管理人からのお知らせ(今後のコメント欄について)

このページでは管理人からのお知らせを掲載していきます。

問い合わせフォームからご連絡をいただくことが多いので、その内容に対する返信に加えて、今後の更新予定などについてもお知らせするページとして開設しました。

問い合わせフォームから連絡を頂いた方は、こちらで返信等を確認していだければと思います。なお、問い合わせの内容によっては返信を控えさせていだきます。

201年10月から2017年1月のお知らせ

2017年のコメント欄について(2017/01/22)

コメント欄の運用についての案内です。今までのような運用に戻したのですが、検討した結果、優勝、世界ランクなどの更新、フェデックスカップ(FedExCup)年間王者などの管理人が節目かなと感じる出来事があった時に限定して、開放する運用に変更したいと思います。

一つ一つにコメントの返信をしない運用方法もあるのですが、私がコメント欄を運営する上で避けたいのは内容が荒れてしまうことです。

そのため、コメントを下さった方とのやりとりを楽しむと同時に、コメント欄が荒れてしまうのを回避する方法の一つとして個別に返信するスタイルを続けていました。

掲示板や大型ポータルサイトのコメント欄のような雰囲気が好きな方には、気にならないことだと思いますが、私はそういった場所で展開されているようなやりとりが続くコメント欄は好んでいません。

他にはコメント欄のルールを細かく作るというのも一つの方法なのですが、ルールをたくさん作るのは好きな方ではないので、それはやりたくありません。

私自身の時間も限られていて、体力的にも大きな余裕があるわけではありません。コメント欄の管理に多くの時間を費やすと、更新したい内容を更新できなくなるという現状があります。

基本的に私自身が楽しむために継続しているブログで、その延長線上で楽しいと感じている方に読んでいただければと思っています。そのため楽しくないと思う方には無理をして読んでいただく必要はないとも考えています。

私自身が望む状態とかけ離れながらブログを継続をしていきたいとまでは思っていません。

そのため申し訳ありませんが、これは節目かなと管理人が判断した時にコメント欄を開放するスタイルに変更させていだきます。

個人運営のため体力と時間の制約があり、コメント欄の管理まで手が回らず、コメント欄を放置することで荒れてしまうことも避けたいと思っています。

コメント欄を楽しみにしていただいている方には申し訳ないのですが、昨日、多忙のため体調を崩しましたので、今後のことも考えて無理のしすぎは良くないと思い決断に至りました。ご了承いただければ幸いです。

ヒーローワールドチャンレジ2016のコメント欄とTwitterアカウントについて(2016/11/16)

ヒーローワールドチャンレジ2016のコメント欄については11月30日から12月5日まで開放する予定です。

なお、私のブログとは別にTwitterでもこのブログの更新情報やPGAツアーの情報などをツイートしています。Twitterのアカウントは“https://twitter.com/GolfSince2013”です。

こちらのTwitterアカウントでは返信などの、やりとりを引き続きやっています。(まりころさん、問い合わせへの返信が遅れてすみません。)

2017年からは以前のように全面的に開放しますが、それまではTwitterでのほうが、私と直接やりとりする場合にはスムーズかと思います。

2016年内と2017年以降のコメント欄について(2016/11/06)

当ブログのコメント欄について色々と検討した結果、以下のようにかたちにさせていただきたいと思います。

  1. 2016年内は三井住友VISA太平洋マスターズとヒーローワールドチャレンジの速報ページを初日から5日間開放します。
  2. 2017年は以前と同様にコメントを受け付ける形式に戻します。ただ、時間の制約があり、以前のように一人ひとりには返信できないため、まとめて返信する形式に移行。
  3. 初めてコメントをくださる方は、その旨を書いていただければ個別に返信をさせていただく。
  4. 以前と同じように中傷、社会的常識から離れたもの、読んでいる人が不快になるであろうコメント、など当ブログの運営方針に反するコメントは承認しない

最終的に今回のような結論に至ったキッカケは、NUMBER WEBでの桂川洋一さんによる『松山英樹、アジア勢初のWGC優勝。AONと違う道で世界ランク6位の意義。』という記事で紹介されていた松山英樹の言葉でした。

「日本のゴルフ界へも影響は大きいのでは?」と問われた松山は「変わっていくことを信じて、僕は頑張り続けたい」と言った。自分が勝ち続けることで、変えられるものがある。

