松山英樹が優勝し117万ドル(約1億3,685万円)と500ポイントを獲得!ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の最終結果と最新ランキング情報

松山英樹がウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン2016をプレーオフ4ホール目にリッキー・ファウラーを下して制し、PGAツアー2勝目を上げました。

一昨年は4位タイ、昨年2位タイ、として今年は優勝と着実にステップアップし、見事に60万人の大観衆を集めたトーナメントを制しました。

優勝した松山英樹は賞金117ドル(約1億3,685万円)とフェデックスカップポイントを500ポイント獲得しました。

また世界ランキングポイントを54ポイント獲得し、概算ではありますが自己最高となる世界ランク12位には上昇する見込みです。

そしてこの優勝により松山英樹は2016-17、2017-18シーズンのPGAツアーの2年シードを獲得し、来年初めのヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズの出場権も獲得しました。

2位にはプレーオフで敗れたリッキー・ファウラーとなり賞金70万2,000ドル(約8200万円)と300ポイントを獲得しています。

続いて、ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップランキングの情報です。

ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の結果とフェデックスカップ・賞金ランキングに関する情報の目次です。

1. ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の最終結果と獲得賞金とポイント

ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 松山 英樹 -14 $1,170,000 500
2 リッキー・ファウラー -14 $702,000 300
3 ハリス・イングリッシュ -12 $442,000 190
4 ダニー・リー -11 $312,000 135
5 ブー・ウィークリー -10 $260,000 110
T6 ウィル・ウィルコックス -9 $203,450 86
T6 シェイン・ローリー -9 $203,450 86
T6 J.B.ホームズ -9 $203,450 86
T6 ジョン・ハー -9 $203,450 86
T6 ブライス・モルダー -9 $203,450 86
T11 ジョン・カラン -8 $149,500 65
T11 ライアン・ムーア -8 $149,500 65
T11 フィル・ミケルソン -8 $149,500 65
T14 ババ・ワトソン -7 $117,000 56
T14 ザック・ジョンソン -7 $117,000 56
T14 ウェブ・シンプソン -7 $117,000 56
T17 タイローン・バン・アスウェーゲン -6 $85,057 51
T17 アダム・ハドウィン -6 $85,057 51
T17 ブレンダン・スティール -6 $85,057 51
T17 K.J.チョイ -6 $85,057 51
T17 チャド・キャンベル -6 $85,057 51
T17 パトリック・ロジャース -6 $85,057 51
T17 ジェームズ・ハーン -6 $85,057 51
T24 キーガン・ブラッドリー -5 $49,183 43
T24 ベン・クレーン -5 $49,183 43
T24 ライアン・パーマー -5 $49,183 43
T24 ビリー・ホーシェル -5 $49,183 43
T24 ウィリアム・マクガート -5 $49,183 43
T24 コルト・ノスト -5 $49,183 43
T24 チャールズ・ハウエル3世 -5 $49,183 43
T24 ケビン・ナ -5 $49,183 43
T24 マット・エブリー -5 $49,183 43
T33 アニルバン・ラヒリ -4 $35,912 37
T33 ブラント・スネデカー -4 $35,912 37
T33 ザック・ブレア -4 $35,912 37
T33 ゲーリー・ウッドランド -4 $35,912 37
T37 クリス・カーク -3 $29,900 33
T37 ロバート・ストレブ -3 $29,900 33
T37 スコット・ピンクニー -3 $29,900 33
T37 ジェイソン・ボーン -3 $29,900 33
T41 マーティン・レアード -2 $24,700 29
T41 ジェフ・オバートン -2 $24,700 29
T41 ブレット・ステッグマイヤー -2 $24,700 29
T41 ブルックス・ケプカ -2 $24,700 29
T45 スコット・ピアシー -1 $18,590 24
T45 マイケル・キム -1 $18,590 24
T45 エミリアーノ・グリージョ -1 $18,590 24
T45 カイル・スタンリー -1 $18,590 24
T45 グレック・オーウェン -1 $18,590 24
T45 ブレイン・バーバー -1 $18,590 24
T51 ボー・バンペルト E $15,392 18
T51 ジェフ・オギルビー E $15,392 18
T51 ブレンドン・デ・ヨング E $15,392 18
T51 チャーリー・ホフマン E $15,392 18
T51 レティーフ・グーセン E $15,392 18
T56 マックス・ホーマ 1 $14,755 15
T56 ブレンドン・トッド 1 $14,755 15
T58 ダニエル・バーガー 2 $14,495 13
T58 ブライアン・ハーマン 2 $14,495 13
T60 マーク・ハバード 3 $14,105 10
T60 チェッソン・ハドレー 3 $14,105 10
T60 マット・ジョーンズ 3 $14,105 10
T60 パットン・キザー 3 $14,105 10
64 ブライアン・ゲイ 4 $13,780 7
T65 ニック・テイラー 5 $13,585 6
T65 マーク・ウィルソン 5 $13,585 6
T67 シ・ウー・キム 6 $13,325 4
T67 ダニエル・サマーヘイズ 6 $13,325 4
69 ノ・スンヨル 15 $13,130 2
CUT 石川 遼 CUT

