松山英樹は40万ドル(約4800万円)と120ポイントを獲得!マスターズ2015の最終結果と最新フェデックスカップランキング

マスターズゴルフトーナメント2015はジョーダン・スピースが、タイガー・ウッズに次ぐ史上2番目の若さで制しました。

そのジョーダン・スピースは優勝賞金180万ドル(約2億1,628万ドル)ととフェデックスカップポイントを600ポイント獲得しました。また世界ランキングのポイントを100ポイント獲得したため、ロリー・マキロイに続く世界ランキング2位に浮上する見込みです。

2位にはフィル・ミケルソンとジャスティン・ローズが入り、賞金88万ドル(約1億574万円)と270ポイント、単独4位のロリー・マキロイは48万ドル(約5767万円)と150ポイントをそれぞれ獲得しています。

単独の5位には、メジャー自己最高順位フィニッシュをした松山英樹が入り、賞金40万ドル(約4806万円)と120ポイントを獲得しています。また世界ランキングのポイントを24.00ポイント獲得し、よければ13位から15位程度まで順位があがる見込みです。

続いて、マスターズ2015の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップランキングの情報です。

なお、2016マスターズの結果とランキングは以下のページです。

マスターズ2015の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

マスターズ2015の結果とフェデックスカップ・賞金ランキングに関する情報の目次です。

1. マスターズ2015の最終結果と獲得賞金とポイント

マスターズ2015の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 ジョーダン・スピース -18 $1,800,000 600
T2 フィル・ミケルソン -14 $880,000 270
T2 ジャスティン・ローズ -14 $880,000 270
4 ロリー・マキロイ -12 $480,000 150
5 松山 英樹 -11 $400,000 120
T6 イアン・ポールター -9 $335,000 101
T6 ポール・ケーシー -9 $335,000 101
T6 ダスティン・ジョンソン -9 $335,000 101
T9 ハンター・メイハン -8 $270,000 82
T9 ザック・ジョンソン -8 $270,000 82
T9 チャーリー・ホフマン -8 $270,000 82
T12 リッキー・ファウラー -6 $196,000 65
T12 ライアン・ムーア -6 $196,000 65
T12 ビル・ハース -6 $196,000 65
T12 ケビン・ストリールマン -6 $196,000 65
T12 ケビン・ナ -6 $196,000 65
T17 セルヒオ・ガルシア -5 $155,000 56
T17 タイガー・ウッズ -5 $155,000 56
T19 ヘンリック・ステンソン -4 $135,000 52
T19 ルイ・ウーストハイゼン -4 $135,000 52
21 ラッセル・ヘンリー -3 $120,000 50
T22 マーク・オメーラ -2 $92,833 47
T22 キーガン・ブラッドリー -2 $92,833 47
T22 パトリック・リード -2 $92,833 47
T22 ベルント・ウィスバーガー -2 $92,833 0
T22 アンヘル・カブレラ -2 $92,833 47
T22 アーニー・エルス -2 $92,833 47
T28 スティーブ・ストリッカー -1 $68,000 41
T28 モーガン・ホフマン -1 $68,000 41
T28 ウェブ・シンプソン -1 $68,000 41
T28 ジェイソン・デイ -1 $68,000 41
T28 ジョナス・ブリクスト -1 $68,000 41
T33 ジェイミー・ドナルドソン E $54,000 36
T33 ライアン・パーマー E $54,000 36
T33 クリス・カーク E $54,000 36
T33 ベ・サンムン E $54,000 36
T33 ブルックス・ケプカ E $54,000 36
T38 ジミー・ウォーカー 1 $40,000 30
T38 ダニー・ウィレット 1 $40,000 30
T38 ジョン・センデン 1 $40,000 30
T38 ノ・スンヨル 1 $40,000 30
T38 アダム・スコット 1 $40,000 30
T38 バッバ・ワトソン 1 $40,000 30
T38 キャメロン・トリンゲール 1 $40,000 30
T38 チャール・シュワルツェル 1 $40,000 30
T46 マット・クーチャー 2 $30,000 25
T46 リー・ウエストウッド 2 $30,000 25
48 ジェフ・オギルビー 3 $27,400 23
T49 アニルバン・ラヒリ 4 $25,600 0
T49 ジェイソン・ダフナー 4 $25,600 22
51 エリック・コンプトン 5 $24,600 20
T52 ダレン・クラーク 6 $23,800 0
T52 グレアム・マクダウェル 6 $23,800 19
54 ビジェイ・シン 7 $23,200 17
55 トンチャイ・ジャイディー 9 $23,000 0

