石川遼の最終Rもスコアを伸ばせずも10位Tで賞金シード権は大きく前進|クイッケンローンズナショナル2015の全ラウンド結果速報

石川遼が今季25戦目となるクイッケンローンズナショナル2015に出場します。

今回の開催コースであるトレントロバート・ジョーンズゴルフクラブはプレジデンツカップでは使用されたことがあるものの、PGAツアー公式戦では初の開催となります。

来季のシード権をかけた争いも佳境に入った中ですが、フィールドも薄めとなり設定も500ポイントのため、結果を残しシード権を確保できるか重要な試合となります。

そのクイッケンローンズナショナル2015の全ラウンド結果速報です。

なお、様々な経緯があり、今回からレギュラーシーズン終了までの石川遼の速報に関しては、「静かに見守る」というスタンスが強いものとなっていますので、よろしくお願い致します。

石川遼の全ラウンドのプレーの速報と結果

スポンサードリンク

石川遼のクイッケンローンズナショナル2015のラウンド別のプレー詳細やキースタッツなどは以下のボタンのリンク先にまとめています。

第1ラウンドのプレー詳細速報:1位T
第2ラウンドのプレー詳細速報:1位
第3ラウンドのプレー詳細速報:8位T
第4ラウンドのプレー詳細速報:10位

初日に”63″の-8で首位タイスタート

第1ラウンドはトロイ・メリット、ジェイソン・コクラックとの組み合わせで、日本時間の9時43分にスタートしました。

その初日のホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

Quicken Loans National 2015_Ryo Ishikawa

今日は6連続バーディとホールインワンにイーグルでノーボギーと8つスコアを伸ばし、8アンダーの首位タイで初日のプレーを終えました。

パー4とパー5のティーショットのフェアウェイキープ率は71.43%(10/14)、パーオン率は83.33%(15/18)といずれもフィールド平均を上回る数字になっています。

これらの数字に加え、ホールインワンなどもあったためショットのスコアへの貢献度は高く、ストロークゲイン・ティー・トゥ・グリーン(ショットのスコアへの貢献度)は+3.221でフィールド全体で7位となっています。

パッティングに関しては6連続バーディのうち15番2.4m、16番1.4m、1番1.8mという短いものに加えて、16番の6.9m、17番5.3mなどの長めのバーディパットも沈め、2m以内のパーパットも外すことがなかったため、ストロークゲイン・パッティング(パットのスコアへの貢献度)も+3.305と高い数字で4位となっています。

初日を終えた時点でのキースタッツは以下のとおりとなっています。

項目 R1|Rank
フェアウェイキープ率 71.43%(10/14)|31位T
ドライビングディスタンス 267.9 yds|112位
パーオン率 83.33%(15/18)|8位T
ストロークゲインT2G 3.221|7位
ストロークゲインPutt 3.279|4位
ストロークゲインTotal 6.516|1位T
平均パット数(GIR) 1.467|4位

ショットとパットともにスタッツが良く、好スコアが出るのが当然というものになっています。

このクイッケンローンズナショナルでフェデックスカップのポイントシードの安全圏内に入るためには単独3位、当落ラインに到達するには4位Tもしくは単独5位、賞金シードをほぼ確実にするためには単独14位、絶対確実にするなら単独10位という結果が目安になります。

また最悪のケースに備えた126-150位のシードを確保するには単独50位などが目安になると予想されます。

これ以上ない好スタートを切りましたので、この出だしの貯金を活かして、残り3日間54ホールを頑張ってくれることを期待しています。

第2ラウンドは3つスコアを伸ばして単独首位で決勝Rへ

第2ラウンドはトロイ・メリット、ジェイソン・コクラックとの組み合わせで、日本時間の午前2時28分にスタートしました。

なお、以前の投稿のコメント欄などをご覧になっていただいている方はご存知かと思いますが、この試合前に、今季の残りのレギュラーシーズンの石川遼の試合速報は、「静かに見守る」というスタンスで更新することを決めたため、淡々とした内容になることをご了承願います。