2. 2015-16シーズンのフェデックスカップ最新ランキングの上位30名

ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016終了時点のフェデックスカップランキングのトップ30以下のとおりとなっています。

優勝した松山英樹はポイントを660ポイントとし、前週までの74位から10位に順位を上げ3年連続でのフェデックスカッププレーオフ進出を確実にしました。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
CUT:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 1 ケビン・キスナー 0 1073
2 2 ブラント・スネデカー 37 1049
3 3 ラッセル・ノックス 920
4 4 ケビン・ナ 43 860
5 5 スマイリー・カウフマン 0 794
6 6 ジャスティン・トーマス 0 748
7 7 グレアム・マクダウェル 732
8 8 ファビアン・ゴメス 0 716
9 9 ジェイソン・ダフナー 0 700
10 74 松山 英樹 500 660
11 10 エミリアーノ・グリージョ 24 644
12 12 ジェイソン・ボーン 33 593
13 11 ジョーダン・スピース 586
14 49 リッキー・ファウラー 300 506
15 13 デビッド・リングマース 0 469
16 14 ピーター・マルナティ 0 468
17 15 パトリック・リード 466
18 17 チャールズ・ハウエル3世 43 446
19 16 シ・ウー・キム 4 408
20 22 K.J.チョイ 51 398
21 18 アレックス・チェイカ 0 373
22 19 ケビン・ストリールマン 0 368
23 20 ジェイミー・ラブマーク 0 355
24 27 ウィリアム・マクガート 43 352
25 72 ハリス・イングリッシュ 190 352
26 21 ケビン・チャッペル 0 351
27 26 ザック・ブレア 37 349
28 23 パットン・キザー 10 338
29 24 フレディ・ヤコブセン 321
30 38 ジョン・ハー 86 320
141 137 岩田 寛 80
162 159 石川 遼 0 55

3. 2015-16シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016終了時点の2015-16シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。

松山英樹は優勝賞金117万ドルを加えて152万3333ドルとして、ランキングを54位から8位にあげています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 1 ケビン・キスナー $2,350,032
2 2 ブラント・スネデカー $2,286,646
3 3 ラッセル・ノックス $2,118,160
4 4 ケビン・ナ $1,846,457
5 5 ジャスティン・トーマス $1,734,873
6 6 スマイリー・カウフマン $1,612,368
7 7 グレアム・マクダウェル $1,565,100
8 54 松山 英樹 $1,523,333
9 8 ファビアン・ゴメス $1,420,193
10 9 ジェイソン・ダフナー $1,380,025
11 10 ジョーダン・スピース $1,353,750
12 11 エミリアーノ・グリージョ $1,280,332
13 12 ジェイソン・ボーン $1,257,636
14 13 ピーター・マルナティ $1,113,025
15 40 リッキー・ファウラー $1,109,832
16 14 パトリック・リード $1,042,684
17 15 デビッド・リングマース $992,016
18 17 チャールズ・ハウエル3世 $829,236
19 19 K.J.チョイ $824,146
20 16 アダム・スコット $810,818
21 18 アレックス・チェイカ $745,690
22 20 パットン・キザー $732,845
23 21 シ・ウー・キム $731,613
24 25 ウィリアム・マクガート $719,487
25 22 ケビン・ストリールマン $713,210
26 23 ケビン・チャッペル $685,682
27 24 ジェイミー・ラブマーク $676,648
28 26 フレディ・ヤコブセン $653,686
29 103 ハリス・イングリッシュ $629,199
30 28 ザック・ブレア $618,595
123 121 岩田 寛 $151,125
163 161 石川 遼 $62,102

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016終了時点の2015-16シーズンの最新世界ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。

