松山英樹は単独5位で28万ドルと110ポイントを獲得!CIMBクラシック2015の最終結果と最新ランキング情報

CIMBクラシック2015をジャスティン・トーマスが制し、賞金126万ドル(約1億5200万円)とフェデックスカップポイントを500ポイント獲得しました。

2位にはアダム・スコットが単独で入り賞金75万6000ドル(約9110万円)と300ポイントを獲得しています。

バックナインまで優勝争いを繰り広げたものの及ばず単独5位でのフィニッシュとなった松山英樹は賞金28万ドル(約3370万円)とフェデックスカップ(FedEX Cup)ポイントを110ポイント、そして世界ランキングのポイントを11.04ポイント獲得しています。

35位タイでのフィニッシュとなった石川遼は賞金3万6,925ドル(約445万円)、フェデックスカップポイントを36ポイント、世界ランクのポイントを1.82獲得しています。

続いて、CIMBクラシック2015の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップランキングの情報です。

CIMBクラシック2015の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

CIMBクラシック2015の結果とフェデックスカップ・賞金ランキングに関する情報の目次です。

1. CIMBクラシック2015の最終結果と獲得賞金とポイント

CIMBクラシック2015の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player Total Prize Pts
1 ジャスティン・トーマス -26 $1,260,000 500
2 アダム・スコット -25 $756,000 300
T3 ケビン・ナ -24 $406,000 163
T3 ブレンダン・スティール -24 $406,000 163
5 松山 英樹 -22 $280,000 110
6 ジェームズ・ハーン -21 $252,000 100
T7 スコット・ピアシー -19 $225,750 88
T7 ブライアン・ハーマン -19 $225,750 88
9 トニー・フィナウ -18 $203,000 80
T10 チャールズ・ハウエル3世 -17 $168,000 68
T10 ジム・ハーマン -17 $168,000 68
T10 パトリック・リード -17 $168,000 68
T10 ライアン・ムーア -17 $168,000 68
T14 ダニエル・サマーヘイズ -16 $126,000 56
T14 キャメロン・トリンゲール -16 $126,000 56
T14 デビッド・リングマース -16 $126,000 56
T17 ブランデン・グレース -15 $101,500 53
T17 スチュワート・シンク -15 $101,500 53
T17 アレックス・チェイカ -15 $101,500 53
T17 スペンサー・レビン -15 $101,500 53
T21 トロイ・メリット -14 $78,400 49
T21 ラッセル・ノックス -14 $78,400 49
T21 アニルバン・ラヒリ -14 $78,400 49
T24 ハドソン・スワフォード -13 $61,600 46
T24 ポール・ケーシー -13 $61,600 46
T24 セルヒオ・ガルシア -13 $61,600 46
T27 ブレンドン・デ・ヨング -12 $52,850 44
T27 スコット・ヘンド -12 $52,850
T29 ベン・クレーン -11 $44,508 40
T29 デビッド・ハーン -11 $44,508 40
T29 ケビン・チャッペル -11 $44,508 40
T29 マーク・リーシュマン -11 $44,508 40
T29 チャド・キャンベル -11 $44,508 40
T29 ポール・ピーターソン -11 $44,508
T35 石川 遼 -10 $36,925 36
T35 ジェイソン・ダフナー -10 $36,925 36
T37 キャメロン・スミス -9 $30,800 32
T37 マット・ジョーンズ -9 $30,800 32
T37 ジョン・センデン -9 $30,800 32
T37 コルト・ノスト -9 $30,800 32
T37 ケビン・キスナー -9 $30,800 32
T37 ジェイソン・ゴア -9 $30,800 32
T43 ザック・ブレア -8 $23,800 27
T43 カイル・リーファース -8 $23,800 27
T43 ハリス・イングリッシュ -8 $23,800 27
T43 ニック・ワトニー -8 $23,800 27
T47 ヘンリック・ステンソン -7 $18,223 22
T47 ベン・マーティン -7 $18,223 22
T47 モーガン・ホフマン -7 $18,223 22
T47 キーガン・ブラッドリー -7 $18,223 22
T47 カルロス・オルティス -7 $18,223 22
T47 ニック・テイラー -7 $18,223 22
T53 ロバート・ストレブ -6 $16,287 17
T53 ジョン・カラン -6 $16,287 17
T53 ロリー・サバティーニ -6 $16,287 17
T56 スコット・ピンクニー -5 $15,540 12
T56 グレック・オーウェン -5 $15,540 12
T56 スコット・ブラウン -5 $15,540 12
T56 ゲーリー・ウッドランド -5 $15,540 12
T56 パドレイグ・ハリントン -5 $15,540 12
T56 アンドリュー・トッド -5 $15,540
T56 プラヤド・マークセン -5 $15,540
63 パット・ペレス -4 $14,980 8
T64 ダニエル・バーガー -3 $14,630 6
T64 アーニー・エルス -3 $14,630 6
T64 ルーク・ドナルド -3 $14,630 6
T64 ベン・レオン -3 $14,630 0
T68 ダニー・チア -2 $14,140 0
T68 チェッソン・ハドレー -2 $14,140 2
T68 ジェリー・ケリー -2 $14,140 2
71 スティーブン・ボウディッチ E $13,860 1
72 マット・エブリー 1 $13,720 1
73 SSPチャウラシア 3 $13,580
74 マーダン・ママット 5 $13,440
T75 リチャード・リー 7 $13,230
T75 アリー・アーマッド・イラワン 7 $13,230
77 ジョン・ピーターソン 10 $13,020 1

