松山 英樹は37位Tで6万3000ドルと32ポイントを獲得!WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015の結果と最新ランキング情報

WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015をシェーン・ローリーが制し、157万ドル(約1億9510万円)を獲得しました。

ショーン・ローリーはPGAツアーのシード権を有していないノンメンバーですが、すでにスペシャルテンポラリーメンバーの資格を有していました。

優勝したことによりPGAツアーの正式メンバーとなりますので、最終的にはフェデックスカップ(FedEXCUP)ポイントの550ポイントが加算される見込みです。また、この優勝により来季からの3シーズンのシード権も獲得しています。

2位にはババ・ワトソンが単独で入り賞金93万ドル(約1億1557万円)と315ポイントを獲得しています。

最終日に66を出して37位Tまで順位を上げた松山英樹は6万3000ドル(約783万円)と32ポイントを獲得しています。

この結果により松山英樹の今シーズンの獲得賞金は300万ドルの大台にのる304万0650ドル(約3億7777万円)となり、PGAツアーで2008年に今田竜二が獲得した302万9,363ドルを上回り、1シーズンにおける日本人プレイヤーの獲得賞金記録を更新しました。

なお、バラクーダチャンピオンシップに出場していた石川遼は予選落ちしたため、ポイントと賞金ともに上積みはありません。

続いて、WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップ(FedEXCUP)ポイントの配分、そしてフェデックスカップ、獲得賞金、世界ランキングの最新情報です。

WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015の結果とフェデックスカップ・賞金ランキングに関する情報の目次です。

初回更新日時:2015/08/10 08:00
最終更新日時:2015/08/11 06:30

1. WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015の最終結果と獲得賞金とポイント

WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 シェイン・ローリー -11 $1,570,000
2 ババ・ワトソン -9 $930,000 315
T3 ジム・フューリック -7 $470,000 170
T3 ジャスティン・ローズ -7 $470,000 170
5 ロバート・ストレブ -6 $330,000 115
T6 デビッド・リングマース -5 $219,000 93
T6 ダニー・リー -5 $219,000 93
T6 ブルックス・ケプカ -5 $219,000 93
T6 ヘンリック・ステンソン -5 $219,000 93
T10 ジョーダン・スピース -4 $149,500 76
T10 リッキー・ファウラー -4 $149,500 76
T12 ソレン・ケルドセン -3 $126,000
T12 ジェイソン・デイ -3 $126,000 65
T12 スティーブ・ボウディッチ -3 $126,000 65
T15 ケビン・ナ -2 $109,000 58
T15 パトリック・リード -2 $109,000 58
T17 ポール・ケーシー -1 $88,500 51
T17 リー・ウエストウッド -1 $88,500 51
T17 ダニー・ウィレット -1 $88,500
T17 ラッセル・ヘンリー -1 $88,500 51
T17 ブランデン・グレース -1 $88,500
T17 キーガン・ブラッドリー -1 $88,500 51
T17 グレアム・マクダウェル -1 $88,500 51
T17 イアン・ポールター -1 $88,500 51
T25 カミロ・ビジェガス E $74,667 44
T25 マット・クーチャー E $74,667 44
T25 ベルント・ウィスバーガー E $74,667
T25 ウェブ・シンプソン E $74,667 44
T25 マーク・ウォーレン E $74,667
T25 ビル・ハース E $74,667 44
T31 チャーリー・ホフマン 1 $70,500 40
T31 チャール・シュワルツェル 1 $70,500 40
T33 ビリー・ホーシェル 2 $67,500 37
T33 ブラント・スネデカー 2 $67,500 37
T33 マーク・リーシュマン 2 $67,500 37
T33 ザック・ジョンソン 2 $67,500 37
T37 松山 英樹 3 $63,000 32
T37 ケビン・キスナー 3 $63,000 32
T37 J.B.ホームズ 3 $63,000 32
T37 マーセル・シエム 3 $63,000
T37 セルヒオ・ガルシア 3 $63,000 32
T42 ジェームズ・ハーン 4 $59,000 28
T42 ルイ・ウーストハイゼン 4 $59,000 28
T42 ライアン・ムーア 4 $59,000 28
T45 ミッコ・イロネン 5 $55,000
T45 小田孔明 5 $55,000
T45 アダム・スコット 5 $55,000 24
T45 ジュースト・ルイテン 5 $55,000
T45 マルティン・カイマー 5 $55,000 24
T50 ビクター・デュビッソン 6 $51,000 20
T50 ジェイミー・ドナルドソン 6 $51,000 20
T50 パブロ・ララサバル 6 $51,000
T53 アニルバン・ラヒリ 7 $48,167
T53 ジミー・ウォーカー 7 $48,167 17
T53 ダスティン・ジョンソン 7 $48,167 17
56 スティーブン・ギャラハー 8 $47,000
T57 ベン・マーティン 9 $45,750 13
T57 トンチャイ・ジャイディー 9 $45,750
T57 ゲーリー・ウッドランド 9 $45,750 13
T57 アン・ビョンフン 9 $45,750
T61 フランチェスコ・モリナリ 10 $44,625 10
T61 ブレンドン・トッド 10 $44,625 10
T63 アンドリュー・トッド 11 $43,875
T63 ベ・サンムン 11 $43,875 7
T63 ゲリー・スタル 11 $43,875
T63 フィル・ミケルソン 11 $43,875 7
T67 オリバー・ウィルソン 12 $43,125
T67 ファビアン・ゴメス 12 $43,125 4
69 トーマス・ビヨーン 13 $42,750
T70 ライアン・パーマー 14 $42,375 1
T70 パドレイグ・ハリントン 14 $42,375 1
72 ハンター・メイハン 15 $42,000 1
73 デイビット・リプスキー 16 $41,750
74 マット・エブリー 18 $41,500 1
T75 ニック・カレン 21 $41,125
T75 梁 津萬 21 $41,125
77 トロイ・メリット 22 $40,750 1

