石川遼はフェデックスカップ(FedEx Cup)ランク135位に後退・・・ザ・グリーンブライヤークラシック2015の最終結果と最新ランキング情報

ザ・グリーンブライヤークラシック2015は4人によるプレーオフの末にダニー・リーが制し、PGAツアー初優勝を果たしました。

ダニー・リーは優勝賞金120万6,000ドル(約1億4756万円)とフェデックスカップ(FedEx Cup)ポイントを500ポイントを獲得し、プレーオフで敗れて2位タイとなったロバート・ストレブ、ケビン・キスナー、デビッド・ハーンの3人が50万0,267ドル(約6120万円)と208ポイントを獲得しています。

4戦ぶりに決勝ラウンドに進出して石川遼は、最終日もスコアを伸ばせず76位となり、フェデックスカップポイントを0.87ポイントと賞金1万2,730ドル(約156万円)を加えるにとどまっています。

続いて、ザ・グリーンブライヤークラシック2015の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップランキングの情報です。

ザ・グリーンブライヤークラシック2015の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

ザ・グリーンブライヤークラシック2015の結果とフェデックスカップ・賞金ランキングに関する情報の目次です。

初回投稿日時:2015/07/06 08:15
最終更新日時:2015/07/06 16:00

1. ザ・グリーンブライヤークラシック2015の最終結果と獲得賞金とポイント

ザ・グリーンブライヤークラシック2015の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 ダニー・リー -13 $1,206,000 500
T2 ロバート・ストレブ -13 $500,267 208
T2 ケビン・キスナー -13 $500,267 208
T2 デビッド・ハーン -13 $500,267 208
5 ラッセル・ヘンリー -12 $268,000 110
T6 ジェームズ・ハーン -11 $195,736 81
T6 グレック・オーウェン -11 $195,736 81
T6 アンドレス・ロメロ -11 $195,736 81
T6 ブレンドン・トッド -11 $195,736 81
T6 デビッド・リングマース -11 $195,736 81
T6 チャド・コリンズ -11 $195,736 81
T6 ブライス・モルダー -11 $195,736 81
T13 スコット・ラングリー -10 $107,944 54
T13 モーガン・ホフマン -10 $107,944 54
T13 J.J. ヘンリー -10 $107,944 54
T13 ババ・ワトソン -10 $107,944 54
T13 トニー・フィナウ -10 $107,944 54
T13 ショーン・ステファニー -10 $107,944 54
T13 スティーブ・ボウディッチ -10 $107,944 54
T13 ジェイソン・ボーン -10 $107,944 54
T13 ショーン・オヘア -10 $107,944 54
T22 ライアン・アーマー -9 $60,396 46
T22 デレク・アーンスト -9 $60,396 46
T22 J.B.ホームズ -9 $60,396 46
T22 チェズ・リアビ -9 $60,396 46
T22 パット・ペレス -9 $60,396 46
T22 ジョージ・マクニール -9 $60,396 46
T22 ジョナサン・バード -9 $60,396 46
76 石川 遼 E $12,730 1

2. 2014-15シーズンのフェデックスカップ最新ランキングの上位30名

優勝したダニー・リーが500ポイントを加えて1180ポイントまで伸ばし、57位から15位にランクアップしています。

また2位となり208ポイントを加えたロバート・ストレブは1416ポイントとして12位から7位に、同じく2位となったケビン・キスナーが1351ポイントまで伸ばして14位から11位に上昇しています。

この2人がランクアップしたことにより出場しなかった松山英樹は1257ポイントのままで、10位から12位に後退しています。

石川遼はポイントを加えたものの320ポイントにとどまり、133位から135位に後退しています。当落ラインにの目安と予想される450ポイントまでは130ポイント、安全圏内と考えられる460-480ポイントまでは140-160ポイントが必要な状況です。

出場資格を有していない全英オープン、全米プロゴルフ選手権、ブリヂストン招待を除くとレギュラーシーズンは残り6試合となっていますので、全試合予選落ちをせずに、最低でも毎試合25ポイント(単独46位相当)が平均で必要な状況となっています。

また1試合で確定させるためには単独3位もしくは4位、2試合ではトップ10が2回必要な状況です。

ザ・グリーンブライヤークラシック2015終了時点のフェデックスカップランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
MC:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 1 ジョーダン・スピース 3128
2 2 ジミー・ウォーカー 1915
3 3 ババ・ワトソン 54 1743
4 4 ダスティン・ジョンソン 1589
5 5 ロリー・マキロイ 1510
6 7 パトリック・リード 41 1450
7 12 ロバート・ストレブ 208 1416
8 6 ブラント・スネデカー 1410
9 9 J.B.ホームズ 46 1404
10 8 チャーリー・ホフマン 1390
11 14 ケビン・キスナー 208 1351
12 10 松山 英樹 1257
13 11 ジャスティン・ローズ 1224
14 17 スティーブ・ボウディッチ 54 1183
15 57 ダニー・リー 500 1180
16 13 ジェイソン・デイ 1158
17 16 ポール・ケーシー 26 1155
18 15 ベン・マーティン 1136
19 18 ブルックス・ケプカ 1117
20 19 クリス・カーク 1087
21 20 リッキー・ファウラー 1048
22 21 ビル・ハース 0 1044
23 22 ライアン・ムーア 1036
24 23 ジム・フューリック 1021
25 24 ゲーリー・ウッドランド 1014
26 25 ベ・サンムン 15 1011
27 26 ケビン・ナ 37 994
28 32 デビッド・リングマース 81 956
29 31 ショーン・ステファニー 54 938
30 27 マット・クーチャー 934
135 133 石川 遼 1 320

