石川遼は44位Tで出場権獲得ならず|全米オープン2017予選会の結果

全米オープン予選会の前半ラウンドの結果

スポンサードリンク

石川遼は前半18ホールをレイクスゴルフ&カントリークラブをプレーしました。ホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。
US open 2017 Qualifying_Ishikawa_R1

2バーディ・1ボギーの1アンダーでプレーを終え、出場権を獲得できる上位14名までには4ストローク差となっているため、後半18ホールでのビッグスコアが必要となっています。

前半終了時点の上位55位タイまでのリーダボードは以下のとおりとなっています。

L:レイクスウッド B:ブルックサイド

Rank Players To PAR Round 1
1 バド・コーリー -9 63 – B
2 ジェイミー・ラブマーク -8 64 – B
2 ジョンソン・ワグナー -8 64 – L
4 チェンツアン・パン -7 65 – B
4 キーガン・ブラッドリー -7 65 – L
4 テッド・ポーター・ジュニア -7 65 – L
7 デビッド・リングマース -6 66 – B
7 ライアン・アーマー -6 66 – L
7 J.T.ポストン -6 66 – L
7 パトリック・カントレー -6 66 – L
7 ルーク・リスト -6 66 – B
7 スコッティ・シェフラー -6 66 – B
13 マーティン・レアード -5 67 – B
13 テイラー・グーチ -5 67 – L
13 ロッド・パンプリング -5 67 – L
13 オリバー・シュナイダージャン -5 67 – L
13 ケビン・ツエー -5 67 – L
13 ニック・ワトニー -5 67 – L
13 タイローン・バン・アスウェーゲン -5 67 – L
13 ブランドン・ハーキンス -5 67 – L
13 マット・エブリー -5 67 – L
22 ピーター・ユーライン -4 68 – L
22 スチュワート・シンク -4 68 – L
22 アンドリュー・パットナム -4 68 – B
22 ケリー・クラフト -4 68 – L
22 アレックス・チェイカ -4 68 – L
22 ドミニク・ボゼリ -4 68 – L
22 アンドリュー・ルスコスキー -4 68 – L
22 マイケル・キム -4 68 – L
22 ジェームズ・ドリスコル -4 68 – L
22 サン・カン -4 68 – L
32 トーマス・ウォルシュ -3 69 – B
32 ブライソン・デシャンボー -3 69 – B
32 ジェイソン・コクラック -3 69 – L
32 カミロ・ビジェガス -3 69 – L
32 ドニー・トロスパー -3 69 – B
32 K.J.チョイ -3 69 – L
32 モーガン・ホフマン -3 69 – L
32 デビッド・マシス -3 69 – L
32 ハイドン・ウッド -3 69 – B
32 ジャック・スミス -3 69 – L
32 アンドリュー・ハンセン -3 69 – L
43 ビジェイ・シン -2 70 – B
43 マイケル・パットナム -2 70 – B
43 G.F.カスタノ -2 70 – B
43 オースティン・クック -2 70 – L
43 サミュエル・サイ -2 70 – L
43 ニック・テイラー -2 70 – B
43 ミッチ・グレッグソン -2 70 – L
43 ビリー・メイフェアー -2 70 – B
43 アンディ・コンネル -2 70 – L
43 グレイソン・マレー -2 70 – L
43 デビッド・スキンズ -2 70 – L
54 クラーク・クラッセン -1 71 – B
54 石川 遼 -1 71 – B
54 デレック・ファザウアー -1 71 – B
54 デービス・ラブ3世 -1 71 – B
54 パトリック・ルス -1 71 – L
54 ヒューゴ・バーナード -1 71 – L
54 エリック・コンプトン -1 71 – L
54 ジュリアン・エトゥレイン -1 71 – L
54 クリス・ウィルソン -1 71 – B
54 ティム・クラウチ -1 71 – L
54 ビル・ギャフニー -1 71 – B
54 ブレット・ステッグマイヤー -1 71 – B
54 ルーク・ドナルド -1 71 – L
54 マッケンジー・ヒューズ -1 71 – B
54 カーティス・ラック -1 71 – B
54 ジョセフ・グナーマン -1 71 – B
54 ブラッド・フリッチ -1 71 – L

