松山英樹が7位Tで31万1,667ドルと94ポイントを獲得!マスターズ2016の最終結果と最新ランキング情報

Masters2016_Results_Catch

マスターズ2016をダニー・ウィレットが制し、賞金180万ドル(約1億9,396万円)と世界ランクポイントを100ポイント獲得しました。

2位にはリー・ウエストウッドとジョーダン・スピースが入り賞金88万ドル(約9,491万円)と世界ランクポイントをそれぞれ50ポイント獲得しています。

フェデックスカップ(FedExCup)ポイントに関してはダニー・ウィレットとリー・ウエストウッドがPGAツアーメンバーではないため獲得ポイントはなく、ジョーダン・スピースは270ポイントを獲得しています。

7位タイで前年に続きトップ10フィニッシュとなった松山英樹は賞金31万1,667ドル(約3361万円)とフェデックスカップ(FedExCup)ポイントを94ポイント、世界ランクポイントを16.33ポイントそれぞれ獲得しています。

なお、マスターズの出場資格には「前年の12位タイまでのプレイヤー」という条件があり、松山英樹はそれを獲得したため、故障などがなければ4年連続6回目の出場を2017年に果たせることになりました。

続いて、マスターズ2016の最終リーダーボードと獲得した賞金、フェデックスカップ(FedExCup)ランキングの情報です。

マスターズ2016の結果とランキングに関する情報の一覧

スポンサードリンク

マスターズ2016の結果とフェデックスカップ(FedExCup)ランキング・賞金ランキングに関する情報の目次です。

1. マスターズ2016の最終結果と獲得賞金とポイント

マスターズ2016の上位選手の最終結果と獲得賞金とポイントの一覧は以下のとおりとなっています。

R Player SC Prize Pts
1 ダニー・ウィレット -5 $1,800,000 0
T2 リー・ウエストウッド -2 $880,000 0
T2 ジョーダン・スピース -2 $880,000 270
T4 ポール・ケーシー -1 $413,333 127
T4 J.B.ホームズ -1 $413,333 127
T4 ダスティン・ジョンソン -1 $413,333 127
T7 マシュー・フィッツパトリック E $311,667 0
T7 ソレン・ケルドセン E $311,667 0
T7 松山 英樹 E $311,667 94
T10 ジャスティン・ローズ 1 $230,000 73
T10 ローリー・マキロイ 1 $230,000 73
T10 ダニエル・バーガー 1 $230,000 73
T10 ブラント・スネデカー 1 $230,000 73
T10 ジェイソン・デイ 1 $230,000 73
T15 キラデク・アフィバーンラト 3 $175,000 0
T15 ルイ・ウーストハイゼン 3 $175,000 60
T17 ラファエル・カブレラ・ベロ 4 $145,000 0
T17 ダニー・リー 4 $145,000 54
T17 エミリアーノ・グリージョ 4 $145,000 54
T17 ビリー・ホーシェル 4 $145,000 54
T21 ブルックス・ケプカ 5 $116,000 49
T21 ジェイミー・ドナルドソン 5 $116,000 49
T21 ブライソン・デシャンボー 5 $0 0
T24 ヘンリック・ステンソン 6 $89,000 45
T24 ビル・ハース 6 $89,000 45
T24 マット・クーチャー 6 $89,000 45
T24 アンヘル・カブレラ 6 $89,000 45
T24 ベルンハルト・ランガー 6 $89,000 45
T29 ウェブ・シンプソン 7 $68,000 40
T29 スコット・ピアシー 7 $68,000 40
T29 チャーリー・ホフマン 7 $68,000 40
T29 ジミー・ウォーカー 7 $68,000 40
T29 スマイリー・カウフマン 7 $68,000 40
T34 セルヒオ・ガルシア 8 $56,500 36
T34 ケビン・ストリールマン 8 $56,500 36
T34 ベルント・ウィスバーガー 8 $56,500 0
T37 ババ・ワトソン 9 $50,250 34
T37 ケビン・キスナー 9 $50,250 34
T39 ジャスティン・トーマス 10 $46,000 31
T39 シェイン・ローリー 10 $46,000 31
T39 ロメイン・ランガスキュー 10 $0 0
T42 ビクター・デュビッソン 11 $37,000 0
T42 トロイ・メリット 11 $37,000 26
T42 アニルバン・ラヒリ 11 $37,000 26
T42 ハリス・イングリッシュ 11 $37,000 26
T42 アダム・スコット 11 $37,000 26
T42 デービス・ラブ3世 11 $37,000 26
T42 クリス・ウッド 11 $37,000 0
T49 イアン・ポールター 12 $27,467 21
T49 マルティン・カイマー 12 $27,467 0
T49 パトリック・リード 12 $27,467 21
T52 ラリー・マイズ 13 $24,900 19
T52 キーガン・ブラッドリー 13 $24,900 19
54 ハンター・メイハン 14 $24,000 17
T55 ケビン・ナ 15 $23,400 16
T55 キャメロン・スミス 15 $23,400 16
57 トンチャイ・ジャイディー 19 $23,000 0