3. 2014-15シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

優勝したダニー・リーが60位から18位に、2位となったケビン・キスナーが15位から8位に、ロバート・ストレブが19位から11位に、それぞれ順位を上げています。

それにともない出場しなかった松山英樹は先週までの10位から12位に後退しています。

1万2,730ドルを加えて57万3,203ドルとした石川遼は、先週の126位から124位と賞金シード権の125位以内に戻っています。(フェデックスカップポイントによるシード権と賞金シードについてはこちらをと参照ください。)

ポイントでは順位を下げましたが、賞金ではシード権ライン上にいますので、ここを死守していきたいところです。

ザ・グリーンブライヤークラシック2015終了時点の2014-15シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 1 ジョーダン・スピース $7,863,838
2 2 ダスティン・ジョンソン $4,326,104
3 3 ロリー・マキロイ $4,147,849
4 4 ジミー・ウォーカー $4,127,615
5 5 ババ・ワトソン $4,098,118
6 7 J.B.ホームズ $3,240,722
7 6 ブラント・スネデカー $3,238,792
8 15 ケビン・キスナー $3,080,899
9 8 ジャスティン・ローズ $3,071,550
10 9 チャーリー・ホフマン $3,049,871
11 19 ロバート・ストレブ $2,860,385
12 10 松山 英樹 $2,848,510
13 11 パトリック・リード $2,806,686
14 12 リッキー・ファウラー $2,758,848
15 13 ジェイソン・デイ $2,635,828
16 14 ポール・ケーシー $2,631,478
17 18 スティーブ・ボウディッチ $2,485,467
18 60 ダニー・リー $2,468,922
19 16 ベン・マーティン $2,420,033
20 17 ゲーリー・ウッドランド $2,377,841
21 20 ジム・フューリック $2,356,107
22 21 ブルックス・ケプカ $2,335,499
23 22 ライアン・ムーア $2,317,101
24 23 クリス・カーク $2,296,396
25 24 ビル・ハース $2,273,892
26 25 セルヒオ・ガルシア $2,242,551
27 26 ケビン・ナ $2,195,159
28 27 ルイ・ウーストハイゼン $2,056,717
29 28 ベ・サンムン $2,047,187
30 35 デビッド・リングマース $1,833,244
124 126 石川 遼 $573,203

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

ザ・グリーンブライヤークラシック2015終了時点の最新の世界ランクでは松山英樹は前週と変わらず14位となっています。

日本ツアーのセガサミーカップで優勝した岩田寛は先週までの105位から81位にランクアップしています。

石川遼は予選通過したものの、世界ランキングのポイント獲得はなく、2013年のタイランドゴルフチャンピオンシップでの15位タイで獲得した3.43ポイントが加算対象外となったため、179位から191位にランクダウンしています。

これから翌週のジョンディアクラシック出場で対象外となるのは2014年のソニー・オープン・イン・ハワイ(CUT・0ポイント)で、こちらはあまり大きな影響がありません。

しかし、その後の2試合(バーバソル/RBCカナディアン)の出場では、2014年のヒューマナ・チャレンジ(25位T・1.91ポイント)と同年ファーマーズインシュランスオープン(7位T・8.49ポイント)が加算対象外となりますので、世界ランキングという観点でもそろそろトップ25が欲しい状況となっています。

2014-15シーズンの最新世界ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 Points
1 1 ロリー・マキロイ 12.6973
2 2 ジョーダン・スピース 10.8492
3 3 ババ・ワトソン 7.3389
4 4 ダスティン・ジョンソン 6.7643
5 5 ジム・フューリック 6.5361
6 6 ヘンリック・ステンソン 6.4938
7 7 ジャスティン・ローズ 6.4775
8 8 ジェイソン・デイ 5.6802
9 9 リッキー・ファウラー 5.6615
10 10 セルヒオ・ガルシア 5.5524
11 11 アダム・スコット 5.2513
12 12 ジミー・ウォーカー 5.0931
13 13 J.B.ホームズ 4.6138
14 14 松山 英樹 4.3880
15 15 パトリック・リード 4.1197
16 18 ルイ・ウーストハイゼン 3.9208
17 16 マット・クーチャー 3.9180
18 21 マルティン・カイマー 3.9143
19 17 クリス・カーク 3.9083
20 19 ビリー・ホーシェル 3.8860
21 20 フィル・ミケルソン 3.7888
22 22 ブルックス・ケプカ 3.4976
23 39 ベルント・ウィスバーガー 3.4275
24 23 ポール・ケーシー 3.3263
25 26 ブラント・スネデカー 3.2588
26 25 ビル・ハース 3.2567
27 24 ケビン・ナ 3.2402
28 28 イアン・ポールター 3.1981
29 27 ザック・ジョンソン 3.1634
30 30 ライアン・パーマー 3.1473
81 105 岩田 寛 1.8071
103 101 小田孔明 1.5672
129 124 近藤共弘 1.3119
132 137 片山晋呉 1.2847
147 142 武藤俊憲 1.1814
148 141 谷原秀人 1.1799
159 161 藤本佳則 1.1013
172 175 藤田寛之 1.0235
190 191 池田勇太 0.9613
191 179 石川 遼 0.9553
192 188 宮本勝昌 0.9546

