全英オープンゴルフ2016の開催コースであるロイヤルトルーン・ゴルフクラブの情報

ロイヤルトルーン・ゴルフクラブで全英オープン2016が7月14日から17日にかけて開催されます。

スコットランドのサウス・エアシャーにあるゴルフコースで、138年前となる1878年に設立されています。

海岸に面したリンクスコースで、セントアンドリュースのオールドコースと同様に1番ホールから9番ホールまでのアウトは海岸側で、10番から18番までのインは内陸側で、10番ホールで折り返してクラブハウスへ戻ってくる古典的なゴーイングアウト・カミングインのレイアウトとなっています。

そのロイヤルトルーン・ゴルフクラブの情報をまとめています。

スポンサードリンク

ロイヤルトルーン・ゴルフクラブに関する情報の目次

ロイヤルトルーン・ゴルフクラブに関する情報の目次です。

初回更新日:2016/04/19
最終更新日::2016/04/19

1. ロイヤルトルーン・ゴルフクラブの概要
2. 全英オープン2004年のコースセッティングとデータ
3. 全英オープン2016のコース情報

1. ロイヤルトルーン・ゴルフクラブの概要

ロイヤルトルーンのオールドコースが全英オープンの開催コースとなるのは2016年が9回目となります。

ロイヤルトルーン・ゴルフクラブで全英オープンが最後に開催されたのは2004年で、2016年は12年ぶりの開催となります。

コースの性質上、ロイヤルトルーンはコースを征服しようとするプレイヤーよりも、忍耐強く自分のプレーに集中するプレイヤーを好む傾向があるとされています。

風が強く吹くため、その風への対応とハリエニシダとエニシダが組み入れられている深いラフをさけることのできる正確なショットが要求されます。

北西の強い風が吹くバックナインが非常に難しくなるため、プレイヤーは基本的には1番から9番までのアウトでスコアを稼ぐ必要があるとされています。

過去の開催時のヤーデージと優勝者、優勝スコアは以下のとおりとなっています。

  1. 1923年:6,415 yards – par 73
    アーサー・ヘイバーズ(+3)
  2. 1950年:6,583 yards – par 70
    ボビー・ロック(-9)
  3. 1962年:7,045 yards – par 72
    アーノルドパーマー(-12)
  4. 1973年:7,064 yards – par 72
    トム・ワイスコフ(-12)
  5. 1982年:7,067 yards – par 72
    トム・ワトソン(-4)
  6. 1989年:7,067 yards – par 72
    マーク・カルカベッキア(-13)
  7. 1997年:7,079 yards – par 71
    ジャスティン・レオナード(-12)
  8. 2004年:7,175 yards – Par 71
    トッド・ハミルトン(-10)

ロイヤルトルーンで開催された過去8回のうちアメリカ人プレイヤーが6度制していて、1962年のアーノルドパーマーから6回連続でアメリカ勢が優勝しています。

2. 全英オープン2004年のコースセッティングとデータ

2004年はトッド・ハミルトンが4ホールにわたるプレーオフの末に、アーニー・エルスを破り制しています。

3位には1打差でフィル・ミケルソン、4位は4打差でリー・ウエストウッドとなっています。

その2004年は日本人プレイヤーは6人出場し以下の様な成績となっています。

  • 27位T:神山隆志(+3)
  • 30位T:片山晋呉(+4)
  • 30位T:深堀圭一郎(+4)
  • 36位T:平塚哲二(+5)
  • CUT:星野英正、塚田好宣

ロイヤルトルーンのオールドコースは全英オープンで最も短いパー3と、最も長いパー5があり、それぞれ8番パー3が123ヤード、6番のパー5が601ヤードとなっています。

2004年開催時のセッティングは以下のとおりとなっています。

Royal Troon GC 2004

Hole Name Par Yards
1 シール(Seal) 4 370
2 ブラック・ロック(Black Rock) 4 391
3 Gyaws 4 379
4 ダヌアー(Dunure) 5 560
5 グリーンアン(Greenan) 3 210
6 ターンベリー(Turnberry) 5 601
7 テル・エル=ケビール(Tel-el-Kebir) 4 405
8 ポステージスタンプ(Postage Stamp) 3 123
9 ザ・モンク(The Monk) 4 423
OUT 36 3462
10 サンドヒルズ(Sandhills) 4 438
11 ザ・レイルウェイ(The Railway) 4 490
12 ザ・フォックス(The Fox) 4 431
13 バーマ(Burmah) 4 472
14 アルトン(Alton) 3 178
15 クロスビー(Crosbie) 4 483
16 ウェル(Well) 5 542
17 ラビット(Rabbit) 3 222
18 クレイゲンド(Craigend) 4 457
IN 35 3713
TOTAL 71 7175

3. 全英オープン2016のコース情報

全英オープン2016でのロイヤルトルーンゴルフクラブのコース動画です。詳しいセッティングやコースの情報は、後ほど追加する予定です。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