2. 2014-15シーズンのフェデックスカップ最新ランキングの上位30名

2位となったババ・ワトソンは2358ポイントとして2位をキープしているのですが、首位のジョーダン・スピースとは以前1481ポイントという大差があり、逆転があるとしてもポイント配分が4倍になっているフェデックスカッププレーオフに入ってからとなりそうです。

37位Tで32ポイントを加えて1343ポイントとした松山英樹ですが、170ポイントを加えたジム・フューリックに抜かれて前週の17位から18位に後退しています。

バラクーダチャンピオンシップで予選落ちした石川遼はポイントの上積みがなく421ポイントのままで、バラクーダチャンピオンシップの結果次第で128-130位あたりに順位が落ちる見込みとなっています。

WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015/バラクーダチャンピオンシップ2015終了時点のフェデックスカップランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
MC:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 1 ジョーダン・スピース 76 3839
2 2 ババ・ワトソン 315 2358
3 3 ジミー・ウォーカー 17 2014
4 4 ジェイソン・デイ 65 1859
5 6 ロバート・ストレブ 115 1641
6 5 ダスティン・ジョンソン 17 1624
7 12 ジャスティン・ローズ 170 1592
8 7 ザック・ジョンソン 37 1559
9 9 パトリック・リード 58 1555
10 11 ダニー・リー 93 1535
11 10 チャーリー・ホフマン 40 1512
12 8 ロリー・マキロイ 0 1510
13 16 リッキー・ファウラー 76 1460
14 13 ブラント・スネデカー 37 1446
15 14 J.B.ホームズ 32 1437
16 15 ケビン・キスナー 32 1416
17 20 ジム・フューリック 170 1363
18 17 松山 英樹 32 1343
19 18 ブルックス・ケプカ 93 1341
20 19 スティーブ・ボウディッチ 65 1287
21 22 デビッド・リングマース 93 1240
22 21 ポール・ケーシー 51 1206
23 23 ビル・ハース 44 1188
24 24 ベン・マーティン 13 1150
25 27 ライアン・ムーア 28 1109
26 25 スコット・ピアシー DNP 1107
27 26 クリス・カーク 0 1087
28 28 マット・クーチャー 44 1070
29 34 ケビン・ナ 58 1062
30 30 ルイ・ウーストハイゼン 28 1050
128 125 石川遼 0 421

3. 2014-15シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

ババ・ワトソンが賞金額を積み上げたものの、それでもジョーダン・スピースとの差は370万ドルもの差があるという状況となっています。

3位タイとなったジム・フューリックが19位から15位に上昇したことに伴い、松山英樹は300万ドルを突破したものの16位から17位に後退しています。

またバラクーダチャンピオンシップで賞金を獲得できなかった石川遼は109位から112位に後退しています。全米プロゴルフ選手権の出場資格はないためオープンウィークとなりますが、全米プロゴルフ選手権の出場選手で石川遼の賞金ランキングに影響を与える可能性があるのは5名程度となっています。