全米オープン予選会の後半ラウンドの速報と最終結果

後半の18ホールはブルックサイドゴルフ&カントリークラブでのプレーで、1番ホールからスタートしています。

【前半ラウンドのバックナインの経過】

  • エントリーした120選手のうち4名が後半18ホールを棄権し、116名で14枠を争うことに。
  • 石川遼は3番パー5でバーディ、6番パー4でバーディを奪って3アンダーまで伸ばした後、7番パー5でバーディを奪い2アンダーに後退。続く8番パー3でバーディを奪ってバウンスバックし3アンダーに。8番ホールまでを終えて、3バーディ・1ボギーの2アンダーで41位タイとなっています。出場権獲得圏内の14位タイまでは4ストローク差のままとなっています。
  • 9番パー4はパーで3アンダーのまま。27ホールのプレーを終えた時点で3アンダーの42位タイ。出場権獲得圏内までは4ストローク差のまま。

後半のフロントナインを終えた時点での石川遼のスコアカードは以下の表のとおりとなっています。

US open 2017 Qualifying_Ishikawa_R2_Front9

出場権獲得権のラインは更に上昇すると見込まれるため、後半9ホールで5ストロークは伸ばす必要がある状況です。

【後半ラウンドのバックナインの経過】

  • バックナインに入って最初のホールとなる10番パー4はパーに終わり、3アンダーのままで順位は42位タイ。出場権獲得ラインまでは4打差のまま。
  • 現在の出場権獲得ラインは7アンダー。7アンダーの選手が6名いるため、8アンダーに上昇することが濃厚。
  • 11番パー3でボギーを叩き2アンダーの49位タイに後退。出場権獲得圏内まで5打差で、残り7ホールに。
  • 石川遼は12番パー5でバーディを奪い3アンダーの44位タイに。出場権獲得ラインは現在7アンダーで4ストローク差。残り6ホール。カットラインは7アンダーの12位タイも、同順位に8名がいるため8アンダーが必要と見込まれる状況に。
  • 13番パー4はパーで3アンダーのまま。出場権ラインは12位タイの7アンダーで、そこに10名がひしめく展開。出場権ラインまでは4打差のままで、残り5ホールに。
  • 14番パー3をプレー中に出場権ラインが8アンダーの8位タイに上昇。7アンダーは15位タイに。
  • 14番パー3はパーに終わり3アンダーのままで47位タイ。出場権ラインは8アンダーの8位タイで5ストローク差。残り4ホールに。
  • 15番パー4もパーに終わり。3アンダーのままで48位タイに。出場権カットラインまで5打差で残り3ホールとなり、厳しい状況に。
  • 16番パー5はバーディーで4アンダーの39位タイに浮上。しかし、出場権カットラインは8アンダーのため、4打差で残り2ホールに。出場権獲得は絶望的な状況。
  • 17番パー4でボギーを叩き3アンダーの43位タイに後退。カットラインには5打及ばず、残り1ホールとなり出場権獲得はなりませんでした。
  • 最終36ホール目はパーで3アンダーの44位タイでフィニッシュ。出場権の獲得ラインは8アンダーとなるため、全米オープン出場権獲得ならず。

36ホールのホールバイホールは以下の表のとおりとなっています。

US open 2017 Qualifying_Ishikawa_Final

L:レイクスウッド B:ブルックサイド ★:出場権 ☆:補欠 (P.O):プレーオフ

Rank Players Score Round 1 Round 2
1 ★J.T.ポストン -12 66 – L 66 – B
T2 ★ジェイソン・コクラック -11 69 – L 64 – B
T2 ★バド・コーリー -11 63 – B 70 – L
T4 ★マーティン・レアード -10 67 – B 67 – L
T4 ★キーガン・ブラッドリー -10 65 – L 69 – B
T4 ★スチュワート・シンク -10 68 – L 66 – B
T4 ★ジェイミー・ラブマーク -10 64 – B 70 – L
T8 ★ブライソン・デシャンボー -9 69 – B 66 – L
T8 ★パン・チェンツェン -9 65 – B 70 – L
T8 ★デビッド・リングマース -9 66 – B 69 – L
T8 ★テッド・ポーター・Jr. -9 65 – L 70 – B
T12 ★ピーター・ユーライン(P.O) -8 68 – L 68 – B
T12 ★スコッティ・シェフラー(P.O) -8 66 – B 70 – L
T12 ★テラー・グーチ(P.O) -8 67 – L 69 – B
T12 ☆マイケル・プットナム(P.O) -8 70 – B 66 – L
T16 ☆ジェイソン・ワグナー -7 64 – L 73 – B
T16 オリー・シュナイダージャンズ -7 67 – L 70 – B
T16 ケビン・ツウェイ -7 67 – L 70 – B
T16 アンドリュー・プットナム -7 68 – B 69 – L
T44 石川遼 -3 71 – B 70 – L

石川遼は全米オープンには出場できず、今週のフェデックスセントジュードクラシックにエントリーしていないため、次の試合はトラベラーズチャンピオンシップになる予定です。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