全米プロゴルフ選手権2016に出場するには?優先出場資格と有資格者の一覧

98回目の開催となる全米プロゴルフ選手権(PGA Championship)2016が、2016年7月28日から31日の4日間の日程で開催される予定となっています。

2016年の開催コースは1980年全米オープンで青木功がジャック・ニクラスと優勝争いを繰り広げたバルタスロール・ゴルフクラブ (BALTUSROL GC)です。

全米プロゴルフ選手権の開催としては2005年以来11年ぶり2回目となります。

その全米プロゴルフ選手権2016の出場資格と有資格者の一覧をまとめています。

スポンサードリンク

全米プロゴルフ選手権2016の出場資格と有資格者の一覧

全米プロゴルフ選手権2016の優先出場資格の条件一覧は以下のとおりとなっています。

全米プロゴルフ選手権2015の出場権を有する選手の、条件別の一覧です。なお、出場資格を有していますが、出場することを意味しませんので、ご注意ください。

1. 全米プロゴルフ選手権の歴代優勝者
  • ジェイソン・デイ(2015年)
  • ローリー・マキロイ(2012/2014年)
  • ジェイソン・ダフナー(2013年)
  • キーガン・ブラッドリー(2011年)
  • マーティン・カイマー(2010年)
  • Y.E.ヤン(2009年)
  • パドレイグ・ハリントン(2008年)
  • タイガー・ウッズ(1999/2000/2006/2007年)
  • フィル・ミケルソン(2005年)
  • ビジェイ・シン(1998/2004年)
  • マーク・ブルックス(2002年)
  • デビッド・トムズ(2001年)
  • デービス・ラブ3世(1997年)
  • リッチ・ビーム(1996年)

など歴代優勝者のため他多数。

2. 近年5年間(2012-2016)の全米オープン優勝者
  • 2016:ダスティン・ジョンソン
  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014:マルティン・カイマー
  • 2013:ジャスティン・ローズ
  • 2012:ウェブ・シンプソン
3. 近年5年間(2012-2016)のマスターズ優勝者
  • 2016:ダニー・ウィレット
  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014/2012:バッバ・ワトソン
  • 2013:アダム・スコット
4. 近年5年間(2012-2016)の全英オープン優勝者
  • 2016:ヘンリック・ステンソン
  • 2015:ザック・ジョンソン
  • 2014:ロリー・マキロイ
  • 2013:フィル・ミケルソン
  • 2012:アーニー・エルス
5. 今年のシニア全米プロゴルフ選手権の優勝者
  • ロッコ・メディエイト
6. 全米プロゴルフ選手権2015で15位タイまでの選手
  • ジェイソン・デイ(1位)
  • ジョーダン・スピース(2位)
  • ブランデン・グレース(3位)
  • ジャスティン・ローズ(4位)
  • ブルックス・ケプカ(5位T)
  • アニルバン・ラヒリ(5位T)
  • ジョージ・クッツェー(7位T)
  • マット・クーチャー(7位T)
  • ダスティン・ジョンソン(7位T)
  • ロバート・ストレブ(10位T)
  • トニー・フィナウ(10位T)
  • デビッド・リングマース(12位T)
  • ブレンダン・スティール(12位T)
  • ラッセル・ヘンリー(12位T)
  • ブラント・スネデカー(12位T)
  • マルティン・カイマー(12位T)
7. PGAクラブプロ選手権2016の上位20名
  • リッチ・バーバリアン Jr.、マイケル・ブロック、マーク・ブラウン、マット・ドビンズ、ブライアン・ガフニー、ライアン・ヘルミネン、ジョアン・コック、ロブ・ラブリッツ、ブラッド・ラードン、ミッチ・ロウ、デビッド・ムティット、ブラッド・オット、ロッド・ペリー、ベン・ポランド、リック・シュラー、トミー・シャープ、ジョシュ・スペイト、ジョー・サマーヘイズ、オマー・ウレスティ、ワイアット・ワーシントン2世
8. WGC-ブリヂストン招待2015から全英オープン/バーバソルチャンピオンシップ2016の期間での賞金ランク上位70名

WGC-ブリヂストン招待2015から全英オープン/バーバソルチャンピオンシップ2016の期間での賞金ランキング上位70名に出場資格が与えられます。

アーロン・バデリー、ダニエル・バーガー、ジェイソン・ボーン、ポール・ケーシー、ロバート・カストロ、ケビン・チャッペル、ジョン・カラン、ハリス・イングリッシュ、リッキー・ファウラー、ジム・フューリック、セルヒオ・ガルシア、ファビアン・ゴメス、エミリアーノ・グリーロ、ビル・ハース、ジェームズ・ハーン、ジム・ハーマン、チャーリー・ホフマン、J.B.ホームズ、ビリー・ハーリー3世、スマイリー・カウフマン、金庚泰、クリス・カーク、ケビン・キスナー、パットン・キザー、コルト・ノスト、ラッセル・ノックス、ダニー・リー、ジェイミー・ラブマーク、シェイン・ローリー、松山英樹、グレアム・マクダウェル、ウィリアム・マクガート、ブライス・モルダー、ライアン・ムーア、ケビン・ナ、ルイ・ウーストハイゼン、ライアン・パーマー、スコット・ピアシー、パトリック・リード、カイル・リーファース、チャール・シュワルツェル、ケビン・ストリールマン、ブライアン・スチュアード、ダニエル・サマーヘイズ、ボーン・テーラー、ジャスティン・トーマス、ジミー・ウォーカー、ゲーリー・ウッドランド