2. 2015-16シーズンのフェデックスカップ最新ランキングの上位30名

優勝したジャスティン・トーマスが645ポイントまで伸ばし、フェデックスカップランクの首位に躍り出ました。

また3週連続で優勝争いをして3位タイとなったケビン・ナが、163ポイントを加えて617ポイントとし、先週の3位から2位に浮上しています。

110ポイントを加えた松山英樹はトータルで160ポイントとして先週の41位から11位に浮上しています。

36ポイントを加えて石川遼は54ポイントとして、先週の89位から58位にランクをあげています。

石川遼は年内のPGAツアーはこれで最後となるようですが、昨シーズンは3試合で135ポイントを獲得していましたが、今季は54ポイントで終えることになりました。

まだシーズン序盤で焦る段階ではありませんが、去年と同じ轍を踏まないようにるすためにも、年明けの3月までには挽回したいところです。

出場権が無かった岩田寛はポイントの上積みはなく、112位から138位に後退しています。

CIMBクラシック2015終了時点のフェデックスカップランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
CUT:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 11 ジャスティン・トーマス 500 645
2 3 ケビン・ナ 163 617
3 1 スマイリー・カウフマン DNP 563
4 2 エミリアーノ・グリージョ DNP 500
5 121 アダム・スコット 300 300
6 4 ジェイソン・ボーン DNP 299
7 5 キャメロン・トリンゲール 56 215
8 41 ブレンダン・スティール 163 213
9 8 アレックス・チェイカ 53 207
10 21 トニー・フィナウ 80 166
11 41 松山 英樹 110 160
12 6 タイローン・バン・アスウェーゲン DNP 158
13 19 ライアン・ムーア 68 155
14 7 ブレット・ステッグマイヤー DNP 155
15 8 パットン・キザー DNP 154
16 10 パトリック・ロジャース DNP 146
17 21 ダニエル・サマーヘイズ 56 142
18 52 スコット・ピアシー 88 129
19 76 ジェームズ・ハーン 100 127
20 12 ウィリアム・マクガート DNP 123
21 23 チャド・キャンベル 40 122
22 36 チャールズ・ハウエル3世 68 119
23 16 カイル・リーファース 27 115
24 32 スペンサー・レビン 53 114
25 13 ラッセル・ヘンリー DNP 102
26 34 ブレンドン・デ・ヨング 44 101
27 14 ファビアン・ゴメス DNP 101
28 96 ブライアン・ハーマン 88 100
29 27 ニック・ワトニー 27 99
30 41 ハドソン・スワフォード 46 96
58 89 石川 遼 36 54
138 112 岩田 寛 DNP 1

