでもキッチリ結果を出してくるのは本当に流石ですよね!
    パッティングの練習が以前と大分変わったように思いますが、直近随分良くなってますし、今シーズンは本当に楽しみですよね。

    今後とも引き続き宜しくお願い致します。

  31. あっきい より:

    松山選手おめでとうございます。
    golfさんいつも詳細な記事ありがとうございます。
    コメント欄いつも楽しみにしていましたがgolfさんの負担を考えると仕方ないのかなと思います。
    今回2日間開放していただきありがとうございました。
    最終日の内容は圧巻でしたね。
    同組のバーガーは自分がいいプレーをしても松山との差が縮まらないので途中で心が折れて2位狙いになりましたね。
    まさにプライムタイムのタイガーのような強さ、安定感でした。
    この状態でまだショットの状態が良くないようなので、これでショットが満足する状態ならば本当に全盛期のタイガー状態ですよ!!
    これで
    3年シード、FEDEXカップポイント850ポイントなのでBMW選手権出場もほぼ確定ですね。
    おかげで年明けからはメジャーに向けてスケジュールを組みやすくなりました。ただ、年内はハードなスケジュールなので怪我のないようにケアをして貰いたいです。
    本当にリアルタイムで彼の成長を観ることができて幸せなのと多くのことを学ばせてもらい本当に幸せです。
    golfさんもいつもデータに基づいた客観的な視点、鋭い考察でありながら本当に全力で挑戦しているアスリートにリスペクトしている温かい記事本当に有難うござうました。
    PGAの試合やメジャーの優勝の際限定的にでもコメント欄を開放していただければ幸いです。
    皆さんのコメントからも元気をいただけるので・・・

  32. 竜太郎 より:

    golfさん、皆様おはようございます

    シーズン最高のの幕開けの喜びをこのブログの皆様と共有できる事に感謝です。

    この一か月の松山英樹のパフォーマンスには、ただただ感服です。素朴なゴルフ青年が描いている近未来にはどんな景色が拡がっているのでしょう。わが子が成長するのを楽しむ親の気持ちで目に焼き付けたいと思います。

    ただ、取り巻くメディアの魑魅魍魎ぶりにはうんざりです。正確な経過と結果を真っ当な情報量で伝えて欲しいです。あからさまなミスリードは誰の利益も生みません。ゴルフ界の成長を願うのであれば、メディアの良心を見せてもらいたいものです。

    golfさんお疲れ様です。これからも客観的なデータで松山英樹の強さを私たちにお知らせください。時々はバランスを崩したgolfさんを見てみたい気持ちもありますが。

    では、来年の松山英樹のメジャー勝利の時のコメント欄解放の時まで

    golfさん、皆様ご自愛ください。

  33. ジャッキー より:

    日本オープンに優勝した時は、うれしいと言うよりホッとしました。負けたらアンチファンとマスコミにたたかれるかと思って。

    昨日は18Hのパーパットを沈めた瞬間に拍手し始めて、興奮が収まるまで止まらなくてずっと長い間拍手していました。

    ちなみに初日狭山に観戦しに行ったのですが、たくさん応援してくれる人がいて、松山くんにも励みになったのではないかな。

    来週がマスターズならいいのに、と思うほど最近調子いいですね。来年のメジャーがホントに楽しみです!

  34. ボギー より:

    松山英樹、優勝おめでとう。  彼のゴルフは他の日本人プロと違い、見ていて本当に本当にワクワクします。 
    これからも、松山プロの詳細な情報よろしくお願い致します。

  35. ももちゃん より:

