WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の出場資格と有資格者の一覧

世界ゴルフ選手権シリーズのWGC-キャデラックチャンピオンシップ2016が、3月3日からフロリダ州マイアミにあるトランプナショナルドラル(Trump National Doral)で開催されます。

賞金総額は950万ドル、フェデックスカップ(FedEX CUP)ポイントは550ポイントといずれも高い設定となっています。

さらにフルフィールドが約70名となっているため予選落ちがなく、出場資格が厳しい代わりに、出場する全選手に賞金とポイントが確保されています。

日本人プレイヤーでは松山英樹、宮里優作の2名が出場しました。

そのWGC-キャデラックチャンピオンシップ2016の出場資格と有資格者の一覧です。なお、2017年はメキシコでの開催となりWGC-メキシコチャンピオンシップ2017として開催されます。2017年版の出場資格は以下のページにまとめています。

参考記事:WGC-メキシコチャンピオンシップ2017に出場するには?出場資格と有資格者一覧

スポンサードリンク

WGC-キャデラック選手権2016の出場資格とその優先順位

WGC-キャデラック選手権選手権2016に出場するためには、以下のような条件を満たしている選手で、優先順位が高いものから順に出場資格を得て、70名程度になるまで出場権を手にすることができます。

なお、以下の条件は前年の内容を元に作成しています。変更がある場合には、随時修正します。

1. PGAツアー2014-2015シーズンのフェデックスカップの最終ランキングでトップ30

PGAツアー2014-2015シーズンのツアーチャンピオンシップの出場資格(フェデックスカップの年間ランキングでトップ30)に出場資格が与えられます。

  • ジョーダン・スピース(1位)
  • ヘンリック・ステンソン(2位)
  • ジェイソン・デイ(3位)
  • リッキー・ファウラー(4位)
  • ババ・ワトソン(5位)
  • ザック・ジョンソン(6位)
  • ダスティン・ジョンソン(7位)
  • ジャスティン・ローズ(8位)
  • ダニー・リー(9位)
  • チャーリー・ホフマン(10位)
  • ダニエル・バーガー(11位)
  • パトリック・リード(12位)
  • ポール・ケーシー(13位)
  • J.B.ホームズ(14位)
  • ローリー・マキロイ(15位)
  • 松山英樹(16位)
  • ジミー・ウォーカー(16位)
  • ロバート・ストレブ(18位)
  • マット・クーチャー(19位)
  • スティーブン・ボウディッチ(20位)
  • ケビン・キスナー(21位)
  • スコット・ピアシー(22位)
  • ブラント・スネデカー(23位)
  • ブルックス・ケプカ(24位)
  • ケビン・ナ(25位)
  • ベ・サンムン(26位)
  • ビル・ハース(27位)
  • ハリス・イングリッシュ(28位)
  • ジム・フューリック(29位)
  • ルイ・ウーストハイゼン(30位)

2. 欧州ツアーの2015年レース・トゥ・ドバイ(Race to Dubai)の最終ランキングでトップ20

ユーロピアンツアーの2015年レース・トゥ・ドバイ(Race to Dubai)の年間ランキングでトップ20の選手に出場資格が与えられます。

ビクター・デュビッソン、ブランデン・グレース、シェイン・ローリー、ダニー・ウィレット、アニルバン・ラヒリ、アン・ビョンフン、キラデク・アフィバーンラト、クリストファー・ブロバーグ、ロス・フィッシャー、マシュー・フィッツパトリック、トンチャイ・ジャイディー、ソレン・ケルドセン、アンディ・サリバン、ベルント・ウィスバーガー、
クリス・ウッド

3. 日本ゴルフツアー機構(JGTO)の2015年賞金ランキングの上位2名

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の2016年賞金ランキングの上位2名に出場資格が与えられます。

  • 金庚泰(1位)
  • 宮里優作(2位)

4. オーストラレイジアPGAツアー(PGA Tour of Australasia)の2016年賞金ランキングの上位2名

オーストラレイジアPGAツアーの2016年賞金ランキングの上位2名に出場資格が与えられます。

  • ネイサン・ホルマン
  • ジョーダン・ズニック

5. サンシャインツアーの2015年賞金ランキングの上位2名

サンシャインツアーの2016年賞金ランキングの上位2名に出場資格が与えられます。

  • ジョージ・クッツェー
  • チャール・シュワルツェル

6. アジアンツアーの2015年賞金ランキングの上位2名

アジアンツアーの2015年賞金ランキングの上位2名に出場資格が与えられます。

  • スコット・ヘンド

7. 世界公式ゴルフランキングの2016年2月22日時点でのトップ50

上位の条件で出場資格を得ていない2016年2月22日時点の世界公式ゴルフランキングのトップ50に出場資格が与えられます。

アダム・スコット、セルヒオ・ガルシア、フィル・ミケルソン、マーク・リーシュマン、ラッセル・ノックス、エミリアーノ・グリージョ、マーティン・カイマー、デビッド・リングマース、ジャスティン・トーマス、ビリー・ホーシェル、ジェイミー・ドナルドソン

8. 欧州ツアーのレース・トゥ・ドバイの2016年2月22日時点でのランキングでトップ10

上位の条件で出場資格を得ていない2016年2月22日時点の欧州ツアーの2015年レース・トゥ・ドバイのランキングでトップ10に出場資格が与えられます。

ラファエル・カブレラ・ベロ、マーカス・フレイザー

9. 世界公式ゴルフランキングの2016年2月29日時点のトップ50

上位の条件で出場資格を得ていない2016年2月29日時点の世界公式ゴルフランキングのトップ50に出場資格が与えられます。

ジャコ・バン・ザイル(Jaco van Zyl)

10. 2015-16シーズンのフェデックスカップ・ランキングの2016年2月29日時点でのトップ10

上位の条件で出場資格を得ていない2016年2月29日時点の2015-16シーズンのフェデックスカップ・ランキングでトップ10に出場資格が与えられます。

ジェイソン・ダフナー、ファビアン・ゴメス、スマイリー・カウフマン、グラエム・マクダウェル

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