松山英樹は13位で10万9千ドル(1327万円)を獲得-ヒーローワールドチャレンジ2014の最終結果と賞金配分

ヒーローワールドチャレンジ2014は、ジョーダン・スピースが4日間首位を守り、2位に10打差をつける圧勝で優勝しました。

スピースは先週にオーストラリアで開催されたエミレーツオーストラリアンオープンに続く2連勝となります。

PGAツアーの公式トーナメントではないため、フェデックスカップポイントは付与されず、賞金も公式の賞金ランキングには加算されませんが、世界ランキングのポイントは獲得できます。

ジョーダン・スピースはこの優勝により、賞金100万ドル(約1億2,163万円)と、世界ランキングポイントを46ポイント獲得しています。

その結果、スピースの世界ランキングは今週の11位から8位もしくは9位に上昇すると予想され、トップ10に返り咲くことになりそうです。

松山英樹は単独の13位で賞金10万9,000ドル(1327万円)を獲得しています。

続いて、ヒーローワールドチャレンジ2014の結果です。

ヒーローワールドチャレンジ2014の結果

スポンサードリンク

ヒーロワールドチャレンジ2014の最終結果は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 J.スピース -26 $1,000,000
2 H.ステンソン -16 $400,000
T3 P.リード -15 $212,500
T3 K.ブラッドリー -15 $212,500
5 J.デイ -14 $150,000
T6 R.ファウラー -11 $142,500
T6 J.ローズ -11 $142,500
T8 B.ホーシェル -9 $126,667
T8 Z.ジョンソン -9 $126,667
T8 M.クーチャー -9 $126,667
T11 B.ワトソン -8 $112,500
T11 G.マクダウェル -8 $112,500
13 松山 英樹 -7 $109,000
14 S.ストリッカー -5 $108,000
15 J.ウォーカー -4 $107,000
16 C.カーク -3 $106,000
T17 T.ウッズ E $102,500
T17 H.メイハン E $102,500

全米プロゴルフ選手権以来の復帰戦となったタイガー・ウッズは通算でイーブンパーの17位タイとなっています。随所に良いショットが見られ、復活の兆しを感じさせるものがありました。

アプローチなどでミスがありましたが、これから調整が進んでいけば、解消されていくことが期待されます。

優勝したジョーダン・スピースのホールバイホールとキースタッツ

ジョーダン・スピースのホールバイホールとキースタッツは以下のとおりとなっています。

Hero World Challenge 2014-Jordan Spieth Hole by HoleHero World Challenge 2014-Jordan Spieth Key Stats

10打差をつけての圧勝のため各スタッツは軒並み上位になっています。

ファアウェイキープ率は83.93%(47/56)で1位、パーオン率は80.56%(58/72)で3位、パーオン時の平均パット数は1.483で1位となっています。

ティーショットでファアウェイを外したのが4日間で9回となりますので、1ラウンドに2ホール程度。パーオンを外しているのは、14ホールのため、1ラウンドで3.5ホールとなります。

これだけパーオンできている上に、パーオン時の平均パット数も良いため、面白いようにスコアが伸びるのは当然です。

本人が「楽しかった」と話すのもうなずける内容です。

スピースは、エミレーツオーストラリアンオープンではロリー・マキロイとアダム・スコットを抑えて優勝しています。

そしてマキロイが昨シーズンのオーストラリアンオープンで優勝した後に、メジャー2勝するなどして、世界ランク1位に返り咲いているため、スピースも同様に大きく飛躍する可能性があるのではないかとメディアでは語られています。

メジャータイトルを狙う日本人プレーヤーにとって、大きな脅威となっていきそうなジョーダン・スピースです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