その第2ラウンドのホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

Quicken Loans National 2015_Ryo Ishikawa_R2

今日は7バーディ・4ボギーで3つスコアを伸ばしてトータル11アンダーとし、2位に1打差の単独首位で決勝ラウンドに進出しました。

たまにティーショットを大きく曲げることはあったものの、昨日に引き続き全体的に安定して、大きなピンチになることが少ないラウンドでした。

フェアウェイキープ率は昨日の71.43%(10/14)からはやや落ちたものの64.29%(9/14)、パーオン率も83.33%(15/18)から、77.78%(14/18)と良い水準をキープしています。

これらの数字に加えて、ショットで寄せてバーディというものでスコアを伸ばしたためストロークゲイン・ティー・トゥ・グリーン(ショットのスコアへの貢献度)は+1.904と2日連続でプラスになっています。

パッティングにに関しては1.3m、2.1mといった短めのパーパットを外してボギーを叩いた一方で、9.3m、6.1m、3.9m、3.1mのバーディパットを沈めていますので、ストロークゲイン・パッティング(パットのスコアへの貢献度)は+0.238とややプラスになっています。

項目 R1|R2|Total|Rank
フェアウェイキープ率 71.43%|64.29%|67.86%|42位T
ドライビングディスタンス 267.9|276.1|272.0|116位
パーオン率 83.33%|77.78%|80.56%|11位T
ストロークゲインT2G +3.221|+1.904|+5.125|4位
ストロークゲインPutt +3.279|+0.236|+3.515|10位
ストロークゲインTotal +6.500|+2.153|+8.640|1位
平均パット数(GIR) 1.467|1.643|1.552|1位

初日のストロークゲイン関連のスタッツをキープすることは容易ではありませんので、その落ち込みを小さくすることが重要だったのですが、悪くないところでとどめることができました。

順位は単独首位と最高の位置で決勝ラウンドを迎えることになりました。

4日間を終えた時点で、良い結果を残すためにも、決勝ラウンドの残り2日間でスコアを伸ばすことが必要になります。

また初日に比較して実力のある選手や、今季好調な選手が上位に浮上してきていますので、明日の3日目もしっかりと伸ばして、最終日のサンデーバックナインで勝負できるように頑張ってくれることを期待しています。

第3ラウンドはスコアを伸ばせずも首位と3打差の8位Tで最終日へ

午前2時50分に最終組でリッキー・ファウラーとの組み合わせでスタートしました。

第3ラウンドのホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

Quicken Loans National 2015_Ryo Ishikawa_R3_1

第3ラウンドは3バーディ・3ボギーの71でスコアを伸ばせず、首位と3打差の8位Tで最終日を迎えることになりました。

今日はフェアウェイキープ率は78.57%(11/14)で3日間で一番良い数字となり、パーオン率は第2ラウンドと同じ77.78%(14/18)となっています。

予選ラウンドに引き続きショットは安定していたのですが、昨日まで決まっていたパッティングが決まりませんでした。

1番4.5m、7番3.1mのバーディパットを決めたのですが、2番2.7mの15番1.5mのバーディパット、13番1.3mのパーパットを外してしまいました。

また昨日まで入っていミドルパットのバーディチャンスがなかなか決まらなかったことも、スコアを伸ばせない原因となりました。

またショットもパーオン率は高かったのですが、ピンに絡むショットが減った分、ストロークゲイン・ティー・トゥ・グリーン(ショットのスコアへの貢献度)は-0.054と、ほぼプラスマイナスゼロとなりました。

そしてパッティングは先に上げたように決めきれませんでしたので、-1.066と3日間で初めてマイナスとなっています。

3日間を終えた時点でのキースタッツは以下のとおりとなっています。

項目 R1|R2|R3|Total(Rank)
フェアウェイキープ率 71.43%|64.29%|78.57%|71.43%(18位T)
ドライビングディスタンス 267.9|276.1|292.9|279.0(66位)
パーオン率 83.33%|77.78%|77.78%|79.63%(11位T)
ストロークゲインT2G 3.226|1.903|-0.054|5.075(16位)
ストロークゲインPutt 3.274|0.222|-1.066|2.430(20位)
ストロークゲインTotal 6.500|2.125|-1.120|7.505(8位T)
平均パット数(GIR) 1.467|1.643|1.857|1.651(12位)