3. 2015-16シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

優勝したジャスティン・トーマスが157万2000ドル(約1億9000万円)として、賞金ランキングでも首位に立ちました。

開幕3戦で2位、2位タイ、3位タイとなったケビン・ナは140万9733ドル(約1億7000万円)として、こちらも2位に浮上しています。

松山英樹は28万ドルを加えて35万3,333ドル(約4262万円)として先週までの39位から12位に浮上しています。

石川遼は3万6,925ドルを加えて5万2,242ドル(約630万円)とし89位から69位に順位を上げています。

出場権がなかった岩田寛は上積みがなく1万2,288ドルのままで108位から137位に後退しています。

CIMBクラシック2015終了時点の2015-16シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 11 ジャスティン・トーマス $1,572,000
2 3 ケビン・ナ $1,409,733
3 1 スマイリー・カウフマン $1,280,571
4 2 エミリアーノ・グリージョ $1,080,000
5 0 アダム・スコット $756,000
6 4 ジェイソン・ボーン $667,733
7 5 キャメロン・トリンゲール $494,213
8 T39 ブレンダン・スティール $479,333
9 T7 アレックス・チェイカ $457,233
10 6 ブレット・ステッグマイヤー $366,893
11 T7 パットン・キザー $355,733
12 T39 松山 英樹 $353,333
13 9 タイローン・バン・アスウェーゲン $326,272
14 T29 トニー・フィナウ $318,187
15 10 パトリック・ロジャース $317,983
16 T22 ライアン・ムーア $316,539
17 T84 ジェームズ・ハーン $273,000
18 T52 スコット・ピアシー $270,582
19 34 チャールズ・ハウエル3世 $254,133
20 T29 ダニエル・サマーヘイズ $241,187
21 T96 ブライアン・ハーマン $240,022
22 17 チャド・キャンベル $236,508
23 12 ウィリアム・マクガート $231,900
24 T13 カイル・リーファース $218,050
T25 T13 ジャスティン・ローズ $194,250
T25 T13 チャール・シュワルツェル $194,250
27 16 ラッセル・ヘンリー $193,800
28 18 ニック・ワトニー $189,880
29 115 ジム・ハーマン $179,760
30 28 ブレンドン・デ・ヨング $176,583
69 T89 石川 遼 $52,242
T137 T108 岩田 寛 $12,288

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

CIMBクラシック2015終了時点の2015-16シーズンの最新世界ランキングは以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 Points
1 1 ジェイソン・デイ 12.1842
2 2 ジョーダン・スピース 12.0932
3 3 ローリー・マキロイ 10.9102
4 4 ババ・ワトソン 8.1901
5 5 リッキー・ファウラー 7.5845
6 6 ジャスティン・ローズ 7.5787
7 7 ヘンリック・ステンソン 7.2818
8 8 ダスティン・ジョンソン 6.4788
9 9 ジム・フューリック 6.4512
10 10 ザック・ジョンソン 4.8802
11 11 セルヒオ・ガルシア 4.7628
12 16 アダム・スコット 4.5410
13 13 ルイ・ウーストハイゼン 4.3930
14 12 ブルックス・ケプカ 4.3461
15 15 松山 英樹 4.3054
16 14 マット・クーチャー 4.2118
17 17 シェイン・ローリー 3.9843
18 19 パトリック・リード 3.9003
19 21 ケビン・ナ 3.8922
20 18 ジミー・ウォーカー 3.8757
21 20 J.B.ホームズ 3.7281
22 22 ブランデン・グレース 3.5757
23 23 マルティン・カイマー 3.4637
24 24 ポール・ケーシー 3.4380
25 25 フィル・ミケルソン 3.3905
26 26 ダニー・ウィレット 3.3473
27 27 ビリー・ホーシェル 3.1236
28 28 ベルント・ウィスバーガー 3.0688
29 29 クリス・カーク 3.0066
30 64 ジャスティン・トーマス 2.9985
90 88 池田 勇太 1.6825
95 91 岩田 寛 1.6378
108 105 小平 智 1.5232
121 120 片山晋呉 1.3837
122 119 小田孔明 1.3824
141 144 武藤俊憲 1.2410
155 153 近藤共弘 1.1452
159 165 石川 遼 1.1124
171 167 宮里 優作 1.0601
186 219 宮本勝昌 0.9900
191 190 谷原秀人 0.9547
198 198 手嶋多一 0.9297
199 238 片岡大育 0.9262

スポンサードリンク

よく読まれています

12 Responses to “松山英樹は単独5位で28万ドルと110ポイントを獲得!CIMBクラシック2015の最終結果と最新ランキング情報”

  1. ゆり より:

    お疲れ様でした。

    チャンスを活かす事出来ず残念でした。
    トップ争いには、パ-5でイ-グルが欲しいですねぇ。
    惜しい所が何回かあり残念でした。
    今回は二日間ノ-ボギ-の試合をしました。
    ボギ-も最小限に抑えての試合をしてましたねぇ。
    大きく成長した姿を見ました。
    何よりも手首にテ-ピングがなかった事ほっとしました。
    途中足首をひねったとの事・何でも無い事願うばかりです。
    2戦目の試合が次戦HSBCチャンピオンズに自信に
    繋がる結果に成ったと思います。
    進藤さんの代わりのダンロップの素人キャディーさん
    もお疲れ様でした。
    次戦は四日間の放送、楽しみに待ってます。

    • golf より:

      ゆりさん、お疲れ様でした。
      進藤キャディ不在の中、良く頑張ってくれたと思います。藤本さんもバックを担ぐことが中心だったとしても、かなりプレッシャーになっていたはずなので、ぐったりしているのではないでしょうか。
      足首を痛めなければ、もう少しスコアを伸ばせたと思いますので、色々と運が味方しませんでしたが、それでも前向きにやっていれば、必ず順番が回ってくるものだと思います。
      着実に実力が底上げされていることを感じさせてくれた4日間で、今回のようなプレーを続けていれば、必ず2勝目がやっくると感じました。
      それが来週のWGC-HSBCチャンピオンズになることを願っています。

  2. 年イチゴルファー より:

    golfさん、お疲れ様でした。
    あともうちょっとというところでしたが、良い試合だったと思います。優勝争いをして行く中での色々な経験が更なる強さとなって行くことと思います。今回でも1日1回惜しいパットが入っていれば優勝スコアになっていました。この積み重ねが最後はボディブローのように効いてきます。またバーディ合戦になった時に少し力み過ぎてプッシュアウト気味になり結果的に乗り遅れる傾向にあるのでその辺も修正の余地があると思います。勝負所でアクシデントに見舞われる等少し運も味方してくれませんが、これも産みの苦しみとして成長の糧となってくれるでしょう。
    今週はフィールドが強くなりますが、今の調子なら問題ないと思いますので、今度は勝利の女神が味方についてくれる事を期待します。
    放送形態は相変わらずのようですが、松山選手の活躍によってアマチュア規制のように変化がもたらされれば言うことなしですね。

    • golf より:

      年イチゴルファーさん、お疲れ様でした。
      6番ではマナー違反のカメラのシャッター音に邪魔され、勝負どころの17番のセカンドの前にはフェアウェイが陥没して足を痛めるなど、運もありませんでした。

      この穴にはいると流石に痛いですよね。18番も第4打がグリーン脇からだったので驚いたのですが、この影響があったのでしょう。そんな中、良く食らいついていったと思います。
      なかなか運が味方してくれませんが、こういう時に不貞腐れず、諦めずに、学び続けながら努力する人には順番がまわってきますし、それに価する実力もありますので、頑張ってもらいたいです。
      もっと頻繁に松山が優勝するようになれば、錦織圭のようにNHKが編成の優先度を変えると思いますので、まずは2勝目、そしてその後は複数回優勝、メジャー制覇といってくれることを願っています。

  3. サブ より:

    はじめてコメントするサブです。

    今回もまたまた残念でした。
    いつもあと少しですが短いパットがきまらず歯痒い思いです。
    アイアンショットは凄みを感じるくらいピタピタの世界一の切れ味なのでショートパットを決めてはやく二度目のを優勝してほしいです。
    今回の中継で、はずすと今までになく天を仰ぐゼスチャーがたびたびありましたが彼らしくないので気になります。
    今までどおりどっしりと構えて毎試合勝ちまくる松山選手を早く見たいものです。

    • golf より:

      サブさん、コメントありがとうございます。
      第2ラウンド、第3ラウンドで2.0m前後が入っていれば、楽に優勝争いができたので残念でしたが、進藤キャディが不在だったことを考えれば、事実上1人でやっていたわけで、よく頑張ったとのかなと思います。
      アイアンは英語の放送でも賞賛されていて、世界NO.1との評価もありましたので、あとすこしパッティングが入れば優勝できると思います。
      ジェスチャーに関しては、色々な評価や考え方があると思いますが、現在はメンタルコントロールの方法として、あえて感情を表に出すほうが良いとも言われています。
      スピースなどはパターやショットを外した後に、叫び声というほどの声を出していますが、それをメンタルコントロールの一貫としてやっています。
      感情を表に出さないというのは日本人の美徳だと思いますが、それが誰しもに合っているものではないので、あの程度のジェスチャーは特に気にしなくても良いのかなという気が個人的にはしています。
      感情を表に出さずに内面に溜め込むとメンタルのバランスが悪くなってしまうことがあり、日本人に鬱が多い理由のひとつともされています。
      逆に海外でやっていくなら、もっと感情を表に出しても良いのかなと、海外に住んでていた個人的な経験上は感じています。
      日本では感情が表に出るイコール、感情がコントロールできていないと思われてしまいますが、コントロールするためにあえて感情を吐き出すという方法も、メンタルコントロールの方法論として海外では支持されていますので、松山のあの程度のゼスチャーは全く問題ないのではないかなと思います。