そのため賞金ランキングによるシード権の確保はほぼ確実と言える状況となっています。

WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015/バラクーダチャンピオンシップ2015終了時点の終了時点の2014-15シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 1 ジョーダン・スピース $9,319,715
2 2 ババ・ワトソン $5,654,518
3 3 ダスティン・ジョンソン $4,403,498
4 4 ジミー・ウォーカー $4,300,050
5 6 ジェイソン・デイ $4,266,205
6 5 ローリー・マキロイ $4,147,849
7 8 ジャスティン・ローズ $4,090,302
8 7 ザック・ジョンソン $3,951,187
9 9 リッキー・ファウラー $3,695,023
10 14 ロバート・ストレブ $3,404,124
11 10 J.B.ホームズ $3,314,104
12 11 ブラント・スネデカー $3,306,292
13 12 チャーリー・ホフマン $3,295,096
14 15 ダニー・リー $3,203,397
15 19 ジム・フューリック $3,167,582
16 13 ケビン・キスナー $3,166,576
17 16 松山 英樹 $3,040,650
18 17 パトリック・リード $3,011,624
19 18 ルイ・ウーストハイゼン $2,952,979
20 21 ブルックス・ケプカ $2,848,942
21 20 ポール・ケーシー $2,742,529
22 22 スティーブン・ボウディッチ $2,688,210
23 23 セルヒオ・ガルシア $2,611,429
24 24 ビル・ハース $2,591,433
25 28 デビッド・リングマース $2,530,394
26 25 ベン・マーティン $2,488,334
27 26 ゲーリー・ウッドランド $2,448,415
28 27 ライアン・ムーア $2,416,168
29 30 ケビン・ナ $2,328,983
30 29 クリス・カーク $2,296,396
112 109 石川 遼 $803,341

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015/バラクーダチャンピオンシップ2015終了時点の2014-15シーズンの最新世界ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 Points
1 1 ローリー・マキロイ 12.5516
2 2 ジョーダン・スピース 11.4754
3 3 ババ・ワトソン 8.4226
4 6 ジム・フューリック 7.0778
5 4 ジェイソン・デイ 7.0091
6 8 ジャスティン・ローズ 6.8250
7 5 リッキー・ファウラー 6.7709
8 7 ダスティン・ジョンソン 6.4849
9 9 ヘンリック・ステンソン 6.1795
10 10 セルヒオ・ガルシア 5.5555
11 11 アダム・スコット 5.1189
12 12 ザック・ジョンソン 4.9571
13 13 ルイ・ウーストハイゼン 4.8533
14 14 ジミー・ウォーカー 4.7085
15 15 松山 英樹 4.2779
16 16 マット・クーチャー 4.2077
17 17 J.B.ホームズ 4.0772
18 18 パトリック・リード 4.0738
19 48 シェイン・ローリー 3.8906
20 23 ブルックス・ケプカ 3.8544
21 19 マルティン・カイマー 3.7892
22 21 ビリー・ホーシェル 3.7105
23 20 フィル・ミケルソン 3.6844
24 22 クリス・カーク 3.6264
25 24 ダニー・ウィレット 3.6210
26 25 ベルント・ウィスバーガー 3.3273
27 26 ポール・ケーシー 3.2496
28 28 ブランデン・グレース 3.2217
29 27 ビル・ハース 3.1980
30 29 ブラント・スネデカー 3.1241
102 100 岩田 寛 1.5937
110 113 小田孔明 1.4603
147 143 近藤共弘 1.1568
152 149 片山晋呉 1.1348
157 157 武藤俊憲 1.1116
179 175 谷原秀人 1.0068
184 183 藤田寛之 0.9796
187 182 藤本佳則 0.9617
191 189 石川 遼 0.9443
204 201 池田勇太 0.8932
209 206 宮里優作 0.8617

スポンサードリンク

よく読まれています

6 Responses to “松山 英樹は37位Tで6万3000ドルと32ポイントを獲得!WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015の結果と最新ランキング情報”

  1. PGA より:

    う~ん、結果は残念でした。
    いつもの松山Pらしからぬプレーが続き・・・・

    体調が不完全だったんでしょう。
    やはり移動による「疲労」が少なからず影響したのだと思います。

    私事ですが、仕事の関係で移動が多くあります。
    飛行機に乗って、車で現地へ移動し・・・・
    飛行機ではビジネスシートであればくつろげるし、
    機内では何もする訳では無いので、ゆっくり休息をと思うのですが、
    実際は休息など出来ず、ものすごく疲れます。
    車での移動も同様です。

    松山Pの場合、アメリカ・イギリス(ドイツ経由)・日本を短期で移動したので、この時の疲労は、本人が考えていた以上に大きかったはずです。

    golfさんも言われるように、プロですから、トータルケア・スケジューリングも重要な管理要素です。
    今回は非常にいい経験だったのではないでしょうか。
    松山Pに一番不足しているもの=多くの経験です。
    色々な事をすべて吸収してもらいたいです。

    試合結果は不満足な順位でしたが、今回の経験は大きな収穫ととらえ次戦以降の活躍に期待します。

    プロでの経験、PGAでの経験が少ない松山Pですが、これに多くの経験がプラスされれば、「周りに敵無し」「鬼に金棒」でしょう!!