ストロークゲイン関連のショットとパットのスタッツは両方とも、3日目に数字が落ちましたので、明日の最終日にスコアを伸ばすためには、立て直しが必要になりそうです。

3日間を終えた時点での決勝ラウンドに進出した選手75名の平均スコアは以下のとおりとなっています。

  • ROUND 1 : 68.28
  • ROUND 2 : 68.93
  • ROUND 3 : 69.07

上記のように平均スコアが2アンダー前後となっていますので、順位を上げるためには3アンダーは必要で、2アンダーで現状維持という状況となっています。

首位とは3打差につけての8位タイにつけているのですが、優勝スコアは最終日のピンポジション次第となりますが17-18アンダーくらいになるのではないかと予想されます。

そこを目指すなら「65」の6アンダーもしくは「64」の7アンダー、そして本人が目標としている15アンダーにするには「67」が必要になります。

今日の順位で明日最終ラウンドも終えた場合には、賞金シードを確定させることができる18万2000ドルを獲得できます。

またポイントも78ポイントを獲得できて424ポイントとでき125位に上昇し、残り2戦でフェデックスカップランキングによるフルシードを獲得できる可能性も残すことになります。

この試合で賞金シードを確実な圏内に入るには、今日の順位では10アンダーの12位T(14万700ドル)、9アンダーの15位T(11万3900ドル)が目安となります。

そのためには悪くても2アンダー、できれば3アンダー以上は出したい状況です。

様々な面で大きなチャンスが残っている最終日なので、悔いのないプレーをして、良い結果を残してくれることを期待しています。

最終Rもスコアは伸ばせずも賞金シードの確保は濃厚に

最終日はスティーブン・ボウディッチとの組み合わせで、日本時間の8月3日午前2時35分(現地:午後1時35分)にスタートしました。

最終日のホールバイホールとプレーの詳細は以下の表のとおりとなっています。

Quicken Loans National 2015_Ryo Ishikawa_R4

今日は2バーディ・2ボギーの71でスコアを伸ばせず通算11アンダーでのフィニッシュとなり、最終的には単独10位でのフィニッシュとなりました。今季のトップ10はプレーヤーズチャンピオンシップに続く2回目となります。

この結果、フェデックスカップ(FedEX Cup)ポイントを75ポイント加えて421ポイントととし、賞金は18万900ドルを獲得して、今季の賞金を80万3341ドルとなる見込みです。

そのためフェデックスカップランキングではシード権圏内の125位に、賞金シードでは安全圏内と考えられる80万ドルに到達する見込みとなりました。

フェデックスカップランキングによるポイントシードは残り2戦に持ち越しとなりましたが、賞金シードの確保へは大きく前進しました。

フェアウェイキープ率は50.00%(7/14)と落ちたものの、風が強くなったこともあり、フィールド全体でも数字が落ちていました。

しかし、そこからのリカバリーはうまくいき、パーオン率は72.22% (13/18)と4日間で一番低くはなったものの、70%以上をキープしたため、大きなピンチとはいうものは12番ホールくらいでした。

惜しまれるのは16番パー3で1.3mのパーパットを外したことで、これを決めていればポイントシードでも有利な立場になれていました。

ストロークゲイン・パッティング(パットのスコアへの貢献度)は-0.945となるなど、パッティングは昨日に引き続き苦しんだのですが、ストロークゲイン・ティー・トゥ・グリーン(ショットのスコアへの貢献度)は1.632と昨日の-0.054から持ち直した分、イーブンでまとめることができました。

4日間のキースタッツは以下のとおりとなっています。

項目 R1|R2|R3|R4|Total(Rank)
フェアウェイキープ率 71.43%|64.29%|78.57%|50.00%|66.07%(35位T)
平均飛距離 267.9|276.1|292.9|289.0|281.5(69位)
パーオン率 83.33%|77.78%|77.78%|72.22%|77.78%(11位T)
ストロークゲインT2G 3.226|1.903|-0.054|1.627|6.702(11位)
ストロークゲインPutt 3.274|0.222|-1.066|-0.932|1.498(32位)
ストロークゲインTotal 6.500|2.125|-1.120|0.682|8.187(11位)
平均パット数(GIR) 1.467|1.643|1.857|1.923|1.714(18位)

