石川遼は43位Tで1万8,993ドルと24ポイントを獲得!クラウンプラザインビテーショナル2015の最終結果と最新ランキング情報

クラウンプラザインビテーショナル2015をクリス・カークが制し、賞金117万ドル(約1億4217万円)とフェデックスカップポイントを500ポイント獲得しました。

2位にはジョーダン・スピースジェイソン・ボーンブラント・スネデカーの3人が入り賞金48万5,333ドル(約5897万円)と208ポイントを獲得しています。

この結果、ジョーダン・スピースは今季14戦で優勝2回、2位3回、トップ10が8回、トップ25が11回となっています。

初日に首位タイとなった石川遼でしたが、最終的には43位タイとなり賞金1万8,993ドル(約230万円)とフェデックスカップポイントを24ポイントを獲得しています。

続いて、クラウンプラザインビテーショナル2015の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップランキングの情報です。

クラウンプラザインビテーショナル2015の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

クラウンプラザインビテーショナル2015の結果とフェデックスカップ・賞金ランキングに関する情報の目次です。

なお、5月25日午前8時時点ではフェデックスカップランキングのみとなっています。その他の情報は随時追加していきます。

初回投稿日時:2015/05/25 8:15
最終更新日時:2015/05/25 8:45

1. クラウンプラザインビテーショナル2015の最終結果と獲得賞金とポイント

クラウンプラザインビテーショナル2015の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 クリス・カーク -12 $1,170,000 500
T2 ジェイソン・ボーン -11 $485,333 208
T2 ジョーダン・スピース -11 $485,333 208
T2 ブラント・スネデカー -11 $485,333 208
T5 パット・ペレス -10 $220,350 93
T5 アダム・ハドウィン -10 $220,350 93
T5 ケビン・キスナー -10 $220,350 93
T5 ジョージ・マクニール -10 $220,350 93
T5 イアン・ポールター -10 $220,350 93
T10 ダニー・リー -9 $134,875 62
T10 ベン・マーティン -9 $134,875 62
T10 コルト・ノスト -9 $134,875 62
T10 ジェリー・ケリー -9 $134,875 62
T10 ブライアン・ハーマン -9 $134,875 62
T10 ロリー・サバティーニ -9 $134,875 62
T10 ケビン・ナ -9 $134,875 62
T10 チャーリー・ホフマン -9 $134,875 62
18 ジョン・ハー -8 $97,500 53
T19 ロバート・ストレブ -7 $78,780 50
T19 ケビン・チャッペル -7 $78,780 50
T19 ザック・ジョンソン -7 $78,780 50
T19 ショーン・ステファニー -7 $78,780 50
T19 トニー・フィナウ -7 $78,780 50
T43 石川 遼 -2 $18,993 24

2. 2014-15シーズンのフェデックスカップ最新ランキングの上位30名

2位タイとなったジョーダン・スピースが今季の獲得ポイントを2326まで伸ばして首位を堅持しています。

優勝したクリス・カークは1053ポイントとして、前週までの53位から14位にジャンプアップしています。

28ポイントを加えた石川遼は今季の獲得ポイントを319ポイントとし、来季のシード権/プレーオフ出場権獲得ラインの125位の当落線上と目安とされる450ポイントまで残り131ポイント、安全圏内と予想される500ポイントまで181ポイント獲得する必要がある状況となっています。

クラウンプラザに出場しなかった松山英樹は前週までの9位から12位に後退しています。

クラウンプラザインビテーショナル終了時点のフェデックスカップランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
MC:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 1 ジョーダン・スピース 208 2326
2 2 ジミー・ウォーカー 4 1696
3 3 ロリー・マキロイ 1428
4 4 J.B.ホームズ 1320
5 5 パトリック・リード 34 1306
6 6 バッバ・ワトソン 1188
7 8 チャーリー・ホフマン 63 1183
8 7 ダスティン・ジョンソン 1180
9 18 ブラント・スネデカー 208 1155
10 12 ベン・マーティン 63 1133
11 10 ロバート・ストレブ 50 1129
12 9 松山 英樹 1106
13 11 ジェイソン・デイ 1076
14 53 クリス・カーク 500 1053
15 13 リッキー・ファウラー 1048
16 14 ビル・ハース 994
17 19 ケビン・キスナー 93 992
18 15 ライアン・ムーア 985
19 16 ベ・サンムン 0 976
20 17 ゲーリー・ウッドランド 956
21 20 ジム・フューリック 894
22 21 ジャスティン・ローズ 885
23 22 ブルックス・ケプカ 872
24 25 ケビン・ナ 54 868
25 26 ショーン・ステファニー 50 856
26 23 ダニエル・バーガー 0 835
27 24 セルヒオ・ガルシア 817
28 30 ポール・ケーシー 24 798
29 27 マット・クーチャー 792
30 28 ブレンドン・デ・ヨング 788
110 112 石川 遼 24 319