2. 2014/15シーズンのフェデックスカップ最新ランキングの上位30名

600ポイントを加えたジョーダン・スピースは今季の獲得ポイントを2009ポイントまで伸ばし、前週までの2位からジミー・ウォーカーを抜いてフェデックスカップランキングで首位にたちました。

松山英樹は120ポイントを加えた結果、939ポイントまで伸ばして前週の14位から10位にランクアップしました。マスターズに出場できなかった石川遼は204ポイントのままで、前週までの128位から134位にランクダウンしています。

松山英樹はすでにプレーオフ進出を決定していて、さらにプレーオフの第2戦までは出場できると考えられるポイントに達していますが、さらに第3戦のBMWチャンピオンシップに出場できると考えられる1000ポイントも視野に入ってきました。

マスターズ2015終了時点のフェデックスカップランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
MC:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 2 ジョーダン・スピース 600 2009
2 1 ジミー・ウォーカー 30 1680
3 3 J.B.ホームズ 0 1233
4 4 パトリック・リード 47 1173
5 5 バッバ・ワトソン 30 1117
6 6 ダスティン・ジョンソン 101 1106
7 7 チャーリー・ホフマン 82 1031
8 11 ライアン・ムーア 65 952
9 9 ジェイソン・デイ 41 941
10 14 松山 英樹 120 939
11 8 ロバート・ストレブ 0 903
12 12 ベ・サンムン 36 898
13 10 ブラント・スネデカー 0 891
14 13 ベン・マーティン 0 829
15 15 ブルックス・ケプカ 36 826
16 18 ビル・ハース 65 773
17 16 ジェームズ・ハーン 0 736
18 17 ショーン・ステファニー 734
19 19 ダニエル・バーガー 701
20 20 スコット・ピアシー 686
21 21 ブレンドン・デ・ヨング 685
22 22 ハリス・イングリッシュ 681
23 27 ケビン・ナ 65 681
24 31 ポール・ケーシー 101 673
25 28 ヘンリック・ステンソン 52 660
26 24 マット・クーチャー 25 653
27 23 マット・エブリー 0 639
28 25 ニック・ワトニー 625
29 26 ブレンダン・スティール 624
30 29 ライアン・パーマー 36 611
134 128 石川 遼 204

3. 2014/15シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

マスターズを制したスピースは180万ドルを加えて、今季の獲得賞金を495万8196ドルとして、こちらでも前週の2位からジミー・ウォーカーを抜き去ってトップに立ちました。

松山英樹は40万ドルを加えて今季の賞金を215万6046ドル(約2億5915万円)とし、前週の14位から10位まで順位をあげています。石川遼は前週の146位から150位に後退しています。

マスターズ終了時点の2014/15シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 2 ジョーダン・スピース $4,958,196
2 1 ジミー・ウォーカー $3,509,349
3 5 ダスティン・ジョンソン $2,991,117
4 3 J.B.ホームズ $2,942,520
5 4 バッバ・ワトソン $2,720,950
6 6 パトリック・リード $2,344,556
7 10 チャーリー・ホフマン $2,228,407
8 9 ライアン・ムーア $2,171,580
9 13 松山 英樹 $2,156,046
10 8 ジェイソン・デイ $2,047,528
11 7 ブラント・スネデカー $1,986,007
12 11 ベ・サンムン $1,917,411
13 12 ロバート・ストレブ $1,791,267
14 14 ブルックス・ケプカ $1,747,981
15 15 ベン・マーティン $1,682,452
16 17 ビル・ハース $1,621,386
17 25 ポール・ケーシー $1,565,580
18 18 ヘンリック・ステンソン $1,537,100
19 16 ジェームズ・ハーン $1,490,639
20 22 ケビン・ナ $1,458,022
21 19 ダニエル・バーガー $1,350,860
22 20 マット・エブリー $1,330,207
23 21 ニック・ワトニー $1,284,689
24 23 ショーン・ステファニー $1,258,214
25 24 スコット・ピアシー $1,244,269
26 30 ラッセル・ヘンリー $1,229,380
27 124 フィル・ミケルソン $1,205,562
28 29 ライアン・パーマー $1,191,658
29 26 ハリス・イングリッシュ $1,189,525
30 27 パドレイグ・ハリントン $1,161,139
150 146 石川 遼 $245,445

4. 最新の世界公式ゴルフランキングのトップ30

ジョーダン・スピースが100ポイントを獲得し、前週までの4位から2位にジャンプアップしました。松山英樹は24ポイントを獲得し、17位から15位に順位を上げています。