    いまだ興奮おさまりません。
    Golfさんにはいつもどれほど楽しませていただいていることか、本当にありがとうございます。私はアマチュア時代からの熱烈応援団なのですが、自分が感じている松山プロのすごさというものを、いつもGolfさんのさまざまなデータで確認してはいっそうの喜びをかみしめている次第です。総合的な人間力というような観点からは今のトッププロの誰にも負けないのではないかと私は思っています。
    日本オープン予選ラウンド観てまいりました。ラウンド後のパット練習は、Golfさんのイチローと松山英樹(1)『上達の達人 – 大量に練習をこなすことで、質を飛躍的に高める』そのものだと思いました。
    1m前後?くらいのパットを小さな器具を置いて黙々とひたすらうち続けていました。もう終わらないのではないかと思うくらい私には1時間2時間にも思えました。いろんな選手が入れ代わり立ち代わりちょこっとあれこれしてはいなくなりましたが、松山選手は周りに全くお構いなくグリーン上誰もいなくなっても薄暗くなってきても延々と同じパットを休むことなく続けていました。想像を絶する練習をしているとは思っていましたが、それをもはるかに越えているなと感服するばかりでした。この衝撃的な練習の姿を目の当たりに見て、日々の地道な膨大な努力の積み重ねの結果が今の松山プロなのだとあらためて感動しています。
    その練習の後たくさんのファンにサインをしていて頭下がりましたが、右手がプレーに差しさわりが出るようなことがあってはならないととても心配になりました。三井住友でもものすごいサインの列が予測されますが、周りのスタッフもファンも、松山選手の身体を一番に考えて上手に対応してほしいと切に願っています。
    Golfさんご無理のないように。ずっと楽しみにしています。皆さんと喜びを共にできてうれしさもさらに大きくなります。

  36. KーKO より:

    松山選手、優勝おめでとうございます!
    とても素晴らしい戦いでした。 首位に立ってからは1度も座を明け渡す事がなかった圧勝。 ピンチの時のパーセーブもさすがでした。 WGCのタイトルを手にできた事は、松山選手にとっても大きな自信になった事と思います。 感動をありがとう。 応援しています。
    golfさん、色々な情報をこれからも楽しみにしております。

  37. TAK より:

    心に響くサイトと出会うことができて幸せなこととGolfさんに感謝しています。大好きな松山英樹選手のステージがあがっていくことで、自分に見える世界もかわっていってるように感じています。贔屓の人を応援する楽しさをしみじみ感じて、それが持続できるように自分自身を高めようとする意欲がうまれています。ここに集うみなさんと共にあることに心から感謝しています。

  38. ゆり より:

    お疲れ様でした。
    松山選手「準メジャー」本当におめでとうございます
    *golfさん応援団の皆様*応援していたかいがありました( ´艸`)
    大きく大きく成長した松山選手をたっぷり堪能しました。
    「日本オ-プン初メジャ-獲得」&「WGC準メジャー
    獲得と乗りに乗った今季序盤の優勝流石です。
    ぐ-と近くなって来ました目標で有るメジャ-獲得・・
    来年1つ行きそうな予感が・・
    まだ興奮冷めやらぬ本日でした(笑)。
    *golfさん毎日参考にしております。
    感謝してます。
    追・・岩田選手の情報感謝してます。

  39. カッツーン より:

    1)松山選手の快挙と将来にこんなにも沢山の方々が励まされ、勇気づけたれ又、夢を託して居るのがよくわかりました。そういう私も老人ですがその中の一人として素直にうれしいです。
    2)やはり、golfさんのゴルフをスポーツ文化的に捉えたサイト運営姿勢がが皆さんに賛同を呼んでいると思います。
    3)オリンピック応援では日本人として誇らしさを感ずるといいますが、私はgolfさんのサイトに同じようなものを感じて、毎日拝見してます。コメント欄も急がずに結果を恐れず御願いします。

  40. パル より:

    素晴らしすぎまず。
    誇りです。
    興奮がおさまりません。
    世界ランク6位なんて!
    メジャー獲ったら、涙出そう。

  41. 入門篇 より:

    golfさん

    お礼を申し上げる機会を設けてくださってありがとうございます。

    普段、スポーツ紙を買うことはないのですが今日だけは「今でしょ!」でした。

    ・スポニチ      一面から三面まで埋まっています
    ・ニッカン       一面と二面の半分
    ・スポーツ報知   一面+二面の少し
    ・サンスポ      一面のみ