9. ライダーカップ2014の米国・欧州両チームの出場メンバーで、2016年7月24日の世界ランクで100位以内

2014年ライダーカップに米国・欧州両チームのメンバーとして出場するだけでなく、RBCカナディアンオープン2016終了時点で世界ランク100位以内である必要があります。

  • ジェイミー・ドナルドソン、ビクター・デュビッソン、リー・ウエストウッド

ライダーカップ2014のメンバーは以下のページにまとめています。

10. 全米プロゴルフ選手権2015終了後からRBCカナディアンオープン2016のPGAツアー公式戦の優勝者

全米プロゴルフ選手権2015終了後から2016年大会の前週開催となるRBCカナディアンオープン2016までのPGAツアー公式戦の優勝者に出場資格が与えられます。

こちらはマスターズはフルポイントのトーナメントのみが対象となりますが、それとは異なり300ポイントのトーナメントも対象となっています。

【2014-15シーズン】

  • ウィンダムチャンピオンシップ:デービス・ラブ3世
  • ザ・バークレイズ:ジェイソン・デイ
  • ドイツバンクチャンピオンシップ:リッキー・ファウラー
  • BMWチャンピオンシップ:ジェイソン・デイ
  • ツアーチャンピオンシップ:ジョーダン・スピース

【2015-16シーズン】

  • フライズドットコムオープン:エミリアーノ・グリージョ
  • シュライナーズホスピタルオープン:スマイリー・カウフマン
  • CIMBクラシック:ジャスティン・トーマス
  • サンダーソンファームズチャンピオンシップ:ピーター・マルナティ
  • WGC-HSBCチャンピオンズ:ラッセル・ノックス
  • OHLクラシック:グラエム・マクダウェル
  • RSMクラシック:ケビン・キスナー
  • ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ:ジョーダン・スピース
  • ソニーオープン・イン・ハワイ:ファビアン・ゴメス
  • キャリアビルダー・チャレンジ:ジェイソン・ダフナー
  • ファーマーズインシュランスオープン:ブラント・スネデカー
  • ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン:松山英樹
  • AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ:ボーン・テーラー
  • ノーザントラストオープン:ババ・ワトソン
  • ザ・ホンダクラシック:アダム・スコット
  • WGC-キャデラックチャンピオンシップ:アダム・スコット
  • バルスパーチャンピオンシップ:チャール・シュワルツェル
  • アーノルドパーマーインビテーショナル:ジェイソン・デイ
  • WGC-デルマッチプレー:ジェイソン・デイ
  • プエルトリコオープン:トニー・フィナウ
  • シェル・ヒューストンオープン:ジム・ハーマン
  • マスターズトーナメント:ダニー・ウィレット
  • RBCヘリテージ:ブランデン・グレース
  • バレロテキサスオープン:チャーリー・ホフマン
  • チューリッヒクラシック:ブライアン・スチュワード
  • ウェルズファーゴチャンピオンシップ:ジェームズ・ハーン
  • ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ:ジェイソン・デイ
  • AT&Tバイロンネルソン:セルヒオ・ガルシア
  • コロニアルナショナルインビテーショナル:ジョーダン・スピース
  • ザ・メモリアルトーナメント:ウィリアム・マガート
  • フェデックスセントジュードクラシック:ダニエル・バーガー
  • 全米オープンゴルフ:ダスティン・ジョンソン
  • クイッケンローンズナショナル:ビリー・ハーレー3世
  • WGC-ブリジストンインビテーショナル:ダスティン・ジョンソン
  • バラクーダチャンピオンシップ:グレッグ・チャーマーズ
  • ザ・グリーンブライヤークラシック:中止
  • 全英オープンゴルフ:ヘンリック・ステンソン
  • バーバソルチャンピオンシップ:アーロン・バデリー
  • RBCカナディアンオープン:ジョナサン・ベガス
11. 出場定数に達するまで賞金ランキング71位よりも下の選手を繰上げ出場

フルフィールドに達するまで、出場資格を有しないPGAツアーの賞金ランキング上位から補充されていきます。

キャメロン・トリンゲール、ザック・ブレア、ジェイソン・コクラック、スティーブ・ストリッカー、ハロルド・バーナー3世、ビリー・ホーシェル、フレディ・ヤコブセン

11. PGA・オブ・アメリカの推薦

2016年8月頭に出場資格を有しない選手を招待する権利がリザーブされていて、慣例として世界ランキング100位内の選手などが招待されています。

7月17日に追加された選手は以下のとおりとなっています。

アン・ビョンフン、キラデク・アフィバーンラト、ラファエル・カブレラ・ベロ、ポール・ケーシー、ダレン・クラーク、ルーク・ドナルド、マシュー・フィッツパトリック、マーカス・フレイザー、ティレル・ハットン、スコット・ヘンド、池田勇太、トンチャイ・ジャイディー、マット・ジョーンズ、リカルド・カールバーグ、金庚泰、ソレン・ケルドセン、ダニー・リー、ソン・ヨンハン、マーク・リーシュマン、シェイン・ローリー、ジュースト・ルイテン、フランチェスコ・モリナリ、アレクサンダー・ノーレン、トービヨン・オルセン、ルイ・ウーストハイゼン、トーマス・ピーターズ、アンディ・サリバン、谷原秀人、王情訓、ベルント・ウィスバーガー、クリス・ウッド

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