3. 2014-15シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

今週も2位タイとなったジョーダン・スピースは賞金を約566万ドルとして日本円にして7億円目前となっています。

優勝したクリス・カークは獲得賞金を224万5227ドルとして、54位から16位へとジャンプアップしています。

石川遼は1万8,993ドルを加えて56万473ドル(約6812万円)としたものの102位から105位に後退しています。

出場しなかった松山英樹は前週の9位から11位に後退しています。

クラウンプラザインビテーショナル終了時点の2014-15シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 1 ジョーダン・スピース $5,659,153
2 2 ロリー・マキロイ $3,912,533
3 3 ジミー・ウォーカー $3,572,124
4 4 ダスティン・ジョンソン $3,119,710
5 5 J.B.ホームズ $3,116,200
6 6 バッバ・ワトソン $2,838,174
7 7 リッキー・ファウラー $2,758,848
8 20 ブラント・スネデカー $2,564,385
9 8 パトリック・リード $2,558,311
10 11 チャーリー・ホフマン $2,519,738
11 9 松山 英樹 $2,508,524
12 10 ジェイソン・デイ $2,400,512
13 14 ベン・マーティン $2,396,211
14 12 ジャスティン・ローズ $2,337,824
15 13 ゲーリー・ウッドランド $2,290,498
16 54 クリス・カーク $2,245,227
17 17 ロバート・ストレブ $2,239,052
18 15 ライアン・ムーア $2,238,981
19 22 ケビン・キスナー $2,207,907
20 16 ビル・ハース $2,195,772
21 18 セルヒオ・ガルシア $2,087,631
22 19 ジム・フューリック $2,086,861
23 21 ベ・サンムン $2,016,313
24 23 ケビン・ナ $2,003,897
25 24 ポール・ケーシー $1,869,573
26 25 ブルックス・ケプカ $1,833,804
27 26 ヘンリック・ステンソン $1,746,864
28 27 ダニエル・バーガー $1,645,568
29 28 ウェブ・シンプソン $1,607,014
30 29 ジェームズ・ハーン $1,575,341
105 102 石川 遼 $560,473

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

クラウンプラザインビテーショナル終了時点の2014-15シーズンの最新世界ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。

松山英樹は先週と変わらず14位のままで、石川遼は1.33ポイントを獲得したものの、失ったポイントもあったため141位から143位に後退しています。

1(1) ロリー・マキロイ 13.158 points
2(2) ジョーダン・スピース 9.115 points
3(3) ヘンリック・ステンソン 6.922 points
4(4) バッバ・ワトソン 6.847 points
5(5) ジム・フューリック 6.685 points
6(6) ジャスティン・ローズ 6.143 points
7(8) セルヒオ・ガルシア 6.127 points
8(7) ジェイソン・デイ 6.015 points
9(9) リッキー・ファウラー 5.975 points
10(10) ダスティン・ジョンソン 5.820 points
11(11) アダム・スコット 5.188 points
12(12) ジミー・ウォーカー 5.069 points
13(13) J.B.ホームズ 4.981 points
14(14) 松山 英樹 4.446 points
15(15) パトリック・リード 4.353 points
16(18) マルティン・カイマー 4.174 points
17(23) クリス・カーク 4.167 points
18(16) マット・クーチャー 4.108 points
19(17) フィル・ミケルソン 4.087 points
20(19) ビリー・ホーシェル 3.838 points
21(21) ケビン・ナ 3.574 points
22(20) ビル・ハース 3.525 points
23(22) ブルックス・ケプカ 3.413 points
24(31) イアン・ポールター 3.276 points
25(25) ザック・ジョンソン 3.226 points
26(27) リー・ウエストウッド 3.216 points
27(30) ジェイミー・ドナルドソン 3.206 points
28(24) ゲーリー・ウッドランド 3.196 points
29(28) ライアン・パーマー 3.169 points
30(29) ビクター・デュビッソン 3.148 points
143(141) 石川 遼 1.146 points