    内容では、進藤キャディに話を聞いているニッカンがイイと思いました。

    松山選手、ラウンド中は獰猛なのにセレモニーになると借りてきた猫で、もうその落差がたまりません!
    でも今回はトロフィーにキスしてましたね。golfさんのツイッターで動画を見たときは衝撃でした。

    golfさんのおかげで松山選手を応援する楽しみができたこと、深く感謝しています。
    ご自身の主目的に支障のない範囲で続けていただければとても嬉しいです。

    次回を楽しみにしております。お元気で。

  42. bravo より:

    GOLFさん、そしてこのブログに共感しここに集う皆さま、初めて投稿させて頂きます。

    私は愛媛県松山市に住むおっさんです。

    松山英樹さんがまだ東北福祉大学在学中の頃から、松山市民として地元出身のアスリートがどの様に成長していくのかを見てみたいという欲求が日増しに高まる中、「各社マスコミの上辺だけの情報」だけでは満足出来なくなり、色々検索していく中でGOLFさんのブログにたどり着きました。

    以来、GOLFさんのデータに裏打ちされた厳しくも温かい言葉や、それに共感する人達の熱い思いを見てきました。

    また海外メディアから発信された情報をGOLFさんが日本語に訳して下さり「海外のメディアや専門家が日本人選手に対して、どの様な評価をしているか」を「贔屓目なし(ちょっとはあるかも?)」に知る事が出来ました。

    以来、誰かの追っかけ・・・いやストーカーかもしれません(笑)コメントもしないで、ほぼ毎日こっそりこのブログを覗いていました。

    ブログの転換点?を迎えるにあたり
    これは一言GOLFさんやここに集う皆さんに「ありがとうございます」を言いたくて初投稿に至った次第です。

    『こんなに素晴らしいブログは滅多にお目にかかかれません。皆さん本当にありがとうございます。』

    今回のWGC優勝を成し遂げても、各メディアの扱いや内容は・・・(承知ではありますが)

    ちなみに10月31日付け愛媛新聞の1面で大きく取り上げられた記事は・・
    ①全日本大学女子駅伝松山大が日本1
    ②絶景多島美 海道快走「サイクリングしまなみ2016」
    ③世界選手権S「松山 日本人初V」

    (他のイベント開催日が違う日なら紙面構成も変わっていたのかも?)

    GOLFさんのブログがコメントオープンになる日はそんなに遠く無いと信じています。

    一時的に一方通行のブログ運営になりGOLFさんの愉しみのひとつが減ってしまうと思います。
    コメントは書けなくても、ここに集う皆さんはGOLFさんが発信する情報を求めてやって来ます。

    「海外で戦う日本人ゴルファーの情報はここでチェック!」レベルアップした『海外ゴルフツアーを楽しむブログ』が出来る事を願っております。

  43. golf より:

    【ご連絡】
    コメント欄は2日間ということでアナウンスしましたので、11月1日午後6時をもって一旦閉じさせていただきます。またその後に私の方からもコメントさせていだきます。非常に多くのコメントありがとうございます。色々と考えさせられています(^_^;)

  44. ニャン丸 より:

    後の記事で、というか普段から日本国内での松山の注目度の低さ
    について触れられていますが、単純に日本で1年しかやらなかったからだと思いますよ。
    もし後2、3年日本で続けていたらタイトル総ナメでもっとマスコミ露出も増えたでしょう。
    逆に海外のみなのにこうなった錦織は特殊な事例だと思いますよ。多分英語ペラペラなのも彼が人気を集めた日本特有の理由の1つでしょう笑

    そもそもスポーツ好きの男なら松山の強さはある程度は知ってますし、その強さを知るスポンサー達は大金を彼に払っていますしね。

    こんな感じでコメント書けるのは私もここだけです。返信は不要ですし、これからも我々PGAファンのオアシスとしてよろしくお願いします。

  45. KEY- kei より:

    golf さん
    こんにちは‼
    まだコメントまにあいますかね??