マスターズ終了後の最新の世界公式ゴルフランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 ポイント
1 1 ロリー・マキロイ 11.5364
2 4 ジョーダン・スピース 9.1470
3 2 ヘンリック・ステンソン 7.6390
4 3 バッバ・ワトソン 7.4088
5 5 ジェイソン・デイ 6.3856
6 7 ダスティン・ジョンソン 6.2836
7 6 アダム・スコット 6.1797
8 11 ジャスティン・ローズ 6.0079
9 9 セルヒオ・ガルシア 5.7340
10 8 ジム・フューリック 5.6932
11 10 ジミー・ウォーカー 5.5030
12 12 J.B.ホームズ 4.9074
13 13 リッキー・ファウラー 4.7273
14 15 パトリック・リード 4.5821
15 17 松山 英樹 4.5104
16 14 マルティン・カイマー 4.4821
17 16 マット・クーチャー 4.4419
18 22 フィル・ミケルソン 4.3873
19 18 ビリー・ホーシェル 3.8992
20 19 ブルックス・ケプカ 3.6352
21 21 ケビン・ナ 3.5564
22 20 ビクター・デュビッソン 3.4481
23 25 ザック・ジョンソン 3.4233
24 24 クリス・カーク 3.3443
25 26 ビル・ハース 3.3434
26 31 イアン・ポールター 3.3090
27 23 ライアン・パーマー 3.2935
28 29 ライアン・ムーア 3.2485
29 27 ジェイミー・ドナルドソン 3.1681
30 32 ハンター・メイハン 3.1588

スポンサードリンク

よく読まれています

3 Responses to “松山英樹は40万ドル(約4800万円)と120ポイントを獲得!マスターズ2015の最終結果と最新フェデックスカップランキング”

  1. KENT より:

    いつも興味深く、松山選手に関することを中心に読ませていただいています。ゴルフ専門のサイトであってもこれほど詳細な情報はありませんので、最新記事がUPされると嬉しくなってしまいます。
    大変かと思いますが、今後とも情報をよろしくお願い致します。
    いつも私が思う事は、残念ですが日本のゴルフライターさんは、アメリカのライターさんほどの眼力がないように記事の内容から感じてしまっていました。
    ゴルフライターであれば、ゴルフが好きなことは当然ですが、自分自身もプレーする方でないと本当の記事は書けないと思います。
    アメリカPGAツアーという厳しい競争の世界で、本当に頑張っている松山を応援しています。
    早くメジャーチャンピォンになってほしいとも思いますが、松山が目指す世界ナンバーワンのプロセスをじっくりと眺めることも楽しいのではと思います。
    来年はリオ・オリンピックで、ゴルフが競技種目となりますから、ますます楽しみですね。
    私は既に60歳を超えゴ、ルフ歴は40年になりますが、日本に世界ナンバーワンを目指している松山君をみていると本当に楽しくなります。
    お忙しいところ、本当に大変なことだと思いますが、多くのゴルフファンの為にも記事更新をよろしくお願い致します。
    楽しみにしています。

  2. golf より:

    KENTさん、コメントありがとうございます。
    選手の正確な実力を数字とデータを使って客観的、かつ多角的に把握しようとする傾向は、欧米メディアのほうが強いように思います。その海外メディアに評価されているのは、紛れまもなく実力があるからだと思います。
    松山英樹の現在のショットのスタッツはPGAツアーで屈指のレベルなので、パッティングで上位にならなくても、もう少し改善されるだけで、年間に複数回を優勝できるようになり、世界ランクもトップ10、トップ5が見えてくるのではないかと思っています。これからの彼の歩みが本当に楽しみです。
    基本的に自分自身が楽しんでいるブログなのですが、見て頂いている人にも楽しんでいただけているのは嬉しい限りです。時間の許すかぎり、続けていきますので、今後共よろしくお願いします。

  3. KENT より:

    golfさん、早速の返信をありがとうございます。
    私もPGAでのスタッツに興味を持っていますので、松山のスタッツの推移をみています。
    golfさんのおっしゃるように、松山のパットに関してのスタッツが上がってくれば、今回のマスターズの最終日のような活躍がもっとあるように思います。
    なんといっても、まだPGAツアー2年目なのでゴルフコースのグリーンへの適応には、もう少し時間が必要なのかなと感じているところです。
    ターゲットに対しての正しくヒットしているのだけれど、グリーンの読みとタッチが少し合っていないだけなので、心配していないんですけどね。
    今後ともgolfさんのブログを楽しみにしていますので、よろしくお願い致します。
    ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