2. 2015-16シーズンのフェデックスカップ(FedExCup)最新ランキングの上位30名

トップ3のうち2名がPGAツアーのメンバーではなかったため、ランキングに大きな変動は少なく、2位タイとなったジョーダン・スピースが13位から5位に浮上したことが目立つ動きとなっています。

首位はアダム・スコット、2位ジェイソン・デイ、3位ブラント・スネデカー、4位ケビン・キスナーらの上位選手に変動はありません。

7位タイとなった松山英樹は94ポイントを加えて獲得ポイントを989ポイントまで伸ばして11位を守っています。

すでにプレーオフ第3戦の進出は確定していると言える状況で、プレーオフ最終戦の上位30名の目安となる1500ポイントにも、さらに前進しています。

マスターズ2016終了時点のフェデックスカップ(FedExCup)ランキングのトップ30以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
今週:今週の獲得Point/通算:今シーズンの総Point
CUT:予選落ち

最新 前週 選手名 今週 通算
1 1 アダム・スコット 26 1731
2 2 ジェイソン・デイ 73 1295
3 3 ブラント・スネデカー 73 1255
4 4 ケビン・キスナー 34 1181
5 13 ジョーダン・スピース 270 1132
6 5 ラッセル・ノックス 0 1055
7 6 ジャスティン・トーマス 31 1050
8 7 ババ・ワトソン 34 1043
9 9 スマイリー・カウフマン 40 1019
10 8 ケビン・ナ 16 1008
11 11 松山 英樹 94 989
12 10 グレアム・マクダウェル 0 909
13 12 ジェイソン・ダフナー 0 867
14 21 ダスティン・ジョンソン 127 863
15 15 パトリック・リード 21 821
16 14 チャール・シュワルツェル 0 802
17 20 エミリアーノ・グリージョ 54 802
18 16 リッキー・ファウラー 0 784
19 17 ファビアン・ゴメス 0 768
20 18 ジム・ハーマン 0 765
21 19 フィル・ミケルソン 0 761
22 22 ケビン・チャッペル 695
23 24 ヘンリック・ステンソン 45 693
24 25 ビル・ハース 45 677
25 23 チャールズ・ハウエル3世 658
26 26 ジェイソン・ボーン 605
27 27 ライアン・ムーア 0 587
28 28 ジェイミー・ラブマーク 580
29 36 ローリー・マキロイ 73 579
30 32 セルヒオ・ガルシア 36 565
111 109 岩田寛 247
186 186 石川遼 55

