タイガー・ウッズが復帰!!6月26日のクイッケンローンズナショナルから実戦に

先日、フルショットの練習をしていることが明らかになったタイガー・ウッズでしたが、6月29日から開幕する「クイッケンローンズナショナル」で復帰することを自身のFacebookで明らかにしました。

タイガー・ウッズが今シーズンのトーナメントに出場するのは、3月に開催されたWGC-キャデラック選手権以来となります。

スポンサードリンク

自身の財団の主催するトーナメントで復帰するタイガー・ウッズ

タイガー・ウッズは自身のFacebookでは

「多くの治療をうけて回復し、来週のクイッケンローンズナショナルに参加し、私の財団(タイガー・ウッズ財団)をサポートします。私はフルショットを始めたばかりですが、次のステップを踏む時がきました。私は少々錆び付いていますが、実戦の中でプレーしたいと思っています。待ち受けている挑戦に興奮しています。(管理人訳)」

と記してクイッケンローンズで復帰することを明らかにしました。

3月31日に腰の手術を受けて治療に最低3ヶ月は要するとされていましたので、予想を上回るスピードでタイガー・ウッズが実戦復帰することとなりました。

全米オープンが開催された週末(5月12日-15日)にフルショットの練習をしていたことが明らかになったわけですが、それからあまり時間も経過していませんので、急仕上げでの出場ではあるようです。

このタイガーが復帰するトーナメントは、2007年からはじまり、2013年まではAT&Tナショナルという名称でしたが、2014年からは新しいスポンサーを迎えてクイッケンローンズナショナルに変更となりました。

このトーナメントそのものはタイガー・ウッズが設立したタイガー・ウッズ財団が主催していて、その収益が財団の活動などに寄与することになります。

自身の財団が主催すること、そして今シーズンからスポンサーが代わったことも、タイガー・ウッズが早めの復帰を選択したことにも影響を与えたと言えそうです。

また、正式には発表されていませんが、このことによりタイガー・ウッズが全英オープン2014にも出場することが、ほぼ確実と考えられる状況となりました。

2006年に全英オープンを制した相性の良いロイヤルリバプールで、2008年全米オープン以来のメジャー15勝目を狙うことになりそうです。

本人が「rusty(さびついている)」という表現をあえて使っているように、まだ以前のようなプレーは期待できないかもしれませんが、次週のトーナメントと全英オープンに向けて大きな楽しみが加わることになりました。

タイガー・ウッズの2013-14PGAツアーの成績

  • 01/26:ファーマーズ・インシュランスOP 80位タイ
  • 03/02:ザ・ホンダクラシック 棄権
  • 03/09:WGC-キャデラック選手権 25位タイ

今後のPGAツアーの日程

2014年6月19日以降の2013-14シーズンのPGAツアーの日程

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