スコアを伸ばして優勝争いに絡んでいくことはできませんでしたが、風が強くなりと温度の上昇などでグリーンもかなり速くなったため上位の選手も伸ばせなくなった展開の中でした。その中で、粘り強くプレーが出来たいといえる最終日でした。

このトーナメントで全てを確定させるのが理想ではありましたが、賞金シードという保険を確保できたと考えられますし、バラクーダチャンピオンシップとウィンダムチャンピオンシップでしっかりと結果を残せばポイントシードも獲得できる位置まで浮上しました。

まずは来季もPGAツアーで確実に戦える権利を確保しましたし、ショットの状態も上向いてきましたので、残り2戦でフェデックスカッププレーオフに進出できるように頑張ってくれることを期待しています。

スポンサードリンク

よく読まれています

38 Responses to “石川遼の最終Rもスコアを伸ばせずも10位Tで賞金シード権は大きく前進|クイッケンローンズナショナル2015の全ラウンド結果速報”

  1. はやしじん より:

    おはようございます。
    昨夜はすごかったですね!
    16番で長いのが入って乗ってきた感じでしたね。
    6連続が終わって布団に入ったんですが、朝起きて4番のエースにはびっくりしました。
    5、8番でもう一つ取れてなかったのがとても残念でしたけど、ま、贅沢は言えませんね(^^;
    それにしてもgolfさんの多くを語らない慎重なコメントが今の遼くんの現状なんだな、と改めて感じました。
    本当に大事なのは明日ですね。
    願わくば4つ、最低でも1つはお願い致しますっ!

  2. たまお より:

    いつもこの時期によく読ませていただいております。

    アイアンの切れが、すこぶるよいようですね~。
    スイングが、ブレずいいかんじなんでしょうね?

    フェアウェイキープ率 71.43%(10/14) 31位T
    ドライビングディスタンス 267.9 yds 112位
    (力いっぱい振るのを抑えたのか、アイアンでショットが多かったのか?)
    パーオン率 83.33%(15/18) 8位T

    いつもこのようなsteadyなゴルフができるのなら シード権で苦労することもないのですがね。

    個人的には、ティショットの位置も変わるようなのでなんともいえませんが、2日目以降のドライビングディスタンスと飛ばしの順位の推移にも着目しています。

  3. golf より:

    はやしじんさん、コメントありがとうございます。
    こういう流れになった時の石川遼は強いので、良い意味で驚きはないのですが、4日間プレーすると、どの選手でも流れが悪いラウンドが出てきます。
    そこでどれだけ耐えることができるかが最終的な結果につながるのではないかと思います。
    特にホールインワンは運があったことは否定できませんし、クラウンプラザ招待の時も6バーディ・ノーボギーで初日は首位でした。落ち着いて経過を見守りたいと思っています。
    まずは良い位置で決勝ラウンドに進めるように頑張ってもらいたいです。

  4. golf より:

    たまおさん、コメントありがとうございます。
    ティーショットの飛距離を見る限り、ドライバーはほとんど使っていないようでした。精度を重視したゴルフに徹したのではないかと思います。
    最終日にこのスコアなら手放しで評価できるものですが、まだ初日が終わっただけですし、4日間トータルで成績を残さないとシード権も確定できないので、残りの3日間がより重要だと考えています。まずは2日目に質の良いプレーが継続できるか注目しています。

  5. たまお より:

    動画を先ほどみました。→魅せた!石川遼4番でホールインワン!8アンダー首位タイで最高のスタート!の動画

    これみてビックリ。

    オーバーめのグリーンふちエッジ近くのキャリーから芝目と傾斜で戻ってイン!!

    落としどころ、あそこに狙っていたのでしょうかね?