3. 2015-16シーズンの賞金ランキングの上位30名と獲得した賞金額の一覧

賞金ランキングも優勝のダニー・ウィレットと2位タイのリー・ウエストウッドがツアーメンバーではないため、ランク対象外となっているため、こちらも大きな変動は少なく、ジョーダン・スピースが12位から3位に浮上したことが目立つ動きとなっています。

1位のアダム・スコット、2位のジェイソン・デイは先週と変わらずに順位をキープしています。

7位タイで31万1,667ドルを加えて、今季の獲得賞金を235万3610ドル(2億5400万円)まで伸ばし、先週までの9位から8位に浮上しています。

マスターズ2016終了時点の2015-16シーズンの賞金ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 通算
1 1 アダム・スコット $4,362,198
2 2 ジェイソン・デイ $3,366,500
3 12 ジョーダン・スピース $2,772,927
4 5 ブラント・スネデカー $2,732,166
5 3 ババ・ワトソン $2,708,050
6 4 ケビン・キスナー $2,566,421
7 7 ジャスティン・トーマス $2,358,877
8 9 松山 英樹 $2,353,610
9 6 ラッセル・ノックス $2,332,201
10 16 ダスティン・ジョンソン $2,138,399
11 8 ケビン・ナ $2,107,316
12 10 スマイリー・カウフマン $2,075,938
13 11 グレアム・マクダウェル $1,951,529
14 13 パトリック・リード $1,889,389
15 14 フィル・ミケルソン $1,790,600
16 15 リッキー・ファウラー $1,752,307
17 17 ジム・ハーマン $1,711,724
18 18 チャール・シュワルツェル $1,691,136
19 19 ジェイソン・ダフナー $1,684,147
20 21 エミリアーノ・グリージョ $1,656,983
21 24 ルイ・ウーストハイゼン $1,565,988
22 20 ファビアン・ゴメス $1,543,252
23 22 ヘンリック・ステンソン $1,523,333
24 29 ローリー・マキロイ $1,510,068
25 26 ビル・ハース $1,442,249
26 23 ケビン・チャッペル $1,423,095
27 25 ライアン・ムーア $1,366,724
28 27 チャールズ・ハウエル3世 $1,339,966
29 44 J.B.ホームズ $1,325,818
30 28 ボーン・テーラー $1,301,359
87 87 岩田寛 $500,999
187 186 石川遼 $62,102

4. 最新の世界ランキングの上位30名の一覧

優勝したダニー・ウィレットが100ポイントを加えて大きくジャンプアップし、世界ランク12位から9位に浮上しています。

ジョーダン・スピースは2位タイで50ポイントを加えてジェイソン・デイとの差を縮めたものの及ばず2位のままとなっています。

7位タイで16.33ポイントを獲得した松山英樹は先週までの14位から13位に浮上しています。

マスターズ2016終了時点の2015-16シーズンの最新世界ランキングのトップ30は以下のとおりとなっています。


最新:最新の順位/前週:前週の順位
通算:今シーズンの総獲得賞金

最新 前週 選手名 Points
1 1 ジェイソン・デイ 12.5187
2 2 ジョーダン・スピース 11.7831
3 3 ローリー・マキロイ 9.4091
4 4 ババ・ワトソン 8.4817
5 5 リッキー・ファウラー 7.7496
6 6 ヘンリック・ステンソン 7.6986
7 7 アダム・スコット 7.1547
8 8 ダスティン・ジョンソン 6.8899
9 12 ダニー・ウィレット 6.4588
10 9 ジャスティン・ローズ 6.0597
11 10 パトリック・リード 4.9890
12 11 ルイ・ウーストハイゼン 4.8936
13 14 松山 英樹 4.7510
14 13 ブランデン・グレース 4.5321
15 17 ブラント・スネデカー 4.3202
16 15 セルヒオ・ガルシア 4.3082
17 16 ザック・ジョンソン 4.1081
18 19 ブルックス・ケプカ 4.0710
19 18 フィル・ミケルソン 3.9841
20 20 チャール・シュワルツェル 3.8804
21 23 J.B.ホームズ 3.8149
22 21 ジム・フューリック 3.7697
23 22 ケビン・キスナー 3.7530
24 25 ポール・ケーシー 3.6598
25 24 ジミー・ウォーカー 3.3567
26 26 アン・ビョンフン 3.1845
27 29 ビル・ハース 3.1802
28 28 マット・クーチャー 3.1659
29 33 ラファエル・カブレラ・ベロ 3.1614
30 27 ケビン・ナ 3.1002
78 77 片山晋呉 1.7537
99 99 池田 勇太 1.4378
111 109 岩田 寛 1.3666
115 113 藤本佳則 1.3593
117 116 宮里 優作 1.3541
120 119 谷原秀人 1.3301
132 133 石川 遼 1.2019
144 144 小平 智 1.1155
159 157 小田孔明 1.0177
169 168 武藤俊憲 0.9838
191 190 近藤共弘 0.8698