    今期のPGAの主役は「スピース」、来期の主役は「松山P」そうなって欲しいですね。
    松山Pの実力を考えれば、今までの日本人プレーヤーたちの場合では非現実的であくまでも希望だったことが、現実になり得る可能性を多く秘めています。

    これからも長い目で応援を続けていきます!!

    今週も松山Pには大注目。
    得意の脅威の修正力を今試合最終日にみれました。この好調を次戦につなげてもらいたいです。
    ただ、まだ不安要素は残っていますので、次戦までには修正できるか・・・・期待してます。

  2. golf より:

    PGAさん、コメントありがとうございます。
    PGAさんほどではないですが、長距離フライトなどをしていた時の私の経験からすると、時差や天候の違いによる身体の疲れは、想像以上に後からくるという感覚でした。しかも身体の内側から。
    今回の松山の表情や身体の動かし方を見ていたら、その時の自分の感覚と似たような雰囲気があったので、キツイだろうなと思っていました。
    たぶん身体にキレがなかったので、キレを出すために身体を早く動かそうという意識によって、切り返しが速くなってしまい、ショットが乱れたのではないかと。でも徐々に体調が良くなり、身体にキレが出るようになるに連れて、無理に動かす必要が無くなった分、ショットが戻ってきたのかなという気がしました。
    全ては経験ですよね。今回の経験もまた彼の引き出しの多さにつながり、対応力のアップにもつながると思うので、それに期待したいと思います。
    とりあえず全米プロゴルフ選手権で良い結果が残せるように、休養をしっかりととりながら調整してもらいたいです。

  3. Kazuko より:

    松山Pの調子が悪ければ、こちらも不機嫌になってしまいます。逆にいい成績を出せば元気が出てくるって、不思議。わが相棒も私が不機嫌になられると困るので、松山Pにがんばってほしいようです。今週から連続出場のようですから、我が家の平和にためにも頑張ってね。若いのですから時差なぞ乗り越えなくちゃ。

  4. golf より:

    コメントありがとうございます。
    本名でコメントいただいたようなので、こちらでハンドルネームに変えさせていただきました。名前の記入欄はありますが、本名でなくても大丈夫です。
    今回は長距離移動が続いたことと、福島で熱中症になったことの影響もあったのではないかと思います。もう少し余裕のあるスケジュールを立てれば、こうはならなかったとは思います。今後はしっかりとやってくれるのではないかと期待しています。
    全米プロゴルフ選手権を終えて体調さえ問題なければ5連戦になりそうですが、頑張ってくれると思います(笑)。

  5. きりちゃん より:

    golfさん
    松山選手のブリジストン招待でのピークは、4日目からでしたね。3日目まで試合勘が少し鈍っていたのかな。らしくないショットが多くて本当にびっくりでした。全米プロでは、いい感触で初日から入っていけるでしょう。golfさんが提案された試合のマネジメントは、特にメジャー大会では大切だと思いますね。全英オープンなんかは、有力選手は、スコットランド出てから全英出てますからね。松山選手は、四大メジャー前は、オフにすること多いですね。逆に言うと、全米プロは、試合勘も戻ってチャンスかも知れません。頑張って欲しいです!

  6. golf より:

    きりちゃんさん、コメントありがとうございます。

    今年は福島に出たい気持ちが強かったので、それはそれで良いことなので、批判するつもりはないのですが、試合で勝つためだけであればクイッケンローンズ、ブリヂストンインビテーショナル、全米プロゴルフ選手権という流れが良かった気がします。
    来年はスケジュールが変則的で、かつタイトなのでうまくスケジューリングをしてもらいたいです。
    結果としてブリヂストンインビテーショナルが全米プロゴルフ選手権に向けての調整になってしまいました^^;
    体調さえ問題なければ5連戦で試合勘も戻ってくるはずなので、今週以降に期待しています。

このページの先頭へ