スポンサードリンク

よく読まれています

4 Responses to “石川遼は43位Tで1万8,993ドルと24ポイントを獲得!クラウンプラザインビテーショナル2015の最終結果と最新ランキング情報”

  1. takahashi より:

    残り試合も少なくなってきており、予選落ちは許されない状況になってきましたね。
    ルールが改正されてよくわからないのですが、フェデックスランク意外に賞金ランクでも125位以内でシード獲得と言うことで間違いないでしょうか?
    賞金ランクのみでシードを獲得できた場合、フェデックスランクでの獲得と何か差が有るのでしょうか?
    先週、どこかであと20万ドルでシード獲得のボーダーに到達と聞いた事が有ります。今回約2万ドル獲得しましたので、残り18万ドル強。
    次回のメモリアルでシードの目処が付くのはフェデックスポイントの場合、単独4位の135P。しかし、賞金18万ドルの場合は単独8位($192,200)で断然有利ですね。

    • golf より:

      takahashiさん、コメントありがとうございます。シード権というひとくくりにされているものの、実際にはもっと詳細なプライオリティランキングシステムというものをPGAツアーが採用していて、それにより出場の優先順位が決定されています。

      一般的に言われているシード権はフェデックスカップランキングの125位以内となります。そしてプライオリティランキングシステムで、次に優先順位が高いのが賞金ランキングに125位以内というものです。この賞金ランキングで125位以内という基準は、ウェブドットコムツアーの入れ替え戦で獲得できるシード権よりも上位の優先権があります。プライオリティランキングでは以下のような優先順位になっています。

      19.前シーズンのフェデックスカップポイントランキングのトップ125
      20.前シーズンのウィンダムチャンピオンシップ終了時の賞金ランキングでトップ125
      23.ウェブドットコムツアーと入れ替え戦によるシード権獲得プレイヤー

      参考:【PGAツアー基礎知識】トーナメントの出場優先順位を決定するプライオリティ・ランキングシステムについて

      私が理解している範囲では賞金ランキングで125位以内に入っていれば入れ替え戦に出る必要はないはずです。
      ただ、フェデックスカップポイントによるシードを持っている選手が優先されますので、フィールドの薄い年内(フライズドッコム~)・年明けの(ソニー・オープン~AT&Tペブルビーチ)トーナメント、裏開催以外は、エントリーしてみないとわからなかったり、ウェイティングになる可能性はあります。

      後はインビテーショナル形式のトーナメントのうちRBCヘリテージは賞金ランキング125位以内でも良いのですが、クイッケンローンズナショナルはフェデックスカップ125位以内だけで、賞金ランキングには出場資格がないので、来季のフェデックスカップランキングで上位になっていない場合は出場できない可能性があります。

      後はtakahashiさんもご存知のように、アーノルドパーマー招待は問題ないと予想されますが、クラウンプラザ招待とメモリアルは推薦か、来季のフェデックスカップランキング次第になると思います。

      フェデックスカップポイントで難しい場合の保険と考えるほうが無難ではないでしょうか。それでもこの基準を満たしておけば入れ替え戦に拘束されなくなるはずなので、日本ツアー参戦などは調整しやすくなると思います。

      このことについては、もう少し調べて整理して投稿してみようと思います。

      追記:整理した内容を投稿としてアップしました。

      フェデックスカップランキングと賞金ランキングでのPGAツアー出場資格(シード権)の違いは?

  2. takahashi より:

    申し訳有りません。
    変換ミスで「以外」を「意外」と書いてしまいました。

  3. takahashi より:

    golfさん、詳しい説明をありがとうございます。
    シード権と言う言葉だけにとらわれて優先順位に頭が回りませんでした。
    ギリギリでもいいのでプレーオフに進出し、ランク70位以内を目指して欲しいです。

このページの先頭へ