松山英樹は自己最高となる世界ランク12位に浮上しています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 Points
1 1 ジョーダン・スピース 11.9458
2 2 ローリー・マキロイ 10.0731
3 3 ジェイソン・デイ 10.0388
4 4 リッキー・ファウラー 8.2290
5 6 ヘンリック・ステンソン 7.3235
6 5 ババ・ワトソン 7.2863
7 7 ジャスティン・ローズ 6.3173
8 8 ダスティン・ジョンソン 5.7196
9 9 パトリック・リード 4.9394
10 10 ジム・フューリック 4.8612
11 11 ブランデン・グレース 4.8462
12 19 松山 英樹 4.6355
13 20 ダニー・ウィレット 4.5297
14 12 ブラント・スネデカー 4.2629
15 14 ザック・ジョンソン 4.2093
16 13 セルヒオ・ガルシア 4.0947
17 16 ケビン・キスナー 4.0520
18 15 アダム・スコット 4.0375
19 17 ブルックス・ケプカ 3.9783
20 18 ルイ・ウーストハイゼン 3.5435
21 21 シェイン・ローリー 3.5413
22 24 J.B.ホームズ 3.4706
23 22 ケビン・ナ 3.4044
24 27 アン・ビョンフン 3.3413
25 23 ジミー・ウォーカー 3.2956
26 25 マット・クーチャー 3.2612
27 26 ポール・ケーシー 3.2210
28 37 アンディ・サリバン 3.1471
29 32 フィル・ミケルソン 3.0424
30 28 マーク・リーシュマン 3.0309
66 64 片山晋呉 2.0606
88 87 池田 勇太 1.6651
95 98 宮里 優作 1.5303
103 96 藤本佳則 1.4814
114 115 谷原秀人 1.3548
116 116 石川 遼 1.3523
121 119 岩田 寛 1.2988
124 121 小平 智 1.2772
135 129 小田孔明 1.2245
151 142 武藤俊憲 1.1289
161 157 近藤共弘 1.0704

スポンサードリンク

よく読まれています

2 Responses to “松山英樹が優勝し117万ドル(約1億3,685万円)と500ポイントを獲得!ウェイストマネジメント・フェニックスオープン2016の最終結果と最新ランキング情報”

  1. hasyfeb より:

    golfさんこんばんは。
    ここで優勝できたのは本当にいろんな意味で大きかったですね。
    メモリアルの優勝で得たPGAのシードも今シーズンまででしたから、これでまずは2018年シーズンまでのシード確保できましたし、ポイントもこの先かなり気持ち的に楽に稼げていけそうな気がします。PGAのシードを維持するのは松山選手の実力であれば問題はないと思いますが、できれば最低カテゴリー10での出場権を維持して欲しいと思っているので、ここでそれを達成してくれたのは本当に嬉しかったです。(プレーオフに関してはツアチャンに出場してほしいので、まだいっぱいポイント稼いでね、と思っていますがw)
    またWGR的にもメモリアルで得たポイントがあと7試合程度で消滅してしまうので、ここで大きく稼げたことがランクの維持にもかなり意味を成してくるのでよかったな、と。丁度ドバイ最終日見ていてウィレットが劇的な優勝したときに松山くん優勝しないとウィレットに抜かされるなって思っていたので抜かされずにすんだもの良かったです。ここから先は本当に上がっていくの大変だと思いますが、できれば今年中にトップ10を維持できるぐらいになってくれたらいいなと思ったりしています。
    それにしても現在PGAで25歳以下で複数回優勝しているのがスピースとリードと松山くんだけってのがすごいです。それだけ2勝目を上げるのは難しいということで、その壁は破れたのでここからはどんどん上がっていってほしいです。

    • golf より:

      hasyfebさん、こんばんは。
      ジャスティン・トーマスやら若い選手たちが勝ち始めていている中で、あらためて実力を証明する勝利を手にしたことは非常に大きかったと思います。
      トップ10が届く位置までポイントを伸ばしましたし、ノーザントラストオープンの結果次第ではトップ10に入れるので、そういった面でも楽しみが増えました。
      日本から海を渡って異国の地を舞台にしながら、これだけ若い年齢で、しかも本格参戦3年目なので、本当に異例の活躍だと思います。
      この感じだとこれからもポイントを積み重ねれるかどうかについては心配はなさそうなので、より効率よく稼げるようにPGAツアー3勝目に期待したいです。
      マスターズは世界ランクトップ10で迎えてもらいたいです。

このページの先頭へ