松山・谷原組は優勝候補7番手にランクイン!チューリッヒクラシック2017のパワーランキング

69回目の開催となる2017年のチューリッヒクラシックは、2人1組のストロークプレーによるチーム戦に移行することになりました。

ワールドカップとは異なり、国籍などにとらわれず自由にペアが組めることも魅力で、ジェイソン・デイとリッキー・ファウラーというような興味を引くチームも誕生しています。

そのような中、世界ランク4位の松山英樹が、PGAツアーメンバーではないものの同50位の谷原秀人を指名し、その谷原がスポンサー推薦を受けるかたちでエントリーしています。

その松山英樹、谷原秀人組が、PGAツアー公式サイトのパワーランキングにおいて、出場する80組中の優勝候補7番手にランクインされています。

スポンサードリンク

公式サイトが80組中で優勝候補7番手の評価

zurich2017-powerrakings

PGAツアー公式サイトのロブ・ボルトン氏によるチューリッヒクラシックのパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ジャスティン・ローズ & ヘンリク・ステンソン
  2. ジェイソン・デイ & リッキー・ファウラー
  3. ブランデン・グレース & ルイ・ウーストハイゼン
  4. ダニエル・バーガー & トーマス・ピータース
  5. ライアン・パーマー & ジョーダン・スピース
  6. バド・コーリー & ジャスティン・トーマス
  7. 松山英樹 & 谷原秀人
  8. パトリック・カントレー & パトリック・リード
  9. キーガン・ブラッドリー & ブレンダン・スティール
  10. ケビン・チャッペル & ゲーリー・ウッドランド

オリンピック金メダリスト、銀メダリストのコンビとなるローズ、ステンソンのペアが1位となっています。一緒にプレーした経験が多いことも高評価の要因となっています。

続くのがジェイソン・デイとリッキー・ファウラー組となっています。リッキー・ファウラーは実はこのTPCルイジアナでの成績は良くありませんが、ジェイソン・デイは直近の7ラウンドの平均スコアが67.43ということが評価されています。

ブランデン・グレースとルイ・ウーストハイゼンは南アフリカの世界ランクにおけるNO.2-3コンビで、プレジデンツカップ2015では4勝0敗と無類の強さを発揮しています。

その後に、バミューダ芝に強いダニエル・バーガーと好調なトーマス・ピータース、同じテキサス州出身のジョーダン・スピースとライアン・パーマー組に続く、7番手に松山英樹、谷原秀人組がランクされています。

ボルトン氏によるコメントは以下のとおりとなっています。

Japan’s No. 1- and 3-ranked talents. Arguably best pairing of strengths. Matsuyama’s tee-to-green game can let Tanihara do his thing with the putter.

『日本における世界ランクのNO.1とNO.3のコンビ。強みを噛み合わせた、ほぼ間違いなくベストのペアリングだ。松山英樹のティーからグリーンまでのゲームは、谷原秀人がパターで自分の役割を果すことを助けるだろう。』

松山英樹のショットは世界でもトップクラスにランクされていて、地球上でもっとも素晴らしいボールストライカーの一人と評されるほどです。

一方の谷原秀人は日本ツアーにおいてパターの名手として知られています。RBCヘリテージではグリーンで苦しみましたが、疲労の蓄積もあったため、今週は期待したいところです。

松山英樹と谷原秀人のストロースゲインドのスタッツは以下のとおりとなっています。

Strokes Gained 松山英樹 谷原秀人
OFF-THE-TEE 0.719(9位) -0.192(145位)
APPROACH-THE-GREEN 0.435(37位) 0.322(60位)
AROUND-THE-GREEN 0.431(17位) 0.387(21位)
TEE-TO-GREEN 1.584(7位) 0.517(63位)
PUTTING -0.463(179位) 0.870(90位)

松山英樹はパッティング、谷原秀人がティーショットに弱さがあるのですが、互いに補えるスタッツとなっています。

ともにグリーンへのアプローチショットとショートゲームは良い数字が並んでいるのも好材料で、楽しみな松山英樹、谷原秀人のペアです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