ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2016に出場するには?出場資格と有資格者の一覧

出場資格の厳しさと出場選手によるフィールドの強さから第5のメジャーとも呼ばれるるザ・プレーヤーズチャンピオンシップ20162016年5月12日から15日の4日間の日程で、フロリダ州ポンテ・ベドラ・ビーチにあるTPCソーグラスで開催されます。

アマチュアやシニアのプレーヤーの枠が少ない出場資格の設定で、メジャータイトル、PGAツアーの勝者、PGAツアーのランキングで上位の選手しか出場できないため、フィールドの厚さはメジャー以上となることがあります。

松山英樹(16位)と石川遼(122位)がともに『2014-2015シーズンのPGAツアーの賞金ランキングのトップ125』という項目を満たしているため出場資格を有していました。

しかし、石川遼は公傷制度を利用する長期離脱のため出場していません。

そのザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2016の出場資格と有資格者の一覧をまとめています。

なお、ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2017の出場資格に関しては以下のページにまとめています。

参考記事:ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2017に出場するには?出場資格と有資格者の一覧

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2016の出場資格とその優先順位

スポンサードリンク

ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ2016に出場するためには、以下のような条件を満たしている選手で、優先順位が高いものから順に出場資格を得て、144名に到達するまで出場権を手にすることができます。

出場資格の条件は以下のとおりとなっています。なお、以下の条件は変更がある場合には、随時修正します。

なお、出場資格を有している選手が、そのまま出場することを意味しませんので、ご注意ください。

1. プレーヤーズチャンピオンシップ2015終了後から2016年大会までの間に開催されたPGAツアーの優勝者

【2014-2015シーズン】

  • ウェルズファーゴチャンピオンシップ:ローリー・マキロイ
  • クラウンプラザインビテーショナル:クリス・カーク
  • AT&Tバイロンネルソン:スティーブン・ボウディッチ
  • ザ・メモリアルトーナメント:デビッド・リングマース
  • フェデックスセントジュードクラシック:ファビアン・ゴメス
  • 全米オープンゴルフ:ジョーダン・スピース
  • トラベラーズチャンピオンシップ:ババ・ワトソン
  • ザ・グリーンブライヤークラシック:ダニー・リー
  • ジョンディアクラシック:ジョーダン・スピース
  • バーバソルチャンピオンシップ:スコット・ピアシー
  • 全英オープンゴルフ:ザック・ジョンソン
  • RBCカナディアンオープン:ジェイソン・デイ
  • クイッケンローンズナショナル:トロイ・メリット
  • バラクーダチャンピオンシップ:J.J. ヘンリー
  • WGC-ブリジストンインビテーショナル:シェイン・ローリー
  • 全米プロゴルフ選手権:ジェイソン・デイ
  • ウィンダムチャンピオンシップ:デービス・ラブ3世
  • ザ・バークレイズ:ジェイソン・デイ
  • ドイツバンクチャンピオンシップ:リッキー・ファウラー
  • BMWチャンピオンシップ:ジェイソン・デイ
  • ツアーチャンピオンシップ:ジョーダン・スピース

【2015-2016シーズン】

    フライズドットコムオープン:エミリアーノ・グリージョ

    シュライナーズホスピタルオープン:スマイリー・カウフマン

    CIMBクラシック:ジャスティン・トーマス

    サンダーソンファームズチャンピオンシップ:ピーター・マルナティ

    WGC-HSBCチャンピオンズ:ラッセル・ノックス

    OHLクラシック:グラエム・マクダウェル

    RSMクラシック:ケビン・キスナー

    ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ:ジョーダン・スピース

    ソニーオープン・イン・ハワイ:ファビアン・ゴメス

    キャリアビルダー・チャレンジ:ジェイソン・ダフナー

    ファーマーズインシュランスオープン:ブラント・スネデカー

    ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン:松山英樹

    AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ:ボーン・テーラー

    ノーザントラストオープン:ババ・ワトソン

    ザ・ホンダクラシック:アダム・スコット

    WGC-キャデラックチャンピオンシップ:アダム・スコット

    バルスパーチャンピオンシップ:チャール・シュワルツェル

    アーノルドパーマーインビテーショナル:ジェイソン・デイ

    WGC-デルマッチプレー:ジェイソン・デイ

    プエルトリコオープン:トニー・フィナウ

    シェル・ヒューストンオープン:ジム・ハーマン

    マスターズトーナメント:ダニー・ウィレット

  • RBCヘリテージ:ブランデン・グレース
  • バレロテキサスオープン:チャーリー・ホフマン
  • チューリッヒクラシック:ブライアン・スチュアード
  • ウェルズファーゴチャンピオンシップ:ジェームズ・ハーン

