石川遼は優勝候補13番手にランクイン!OHLクラシック2016のパワーランキング

OHLクラシック at マヤコバ2016がメキシコにあるエル・カマレオン・ゴルフクラブで開催されます。

エル・カマレオン・ゴルフクラブで昨年開催されたOHLクラシックではパー71の開催コースとしては、シュライナーズホスピタル・フォー・チルドレンオープンの開催コースであるTPCサマリンに続く2番目に難易度が易しいコースとなりました。

距離は6,987ヤードと短いこともありバーディ合戦になり、基本的にはボールストライカー有利なコースとなっているようです。またグリーンのスピードは早く仕上げることができないようですが、アンジュレーションのあるグリーンとされています。

そのOHLクラシック2016におけるパワーランキング、優勝候補予想で石川遼が13位にランクされています。

スポンサードリンク

日本での好成績とCIMBクラシックのトップ10を評価されてのランクイン

PGAツアー公式サイトのロブ・ボルトン氏によるパワーランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ラッセル・ノックス
  2. キーガン・ブラッドリー
  3. ハリス・イングリッシュ
  4. ジョン・ラーム
  5. スコット・ピアシー
  6. エミリアーノ・グリーロ
  7. クリス・カーク
  8. ジム・フューリック
  9. チャールズ・ハウエル3世
  10. キム・シウ
  11. ジョンソン・ワグナー
  12. ショーン・ステファニ
  13. 石川遼
  14. キャメロン・スミス
  15. マーティン・レアード

石川遼に対するコメントは以下のとおりとなっています。

Missed the cut on the number at TPC Summerlin to end a torrid pace punctuated by a T10 at the CIMB Classic. First appearance at Mayakoba.

管理人訳『CIMBクラシックで10位タイとなったような急ピッチのペースは、TPCサマーリンでは予選落ちしたことで終わった。マヤコバは初出場だ。』

ボルトン氏はスタッツ、過去のコースでの実績、そして最近の成績などを中心に予想をしているのですが、ここでは過去の実績はありませんし、スタッツに関しては触れていません。

その一方でTPCサマーリンまでは好成績が続いていたことを挙げていますので、日本ツアーでの好成績とCIMBクラシックでの10位タイを評価してランクインさせたようです。

使用されている芝はパスパラムでCIMBクラシックで使用されいているものと似ていると考えられます。距離もCIMBクラシックのパー71・6951ヤードよりは長くなりますが、PGAツアーのコースとしてはやはり短い距離です。

ウォーターハザードが絡むホールもいくつかあるのですが、かなり大きなミスショットをしない限りは入らないような配置となっています。そのため、どちらかと言えばホールとホールの間にあるマングローブの林に打ち込まないようにすることの方が重要になりそうです。

コース全体の長さはありませんので、石川遼の距離別のショットでスタッツが落ちるミドル、ロングアイアンの精度はあまり問われないと考えられ、フェアウェイキープがある程度できれば結果を残す期待ができるOHLクラシックではあります。

公傷制度で20試合の出場資格が認められましたが、そのうち2試合を消化しています。昨年は新シーズンの秋のシリーズの3試合で54ポイントの獲得にとどまりました。

今季はすでに2試合で62ポイントとすでに上回っていますが、残り18試合という限られた試合数でフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを337.577ポイント、もしくは賞金を50万5788ドルを獲得する必要があります。

しかもフェデックスカップ(FedExCup)ポイントは公傷制度の選手には不利なポイント配分に改定されました。

参考記事:石川遼のPGAツアー出場権維持のハードルは高くなる?フェデックスカップのポイント配分改正による影響

2015-16シーズンからここまでの出場試合数は合計8試合となるのですが、予選通過が4試合となっています。しかし、予選落ちのない2試合を除くと6試合で2試合の予選通過となり、そのうち1試合はMDF(Made cut Didn’t Finish)で最終日はプレーできていません。

OHLクラシックはトッププレイヤーのほとんどが出場を回避する薄いフィールドとなっています。

先週のシュライナーズホスピタル・フォー・チルドレンオープンは世界ランクのポイントが36ポイントでしたが、今週はさらに低い32ポイントとなっています。

残されている試合数が多くある早い段階で目星をつけるために必要なことは「結果」という状況のため、OHLクラシックではしっかりと予選通過し、その上で上位を狙っていきたいところです。

またワールドカップ・オブ・ゴルフ前の最後の実戦ともなりますので、良い結果を残してくれることを期待しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