スポンサードリンク

よく読まれています

3 Responses to “石川遼はフェデックスカップ(FedEx Cup)ランク135位に後退・・・ザ・グリーンブライヤークラシック2015の最終結果と最新ランキング情報”

  1. まり より:

    すみません…このブログには不適切な内容かもしれませんが、どうしても疑問に感じたのでコメントさせて下さい。
    石川選手の試合後のコメントです。
    「バーディとれないってのはしょう がない。今日みたいに良いショットたくさん打ててもラインがちょっとあってない、タッチが ちょっとあってないで、バーディがとれないだ け。今日のような内容続けていければ、予選は毎試合通れると思う」
    …正直、私には石川選手が何をどう思ってこういう発言をしているのか分かりません。ここ最近の成績をみて、到底理解出来かねるのです。(私の感覚がおかしいのか?)
    golfさんの冷静かつ客観的なご意見を頂きたくコメントしました。但し、先に申し上げたとおり、golfさんが不適切と思われたなら掲載不要です。

    • golf より:

      まりさん、コメントありがとうございます。

      いろいろな捉え方あるのだろうとは思いますが、私自身は、このコメントには驚いたというのが正直なところです。

      私の推測に過ぎませんが、スイングが良くなりショットが良ければ成績も良くなるという考え、信念なのかなという気はしますが、インタビューも全体を聞かないと本当のところはわからないので、米メディアのようにインタビュー全体を動画でアップしてくれると良いのですが。

      私自身はショットが思い通りでなくてもマネジメントや他の部分でカバーすることでスコアメイクをすることが大切ではないかと考えているのですが、彼はそうは考えてはいないのかなという印象は受けています。あくまでも、コメントの一部を切り取ったであろうその記事を読んだ私個人の印象ですが。

      自分のやっていることを貫きたい気持ちが強いようなので、シーズン終了まで、本人が満足行くように、納得できるようにやりぬいて、その結果が出るのを待つしかないのかなという気がしています。出た結果を受け止めるのは、最終的には他ならぬ本人自身なので、納得がいくようにやるのもいいのではないかと思います。

      結果はどうあれ、若いうちにチャレンジすることで得られるものもあると思いますので、とりあえず自分の信じたことを貫いてみるのも悪くないと思います。

      私は周囲の反対を押し切って、勝手に海外に行ってしまい、失敗もかなりしたのですが、得るものもたくさんあり、とても自分にとって良い経験で、今も色々と自分の助けになっています。

      大切なのは、信じてやったことの結果が出た時に、それをどのように受けとめ、どのように解釈し、どのような行動をとっていくかではないかなと考えています。

      なので、今後の試合速報でも、スタッツなどで分析はしますが、経過を見守るという色合いを強くしようかなと、先のコメントをメディアの記事で読んだ時に考えていました。

      残り試合の中で、彼がどのようなプレーを見せてくれて、その結果がシード確保になるのか、それとも他の結果となるのか、見守りたいと思っています。

      抽象的過ぎましたかね(苦笑)。

  2. まり より:

    コメント掲載して下さって、本当にありがとうございます。
    若い頃のgolfさんの貴重な体験談まで聞けて…益々golfさんファンになっちゃいました(笑)。
    私もgolfさん同様、このインタビュー記事には驚かされました。と同時に、去年、松山選手が優勝したメモリアルの際の、石川選手の最終日の試合後のインタビューを思い出したのです。そのときは「この感じでやっていけば、どこのコースでもやっていける」とか何とか、そのような主旨をコメントして、そのときもそれを聞いてビックリした記憶があります。なので、石川選手には大変失礼なのですが「去年から、あんまり成長してないのかなぁ~」と思った次第です。いずれにしても、golfさんが仰るとおり、彼は若い!! 後で振り替えって赤面するようなこともあるかもしれないけれど、それも一つの貴重な経験です。皆そうやって少しずつ成長していきますもんね。彼の発言もともかく、どこまでやれるのか、今後も見守っていきたいと思います。

このページの先頭へ