2. 2014-15シーズンのフェデックスカップ最終ランキングでトップ125

フェデックスカップ(FedExCup)の年間ランク125位以内の選手に出場資格が与えられます。

  1. ジョーダン・スピース
  2. ヘンリック・ステンソン
  3. ジェイソン・デイ
  4. リッキー・ファウラー
  5. ババ・ワトソン
  6. ザック・ジョンソン
  7. ダスティン・ジョンソン
  8. ジャスティン・ローズ
  9. ダニー・リー
  10. チャーリー・ホフマン
  11. ダニエル・バーガー
  12. パトリック・リード
  13. ポール・ケーシー
  14. J.B.ホームズ
  15. ローリー・マキロイ
  16. 松山 英樹
  17. ジミー・ウォーカー
  18. ロバート・ストレブ
  19. マット・クーチャー
  20. スティーブン・ボウディッチ
  21. ケビン・キスナー
  22. スコット・ピアシー
  23. ブラント・スネデカー
  24. ブルックス・ケプカ
  25. ケビン・ナ
  26. ベ・サンムン
  27. ビル・ハース
  28. ハリス・イングリッシュ
  29. ジム・フューリック
  30. ルイ・ウーストハイゼン
  31. ダニエル・サマーヘイズ
  32. ジャスティン・トーマス
  33. マット・ジョーンズ
  34. ラッセル・ノックス
  35. ベン・マーティン
  36. キャメロン・トリンゲール
  37. デビッド・リングマース
  38. ライアン・パーマー
  39. ライアン・ムーア
  40. ジェイソン・ボーン
  41. ゲーリー・ウッドランド
  42. ショーン・オヘア
  43. トニー・フィナウ
  44. クリス・カーク
  45. パット・ペレス
  46. ブレンドン・トッド
  47. ブレンドン・デ・ヨング
  48. ウェブ・シンプソン
  49. ハンター・メイハン
  50. ブレンダン・スティール
  51. ジェームズ・ハーン
  52. ケビン・チャッペル
  53. セルヒオ・ガルシア
  54. ショーン・ステファニー
  55. デビッド・ハーン
  56. トロイ・メリット
  57. ブライアン・ハーマン
  58. ニック・ワトニー
  59. ザック・ブレア
  60. キーガン・ブラッドリー
  61. フィル・ミケルソン
  62. ジョージ・マクニール
  63. ラッセル・ヘンリー
  64. ファビアン・ゴメス
  65. ロリー・サバティーニ
  66. ビリー・ホーシェル
  67. イアン・ポールター
  68. ジェリー・ケリー
  69. ウィリアム・マクガート
  70. ブライス・モルダー
  71. アレックス・チェイカ
  72. マーク・リーシュマン
  73. ジョン・センデン
  74. ジム・ハーマン
  75. ケビン・ストリールマン
  76. ブー・ウィークリー
  77. カール・ピーターソン
  78. カイル・リーファース
  79. チャールズ・ハウエル3世
  80. ルーク・ドナルド
  81. ハドソン・スワフォード
  82. スペンサー・レビン
  83. スコット・ピンクニー
  84. カミロ・ビジェガス
  85. モーガン・ホフマン
  86. デービス・ラブ3世
  87. ジョンソン・ワグナー
  88. ジェイソン・ダフナー
  89. マット・エブリー
  90. J.J. ヘンリー
  91. コルト・ノスト
  92. ジェイソン・ゴア
  93. カルロス・オルティス
  94. スコット・ブラウン
  95. マーク・ウィルソン
  96. チャド・キャンベル
  97. ウィル・ウィルコックス
  98. チェッソン・ハドレー
  99. マーティン・レアード
  100. ジェイソン・コクラック
  101. ニック・テイラー
  102. スチュワート・シンク
  103. パドレイグ・ハリントン
  104. グレック・オーウェン
  105. ジョン・ピーターソン
  106. アダム・スコット
  107. アダム・ハドウィン
  108. チャール・シュワルツェル
  109. リー・ウエストウッド
  110. ジョン・ハー
  111. フランチェスコ・モリナリ
  112. グラハム・デラエ
  113. ジョン・カラン
  114. スティーブ・ウィートクロフト
  115. アンドレス・ゴンザレス
  116. クリス・ストラウド
  117. ケン・デューク
  118. レティーフ・グーセン
  119. ビジェイ・シン
  120. チャド・コリンズ
  121. ティム・クラーク
  122. 石川 遼
  123. ジョナス・ブリクスト
  124. エリック・コンプトン
  125. ジェフ・オバートン