    今が、日本時間のいつなのか分からないぐらい、喜びで一杯の時間を過ごしています。

    本当に素晴らしい優勝でした。
    松山選手は凄い‼
    今シーズンは、とんでもない成績を残してくれると思います。

    その後アップされているgolf さんの記事を読んで、胸のつかえがとれた思いです。

    松山英樹のライバルと言える選手は、海外にしかいない。 と 。

    相変わらずの、日本のマスコミの偏重報道にうんざりするばかりですが、
    golf さんのブログの更新を読ませてもらうたびに、拍手を送っています。

    本当に有難うございます。
    松山選手のファンであることの喜びと、golf さんの分析を読む幸せ‼
    どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。

  46. ゆり より:

    おはようございます。
    最後に一言・・
    又コメント欄が開設します事「一方通行でも」切に
    願いつつ、golfさんのご活躍そして、お体ご自愛下さい
    ねぇ・・
    *golfさんファンの皆様のコメントも楽しく拝見させて頂きました*
    又此の場所でお会い出来ます事心より願ってます。
    皆様もお体ご自愛下さいねぇ。

  47. えのママ より:

    みなさんの松山選手に対する熱い思い、感動しながら拝見させていただきました。ありがとうございます。

    で、閉鎖前にもう一度、すみません。

    次はメジャーで優勝してコメント欄解放を心から願います!

    golfさん、本当に丁寧にコメント返してしまう。。。

    おそらく一方通行にできない方ではないかとお察しします。

    ゆりさんのおっしゃるように一方通行にできればと思いますが、

    golfさんの思うように運営されますように。

    また皆さんのコメント読める日を楽しみにしております。

    ありがとうございました!

  48. みち より:

    golfさん、まだ間に合うと知り再びコメントさせて頂きます。

    松山英樹pに関する海外の情報のアップも、ありがとうございますm(_ _)m
    AP通信の記事は泣きながら読みました。
    日本のマスコミでは読む事の出来ない素晴らしい内容の記事が、世界中に発信されたと思うと感激で泣けてしまいます。
    ジャックニクラス氏のメモリアル優勝記者会見の言葉は、よく憶えています。
    それ以降にも、家族や友人と離れ言葉の通じない環境で頑張れるアメリカ人がどれだけいるだろう…私は異国で頑張る彼等を尊敬する。というような発言も英語を話せない松山英樹pの事をとやかく言う記者に対して話されていたと思います。
    今日はそのジャックニクラスと同じロレックスと契約したニュースが出ていました。あの格好いいCMで共演もあるかも!
    今回の優勝で知名度も爆発的に広がり、アスリートとしてでなく素晴らしい人間性を知ったファンが増えると嬉しいです。

    別の記事の感想で申し訳ありませんが、まだまだ優勝の余韻に浸っているのでお許しくださいm(_ _)m
    ありがとうございましたm(_ _)m

  49. golf より:

    非常に多くのコメントありがとうございました。

    皆さんのコメントを見ながら色々と考えさせられることが多くありました。コメントを読んでいると、すでに私のブログのコメント欄ではあるのですが、松山英樹などを応援している多くの人が集うコミュニティの役割を果たしていることをあらためて認識しました。

    今回の多くのコメントや問い合わせフォームからご連絡をいただいた内容をふまえて、今までのような形とは変わることになるとは思いますが、何かしらのかたちでコメント欄を継続できるように検討していきたいと思っています。

    ただ、物理的に時間が足りないという現実もありまして、記事をアップしているとコメント欄の管理にはなかなか時間がとれないところがあります。そのため新しいスタイルを模索することになるので、少し時間をいただければと思っております。

    現時点では、トーナメントの速報ページのコメント欄を、第1ラウンドから最終ラウンドが終わったその日まで、日曜日もしくは月曜日まで開放するということを検討しています。また今までのようにお一人お一人に返信することは物理的に難しくなってきているので、ある程度まとめて返信するようなかたちに移行させていただくことになるかと思っています。

    そのあたりも含めて検討する時間をいただければと思っております。ある程度の結論が出た時点で、「管理人のお知らせ」ページでアナウンスさせていだきます。できれば今週末までには結論を出したいと考えております。

    今回コメント欄の閉鎖、開放という流れを経て、私自身も多くの方に応援していただいていることを、あらためて感じ、とても感謝しております。私自身が継続できるような形になるので制約は増えると思いますが、前向きに検討していきますので、よろしくお願い致します。

このページの先頭へ