    ほかも動画みてないので結果しかわからないけどベタピン多いので、それでもアイアンは切れているんでしょうね。

  6. ゆり より:

    おはようございます。

    ニ-スで遼君のホ-ルインワンを放映してました。
    -8・ノ-ボギ・・2日目も3日目も最終日も
    崩れる事なく此の侭頑張って~!!と
    心底願ってます。

  7. golf より:

    たまおさん、コメントありがとうございます。
    本人は「傾斜があるのは知っていたが、オーバーしてしまって、ラッキーだった」というように述べています。
    狙ってそこに落としたのではないようですよ。
    今日に関しては安定したと思いますが、ショットの状態は日によって変わるものなので、4日間トータル、もしくは1ヶ月くらいのスパンで見ないと確実なことはコメントしにくいものがあります。まずは明日と3日目を見てみたいと思っています。

  8. golf より:

    ゆりさん、コメントありがとうございます。
    勝負は残り3日間ですね。最終的な結果につなげることが重要なので、頑張ってもらいたいです。

  9. マーク より:

    出張中で今朝のPGAをチェック出来てなかったのですが、突然の朗報が舞い込んできました。石川遼首位タイスタート!6連続にエースですか。いやはや、やはり乗ると恐ろしい選手、それが彼の魅力ですね。ティーショットの飛距離を抑えているようで、このブログで話されて来たことが彼に伝わったのでしょうか?だから良くなったとは限りませんが、この試合でシード決めるつもりで4日間闘って欲しいです。明日が大事!

  10. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    このブログで書いていることを、読んでもいないだろうし、彼の動向や方針に影響を与えることは有りえないこと(笑)だと思いますので、色々と本人が試してみて出した結論なのではないかと思います。
    初日と同じセッティングであればスコアを伸ばせないと一気に順位が落ちるので、乗り遅れないように頑張ってもらいたです。まずは第2ラウンドですね。

  11. toki より:

    おはようございます。
    凄いですね、2Rは初日と違ってボギー4つと遼らしい内容で、初日の貯金を生かし、単独首位で決勝Rに進みました。
    非常に嬉しいし、完全優勝を目指してもらいたいのは山々ですが、まだ道半ば、R.ファウラーがいるし、なんと言っても怖いのは、今期の決勝Rのスコアです。
    優勝は夢のまた夢と覚悟しておきますが、せっかくここまで来ましたので、運が残っている間に一発合格を期待しています。

  12. golf より:

    tokiさん、おはようございます。
    最後によく粘って3つ伸ばしたと思います。
    上位にはファウラー、タイガー、ウォーカー、ハウエル3世、ペレスらの実力者に、リングマース、リー、そう遠くないところにローズなどもいますので、勝負どころは鬼門となっている3日目だと思います。プレーヤーズの時は3日目に粘れていますので、明日がキーポイントになるかと思います。
    折角のチャンスなので、今週シード権を確定できることを願っています。

  13. まり より:

    golfさん、おはようございます。
    2日目にて単独首位は素直に凄いと思います。
    が、ゴルフは4日間戦ってみた結果が全てなので、golfさんではないですけど、引き続き静かに見つめていこうと思います。
    あと、余談ですが、個人的にはタイガーの調子が戻ってきた(?)のが嬉しいです。
    こんな順位に位置したのって、いつ以来でしょうか。
    そちらも併せて見守っていきたいと思います。

  14. golf より:

    まりさん、おはようございます。
    上がり3ホールで伸ばせたのは、明日以降に向けても良かったのではないかと思います。
    後は明日以降にどれだけ頑張れるかだと思います。
    タイガー・ウッズは久々に良いですね~。後2日間も良いと嬉しいのですが。頑張ってもらいたです。

  15. たまお より:

    ドライビングディスタンス 267.9|276.1|272.0| 116位

    相変わらず、有限実行で3つアンダーで2日目終了しましたね。
    抑えてスコアメイクしておりますね~。
    明日からが見ものです。ティーの設定距離とかピンの位置とか難しくしてほしいね。池に絡むように~。

    それで優勝の価値も増大するでしょう!