3. 公傷制度が適用されフェデックスカップ(FedExCup)ポイントで条件を満たした選手

  • フレディ・ヤコブセン

4. 近年5年間の四大メジャー(マスターズ/全米オープン/全英オープン/全米プロゴルフ)の優勝者

【マスターズ】

  • 2016:ダニー・ウィレット
  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014/2012:バッバ・ワトソン
  • 2013:アダム・スコット

【全米オープン】

  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014:マルティン・カイマー
  • 2013:ジャスティン・ローズ
  • 2012:ウェブ・シンプソン
  • 2011:ロリー・マキロイ

【全英オープン】

  • 2015:ザック・ジョンソン
  • 2014:ロリー・マキロイ
  • 2013:フィル・ミケルソン
  • 2012:アーニー・エルス
  • 2011:ダレン・クラーク

【全米プロゴルフ】

  • 2015:ジェイソン・デイ
  • 2014:ロリー・マキロイ
  • 2013:ジェイソン・ダフナー
  • 2012:ロリー・マキロイ
  • 2011:キーガン・ブラッドリー

5. 近年5年間のプレーヤーズ選手権の優勝者

近年5年間(2011-15)のプレーヤーズ選手権の優勝者に出場資格が与えられます。この資格に該当する選手はいかのとおりとなっています。

  • 2015:リッキー・ファウラー
  • 2014:マーティン・カイマー
  • 2013:タイガー・ウッズ
  • 2012:マット・クーチャー
  • 2011:K.J. チョイ

6. 近年3年間のツアーチャンピオンシップの優勝者

近年3年間のツアーチャンピオンシップの優勝者に出場資格が与えられます。この資格に該当する選手はいかのとおりとなっています。

  • 2015:ジョーダン・スピース
  • 2014:ビリー・ホーシェル
  • 2013:ヘンリック・ステンソン

7. 近年3年間の世界ゴルフ選手権シリーズの優勝者

近年3年間の世界ゴルフ選手権シリーズの優勝者に出場資格が与えられます。この資格に該当する選手は以下のとおりとなっています。

【WGC-HSBCチャンピオンズ】

  • 2015:ラッセル・ノックス
  • 2014:バッバ・ワトソン
  • 2013:ダスティン・ジョンソン

【WGC-キャデラックチャンピオンシップ】

  • 2016:アダム・スコット
  • 2015:ダスティン・ジョンソン
  • 2014:パトリック・リード

【WGC-デルマッチプレー】

  • 2016:ジェイソン・デイ
  • 2015:ロリー・マキロイ
  • 2014:ジェイソン・デイ

【WGC-ブリヂストン招待】

  • 2015:シェーン・ローリー
  • 2014:ローリー・マキロイ
  • 2013:タイガー・ウッズ

8. メモリアル・トーナメントとアーノルドパーマーインビテーショナルの過去3年間(2015-)の優勝者

2015年以降のメモリアル・トーナメントとアーノルドパーマーインビテーショナルの優勝者に出場資格が与えられます。

デビッド・リングマース(メモリアルトーナメント2015)
マット・エブリー(アーノルドパーマー招待2015)
ジェイソン・デイ(アーノルドパーマー招待2016)

9. 世界ランキングのトップ50

世界公式ゴルフランキングのトップ50に出場権が与えられます。

アンディ・サリバン、アン・ビョンフン、キラデク・アフィバーンラト、ラファエル・カブレラベロ、マシュー・フィッツパトリック、ソレン・ケルドセン、ベルント・ウィスバーガー

10. シニアプレーヤーズチャンピオンシップ2015の優勝者

  • ベルンハルト・ランガー

11. 2015年のウェブドットコムツアーの年間賞金王

ウェブドットコムツアーファイナルズ(入れ替え戦)とレギュラーシーズンをあわせた年間賞金ランキング1位に出場資格が与えられます。

  • パットン・キザイアー

12. 2015年のウェブドットコムツアーファイナルズ(入れ替え戦)での賞金王

ウェブドットコムツアーファイナルズ(入れ替え戦)の4戦での賞金王に出場資格が与えられます。

  • チェズ・リアビ

13. 2015-16シーズンのフェデックスカップのトップ10の選手(足りない場合は、定数まで11位以下から補充)

2014-15シーズンのフェデックスカップの上位トップ10には出場資格が与えられ、それ以下は残りの枠数に応じて上位選手が資格を取得することができます。

アーロン・バデリー、キム・シウ、ジェイミー・ラブマーク、パトリック・ロジャース、ジョナサン・ベガス、ハロルド・バーナー3世

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