スポンサードリンク

よく読まれています

4 Responses to “松山英樹が7位Tで31万1,667ドルと94ポイントを獲得!マスターズ2016の最終結果と最新ランキング情報”

  1. まり より:

    golfさん、こんばんは!
    まりです。
    本家(?)の記事のコメント欄が沢山だったので、こちらに書かせて頂きました。
    まずは、golfさん、沢山の記事の更新、本当にお疲れ様でした!+ありがとうございましたm(__)m
    さて、今回のマスターズにおける松山選手の活躍を拝見して感じたことは(あくまで私見)、そう遠くない将来、必ずやマスターズを優勝するということです。
    松山選手自身の言う「近くて遠い」なのかもしれませんが。
    解説の中嶋さんやgolfさんをはじめ、皆さんが仰るように、今回の敗戦はこれからの将来における大きな財産といえるでしょう。
    技術面を含めまだまだ改善の余地はあるかと思われますが、着実に一歩一歩進んで行って欲しいと思います。
    それにしても、まさかあんな形でスピースが崩れるとは思いもよりませんでしたね。
    今回のマスターズは、ゴルフの素晴らしさは勿論のこと、恐ろしさも強く感じられたトーナメントとなりました。
    それではまた!
    今夜はゆっくり休んで下さいね!

  2. anji より:

    やりましたね 4日間すばらしかったです 大きくくずれることなく素晴らしい精神力と技術でした 応援できて幸せでした
    まだ若いので次がありますね リフレッシュしてまたプレー見せてほしいです
    今年のマスターズはすごかったです

  3. golf より:

    まりさん、コメントありがとうございます。
    お気遣いがありがとうございます。ゆっくり休ませていただきました(^.^)
    今年のマスターズはフロントナインが終わった時点で、スピースに決まったと思いました。でも、オーガスタが牙を剥きました。
    史上4人目となる連覇がかかっていることも、より大きなプレッシャーになったのかもしれないですね。
    松山英樹はアマ時代からステップ・バイ・ステップで実力をつけてきた選手で、それはプロになってからもそうだと思います。
    それはひとえに彼の学習能力の高さと、設定した目標に向かってブレずに努力し続けられる精神力があるからではないかという気がします。
    彼は近くて遠いと表現していますが、海外メディアは勝てる実力があると評価していますし、残している成績を見れば、そう遠くないと個人的には考えています。
    でも、焦りすぎずに、着実に階段を登っていってもらいたいです。

  4. golf より:

    anjiさん、コメントありがとうございます。
    ショットの調子が良い時が少なく、苦しい時が多かったと思いますが、よく耐えぬいたと思います。
    ショットが本来の状態とは遠くても優勝争いに絡めたのは、50ホールまでパッティングが良かったからだと思います。
    まだまだ改善できる余地と余力を残していますし、まだ24歳です。本当に楽しみです。
    個人的には、これまでで一番楽しいマスターズでした。

コメントを残す

このページの先頭へ