    TV中継などでトップ争いですから応援する人数も増えてくるものとなるでしょう。

    常に、ティーショットで相当距離を置いていかれては、見るほうはどうなんでしょうかね?
    若々しいリッキーファウラーとの比較になるので、なんかイメチェン感じて負けた日には尚、残念な感じが増大してくるのしょうかね。

    飛んでないは、曲がるは、ボギーだは、の瞬間が訪れた場合
    その後、次のホールとか本人のメンタルもどうなるかですね。

    リッキーファウラーと同組だしタイガーが寸前で回るし、そんな状況でティーショットの飛距離相当抑え気味においていかれて精神的に大丈夫か試練ですね~。

  16. golf より:

    たまおさん、コメントありがとうございます。
    本人は4日間終えた時点で15アンダーというスコアを出すことに集中すると話していますので、それに集中できるか次第だと思います。それができれば、さほど周りのことは気にならないのではないかと思います。周りの環境はどうあれ、自分自身との戦いに最終的にはなるのがゴルフだと思いますので。
    優勝うんぬんは、今季の苦手となっている3日目が終わった時点での成績次第ではないでしょうか。

  17. たまお より:

    苦しみぬいてでも優勝できたらドライビングディスタンスなどにこだわらない、メンタルの強い石川遼のゴルフが見えてくるのかもしれないですね。

    最終の18Hとか最後の上がり3ホールとかの強さは、松山の強さでしたが、石川遼の2日目もすごかったですね。

  18. golf より:

    たまおさんへの返信です。
    私はシード権優先が良いと思っていますし、2日目が終わった時点での優勝云々は早過ぎると思っています。
    過去のデータに基づいて分析するスタイルでやっていますが、今季の成績を見る限り、それを語るには時期尚早ではないかと。一番苦手としている3日目を乗り越えてからでも、良いのではないでしょうか。
    私の考え方やアプローチは変わりませんし、特に「静かに見守る」というスタンスでやっていますので、申し訳ありませんが、コメントのやりとりはこれが最後にさせてください。個人のブログで「楽しむために」「数字やデータを元に分析する」スタイルでやっていますので、それを変えるつもりはありません。また私が書いていることが、石川遼のプレーや成績に影響を与えることはありませんので、ご理解願います。

  19. マーク より:

    今日はバーディボギーの繰り返しで伸ばせず、我慢の1日で終わるのかと思っていたら目の覚めるような3連続バーディフィニッシュ。自身初のPGA単独トップで3日目を迎えることになりました。最高の位置で決勝ラウンドを迎えたと言えるのではないでしょうか。否が応でもスポットライトを浴びるでしょうが、浮き足立つことなく淡々と同じことを続けて欲しいです。その結果として残り2日でチャンスをものにしてくれることを願っています。golfさんも淡々と見守るとのことでしたので、私も淡々と(内心では一喜一憂しながら)見届けたいと思います。

  20. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    明日も予選ラウンドの2日間と同じスタイルを貫けるかどうかではないかと思っています。後は、うまいいかない時間帯に信じ切れるかどうか。
    目標スコアを達成することに集中すると話していましたので、それが貫けるようであれば期待できるのではないかと思います。
    どんなプレーをするのか、見守りたいと思います。

  21. マーク より:

    3日目はイーブンの8位フィニッシュで我慢の1日になりました。ただスコアを落とすことがなかったのは、やるべきことをやった結果としての収穫だったと思いますし、明日につながったように思います。個人的には最終日最終組よりは、先にコツコツ伸ばす展開の方が良いように思っています。
    しかし今日は本当に緊張したでしょうね。そんな中闘い切れた今日の経験を明日に活かして欲しいと思います。
    彼の目指すところは先ずは単独4位でしょう。目標スコアの-15をコツコツと達成すれば可能性は高いように思います。見守りましょう。
    それにしてもNHK、映らな過ぎ!(NHKのせいではないですが)

  22. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    生中継でしたが、ショットトラッカーのほうが結果が早いホールもありました(苦笑)。リアルタイムでプレーしていたことで、逆にNHKの独自の映像がのせれなくなり、現地放送局の映像ばかりになりましたので、スコアを伸ばし続けないと映り続けるのは難しかったですよね。
    ホールアウト後にインタビューで、終始緊張していたと話していましたので、そういった面では負担が減るのではないかと思います。
    最終日にどのようなピンポジションになるかわかりませんが、上位にいる選手も決め手が欠ける選手が多いので、-15を出せばトップ5に入れるのではないかと思います。
    その設定した目標にフォーカスして、最終日に頑張ってくれることを期待しています。

  23. toki より:

    おはようございます。
    13番のパーパットが惜しかったぐらいで、スコアを落とさずに3日目を終わったのが良かったですね。
    欲を言えばきりがないですから(苦笑)。
    決勝Rで、ファウラーと最終組で回った緊張感はいい経験となったことでしょう。
    それにしてもマークさんではないですけれど、最終組なのに映るのはファウラーばかり、おかげでライブでハラハラドキドキせずに済みました(笑)
    しかしこの順位では、カップポイントは125位で、一発合格とはなりませんので、最終日はもうひと頑張りが必要ですね。
    本人が言っている15アンダーを目指して。

  24. golf より:

    tokiさん、おはようございます。
    明日に望みをつなげることができる3日目だったのではないかと思います。
    本人のコメントからも、「まずはシード権」という色合いが強く感じられますので、そこに向けて必死なのだと思います。
    最終日は今日よりは自分のプレーに集中しやすいと思いますので、周囲のスコア、ポイント、賞金などに気を取られずに、設定した目標スコアをクリアできるように頑張ってもらいたいです。このトーナメントはチャンスだと思うので、活かしきってもらいたいです。

  25. lav より:

    傾向的にドライバーの飛距離とT2Gに負の相関がみられるような気もしますが気のせいですね。
    それがこのコースだけの問題かは判断しかねますが。

    飛距離が出すぎることで曲げたことにより取り返しのつかないところにいくとボギーになりやすいってのもあるかもしれませんね。
    同じラフに飛ぶのでも飛距離がないときはフェアウェイ側でライがいいのに対し、飛距離があれば木の根の側とかでライが悪いとか。
    最終日はそれも含めどう調整するかが勝負かと

  26. golf より:

    lavさん、コメントありがとうございます。
    昨日まではドライバーを握る回数が少なかったのですが、今日は回数が多くなっていました。そのため飛距離も伸びたのですが、フェアウェイを外した時の幅は大きくなったようではありました。初日と2日目のようなスタイルに戻すのか、優勝を狙ってドライバーを握るのか、その選択にも注目しています。また、だんだんグリーンが硬くなりボーグを止めにくくなっていて、明日も天気が良く風が吹くようななので、初日のようなスタイルで行った場合にどうなるのかも注目しています。

  27. ケンケン より:

    こんにちは。 
    3日目の石川選手かなり神経質というか雰囲気に飲まれてましたね。普段の精神状態ならー4くらいでラウンドできたのじゃないかと思います。私は天邪鬼なので皆さんとは視点が違ってて最終日は3打差の8位スタートで優勝、順位、シード権を意識しつつ、どれだけ自分をコントロールできのか?ここに注目したいと思ってます。この試合が石川選手にとって一皮むけることのできる試合になりそうな予感がしてるのですが
     

  28. golf より:

    ケンケンさん、コメントありがとうございます。返信が遅くなりました。
    今日は14番パー5以外は手堅いゴルフに徹し、勝負をかけた14番でうまく行ったことで、結果を残すことができたように思います。
    スコアを伸ばせはしませんでしたが、上位陣はスコアを伸ばせなかったので、価値のあるイーブンだったでのはないかと思います。
    ケンケンさんの予想通り、一皮むけるキッカケになるかもしれませんね。
    こういう手堅いゴルフができれば大崩れしませんので、これからも続けていってもらいたいです。

  29. マーク より:

    最終日も結局スコアを伸ばせず、残念ながらこの試合でのポイントシード獲得はなりませんでした。でも次の目標だった賞金シードは、細かい計算はしていませんがほぼ獲得できたのでしょうか。だとすれば目標達成と言えますね。今日はラインに乗った時にわずかにショートする惜しいパットが多かったように思います。あと一つでも入ってくれていればと思いますが、あと2試合でプレーオフ進出も見えてきたわけですから贅沢言えませんね。4日間通してショットも安定していましたし、期待がもてる状況になってきました。決勝ラウンドで緊張感ある位置で崩れなかったことをプラスに考えて次に繋げてほしいです。

  30. takahashi より:

    golfさん、お疲れ様でした。
    16番、本当に残念でしたね。
    賞金シードをほぼ確実にして安心しました。
    残り2戦に期待したいと思います。

  31. golf より:

    マークさん、コメントありがとうございます。
    ポイントシードは残り2戦に持ち越しですが、賞金シードはよほど特殊な事態が起きない限り確保できるのではないかと思います。
    まずは来季もPGAツアーで戦える権利を確保しましたので、プレーヤーズやメモリアルなどに出れるようにポイントシード125位以内、そしてプレーオフに進出できるように頑張ってもらいたいです。
    人によっては物足りないゴルフだと感じるかもしれませんが、シード権ラインを下回っている状況では、初日の貯金を守りながらやるのは悪くない戦略だったと思います。
    来季のシーズン序盤はこういうゴルフをしてポイントを積み重ね、シードを確保した上で優勝を目指してもらいたいです。もちろんポイント確保しながらでもチャンスがあれば勝負をすれば良いと思います。

  32. golf より:

    takahashiさん、お疲れ様でした。
    takahashiさんも、少しは気が楽になったのではないですか(笑)。次は残り2戦でポイントシードですね。
    この4日間のようなプレーが貫けるなら十分に狙えると思いますので、頑張ってもらいたいです。

  33. ゆり より:

    おはようございます。
    お疲れ様でした。

    あのホール・ここのホ-ルが・・との思いは
    有りますが、賞金シ-ドは、ほぼ確保の様ですので
    まずは一安心。

    残り2戦は悔いのないプレ-を精一杯遣って頂き
    ポイント確保をして頂きたいと願ってます。

    まだ23歳、先は長い・・
    静かに見守って行きたいと思います。

  34. toki より:

    おはようございます。
    4日間ありがとうございました。
    初日・2日目を見れば、スコアを1つも伸ばせなかった残念な決勝Rだったかと思うのですけれど、今期2回目のトップ10で終われたのは良かったのではないでしょうか。
    一安心しました。
    あと2戦で125位以内に入ってもらい、playoffの1・2試合を見せてもらいたいと思っています。
    たらればですが、あの1.3mのパーパットが入っていれば…。

  35. golf より:

    ゆりさん、おはようございます。
    もったいないホールはありましたが、それはどのプロにもあることなので、それを減らしていくしかないと思います。
    残り試合でしっかりと予選通過していれば賞金シード権はおそらく大丈夫だと思いますが、ポイントの方が価値がありますし、プレーオフに出れますので、精一杯頑張ってもらいたいです。

  36. golf より:

    tokiさん、おはようございます。
    tokiさんからのコメントがなければやらなかった速報でした(笑)。
    欲を言えばキリがないと思いますが、結果としてかなり前進したので、良かったのではないでしょうか。
    優勝争いをするためには、4日間のうちでもう1日は大きく伸ばすか、決勝ラウンドでしっかり伸ばせないといけません。それは今後の引き続きの課題となりそうです。
    あと1打縮めていれば4位Tで93ポイントくらい獲得できて、ポイントシード/プレーオフ争いでも楽になっていたのでは残念ではあります。でも、どの選手にもタラレバはありますので、仕方ないとも思います。
    とりあえず入れ替え戦を回避して来季もPGAツアーでやれることが濃厚となりましたので、次はポイントシード/プレーオフを確保できるように頑張ってもらいたいです。
    次戦のバラクーダチャンピオンシップは開催コースが1669-1814mの高地にあるので、空気も薄く体力的にもキツくなるようです。8連戦ということで疲労もピークかもしれませんが、頑張ってもらいたいです。

  37. toki より:

    そうでしたか、私のコメントでやっていただいた速報でしたか。
    拙いコメントでも、このブログを楽しんでいる多くの人たちの役に立ちましたね(笑)。
    タラレバと言えば、ケビン・チャッペルのように最終日最終組でスタートしても、池に入れたりして6つもスコアを落としてしまって、タラレバ(英語では何と言うんですかね(笑))を多く感じた一人ではないでしょうか。
    それに比べれば、初日・2日目トップだった遼の痛手は小さい小さい。

    本当に4日観お疲れ様でした。
    このコメントに返信はご無用です。

  38. 丸ちゃん より:

    コメントをもう一度読み直しました。賞金シードが確保されれば入れ替え戦は回避できる、と理解しました。ご迷惑をおかけしました。先のコメントは無視してください。

コメントを残す

このページの先頭へ