引用元:『松山英樹、アジア勢初のWGC優勝。AONと違う道で世界ランク6位の意義。』

素晴らしい記事なので全文を読んでいただきたいのですが、ここでは一番最後に書かれた松山英樹の言葉だけを引用させてもらいました。

松山英樹のこの心意気・気概を少しでも応援できれば、と思いました。

ただ、それには私だけの力では不足なため、できるだけ多くの方に力をお借りしようという考えに至りました。コメント欄を楽しみにしている方が多くいらっしゃいますので、その場を提供することでより盛り上がっていければと思っております。

年内は予定が入っているため私のスケジュールの関係上、コメント欄の開放を制限させていただきますが、2017年からは完全に開放する形式に戻したいと思います。

不足な点がありますが、できるだけ多くの情報を提供するように努めていきますので、ぜひ力をお借りできればと思っております。今後ともよろしくお願い致します。

コメント欄の今後について(2016/11/01)

非常に多くのコメントありがとうございました。

皆さんのコメントを見ながら色々と考えさせられることが多くありました。コメントを読んでいると、すでに私のブログのコメント欄ではあるのですが、松山英樹など日本人ゴルファーを応援している多くの人が集うコミュニティの役割を果たしていることをあらためて認識しました。

今回の多くのコメントや問い合わせフォームからご連絡をいただいた内容をふまえて、今までのような形とは変わることになるとは思いますが、何かしらのかたちでコメント欄を継続できるように検討していきたいと思っています。

ただ、物理的に時間が足りないという現実もありまして、記事をアップしているとコメント欄の管理にはなかなか時間がとれないところがあります。そのため新しいスタイルを模索することになるので、少し時間をいただければと思っております。

現時点では、トーナメントの速報ページのコメント欄を、第1ラウンドから最終ラウンドが終わったその日まで、日曜日もしくは月曜日まで開放するということを検討しています。また今までのようにお一人お一人に返信することは物理的に難しくなってきているので、ある程度まとめて返信するようなかたちに移行させていただくことになるかと思っています。

そのあたりも含めて検討する時間をいただければと思っております。ある程度の結論が出た時点で、「管理人のお知らせ」ページでアナウンスさせていだきます。できれば今週末までには結論を出したいと考えております。

今回コメント欄の閉鎖、開放という流れを経て、私自身も多くの方に応援していただいていることを、あらためて感じ、とても感謝しております。私自身が継続できるような形になるので制約は増えると思いますが、前向きに検討していきますので、よろしくお願い致します。

コメント欄について(2016/10/29)

松山英樹がWGC-HSBCチャンピオンズ2016で優勝した場合には、リクエストが引き続きあるコメント欄を、松山英樹の速報ページ限定ではありますが、2日間だけ開放する予定です。

SUZUKIさん:WGC-HSBCチャンピオンズのラウンド1のホールバイホール(2016/10/27)

ご連絡ありがとうございます。ホールバイホールの内容を修正しました。今後もよろしくお願いいたします。

コメント欄について(2016/10/27)

コメント欄をPGAツアーの2016-17シーズンの開幕と同時に閉鎖させていただきました。その後、その件について問い合わせをいただくことが多いので、返信させていただきます。

具体的な数の公表は控えたいのですが、1日のアクセス数、閲覧数がかなり増え、それに伴いコメント数も多くなり、コメント欄を管理するのが、次第に容易ではなくなってきていました。

複数の人間で管理すれば可能ではありますが、個人運営でやっていますので、いずれはコメント欄を閉鎖する必要に迫られることは確実でした。

そのためコメント欄を閉じるタイミングを探していたところがあったのですが、2016年内に仕上げたいこと、新しく手がけたいことなどがあったため、新シーズンを区切りに閉鎖させていだきました。

2016年から2017年の年末年始にかけて、色々と仕事やプライベートを含めて、見直して計画を立てる予定にしています。その時に再度判断する可能性もありますが、現在のところコメント欄の再開予定はありません。

ブログを継続するための措置であることを、ご理解いただけると助かります。

Kenさん:スタート時刻について(2016/10/27)

Kenさん、ご連絡ありがとうございます。スタート時刻についての情報ありがとうございます。
温かい励ましの言葉ありがとうございます。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