  4. みち より:

    おはようございます。
    golfさん、何時もありがとうございますm(_ _)m

    松山pの進化の過程、今回も見せていただきました。
    ずっとツアーが続いているような状況なのに、新しいシーズンとして何か試して確認しながら戦っているように見え、ワクワクしています。
    凄い結果にも慣れてしまい、皆が優勝以外は満足出来ないような雰囲気さえありますよね。
    まだプロになって2年半ちょっとの若者に…

    パットがはずれて悔しがる仕草が小学生の頃と変わらなくて可愛いという(それが弱点でもあるかもとも)彼を昔から知っているファンの方のコメントを別のSNSで読みました。
    個人的には感情を表に出さず黙々とやる姿は格好良いと思いますが若者にしては苦しそうですし、松山pの本来の性格と違うのではと感じてしまいます。今回は自然に残念!とか悔しい!とかを出している仕草に見えて逆に好感がもてました。
    注目されれば周囲の様々な意見や雑音が嫌でも入るでしょうが、無理に背伸びをせずにプレイに集中して欲しいと思います。
    今回は進藤さんがいない中で頑張っていた分、淡々とプレイするポーズをとる(笑)余裕がなかったのかも…
    などと、穿った見方をしてしまいます。

    彼が活躍してくれるおかげで、そんな妄想をしながらスーパーショット以外でも楽しませていただいています。

    golfさん、今週も宜しくお願いしますm(_ _)m

    • golf より:

      みちさん、コメントありがとうございます。
      あくまでも人間がやっていることなので、喜怒哀楽の感情が湧いてこざるを得ないわけで、それを完全に封じ込めることは不可能だと思います。
      そういった感情を否定してしまうと、メンタルのバランスが良くなくなってしまいますので、感情そのものを否定するのではなく、上手に処理・対応することのほうが重要ではないかと思います。
      そのための方法論は、日本人が良いと思っているものと、世界のトッププレイヤーが採用しているものとは違っていることがありますので、あまり枠にとらわれず探求していってもらいたいです。
      錦織圭などは、やはり良い意味で日本人らしくないメンタルコントロールができています。
      松山には松山の力が出やすいプレースタイル、メンタルコントロールの方法があるはずなので、それを見つけていってもらいたいです。
      私も含め多くの人が2勝目を期待しているので、ハードルが高くなって大変かもしれませんが、PGAツアーで5位フィニッシュは素晴らしい成績なので、松山には焦らずに頑張ってもらいたいです。

  5. ゆり より:

    おはようございます。

    「ボルトン氏」の新シ-ズン・パワランキング・・
    今シ-ズン活躍予想・・なるもの目にしました。
    1位-スピ-ス選手。2位-マキロイ選手。3位-デイ選手。4位-ジョンソン選手。5位-我らの松山選手。
    ・・10位-ファウラ選手。

    ファウラ-選手の10位は意外でしたがその上を
    行っての松山君・・
    ボルトン氏が何時も松山君に大いに期待して居る事が
    わかり嬉しいですねぇ(笑)。
    近いうちにきっとボルトン氏に応えてくれる日が
    来る事願ってます。

  6. ゆり より:

    有り難うございます。
    別なブログで今朝見ましたので(笑)。
    そうでした以前にコメしてました(笑)。
    色々頭に入れて覚えておくのが大変「言い訳」です。
    一つ覚えたら、一つ忘れて行く・・涙。

    golfさんの記憶力には「脱帽」です。
    返信お気遣い無き様に。

    • golf より:

      その記事について、今朝か、昨日か、応援ページさんが紹介していましたよね。
      元々、hasyfebさんがコメントで教えてくださって、その後、記事にして紹介したので、たまたま記憶していただけです(笑)。
      応援している側からすると、良い評価は何度見ても気分が良いですよね(^.^)。頑張ってもらいたいです。

このページの先頭へ